いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
手作りポン酢
たまに遊びに行く絵里の家でいつも登場するポン酢
美味しいなぁ、と思って聞いたらなんと手作りをしているとのこと
元料理人の旦那さんにレシピを教えてもらいました。


作り方は、とても簡単。
以下の材料全てを、5L保存瓶に入れるだけです。

f0046982_0173087.jpg

材料

橙酢(だいだいず) 1.8L
醤油 1.8L
酒 360ml
みりん 360ml
鰹節 100g
昆布 30〜50g

1.8L=一升瓶
用意した容器は、果実酒用の5L瓶です


しんちゃんのレシピは煮たりせず、
材料を全ていれ、1週間後くらいに鰹節と昆布だけこして
一ヶ月後くらいから美味しく頂けるそうです。

f0046982_0173130.jpg
しんちゃんは、材料をいつも築地で揃えるそうですが、
私にとって二升瓶持つのはさすがに無理そう…と思って
築地スタイルというネットサイトで購入しましたよ。

橙酢というのは、橙というミカン科の果物の果汁100%のものです。
これがポン酢の決め手ですので、間違えても米酢とかにしちゃだめです。


f0046982_0173099.jpg
二升瓶分ってすごい多い気がして、今までポン酢作りを踏む込めなかったのですが
こうして実際5L瓶を見てみると大した量はないじゃん、と思いました。

友達に分けたり、冬に鍋好きな人がいつも使っていたら
一年くらいでなくなりそうな量。


手作りのポン酢は、とにかく美味しいです。
市販のものに比べてまろやかで、そのまま飲めるくらい美味しいんです。
いまから冬の鍋生活が楽しみ。


ちなみに、保存瓶5Lが入るスペースが私の家の冷蔵庫にあるわけもなく
日本にたまにしか帰ってこない、外国人の友人の家の
とっても大きい冷蔵庫に図々しくも置かせてもらっています。






by picnic_marin | 2015-08-07 22:39 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)
<< バベットステーキ Amelie(アメリ)江戸川橋 >>