いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大洗旅行 2
at 2017-05-25 00:18
大洗旅行 1
at 2017-03-22 22:18
引っ越し祝い
at 2017-03-07 18:01
ご飯メモ
at 2017-03-05 23:48
新しい暮らしと隣人
at 2017-03-02 23:58
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
映画メモ
人のセックスを笑うな

吉祥寺バウスシアターのレイトショーにて観た。
すごい良かった。
蒼井優を観たくて観にいったが永作博美の演技がほんとよかった。
好きな事を、思いついたままに行動する子供と変わらないような役が
愛らしくてしかたなかった。そして永作さんに、よく合っていた。
あと、古いものがたくさん出てきてシーンシーン美術が楽しい。
人の部屋って気になりますものね。
井口奈己監督という人の作った
旧作「三月のライオン」「犬猫」など
すぐ観たくなった。ツタヤにあるかしら。
好きなシーンは、ゆりが家に帰ってきて
ワンピースを脱ぎ
タンクトップとパンツだけでフィッシュマンマンズの
いかれたBadyの鼻歌唄いながらタバコを吸って、くつろぐシーン
あーよくあるあるっていう空気をよくあそこまで出せるなあ
と関心してしまう。
蒼井優が、展示会場でお菓子をバリバリ全部平らげるシーン
あと、みるめと猪熊さんが、一緒に信玄餅を食べるシーン
東北の色のない寂しい風景がせつない感じによく合っていた。
一緒に観た人は、あの空間の時間の取り方の長さに疲れたと言っていた。
逆に私は、ひとカットひとカットがすごい長いから
より空気感じが伝わってきて良かった。


ストロベリーショートケイクス

東京で暮らす4人の女の子の話
題名も可愛いらしいし、とても甘い話なんだろうな
と思うかもしれないが、全然違う。
そんなにリアルに痛い部分の全部をあきらかにしなくていいよ
と見終わった後、4人を抱きしめたくなるくらいに
可愛そうで痛々しい気持ちになる映像の連続だ
悲しくなってすごい泣いた
私の場合、4人全員に強く共感してしまい、ほんと泣いたし
後をひきずり、泣きながら眠ったくらいだ
今まで観た映画の中で一番好きかもしれない。
あくまで個人的に好きな映画というだけで
この映画は賛否両論だと思う。
男の子がみても全然意味がわからないし、共感できない。
一緒に観た男の子は
「なんでここはこんな行動をとっちゃうの?」とか
全然気持ちを理解できてなかった。
でも監督は矢崎仁司、男だ。
よくあの空気感を出せるなあ、とびっくりする。


「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督、
「ストロベリーショートケイクス」の矢崎仁司監督、
二人が関わっている「三月のライオン」はどんな映画なんだろう
ますます気になる


「パフューム」

最近み続けた映画が
邦画のちょっとした日常を描いた
なんか、ぼやっとしたのばかりみてきたせいか(だって好みなんです)
この映画は、すっげー!!スケールでけー!!豪華ーーー!と思った。
しかし、お金かかってるけど、失敗してない!というか
映像ではもちろん「におい」なんてしないから
表現は難しいだろうに
こんな表現方法で主人公の嗅覚を表すなんてびっくりした
ラストに近いシーンでハンカチをフワっと投げて
1000人近い民衆全員が服を脱ぎだしセックスを始めるシーンは
ものすごい迫力
まずあの人の量だけですごい
この映画を観た後、香りが強いキャンドル
ディプティックのローズを買っていた自分がいた

f0046982_2195921.jpg
ディプティックは、お風呂場においた

お風呂に入る時、電気を全部オフにして
ロウソクをたくさんつけます


湯船って、お腹の中にいた頃を思い出すのでしょうか
1日の終わり、いちばんリラックスする
気持ちが良い時間

素っ裸で、ひとりだから
自分を見つめなおす
なんだか自分に優しくなれる時間です
だからゆっくり湯船につかるのが好き


おやすみなさい
今日もお疲れさまでした
明日もきっとよい1日が待っているはず
by picnic_marin | 2008-05-21 01:15 | 2008 東京 | Comments(6)
Commented by いわお at 2008-05-20 23:34 x
まりんのオススメ映画、共感。みようと思う。
今日もおせんよかったなぁ〜〜〜。
ステキなバスタイムねぇ、うっとり。
いわおは入るまでがちょーめんどくさいんだけど、
入っちゃったら、ダーイスキ!なおフロさんです。
Commented by picnic_marin at 2008-05-21 09:28
>入るまでがちょーめんどくさいんだけど、
入っちゃったら、ダーイスキ!なおフロさんです。

笑!こどもと一緒じゃん!!
小学生のときお風呂嫌いだったかな。めんどい。笑
一人で暮らすようになってから
ああ、もうこんな時間だからはいんなきゃ、ってなったなあ。
Commented by A子 at 2008-05-21 16:10 x
私はだめな一日だったほど風呂入りたくなる。
いちにち家にいたとかさ!
洗い流してさあ次へ みたいな感覚なのかな。

アロマ素適じゃないか!
Commented by picnic_marin at 2008-05-21 22:05
ああ、それもなんかわかる。
場面変換したい時にお風呂ね。きっとお風呂はリセットなわけよ。
ちゃんとさあ次のことへ!みたいな(笑)
Commented by A子 at 2008-05-23 10:27 x
そうそう。
マイム後の汗だらだらした日よりも
一日家にいて体が乾ききってるときの方が
風呂だ、さあ風呂!って思うもの。
体動かしてたときは自然とリセットされてるものな。
風呂の変わりに散歩もよいかも。
そして井の頭公園に鯉がいなかったらルノワールの絵みたいに
パシャパシャ風呂みたいにして髪の毛洗いたいな。
近所の人たちが銭湯代わりに裸で集まってきたら素適だろうに。
Commented by picnic_marin at 2008-05-23 22:17
井の頭公園ね、そういうスポットだったら良いのに
裸で湖に飛び込む!そういうのやってみたい
フィンランド人はサウナの後、裸でどぼん!って入るんだってね
いいねー裸で湖なんて
寿司よりも、何よりも最高だろうなー
<< 神保町 うちのごはん >>