日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
仙台旅行
2ヶ月ほど前の仙台旅行日記です

東京駅をでて約90分で仙台に到着
近いんだなぁ
駅につくと雨がパラパラふっていて少し寒い
西口をでて「るーぶる仙台」という
市内観光バスの一日券を買う600円

観光名所の入場料金が割引されたり
色々便利

小雨が降っているというのに
駅からバスまで屋根続きで傘がなくても平気だったから
つい買い忘れた

最初に来たのは瑞鳳殿
傘がないままずぶぬれになって観光
つくづく間抜けである

f0046982_1453755.jpg
この瑞鳳殿は、伊達政宗の墓
墓につくまでの杉並木が圧倒的な高さと大きさで存在していた
寒くてしょうがなかったけれど
はっとするような美しさでした

f0046982_1472664.jpg
濡れた石畳というのは
本当に美しい

f0046982_1525064.jpg
しかしとにかく身体がびしょびしょで
このまま風邪をひいてもおかしくない位
身体が冷たい
瑞鳳殿の出口に変な看板があった

「ラドン温泉」

寒いのでとにかく入ってみた
平日だし雨だしで
この辺りには誰も人がいない

なのでもちろんこの施設も私ひとり
寂しいけど
身体がとても暖かくなって
リラックスできたよかった

温泉、岩盤浴とセットで1050円

f0046982_1531868.jpg
岩盤浴のよくわからない趣味の窓
壁は一面、淡い紫色

なんだかんだと1時間半は居て
ゆっくりした

朝から何も口に入れていなかったので
さすがにお腹がぺこぺこになり
これまた目の前にあった
茶屋に入った

これがものすごく美味しかった

f0046982_1594944.jpg
おくずかけ、ずんだもち

おくずかけ、とは仙台ではお彼岸や家庭料理として作られているらしい
すこし太めのそうめんみたいな、ウーメンの上に
里芋、大根、いんげん、ニンジン、おふ、きのこ、
もうたくさんの野菜
味付けは、ママがつくるお雑煮に似ていた
東北の、濃いダシ

腹ごしらえしてまたループル仙台に乗り5分ほど
仙台城跡に登るのに
バスはグルグル、ぐらぐら
そうか、城は山の上なわけだ

上から眺めたら本当は仙台がすべて一望できるはずだったのだけど
曇っていて雨だしなんも見えず

それより雨なのに傘を持っていないので
辛くてしょうがなかった
資料館があったので、受付のお姉さんに
傘が売っているところはないか訪ねると
きっぱり「ありません」と言われた

髪までずぶぬれな私
情けない・・・

「はー」
と頭が下に下がるくらい溜め息を深くついて
バス停へしばらく歩いていると
うしろから
「お客さん!」
と呼ばれた

なんか忘れ物したかしら、と思ったら
さっきの受付のお姉さんが
「よかったらこれ使って下さい」
と走ってきて
赤い傘をくれたのだ

本当に嬉しかった
こんなにも傘という物がありがたく思えたことは今までない
お姉さんは一見きつそうな顔をしているのにこんなに
心優しいだなんて・・・

セーラー服と機関銃、というように
人間はギャップに弱いのだ
なので怖そうな顔をしたお姉さんに傘をもらって感無量だった。

続いて仙台メディアテークへ
建築家の伊東豊雄さんが建築したもので
グッドデザイン賞、日本建築学会賞、いろんな賞をとっている
立派な建築物だ
メディアテーク=メディアをおさめる棚、という意味

ここにくるのをとても楽しみにしていた。
し、しかし!休館日!ええーーー

がっかり
もう服もびしょびしょだし
ホテルにさっさと帰ろう

チェックインした後
東京から仕事できている友達と会う
「味太郎」という牛タン屋へ食べに行った

牛タンというものは、
ご飯と牛テールのスープ、漬け物を
一緒に食べるのが美味しい
だから定食なのだ
おつまみではない

なのでさっさと牛タン定食を食べて
そのあと回転寿司へ生牡蠣を三つ食べる
最後にホテルにあった小さなバーラウンジで飲んで別れた

友達は仙台にある建築をデザインしているみたいで
魂かけて頑張っているみたいだ
私も頑張ろうと思えた

よく動いてよく眠れた
新しいきれいな白いシーツで眠るのは
とても気持ちがいい


次の日、仙台から、仙台線にのって35分
松島海岸駅から歩いて10分くらい

瑞鳳殿へ
参道は見事なもので
太い太い松や杉が何本も重なり合って神々しい

何年生きているか検討もつかない大木を横目に
まっすぐ歩く
これだけで清い気持ちになれるから不思議

f0046982_0452534.jpg
苔もまた良い
しっとりとした空気、歴史を感じさせてくれた

f0046982_0385545.jpg
日本の建築って美しいんだなって改めて思った。
写真では言いようがない美しさで
この空気の凛とした雰囲気は自然が作っているのだと感じた

f0046982_0395513.jpg
天井も壁も、床もすべてとっても古い木
なんだか安心するよ

f0046982_0401797.jpg
中庭には見事なしだれ桜が咲き乱れている

f0046982_0442777.jpg
近くでビールと生ガキを食べて
ずんだ餅をお土産に買って新幹線で帰りました
仙台はそんなに文化がないけど
新しいものと、古いものを両方みると
楽しいかも
by picnic_marin | 2008-06-26 01:39 | 国内旅行 | Comments(0)
<< ふらふら ダチョウの卵 >>