いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
おうちごはん
at 2017-06-16 01:11
おうちごはん
at 2017-05-25 00:34
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
9 ケーキ屋さんまで小旅行
2013年の初夏のチェコ・フランス・ドイツ旅行日記
8 リヨンのビストロ のつづきです



フランスのリヨンのユースホステルの朝
旅行中は毎朝ぼーとした頭で今どこだっけ?というのが楽しいです

f0046982_856394.jpg
久しぶりに自分がフランスにいることにワクワクして
目が冴えて二度寝をする気になれなかった

隣に寝てる栄子はすやすや夢の中で
起こすのが申し訳ないくらい安らかに眠っているので
枕元に置き手紙をして、ひとり出かける事にしました


リヨンの調理学校に通っていたきょうちゃんという友人に
美味しいケーキ屋さんを教えてもらっていました
リヨン郊外にあるTrévoux(トレビュー)という街にあるそう


f0046982_856466.jpg
ユースホステルのお姉さんに行き方を聞いたら、丁寧に教えてくれました
プリントアウトしてくれた地図やメモ書き便りに向かいます

ユースホステルからメトロで15分、
リヨン中心の駅から15分くらい列車に揺られます



f0046982_8555737.jpg
無事に駅到着

さすが郊外の田舎街、見事になにもない…
タクシーくらいはいるんじゃないかと
日本的な感覚で考えていた私、困った…


10分くらいぼーとする



しかし状況は何変わらないので、どうにかしなきゃと
結局、電話でタクシーを呼ぶことに


久しぶりにフランス語の電話
いやだなぁ、と思いつつもしょうがないのでかける
通じるのかとても緊張したけれど
どうやら通じたらしく、10分待ったらタクシーが迎えに来た



ああ… よかった



f0046982_8555129.jpg
後進国以外でタクシーを利用したことがほぼないので
ぼったくられないか心配していましたが(小心者)
田舎の穏やかなおじさんドライバーさんで、安心して乗車できました



きょうちゃんの言っていたケーキ屋さんになんとか到着

f0046982_8555276.jpg
田舎の美味しいケーキ屋さんといった感じの店構え


f0046982_8555225.jpg
マダムは自分のお店に誇りを持ってお店を切り盛りしています
とてもクールでかっこいい人でした
(一応写真は許可をもらって撮らせてもらいました)


甘いものにさぼど興味がない私ですが
宝石のようにキラキラしたケーキたちにうっとり
ついついたくさん買ってしまいました

f0046982_17534537.jpg
f0046982_1754363.jpg

f0046982_17561092.jpg




わくわくさせるようなフランスのケーキの包み紙です

f0046982_855535.jpg
栄子に見せたら喜んでくれそう!と嬉しい気持ちです



買ったのは、シュークリーム、りんごタルト、プラリネのタルト
カフェエクレア、あと小さいケーキいくつか

f0046982_856673.jpg
待ちきれず、木陰に座ってシュークリームを食べました

今まで食べてきたシュークリームの中で一番美味しい!
生クリームってこんなに美味しいんだぁ!と感動でした

通りがかりのかっこいいお兄さんに、ボナぺティ!と言われました 笑
手が生クリームだらけだった…





せっかくなので、Trévoux(トレビュー)の街を少しお散歩した
川沿いの街で素朴で可愛いらしい小さな街


f0046982_856738.jpg
とても暑い日で、日陰を縫うようにお散歩
日本と違って木陰は一気にひんやり涼しくなるのが心地良い


f0046982_8555548.jpg
f0046982_8555633.jpg

f0046982_8555482.jpg


一休みにカフェに入りました


カフェには、店を切り盛りする美しいマダムと
おじさんが5人くらいカウンターにいて
アニス酒や、ビールをダラダラ飲んでいます

フランスらしいなぁ、と思いました
みんなとても優しくて、よそ者の私にも気さくに話してくれました


暇そうなおっさん達にリヨンまでの帰り方を聞いていたら
酔っ払いのおっさんの一人がなんと「駅まで送って行ってやるぜ!」と言ってくれました
(フランスはお酒2杯までなら乗車して大丈夫)


カフェにいるおじさん達は全員よく顔の知れた同士のようだったので
安心してそのおじさんに送っていってもらいました

f0046982_856964.jpg
出発する時に車の窓から撮ったカフェ

初めて会ってこちらは何もできないのに
見返りのない優しい気持ちは本当に嬉しかった

たった2時間足らずの滞在でしたが
Trévouxの街が大好きになりました


そんなこんなで昼すぎ、なんとかリヨンに到着
ペラーシュ広場のインフォ前で栄子ちゃんと待ち合わせ

お互いに携帯がないので、絶対に遅刻できないし
本当に会えるかどうかドキドキでしたが
なんとか会えた!
携帯がないのに会えたのは嬉しくて、ハグ!



腹ぺこな二人は、リヨンで一番美味しいケバブ屋さんへ


f0046982_8555827.jpg
店構えはなんてことないケバブ屋なんですが、とても美味しいんです


8年前、初めての個人旅行で行ったフランスはきょうちゃんと一緒で
その時にここに連れて来てくれたんです

フランス入りして最初に食べたのがこのケバブでした
20代前半の私には
世の中にはこんなに美味しいものが存在するのか…!と
感動した思い出があります(トルコ料理だけど 笑)


お店には8年前訪れた時と何も変わっていない
トルコ人の丸いムッシューがいました

f0046982_8561031.jpg
栄子が持つと更に大きく見えるケバブ
「美味しい!」と言って全部食べてくれました



f0046982_1804171.jpg
この日も、とてものんびりした日で、リヨンをゆっくりお散歩
なんとなく時間が過ぎました
なにもすることがない時間って、なんて楽しい時間




この日覚えている会話


世界で一番楽しい仕事ってなんだろうね
日本で仕事すると休めなくてみんな本気すぎて
働きすぎて、疲れちゃうよね…

リヨンは歩いていて目にする人がみんな、とてもラクそうに見えました
例えば八百屋の人

売るのに声を張り上げて売らなくていいし
店頭にいながら近くのカフェの店員がエスプレッソを持ってきてくれては
毎度長いおしゃべりをして休憩しているし、
とっても呑気でゆっくりした時間が流れている


後でアヌシーやジュネーブ、ミュンヘンに行きましたが
リヨンはダントツで働く人(特にサービス系)がダラっとしていて
自分らしく働いている感じがしました
そんな中に身を置いていると、こちら側もだらだらできて
とても気がらくでした




夜はユースホステルのキッチンで簡単に料理を作って
テラスで食べました
スープやらサラダでたくさんお皿があるのを見て
気が利くスタッフのオカマちゃんが料理を運ぶのを手伝ってくれた


f0046982_8572125.jpg
スープドポワソン(魚介のスープ)、サラダ、ビール

栄子はなんでも「すごい!!美味しい!これ何?」と喜んでくれるので
毎回嬉しくて、作りがいがありました


f0046982_18171167.jpg
ユースホステルの共有スペースでシスランというムッシュと仲良くなりました
日本語にとても興味を持っているそうです

フランスらしく「愛」という漢字を教えてあげました 笑
日本文化に興味をもってくれる人がいるのはとても嬉しいですね!



f0046982_8565471.jpg
シュークリームをつまみ食いした時に描いたスケッチ


この日記の続きは→10 リヨンのんびり散歩
by picnic_marin | 2013-09-18 00:10 | 2013 ヨーロッパ | Comments(2)
Commented by きょうこ at 2013-09-27 23:54 x
なんだか、懐かしいね(笑)

セドリックのお店のマルキーズ食べたいな〜
あそこの生クリームは、絶品よ。
前のオーナーにボールで食べさせられた事があるよ^ ^
Commented by picnic_marin at 2013-09-28 01:43
きょうちゃん
ええ〜ボール盛り〜!!?すごいね!!
懐かしいよね〜。リヨンにくると、いつも恭ちゃんと寿美さんとの思い出でいっぱいになります。若い時の記憶ってとても大事。あの時20歳だったもんね。いい思い出をきょうちゃんありがとう。
<< 10 リヨンのんびり散歩 秋のホームパーティ >>