いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
函館道中記 2
私がはじめて函館にきたのは5年前

アニメーション作家の相原先生主催の
函館アニメーションフェステバルというのに出展したのがきっかけで訪れました

その時の道中はこちらに昔書きました

函館旅行記 1
 函館旅行記 2

今回、函館の街をのんびり歩く中
ずっとその時に出会った人達のことが頭を駆け回っていました

f0046982_1533252.jpg
去年お亡くなりになられた相原先生のこと
先生の強烈すぎるアトリエと家のこと

相原先生の弟子の早坂君のこと
早坂君に「昨日テントで寝てたら風に飛ばされて死にそうだったんだ」と伝えたら
なんと家に泊めてくれて、早坂君の家族がほんとうに優しかったこと
早坂君のお父さんは優しい警察官で函館が大好きなこと

京芸大からきていた痩せた男の子のこと
猫が大好きで、京大の寮で怒られながらも猫の面倒をみていること

旅行を共にした栄子のこと
今はアニメーションと英語の修行でカナダへ行ってしまった


f0046982_1534729.jpg
相原先生は函館が大好きで小さな一軒家を持っていた
家にはチェコで収集した先生のコレクションがたくさんあった

あの家はどうなったのか、気になって
函館の人に聞き回っていたら、相原先生を知っている人がいて
聞いた話によると
先生の遺品がありすぎてフリーマーケットをしたそう
今は他の方が、ギャラリーとして運営しているそう

相原ファンとしては
相原美術館にしてくれたらよかったのに…と思いました
でも遺族の方と趣味が違ったら無理ですよね、とても残念です


f0046982_1523784.jpg
話がそれてしまいましたが
今回の旅行期の続きです
手廻しオルガンを作ってくれている谷目さんの工房へ


f0046982_1531725.jpg
谷目さんの工房は、函館山のふもとにあり
心臓がびっくりするような坂を登っていきます


息切れと汗だくになりながら
やっとこさ着いた谷目さんの工房

f0046982_153673.jpg
彼が谷目さんです
今回トリエンナーレに間に合うように
本当にギリギリで頑張って作ってくれました


私は前に書いた通り、何にもしていないのですが・・・

紀あさちゃんは何度も何度もこの函館の工房まで通い
オルガンの進行具合を見ては東京へ帰っていました
谷目さんと共にこのオルガンを作ったと言ってもいいと思います

できたてほやほやのこの手廻しオルガンは、
おそらく業界初であろう
音楽をひきながら紙芝居も回せる機能付きなんです
絵が左から右へ流れてゆきます


f0046982_15283618.jpg
はじめて絵を入れて、何度もくり返し流してみる

途中で音がでなくなったり、絵が枠から外れたり
いろいろトラブルがありましたが
谷目さんがささっと修正をしていました

私らが練習している横で谷目さんはまだ出来ていない枠部分を
急いで作っていました
それを横目で見ていたのですが、すごい技術の持ち主です
あたりまえかもしれませんが、感動しました


私はここで一気に眠くなってしまい
工房から歩いて15分くらいの
あさちゃんのアパートへに帰って爆睡

f0046982_1541498.jpg
和風のお部屋
今回はあさちゃん家に泊まらせてもらいました

ほんとは夜に三日月ギャラリーで展示を行う
作家さん飲み会があったそうですが
私があまりに熟睡をしていたそうで、残念ながら行けませんでした

パンダ号12時間乗車の疲れは、かなり大きかったようです



谷目さんの作る手廻しオルガンの音は
北海道らしい音というか、
ヨーロッパの重厚な感じの音とは全く違うな、と思います

音楽によって雰囲気も変わるのですが
これはしっとり系の曲を演奏している谷目さんのオルガンの音が聞ける
動画を見つけたので貼らせて頂きます
弾いているのも谷目さん






次の日

f0046982_15443970.jpg
f0046982_1545404.jpg
アパートの前にのびのび生えるスペアミント
函館はやはり涼しいからかハーブが育ちやすい環境みたいです


朝9時に大荷物を抱えて谷目さんの工房へ向かう
心臓やぶりの坂を再度のぼってぜえぜえ言いながらなんとか到着

景色がきれいだから、なんとか登れます


f0046982_15485749.jpg
谷目さんの工房は、この辺りにあるどの家よりも上の上にあって
眺めは函館一なんじゃないかというくらい
いい景色が全面に広がっています


谷目さんの工房で何度もリハーサルをした後

「今日子供が遠足だったのでそのお弁当の残りですけどよかったら」
となんとも謙虚な感じで昼食まで用意してくれました

f0046982_15533615.jpg
人が握ったおにぎりって、何でこんなに美味しいのだろうとつくづく思いました


谷目さんの工房の隣にあるお宅の一階

f0046982_15543560.jpg
物がないお家ってなんて気持ちがいいんだろうと思った
子供のことを考えた、温かみのあるとても素敵なお家

外側だけつくってもらって、あとは床など全部自分で作ったそう
子供がらくがきを描いてもいいように
壁紙はわざと張っていないんだと思いました


f0046982_155813.jpg
ウェルカムすぎる谷目さんちのワンちゃん
君のテンションについていけなかった…ごめんね、と思う



できたてほやほやのオルガンと、私達をのせて会場まで向かい
準備をして、パフォーマンス、なんとか無事にできました
とにかくオルガンが間にあってよかったね〜!


f0046982_1611951.jpg
f0046982_1612894.jpg
イラストと同じポーズで撮りました

紀あさちゃんが演奏とお話、私が人形振り(木製ロボット)とイラスト
全て紀あさちゃんの演出

演奏をはじめると人がどんどん集ってきれてくれて
みんな温かな雰囲気で演奏を聞いてくれていました

20分のパフォーマンスを一日4回もやったので
正直大変でしたが函館のみなさんがほんとに優しい視線をされていて
なんとかやることができたと思います

本当にありがとうございます


帰りは飛行機で東京に帰ってきました
行きに比べてたった90分くらいで着いてしまい、楽だけど味気ないかも?
と思ってしまった自分 笑



来週のパフォーマンス予定です(全て函館です)

■9/15・16・17(各日13時~ 15時~)
★みかづき工房
●三連休・手廻しオルガンの演奏会
 新しいオルガンの新機能からくりを使った紙芝居形式を披露予定

入場無料1ドリンクオーダー制 投げ銭歓迎 
ご予約優先 ふらりと歓迎
予約は三日月まで 0138-87-0787 留守電吹き込みOK


■9/29 30(各日13時~ 15時~)
★みかづき工房
●フィナーレ・手廻しオルガン演奏会
 ハコトリもついに終了
 新しいオルガンの新機能からくりを使った紙芝居形式を披露予定


■9/7~9/30(木曜休み)
★三日月工房
 ハコダテトリエンナーレ期間中の常設展示として、写真と手回しオルガンを使った展示

<制作・協力>
●手廻しオルガン演奏とパフォーマンス 紀あさ・みぞろけまりん
●手廻しオルガン製作 谷目基
●衣装制作 横井理子
●手廻しオルガン内の紙コンテンツ提供作家一覧
  紀あさ    (横浜・写真作家)    写真作品
  みぞろけまりん(東京・イラストレーター)イラスト
  南椌椌    (東京・絵本作家)    音楽にあわせた絵
  こがめいづる (函館・手作り絵本)   折り畳み手作り絵本
  長尾頼挙   (函館・デザイナー)   コラージュ
  大西翔    (函館・絵画)      函館風景絵画
●編曲 谷目基・松永敦
by picnic_marin | 2012-09-09 15:30 | 2012 函館 | Comments(0)
<< JIDAIクラス試演会 函館道中記 1 >>