いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
サンノゼの映画館へ
いまサンディエゴです。港町。

昨日までいたサンノゼ、私からみると何もなくて、
道だけがただ広く、人もいなくて、ただ映画館だけはたくさんある
なんだか寂しいイメージだった。


f0046982_2553841.jpg

夜遅くに、ひとつの映画館へ。

すばらしい映画館でした。
プラネタリウムのようなドーム型の屋根で、天井が信じられないくらい高い。
音もすばらしかった。田舎の映画館でこんなに良い映画館があるなんて。
お客さんたった5人の中、

ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)を観ました。これ予告編。





先月開催されたカンヌ国際映画祭のオープニング作品として
上映された映画だそうです。ウディ・アレン監督。

私は久々に感動しています。すばらしい映画でした。

婚約している恋人と、その両親とパリに観光にきたアメリカ人の作家。
恋人とあまりうまくいかない中、ひとりで深夜のパリを散歩します。
あるきっかけで1920年代のパリにタイムスリップしてしまう話。

1920年代のパリの世界が美しく描かれていて
終わりまで、ずっとわくわくして観ていて、
あっという間に映画は終わってしまった。

誰もが一度は考える、「あの時代に生きてみたかった。」という考え。
その夢を叶えてくれる気持ちよさがあります。
本当に幸せなことってなんだろう。映画が終わったあと、ぼんやり考えました。



キャストがまたすばらしかったです。

映画「エディット・ピアフ」ですばらしい演技を魅せた
マリオン・コティヤールも芸術家の1人として出てきます。
エディトピアフ役の彼女と全く違う彼女の表情に
すっかりはまってみてました。きれい。

サルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニも出演しています。
彼女も自然な美しさで本当素敵でした。



それにしても、憧れってほんとうに大事だな。と思った。
パリって、なんて美しい街なんだろうって改めて思い出しました。


ここ最近、何度かアメリカに来て、アメリカの良さ、というのを
少しずつ、感じてはいます。

しかし昔からアメリカに憧れを大きく抱いていたわけでもなく
ありがたみがわかってないと思う。
憧れが少ないというのは、ちょっとワクワクが少ないかもしれません。
いつでも好奇心を持っていたいです。

映画とか本で、
アメリカへ憧れを持たせてくれる作品ってなんかありますかね?
もし知っているひとがいたら教えて下さいね。



そういえば、憧れでいったら
アメリカの憧れを大事にしているようなこのブログ、すごいかっこいいです。

ON THE ROAD USA

友達の旦那さんのブログです。
まさにアメリカに憧れを抱いている少年のような文章で
写真の良さが半端ないです。
まだ始めたばかりなのに本にしないのがもったいない!と毎回思ってしまう。
色々好きなブログはありますが、この人のはいま一番楽しみにしています。




話が戻りますが、映画館を出た後小さなサプライズが。

自分はわりとエンディングロールまで、だらだら観るタイプなので
一番最後に映画館を出たら映画館のお姉さんに

「あなたたち、ポップコーンいらない? 残ったから、あげたいんだけど」
と言われ、ポップコーンをもらった。
いつも最後のお客さんにプレゼントしてるんだって。


f0046982_354485.jpg

正直、すごいびっくりした。

アメリカ人が、最後の残ったポップコーンをジップロックに入れて
一番最後のお客さんにあげるなんて。


アメリカというのは、大量に作って、大量に消費し、大量にゴミも出す。
資源が豊富にある国だから、文化として、しょうがない、
食べ物の大事さなんてこれぽっちも思ってない国、

と、完全にそう思っていた。

こんな心があるアメリカ人も、実際いるんだな。
私はアメリカの事、
なんにもわかってないな。と思った。
by picnic_marin | 2011-06-17 03:23 | 2011 USA | Comments(2)
Commented by yumiko-to-mozart at 2011-06-17 14:54
まりんさん。こんにちは。

アメリカの作品、私はあまり知らないのですが、アメリカの作家でポール・オースターはとてもお勧めです。
「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」とか「トゥルー・ストーリーズ」など。
あと「オーギー・レンのクリスマスストーリー」(Auggie Wren's Christmas Story)!アメリカ・・・というかニューヨークといえば私はなぜかこういう雰囲気を思うのです。華やかではなく底辺で生活する人というか・・・
これは「翻訳夜話」という村上春樹さんと柴田元幸さん共著の本の中に村上訳と柴田訳がのっています。短編ですぐ読めてしまいますけれども、余韻が残ります。よかったらどうぞ!
(そういえば、ポール・オースターってフランスの住んでいたこともあったと思いますよ!)
Commented by picnic_marin at 2011-06-24 19:43
yumiko-to-mozartさん
たくさんおしえてくれて、どうもありがとうございます!!
こんど映画借りるとき、参考にさせてもらいますね!
<< サンディエゴ散歩 休日の一日 >>