いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
6日め  ビールの聖地プルゼニュへ
1月のチェコ旅行の続きの日記です
持ち歩いていた日記の文章をそのまんま打ってます
こちらチェコ・フランス旅行
のがわかりやすく観れます

---------------------------------------------------------

ドブレーラーノ ! おはよう
チェスキー・クルムロフにきてから2日めの朝

f0046982_18203251.jpg
朝7時半に、ベットに「ありがとう」と書いて折鶴と
5kcほどチップも置いてペンションの部屋をでた

f0046982_17593377.jpg
鍵を渡さなくてはならないので
「ドブレーラーノ!」と3階に向かって大きな声で言った
しかし1階から返事がしたので降りたら
昨日のボーイフレンドがいた

「あなたの彼女のステンドグラス作品が見たいの」
とドアを指して伝えた

f0046982_18292030.jpg
しかし、彼女は今寝ていて
僕はこれからテニスに急いで
行かなければならないんだよーごめん!
とのこと

チェコ語はわからないけど
彼はテニスラケットを持っていて
なんとも時間がなさそうなので
みればわかる

「またここに泊まりたいから、メールアドレスを教えて」
と、なんとか伝えると
メールアドレスなんてないとのこと

ええぇ!パソコンがないのー?という驚き顔をしてたら
ジャストモーメント!と言われ
彼は階段を急いで上がっていった
そして降りてきて
かわいい手作りのショップカードを渡された

おお、予約は電話のみなのね

彼はとてもさわやかな笑顔で
「A joi! アホイ」(バイバイ)
と言ってくれた

f0046982_2075372.jpg
ペンションは街のはずれにあるので
もう一度、チェスキークルムロフの街全体を通って帰る

3日もいたの?と驚かれるほど
小さな街なのに
最後までまだ街の全体が把握できず
迷いながら帰った
すごい単純な地図なのに何故?
方向音痴は治りそうにない

街の正門からは
20分くらい息切れを軽くしながら坂を上って駅へ

チェスキー・クルムロフの町は谷にあるので
急な坂を蛇行して帰るのだ
坂を振り返ってみえた
チェスキー・クルムロフの町は本当に美しかった

さようなら、チェスキー・クルムロフ

f0046982_1759259.jpg
ばかな私は、なんと帰りの時刻表を見忘れていた
おとといは、ここに辿り着けたこと事態が嬉しくて
さっさと町まで歩いてしまった
見とけば無駄な時間はできないだろう

まあ、いっか
2時間くらいは絵を描いて待つよ
という具合で何時間も待つ覚悟だったのだが

切符をかって、ボーをしてたら
線路に何人か人があつまっていった
(乗る場になるホームは基本的にないので線路で直接いく)
え!もう電車くるの!?

f0046982_1882937.jpg
なんと、5分ほどで列車は来たのだ
うわーすっごいラッキー!
あー別にゆるくていいんだな
直感や気分で動いていいんだなって嬉しくなった

そうそう今日は結局、Plzen(プルゼニュ)という
ビールの聖地に行くことにした
ビールは大好きなので私は絶対いかねばならない!

f0046982_20592928.jpg
8時38分にCesky Crumlov(チェスキー・クルムロフ)を出て
9時20分にCesky Budedovuce(チェスケー・ブディヨヴィツェ)という乗り換え駅に到着

朝から何も食べていないからお腹がすいた
次のPlzen行きは、10時10分
50分も待ち時間があったから
行きの時にも立ち寄った駅前のお惣菜屋へいった
プラハでもここでもそうだけど、改札がないのがチェコはいい

f0046982_2133347.jpg
f0046982_2134715.jpg
総菜屋さんの奥はケーキ屋さん

総菜屋は長蛇の列が出来ていて
自分の番がくるときドキドキした

注文にだいぶ時間がかかった
後ろにたくさんの人がいたが、こうゆうのは気にしない事

マイペースにきちんと欲しいものを伝えられた
チェコ語が通じたかどうかはわからないけど
とにかく欲しいものがきちんと買えて
食べれるのは、本当に嬉しい

f0046982_1922316.jpg
ブランポラークを買った
ジャガイモとニンニクをすりおろして
小麦粉で混ぜて焼いた、お好み焼きみいなもの(たぶん)
もちもちして、美味しい!

ブランポラークは、渋谷のチェコ料理屋cafe anoで何度も食べていた
anoだと1400円するが
やはり本場だと安い・・・

それと、にんじんのサラダ、ベーコン
にんじんを細切りにしたのに、パインとお酢で漬けたようなサラダ、甘酸っぱいです

これで32kc(200円)
水は11kc(70円)

f0046982_19135842.jpg
プルゼニュ行きの列車に乗って座席で食べた
切符を買うのも
乗り換えもずいぶん慣れてきた

食べ終わって手が油でベットベとになった
親切におしぼりなんて一緒についてないから
ミネラルウォーターを手にかけて
適当にジーンズで拭いた

衛生面からはかけ離れているがしょうがない
しかし乾燥しているって楽な世界だなぁと思う


プルゼニュに到着

f0046982_21171163.jpg
チェスキー・クルムロフが美しすぎたのだろうか
プルゼニュは現実に戻ってしまった感じだ

駅付近は変な人が多い
荷物持ちますよとか
ないやらつけてきたり、最悪

私は「Ne Ne Ne〜!!(ネ ネ ネー!)」と叫んで早歩き
Ne = No
彼らは私が日本人とわかるのだろうか?
チェスキークルムロフは田舎だったのか駅も小さいし
こんな変な人は全くいなかったのに
しかも小雨が降ってきた

駅付近でなんだかとても疲れてしまい
とにかくホテルを決めて安心してから
街を回りたかった

無理はよくないと思い
ガイドブック的にこの街で一番有名らしき
ホテルに泊まることにした
たまには贅沢しようと思った

f0046982_21192736.jpg
歴史が古く趣きのあるホテルです
高い部屋は1800kc(13000円位)するが
一番安い部屋は830kc(5600円位)だった

個室の中にバス・トイレが一緒なのがひさびさだった
わざわざ鍵かけてバスルームまでいかなくていいし
トイレすぐいけるし
なんて楽なんだろうと感動した

部屋の天井がかなり高くて気持ちが良い

f0046982_21262575.jpg
一人だけど二人用の部屋で広々

少し部屋で休んでから
さっそくビール博物館へ
入場料100kc
日本語の説明書と、コインを一枚渡された
このコインでビール一杯飲めるから
大事にもってるのよ、と入り口のおばさんに言われた

f0046982_2128107.jpg
なんだか全然楽しくなかったし
蝋人形がリアルすぎて怖いしで(怖がりなので)
できれば忘れるようにしていた

博物館はダメだったけれど
チェコビールは、とにかくすごいらしい

国民一人当たりのビール消費量が世界一を誇る
それぞれ地方に自慢の銘柄があり
特定の店でしか飲めない自家醸造ビールも多いので
全部飲み歩こうと思ったら何ヶ月もかかる

中世では、ビール醸造は修道院など
特定の一家でしかビールを作るのは禁止されていた
栄養物として子供もストローで飲んでいたという
アルコール度がほとんどなく、濃厚な飲み物だったらしい
そして黄金色をしたビールはチェコが初めて出したそう

メモ、以上

f0046982_2149949.jpg
博物館見終わってさっそく
できたてのビール

う、うまい・・・
さすがプルゼニュです!
にごりのない味!なんかピュアだ

今までの日本のビールはいったい何だったんだ?
薄すぎるよね!そして、余計な添加物が入り過ぎでしょ!
とこれを飲んで改めて感じた

f0046982_2205886.jpg
さっさと2杯目のビールを頼む
そしてグラーシュのスープを頼んだ

昼食 59kc(420円くらい)


チェコではビールの旅と決めていたので
ほんとに毎日、水の変わりに
ビールばっかり飲んでいる

チェコビールは味が濃くて美味しい
そして、アルコール度数低いんではないかと思う
1リットルくらい飲んでも
「酔う」という表現ではなく
なんだか「ホワン」とした幸せ感に包まれる

ひと休憩するときは、カフェではなく
ビアホールでビールを飲みます

だってカフェ自体があんまりないし
ビアホールがそこらじゅうにあるのだ
そして、コーヒー、ビールより高いんだもん

f0046982_23343741.jpg
スーパーでビールの小瓶は5kcくらい(35円)
ビアホールでは500mlジョッキで、25〜30kc(200円)

ビールが好きな人にとってはチェコは天国です!
ナスドラヴィー!(乾杯)


そのあと、ほろ酔いで共和国広場へ出ると
バリトロミェイ教会がドドーンと建っていた

f0046982_22321758.jpg
(これは早朝に撮影したもの)な、なんだこりゃーでかーい
20ck払い、塔を登ることにした

すっごい急な階段
ちょっとふざけてるでしょ!ってなくらいのありえない
幅の狭さと急さ

勇敢なマリン選手はさくさくと登ったが
10人いたら1人は絶対大けがする気が

301段あるそうで、本当に大変だった
二度と登らねーぞ!!と心に誓った

普通だったらものすごい寒い気温だが
額から汗が垂れている・・・
その疲れを吹き飛ばしまではしないが

すばらしい絶景だった

f0046982_2145273.jpg
チェコで一番高い建物らしい
高さ103mコシック様式

f0046982_21455252.jpg
登ったはいいが下りもすごい怖い
あと体重10キロ多くあったら
まるいマリンは転がり落ちていっていたでしょう(結構マジで)

面白かったのが、下っているとき

すれ違う観光客が
本気でキレ気味な顔をしているの
無言で「おい、まだ上なのか?」
みたいな顔してるの

笑顔でとガッツポーズをして
みんなとすれ違いました

塔を降りたら
あー疲れた!
またビールを飲みに行きます
ブルゼニュスキー・プラズドロイ醸造所へ

f0046982_22475556.jpg
Pilsner Urquell の工場がある、有名な門をくぐり工場ツアーへGO!

英語でのツアーなので何言ってるか
さーっぱりわからなかったけれど
洞くつにはいったり、たくさんの樽を見れてたのしかった
結構一人客もいた

f0046982_22511318.jpg
何より感動したのは、ツアー中に試飲した
樽から直接サーブして飲んだビール

これはもう
ビール通にとっては、感涙もの以外の何者でもないと思う
いやーチェコに来て良かった
プルゼニュに寄って本当に良かった・・・

f0046982_22473811.jpg
ツアーの後は工場の中にある
レストランで晩ご飯を

思えばチェコへきてから
野菜とってないかも?思い
チェコでは定番のカステーズチーズがかかったサラダと
酢漬けのこれまたさっぱりしたソーセージを食べた

f0046982_22565660.jpg
酢漬けのソーセージは不思議な味
今まで食べたことなかったけど
ビールにすごい合う

でもここで飲んだビールは
さっきのツアーで飲んだ樽ビールほど美味しくなかった


一度ホテルへ帰って
ミネラルウォーターを買いに薄着でホテルから出た
それを見たおっさんが
わざわざ私を引き止め
「コート着てから外出しなさい」と注意された

最初、何を言っているのか全然わからなくて
ついに拉致されるんだ私と
本当にビビった

ただのおせっかいな心優しいおじさんでした
たぶん自分はここでは、子供にみえるんですね

おっさんの言う通り部屋へ戻り、コートを着て
ホテルの近く歩き回ってミネラルウォーターがありそうな
売店を探すも、見つからず
結局手ぶらで帰ってきて、今に至る

とても喉が乾いたのでしかたなく
水道の水を飲んでいる
結構な量飲んだから当たらないか心配だ

疲れた
もう3秒で眠れるだろう
のび太のまりん
10時に就寝
by picnic_marin | 2008-04-12 01:30 | 2008 チェコ | Comments(4)
Commented by momi at 2008-04-12 20:48 x
チェコの旅行記、すごく楽しく読ませていただいてます。
チェスキークルムロフ、絶対行きたい!

Commented by picnic_marin at 2008-04-12 22:13
こんにちはmimiさん(*^-^*)嬉しい!
こんな読みずらい日記を見てくださってるのですね(^^;)
長〜いのでちょっとずつアップしてます、この日の日記もまだかき途中ですよ。チェスキークルムロフ、なんか暗いけれど素敵な所です。
チェコへ行ったら絶対かかさず見てほしいスポットですね*
Commented by chesky471225 at 2008-04-12 23:51
ドブリーデン!
「チェコ」で検索したら辿り着きました。
はじめまして。
チェコ日記すごくおもしろいです。
あたしも、先月チェコに初めて行ってきました。
プラハ、チェスキークルムロフ、オロモウツ、
すごく楽しい旅でした。
まりんサンの日記を読んで、あの時のことを思い出します。
そしてすごく共感します。
続き楽しみにしてますね。
アホイ!
Commented by picnic_marin at 2008-04-13 00:10
ドブリーデン!
わーコメントありがとうございます(^^)
今めがねさんのチェコブログをみてました。
いちいち、オチ的なものがあって、かなり面白いんですけど!(^^;)
今ひとりでくすくす笑ってましたぁ。
あんなリズミカルに構成できていいなあ!と羨ましくなっちゃいます。
キュビズム建築のコヴァジョヴィチ邸行ったんですね!
ずいぶん探したのですが見つけられませんでした(><)
オロモウツも行きたかったんですーいいなー
<< 目からうろこの折紙 5日め  素敵なペンション >>