いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
最近みた展覧会メモ
こんなに良い陽気なので、たくさん展覧会へ行っています
いろいろ吸収したいのです


大丸ミュージアムのムーミン展

フィンランドと日本の交流が90周年を迎え
タンペレ市立美術館にあるムーミン谷博物館蔵から日本へ運んできて
展示をすることができたムーミン展

f0046982_3152343.jpg
強烈な色合いや模様、色の塗り方など、参考になることたくさんありました
意外だったのはどれもサイズが小さいのです
こんなに細かいのを小さくかいてるなんて
あと、トーベ・ヤンソンの挿絵は
黒が特徴的に使われてるけど、これはインクだったのね

f0046982_373786.jpg
ムーミン谷の物語は、一度も読んだことがまだなかったのだけど
会場を後にした時には
Amazonで大人買いしよ!と思ってた

ただ、展示のしかたが下手だよ!
と思ってしまった
キャプションの文字、デカすぎて読みずらい
いろんな色使い過ぎて、展示のじゃまになってるし
白かクロでよいのになあ…

私の背がビックすぎるのがいけないのか
全体的に絵の位置が低すぎて観づらい

原画を近くでみる時
いちいちかがまなくてはならなくて
全部観るのをめんどくさく思わせてしまう
どうみても子供が観るような雰囲気の展覧会じゃないし
あれは低いと文句をつけたいところだ

トーベ・ヤンソンはすばらしいけれど
大丸ミュージアムの展示のセンスはまるでないなぁ、と感じました

東京都写真美術館のやなぎみわ展
友達からおもしろいよと聞いてたので楽しみにしてた

現在、今を生きる若い女性たちを未来の老婦人にして
一枚の写真にストーリーをつくる

f0046982_335764.jpg
被写体の老婦人たちは、公募で集められた若いひとらで
特殊メイクを使って老婦人に変貌し
やなぎみわのイメージするように撮影しているらしいのだけど

写真によっては表情は若いのに老婦人

あえて本物の老婦人を使わないで、不自然な特殊メイクや合成なので
全部が不自然で、変

自分のイメージの世界を
写真に定着させる彼女のエネルギーはすごいなと思った

展示会場の外に撮影風景を流した映像があったけど
一枚を撮るだけに、ものすごいパワーをかけている
やなぎみわさん自身
とてもクールな雰囲気の女性でカッコイイのだけれど
あの冷たい物越しで、世の中をどうみて何を考えているんだろう

写真展は月日まで
おすすめです

日本橋にあるブリヂストン美術館
テーマ展示のマティスの時代を観ました

ここも初めていった美術館だった
大きすぎず、観やすい広さで良い美術館だなと思った

f0046982_248867.jpg
マティスの絵がもっとたくさん観れると期待していたら
あれ、あんまりないなあと思った

「マティスの時代」だからマティスと同じ時代を生きた
ルオー、デゥフィなど、様々なフランスの画家たちの絵がたくさん
もっとたくさん観たかったのでちょっと期待はずれで残念でした

でも原画が観れてよかった
私は勉強不足なので、なにが法則なのかが全然わからないけれど
色彩の法則とかマティスは超考えて描いているらしい
すごいなあ

さて
今日の早朝から福島へ行ってきますので、この辺で
おやすみなさい
by picnic_marin | 2009-05-02 01:37 | 2009 東京 | Comments(0)
<< 皐月・五月 ひろったイス >>