日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
わたしいまめまいしたわ memo
風邪をひいて
体調が最悪な今日

凄い吐き気と悪寒
身体の管理はしっかり
できないと大人と言えませんね

まさに
わたしいまめまいしたわ、です
とりあえず更新ということで
先週の週末の大事なメモを忘れないうちに


東京都国立近代美術館へいきました
この美術館、日曜日は無料なんですよー

わたしいまめまいしたわ
という名前の面白い展示会をみに

わたしいまめまいしたわ
右から読んでも右から読んでも同じ

「わたし」というテーマのもと
私の大好きな草間さん
久里王子さんのアニメーションもありました
とても興味深い作品ばかりで
おもしろかったです

メモしたことをただ
ここに記しておきます

f0046982_9374565.jpg



■ 01

情報がながれ
あらゆるものの流れが日々加速される現代社会では
人々は誰しも
「わたし」を見失いがちです

「自分さがし」の大切さが改めて指摘されされるのも
人々のアイデンティティー確認に対する強い願いのあらされといえる

現代に生きる私たちは
「わたし」を確認しえない

漠然とした不安を抱いていることでしょう


■ 02

直接みえることのできない自分の顔や背中
切れ切れの断片としか眼に入らない手や足や銅

自身のイメージは鏡の中の像のみによって作り上げられる

本当の自分の姿を
人は一度も実際にみることができないなんて


f0046982_9344797.jpg


■ 03

他者からの視線をどこかで
意識して着飾り、振る舞う



他者からの要求と自分の欲求を
すりあわされてつくりあげた身体



いわば社会的な身体を
私たちは
「自己」
と考えていたわけです

f0046982_9353290.jpg


■ 04


人間の注意がどこかに向かうとき
見えているはずのものが
見えなくなります

まったく知覚されなくなるわけでもなく
どこかで感じているはず

木々の間にあるはずの 

空  風  空気  湿り気

画家たちが描く世界がそうしたものを
感じさせてくれるのは

私たちの視覚が注意と散漫との
相補的な連関において
なりたつ主観的な代物であることに

画家が気づいているからです


m

雑誌は、文、写真が載っている
そしてイラスト

絵が入ると視線はつい止まって
文にも眼がいき
結果的にそのページは
早送りされずに
読んでもらえたりする

それは
直感・感性をフル回転させて生きる人が
観るもの感じるものを
色で描きおとされて
それを視覚でみて
なんとなく
気持ちいいということだろうか

少なくとも
私の絵はそっちけがあると思ったので

湿気ぽさまでは表現できるか
わからないけれど

人が忘れかけた
懐かしいような
空気感だとかがふわっと
におう絵にしたいと思った
by picnic_marin | 2008-03-07 06:33 | 2008 東京 | Comments(0)
<< わたしいまめまいしたわ mem... 小さいおっさん >>