いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大洗旅行 1
at 2017-03-22 22:18
引っ越し祝い
at 2017-03-07 18:01
ご飯メモ
at 2017-03-05 23:48
新しい暮らしと隣人
at 2017-03-02 23:58
大新年会
at 2017-02-05 02:26
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
パリの手まわしオルガン
パリに住んでるとき、日本から遊びにきたひとりの友達が
手回しオルガンの楽譜を作っている人のところへ行きたいんだ。
というので、わくわくで一緒にいってみることに。

アトリエは普通のアパートの中にあった。


f0046982_22374578.jpg

手回しオルガンの楽譜を作ってるひとのところなんて
たぶん、友達が行きたいと言わなかったら
一生いかないだろう。

とても貴重な時間だった



手回しオルガンの楽譜を作っている
ピエールさん、と職人気質な方だけど、
心からやさしい、いい人だった。


f0046982_22382296.jpg

大小様々な3台くらいの手回しオルガンで
色んな曲を演奏して聴かせてくれた。


f0046982_2238863.jpg
これは一番小さいもの。
楽器自体がとっても可愛らしくて
何かが始まってくれそうな、雰囲気あるかわいい空気。

ちなみに、ピエールさんの奥にあるのはすべて
ピエールさんが作った楽譜、すごい量だ。


f0046982_22371538.jpg
これは大きい手回しオルガン。

大きいのは小さい手回しオルガンとは同じ楽器とは思えないほど
迫力があった。

今でも覚えてる。かすれたような音、味のある
あのすばらしいオルガンの音。

演奏を聴いて、感動して涙ぐんでしまった。


f0046982_22375744.jpg

手回しオルガンって、いくらくらいするものなのか聞いてみたが
ピエールさんは楽譜の職人なので、何も知らなかった。
自分の楽譜のできを試すためにかりてるだけ、と言ってた。

リヨン郊外に手回しオルガンのアトリエがあるそうだ。


おばあちゃんになったら、路上で手回しオルガンをちんたらまわしていたいな
それで楽譜はピエールさんにオーダするんだ。


そんなひとつの幸せな夢ができた。


f0046982_23204812.jpg

by picnic_marin | 2011-05-20 23:15 | 2010【FR】パリ | Comments(8)
Commented by La pie at 2011-05-21 13:41 x
コメント投稿は初めてです。
でも、読ませていただき始めたのは随分まえ。
一時期、やめるとあって「お気に入り」から削除‥‥、
メールを出そうか、とためらっていました。

復活、とってもとっても嬉しいです。
そして、
とっても、内容が充実しててびっくり。
きっと、まりんさんが大きく成長したのでしょうね。
Commented by picnic_marin at 2011-05-21 22:39
La pieさん
ありがとうございます。
とってもとっても嬉しいと思ってくれて、私が嬉しいです。
Commented by あさ at 2011-05-21 23:14 x
あのときは案内ありがとー
このまえまたピエールさん会いにいってきたよー
おぼえててくれてた♪
いっしょにおばあちゃんになって路上でくるくるしようよ~
Commented at 2011-05-22 00:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by picnic_marin at 2011-05-22 12:03
あさちゃん
うおお!また、行ってきたのかー?そっか、この間パリのホテルにノート忘れたって行ってたもんね。あさちゃんに楽譜を使ってもらえたら、ピエールも、楽譜さん達もハッピーだろうなぁ。
Commented by picnic_marin at 2011-05-22 12:09
maururu2さん
ありがとうございます(^^)
Blogあそびにいきました。仮面ライダーとショッカーたちのお弁当、かっこよすぎますね、いいなぁ。笑。さすが刺繍やってる方ですね!
Commented by wildrat at 2011-11-01 11:28 x
初めまして。
偶然こちらにたどり着きました。
私が石巻までボランティアに出かけた時、道の駅「上品(じょうぼん)の里」で手回しオルガンの音が聞こえてきました。

通り過ぎようとした時その演奏にフッと心を奪われました。 手回しオルガンは、誰が回しても同じ音楽だと思っていたのですが、そうではありませんでした。
そこで迷惑とは知りながら根掘り葉掘り聞いてしまいました。

その方は芸大の声楽科でバッハのオラトリオを学んでいたところ、自分の才能に疑問を感じて心の病にかかってしまい、以来25年間路上で手回しオルガンを演奏して生活をしているとのことでした。
その方は中学の時から芸大の超有名な教授S.カンイチさんのレッスンを受けに石巻から通っていたそうです。

この震災で家が流されて家族バラバラの生活を強いられ、今はかろうじて残った物置を補修しながら一人で暮らしています。
しかしとても優しい方で、子供が通りかかるとすぐ演奏を止め、長風船で犬やウサギを作って嬉しそうに子供に渡すような方です。

石巻に行かれる機会がありましたら、是非立ち寄ってみて下さい。
初めてなのに長文失礼いたしました。
Commented by picnic_marin at 2011-11-07 01:23
wildratさん
はじめまして(^^)
手回しオルガン素敵ですよね。あの手回しオルガンの味のある見た目以上に、まわしている演者の雰囲気はとても大事だとおもいます。
自分の才能に疑問を感じて心の病にかかってしまうのもわかります。芸大に入れるだけで一般の人からするとすごいことなのに、本当の天才を見ることになると、もうかなわないなって思ってしまうみたいですね。
なんだかうまい返信コメントが書けませんが、石巻にいく機会があったら是非手回しオルガンの演奏を聞きたいですね。
<< 小さいイタリア バークレーで朝ご飯 >>