いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
美味しいキッシュができるまで
パリのマリーフランスの家にお世話になっている時
めったに料理をしない彼女が「甥っ子が来るから」と言って、
初めて料理をした日がありました

その時作っていたのが、キッシュ・ロレーヌ
(過去の日記「らくだのカバン」に記しています よかったら見て下さい)

これを見れば解りますが
この時、キッシュってこんな簡単につくれるんだ、へ〜と思った自分



月日は流れ、先週のこと
パントマイムのパフォーマンスがあるので

若い皆の衆に何か持っていってあげようと思って冷蔵庫を見たら、
冷凍パイがずっと残っていたのと、更にじゃがいもが大量に
あと半端な生クリームがあったので…

これはキッシュが作れるかな?とふと急に思いつき
あのマリーフランスが作った感じで
夜中、かなり適当に作ってみました


ポーがアメリカから持って来た、直径30cm以上ある
でかすぎるタルト台(日本では規格外だよ…涙)を使いました


f0046982_1641698.jpg
タルト台の上に解凍したパイシートを伸ばして型にひきます
薄くなってしまったのと、使い切りたかったので二枚重ねに


その上に、炒めた玉ねぎ、じゃがいも、ソーセージ、パセリをのせました


f0046982_16413931.jpg
ボウルに、生クリーム、牛乳、卵、とろけるチーズ、
あと、すりおろしたグリエールチーズを混ぜて、型に流します


f0046982_1725410.jpg
180度で40分くらい焼きました
(型がでか過ぎて網に入らず、やや斜めにして焼いています。涙)


f0046982_1733672.jpg
焼き上がりました

非常に美味しそうですが、本当にこれであっているのか??
と思いつつ、余熱がとれたら冷蔵庫へ


f0046982_1783071.jpg
猛暑なので、痛んだら大変だと思い
冷蔵庫から出したての冷えたタルトに保冷剤をのせて
持っていきました


当日

f0046982_18404882.jpg
会場わきでふざけている写真、二年生のしのちゃんと
顔は真っ青ですが…とにかく暑くて暑くて大変だった日

どうでもいいですが、ひさーしぶりのこの衣装とメイク
カツラもなく地毛ですし、もはやクラウン(ピエロ)というか
コメディアンのメイクですな


あ、話がずれました!

まあ、とにかく私以外はみんな若くてお腹が空いていたので
すごい喜んで食べてくれました ありがたいことです



しかし、自分の率直な感想は、あれ?フランスで食べたのと
味が全然ちがうなぁ、と思いました
土台のパイが冷凍だったからか
特に底部分が、ベチョっとなってしまいました

よく考えたら、フランスの乳製品は美味しいから
そりゃ同じ物が作れる分けはないのですが…
でも、もっと美味しいキッシュが作りたい!!と思い
フレンチ系カフェで勤務するめーちゃんにお願いしてみました


さっそく昨日の夜、仕事帰りにうちに来てもらい教えて頂きました


何が必要か聞いたら
「とバターとチーズ、あと残りものの野菜あれば、すぐ出来るよ」

と、言っていました

めーちゃん、ほんと手際がよくて、毎日作っているのだなぁ、と関心しました
結局、ほとんど作ってくれました 笑



材料 (後で修正しました)


【生地】

薄力粉 250g
無塩バター  100g
塩 5g(有塩なら入れなくて良い)
卵 1個
場合によっては水を小さじ1くらい


【アパレイユ】

牛乳 150g
生クリーム 150g
卵2個
塩3g
こしょう 少々

グリエールチーズ

※今回はチーズはトップのみにしてもよいが、
アパレイユにパルメザンなどを混ぜ込んでもおいしいそうです


【具材】

玉ねぎ 2個
ベーコン、バター
マッシュルーム 8個
ジャガイモ 1個
パセリ、バジル 少し



まずタルト台になる生地を作ります
型が大きすぎるので新しく22cm型を買いました
フッ素加工の物と迷いましたが、店員さんに相談してブリキのにしました


f0046982_17242089.jpg
小麦粉の中に、冷蔵庫から出したばかりのバターを角切りにしていれる
指でバターを潰して、さらさらの粉になるまで指先を使い馴染ませる


f0046982_17282798.jpg
そこに卵を落として生地をひとつにまとめていく


f0046982_17291118.jpg
パン生地を練る感じとは違くて、折り畳んでいる感じ
ひとつにまとまったら、ラップに生地を包んで30分くらい寝かせる

この間に中にいれる具を準備しておきます


f0046982_1731919.jpg
寝かせた生地を伸ばしていきます
タルト台に合うサイズにします(この時、タルト台は22cmを使いました)


f0046982_17342897.jpg
フォークで穴をぽつぽつ開けます


f0046982_17354588.jpg
重しをのせて、生地だけ180度のオーブンで15〜20分くらい焼きます


最初作ったとき、この行程を省いていたので
なるほど〜!ホントはこういう事をするんだ!思いました

これで生地がしっかり、ぐちゃってならないんですね!


f0046982_1740271.jpg
焼けました、少しこんがりくらいです




タルトの中身(アパレイユ)を作ります


f0046982_1750678.jpg
牛乳、生クリーム、卵、塩、こしょう
を入れて混ぜます

◆ワンポイントメモですが
よく料理本に3gとありますが、私は今まで、ひとつまみくらいだろう
と思って、適当に入れていましたが
めーちゃんに「3gって計ってみるとけっこうあったりするから
計った方がいいよ」と言われました なるほど〜


f0046982_17551867.jpg
炒めたタマネギを最初にのせます
(できたあら飴色になるまで炒めたほうが美味しいそうです)
今回、量が少な過ぎました、玉ねぎ2個くらい炒めてもよかったかも


f0046982_17562290.jpg
ゆでたじゃがいもをのせます


f0046982_1832262.jpg
フライパンで炒めたベーコン、マッシュルームは生のままスライスしたのをのせます


ベーコンは、油ひかずに炒めた後(油がでてくる)
最後に、バターをいれて風味づけします



f0046982_17582612.jpg
パセリ、バジルをのせます

既にこの時点で美味しそうです…

今回は、うちの家にあった材料から作りました
なので、中に入れる具はなんでもいいそうです

本来キッシュなんてフランスのお母さんが残り物で作るようなものなので
美味しそうならなんでもいいそうですよ


f0046982_1843371.jpg
中身を流して、最後にグリエールチーズをたっぷりすりおろします

(めーちゃんによると、これはアパレイユが少なかったようです
もっと、タルト生地ぎりぎりのこんもりするくらいの量が良いそうです)


f0046982_1853259.jpg
180度で30〜45分くらい焼きます
オーブンによるので、しょっちゅう中を見て調節したほうがいいですね

この子がめーちゃんです、パリでも一緒でした
飲み屋のおばさんには「あの子はさ、何人なんだ?」と毎回聞かれます
ただの飲んべえだけれど、とにかく料理と食に情熱がある
元バックパッカーのアクティブな女の子です
明るくて明るくて、湿気1%でも飛んでくほど明るくて、本当にうらやましい


そんなめーちゃんに教えてもらい、無事できました

f0046982_18132493.jpg
写真が悪くて美味しそうに見えないかもですが、すごかったです
焼き上がった瞬間、こんなのが作れるなんてすごい!!
尊敬する!!私も作れるようになりたい!と叫びました 笑


f0046982_1815316.jpg
焼き上がってしばらくしてから切ってみました
フランスを思い出す、美味しいキッシュができました
前回作ったときより、何倍も美味しかったです

めーちゃん的には、これはアパレイユが焼けきれていないそうです
私にはあまり気になりませんでした
まあ、飲みながら作っていたので、いろいろ細かいことは適当でした


この作り方を覚えて、次回フランスに行ったとき、
フランスのスーパーの材料で作ってみようと思います


魚もそうですが、やはりなんでもコツがあるんですね、
とても勉強になりました
めーちゃん、どうもありがとうございました




f0046982_18252561.jpg
キッシュ焼き上がったころにかとちゃんも来て
明太子のパスタを作ってもらいました
料理人が友達って幸せです、みんなありがとうございます



f0046982_1830077.jpg
この世で一番うまいと思うかとちゃんの明太子パスタの材料

明太子
イカ(刺身用)、または炒めたしめじ
昆布茶

白こしょう

ここに茹でたパスタを入れて合えるだけ
しそ、刻み海苔、レモン汁、をかけて出来上がり


でもなんか同じにはならないんですよね
なんでだろうね


f0046982_18255829.jpg
私はしょうがのシュフォンケーキ作りました
今回はちょっと焼きすぎちゃいましたね シュフォンケーキって難しい
今までで納得いった焼き具合は1回しかない…涙
by picnic_marin | 2012-08-09 18:33 | 【2012 料理メモ】 | Comments(2)
Commented by aya at 2012-08-10 11:53 x
質問なのですが、どのメーカーのオーブンを使われていますか?
Commented by picnic_marin at 2012-08-10 21:57
ayaさん
日本製でリンナイのガスオーブンですよ~!
ガスはパワーがありすぎるくらいパワーいっぱいです。
<< 初めての「東をどり」 夏の毎日ごはん2 >>