いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
映画メモ
ここ最近にみた映画を忘れないようメモ
なんだかけっこう観てますね

このメモは、映画の後のすぐの感情を忘れないように
勝手に想って
勝手にメモしているだけです
読んでネタばれは、ないですが
人にみせようと思ってかいてませーん


「クワイエットルームへようこそ」
出演者がみんなガリガリなの。私が大好きな蒼井優ちゃんは、
この役のために7キロ近く減量したそう。
主演の内田有紀も、看護婦役のりょうも、他にも全員やせ過ぎな感じの役者が揃っているので優ちゃんは、余計に頑張って痩せたのかなぁ、と心配まで勝手に心配までした。
精神病院の話で、主役の明日香に感情移入して観てしまった私は観た後、
しばらく変な気分だ。
コメディなとこも盛りだくさんたくさん笑った。はずしてる所がない笑い。
宮藤管九郎がすごくいい!!マトリョーシカのとこ、すっごい面白い

「めがね」
個人的に最高に好きなタイプだ。旅行に行く感覚でボーと観たい。
途中で眠っててもOKな映画だと思う。
カモメ食堂の制作スタッフがまた勢揃いしてるから、ほとんどカモメ食堂と
雰囲気変わらないような感じ。
小林聡美、もたいまさこ、いい!出演者がいい!!
加瀬亮がエビとビールを美味しそうに食べているシーンが大好きだった。
この映画を観た後は、ボーっとしている事は悪いことではなかったんだな!
自分は間違ってなかったと思った。ぼーとするのが癖な自分をなぜか誉め讃えた。
そして更にぼ〜が多くなった最近である。
春だからね、たそがれないと〜。

「非現実の王国で 〜ヘンリー・ダーガーの謎〜」 
ヘンリー・ダーガーの絵画展とか観に行ってて、ヘンリー・ダーガーが好きじゃないと
面白くないかもしれない。途中でヘンリー・ダーガーでおなかいっぱいになって気持ちが
どんどん暗くなるかも。ま、その時のその人の気分によりますよね。
私はヘンリー・ダーガーの陰のある絵、迷う迷路のような絵と色の使い方、大好き。
今回はヘンリー・ダーガーの絵がアニメーションで動きだすだなんて!
7人のアニメーターが2年の歳月をかけて作ったそう。
ドキュメンタリーだから、ずっと絵が動いているわけではないが、一つの絵が
こちょこちょ動くわけ。それだけで200のレイヤーを使っているそう。果てしないね。
ときどき、「え?」ってそれでいいの?って部分のアニメーションも登場した気がしたけれど
完成度高いと思う。だってヘンリーの絵が動くんだよ?
それだけで感動!
ヘンリーは絵がうまいなーと思っていたけれど、少女がとっているポーズのほとんどは
新聞や広告のトレースをして幼児用の絵の具で塗ることから
なんとか描き始めたそう。意力さえあれば、道具も情報も少なくても
なんでもできちゃうんだな、って。
あーだらだらかいちゃった。長い感想。

「ニライカナイからの手紙」
勝手に戦争の映画だろうと勘違いしていました。沖縄=戦争
だなんて、なんて意味のわからない脳みそなのかな私
いやー優ちゃんいい!
何回も泣いて泣いて、自分はすぐ泣く方だけれど、涙ボロボロの映画。
ストーリーはシンプルでなんてことないのだけど蒼井優が自然でいい。
井の頭公園がたくさん出てきて嬉しかった。
東京ってそうだね、最初はとても怖かったな、って思い出した。
親に喜んでもらうために、もっともっと頑張ろう、なんて思った映画。

「亀は意外と速く泳ぐ」
なんだか明るくなれる映画。最初のパラパラ漫画が楽しさを予感させる始まりでいい。
アニメーションの絵自体が、特に個性的なタッチではないところがまたいいね
走り出しがパラパラ漫画だからか
内容は、少年ジャンプを可愛くした感じを読んでいるような気分で観ていた
これ原作漫画?と思うくらいコメディーなんだね。
スパイ!いいねーあんなスパイならなれたらいいよね。
ああ、自分もっと幅広く、生きるいちゃっていいんだね!と思った。
主人公のお父さん役がいう「コーヒーもお茶もないからお湯でいい?」
ってゆるさ加減、のろのろ加減のくだらなすぎる笑いが楽しい。
やっぱり蒼井優ちゃんが良かった!(だから観たんです!汗)
あそこまで自由奔放にやりたーい。でもできなーい!とみなそう思うでしょう。
蒼井優が人気なのは、自由に生きている役が多いからそんな人に見えて
みんな好きなんじゃないかな、と思う。実際自分はそう。





そんな感じです
てか観た映画、蒼井 優ずくし。笑
だって可愛いんだもん

そうそう、

飯田橋のギンレイホールはおすすめ
準新作が2本立で1500円で観れちゃいます
まあ、前に人座ると見ずらいし
2本の映画の途中休憩10分くらいしかなくて
外に出れなくて辛いけどね
でも安い!しかもセレクトがまあセンス良い!
お得です。

でも、お金余裕ある人は1800円の平日へ行きましょう!
そっちのが楽です!笑
by picnic_marin | 2008-04-08 23:49 | 2008 東京 | Comments(0)
<< 蒼井 優 ばんざい 苺のジャム >>