いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
トルコ旅行記2「イスタンブール散歩」
イスタンブール2日目 眠いです
あったことそのまま書いたら
なんだかすごい長い日記になってしまいました


2日目は主に、旧市街を散歩
あと、噂のトルコの絨毯屋の謎を知りたいので絨毯屋さんも行きました


f0046982_012976.jpg
イスタンブールの気温は日本と変わらないくらい暑いです
ただ、湿気がないので、日本の暑苦しい感じよりはカラっとしています
木陰に入ると一気に涼しいので、休み休み歩いていました



今回も地球の歩き方を見て歩いていました

f0046982_1440727.jpg
地球の歩き方、かなり重いですよね
なのでイスタンブールだけぶちっと、
切り裂いて持ち歩いたら軽くなってよかったです



トプカプ宮殿へ

f0046982_14113914.jpg
トプカプ宮殿はオスマントルコ帝国の首都になった
イスタンブールで400年に近い歳月にわたり、
24代のスルタンの家族とその家来や使用人たちの住居です


日本でいう天皇陛下の皇居みたいなところでしょうか
世界遺産なのでイスタンブールでは
最大のみどころとなっているそうです


f0046982_15242826.jpg
この日、私は着物を着ていました!
海外で着物きてみたいと思っていたので叶いました

首にかけているのはオーディオガイドです
レンタル料は結構高かったのに
オーディオガイドが言っている日本語の語彙や意味が
かなり難しくて、よくわからなかったです

私に学問がないせいか…、と思いましたが
ポーも英語が難しくてよくわからないと言っていましたから
ここのオーディオガイドの学問レベルはかなりハードル高いのかもしれません


f0046982_13595264.jpg
何語だろう・・・よめる気がしない
日本にきている外国人もきっとこのように
「同じ人間の字とは思えない…」と思って漢字を見つめるんだろうなあ



f0046982_14101483.jpg
お城の裏側へ行くと絶景が広がっていました

イスタンブールは、マルマラ海、ポスポラス海峡に囲まれていて海沿いの街です
トプカプ宮殿がある場所は、砦みたいな場所にあり
一番の眺めがいいから王様が住んでたのだろうなぁ、と思いました


f0046982_14104063.jpg
景色がよいところでカフェがあったので、休憩しました


f0046982_14105935.jpg
トルコにきて初めてのチャイを飲みました
味は、普通の紅茶です
トルコ人はこのチャイを一日に10杯以上も飲むそうです


日本のカフェにあるチャイは、牛乳とスパイスが
たっぷり入っている飲み物ですが、
トルコはチャイというと、温かいストレートティのことを指します

ちょっと余談ですが
チャイは日本ではキュートな飲み物として存在していますが、
本場インドでは、一回使われた茶葉をカースト制の下級の者が買い取り
二次使用するときに紅茶の味をごまかすために牛乳とスパイスを入れ、
煮込んで飲んでいるものだそうです
おいしくする工夫のための飲み物らしいです、びっくりです


f0046982_14373771.jpg
隣でおじさんがスイカをフォークとナイフできれいに種をのぞいて食べていました
私はフォークとナイフの使い方にうっとり でした
トルコでもスイカは今の季節らしく、よく見かけました


f0046982_1445716.jpg
倒れそうなくらいの強い日差しと、青い空


私はトルコのこの青いタイルの模様が大好きでした

f0046982_14353644.jpg
f0046982_14355536.jpg


f0046982_14361313.jpg
青いタイルが一面にひかれた部屋の内側はとても美しかったです


f0046982_14363170.jpg
ヨーロッパで見るステンドグラスのデザインとは全然ちがいます
自分の家にもこんな素敵な窓がほしいものです


f0046982_14365215.jpg
天井からは丸い玉がぶら下がっています くす玉みたい



f0046982_14511886.jpg
日差しがほんとに強く、無理をしないで歩きました



f0046982_14515277.jpg
ケバブを買って、食べ歩きしました
なんてことない味かと思ったら、入っているラム肉がとても美味しかった

おすすめされた謎のこのドリンクは、トルコでは大人気だそうです

味は、ヨーグルトに少し塩が入ったような飲み物で
う〜ん・・・まずいな〜と思いました


f0046982_14553384.jpg
ケバブのおじさんと
おじさん、とてもコミカルな人だったのに写真だとなぜにそんなに決め顔 笑

トルコ人男性は、とても人懐っこくて、ずーと話しかけてきます
絨毯屋や商売のためもありますが、それはトルコ人のキャラクターだと思います

電車で合うひと、ホテルの人、みんなよく笑うし、とても親切
コミュニケーションを大事する民族と感じます


f0046982_1535725.jpg
トルコアイスのおじさんと息子
トルコアイス、美味しかったです ほんとにアイスが伸びます




着物でイスタンブールを歩いていると、
なぜかイスラム圏の女性限定で
一緒に写真撮って下さい、とずいぶん言われました


f0046982_16592887.jpg
どこの国の人かと聞くと、イラン、イラク、の方々ばかり

着物は、映画や写真ではみたことがあるけれど、
実際はじめて見たそうです

今までいろんな国へ行っていますが、観光客でイランの方には初めて見ました
国の規制とか、いろんな問題があって
あまり遠くの国へはいけないのかな、と ない頭で色々想像してました


海外で着物を持っていた感想として、荷物がやはり大変
最低限にしても、着物は小物が多いのでやはりかさばります

補正タオルは持って行かずホテルのバスタオルを使ったら
結構よかったです

ちなみに着ている着物は汚れても洗える、化繊の安値のもの
帯も、色々と重いので気軽な半幅帯を持って行ってます
案の定、ジュースをこぼして汚しましたが、洗って大丈夫でした 笑


とまあ、色々大変でしたが、日舞の先生に着物でトルコ、やったらいいね!
と話が盛り上がっていたのでひとまず達成できて、嬉しかったです


f0046982_1572631.jpg
グランバザール

宝石、絨毯、布、が売られている果てしなく広〜いマーケットです
同じ店にもう一度いこうと思っても行けないような広さです

商売人が、みんなこれどう?これはどう〜?と話しかけてきます
最初めんどうくさかったけれど、
トルコ人のそのしつこさが、途中から面白くなってきていました 笑

グランバザールでは絨毯屋に入って、おしゃべりしていました
おそらく一つの店で2時間くらいしゃべっていました

絨毯屋もいろんな人がいて、最後に買わないと怒るトルコ人もいれば
おしゃべりだけして、またくるね、でも大丈夫なトルコ人もいます
絨毯売りの人はほぼ英語を話します


f0046982_1514201.jpg
バーガーキングにコーラを買いに入ったらレジの上になんか青いものが

なんだろう、と後で調べたら
トルコではお守りとされているナザールボンジュウという物でした
青いガラスの目玉が、他人の嫉妬や邪視を見返し、
跳ね返すと信じられているそうです




一度ホテルに戻ってから
夕ご飯を食べに新市街の方へタクシーで移動
10分で400円ほどです


f0046982_15323585.jpg
旧市街から新市街まで10分くらいで450円くらい

料理教室へ行ってみたい私達は、ポーが色々調べてくれた結果
料理学校の学生が料理を作るレストランの存在を知りました

HPに料理教室をやっているとは書いてありましたが
日付やスケジュールまでは書いてはいなかったので、直接行って
レストランで食事をしてみることにしました


f0046982_1533167.jpg
おしゃれな内装で、小さいレストランです
この建物の上に調理場がある様子
小さいエレベーターで料理が下がってきます


アラカルトもありましたが、
一品づつ、料理ごとに合わせたワインが一杯づつ、ついてくるのが
楽しいと思って、80TL(約3500円)のコースにしました
デザートワインまでついてくるので、5杯も楽しめました


f0046982_15335647.jpg
スイカとトマトのガスパッチョ
色んなスパイスが入っていて辛くておいしかったです


f0046982_15343393.jpg
初めて飲みましたトルコのワイン
普通に美味しいですが、濃い!冬は寒くなるトルコですが
夏にこんな強い日差しをあびたら、濃くなるんだろうなぁ、と思いました


f0046982_16105091.jpg
冷たいズッキーニの中にあっさりしたチーズとかフェンネルが入っています
揚げてるのはチキンのすり潰したものに、こちらもフェンネルがたっぷり


f0046982_16192815.jpg
ラビオリ
これは大好きでした ソースが甲殻類のソースで
蟹みそみたいな味で自分の好みにストライクでした!


f0046982_16195238.jpg
白身のポワレ

f0046982_16201422.jpg
オントレコート
牛肉のステーキです
一つずつは少量なのですが、メインでお腹いっぱいになり
半分残してしまいました


f0046982_16204070.jpg
デザート
う〜ん、甘い!この店以外のデザートもそうですが
トルコのお菓子は、私には甘過ぎていつも食べれませんでした


f0046982_1621851.jpg
すっかり楽しみましたが、肝心の料理教室のこともちゃんと聞きました

プロ向けの一週間コースがあったり、いろいろなプログラムがありましたが
一日単位でやっているトルコ料理の教室もありました
ちょうど日にちも合いそうなので、後日いくことにしました


夜のイスタンブールを散歩


f0046982_16215134.jpg

新市街のほうは、旧市街よりも地元の人もいる雰囲気でした
こんな夜でも治安の悪さはなく、とても安全でした


f0046982_16225586.jpg
f0046982_1623216.jpg
f0046982_16234130.jpg

この日は、着物だったし、お酒も飲んだし、
たくさん歩いたしで、すごい疲れていました
ホテルに帰って、即寝でした


ちなみにここで書いているのは1TL=44円
最近、ユーロもドルもひどい下がりようですね

日本人にとっての現在の海外旅行
未だかつて無いくらいの万歳なレートになっていますね
是非みなさんも、有給休暇を使い切って海外へ!


つづきのトルコ旅行記へ→ トルコ旅行記3「ラマザンと水族館
by picnic_marin | 2012-08-19 17:14 | 2012 トルコ | Comments(0)
<< トルコ旅行記3「ラマザンと水族館」 トルコ旅行記1「トルコ到着」 >>