いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大好きなケジャン
at 2017-08-15 07:51
夏のご飯メモ
at 2017-08-09 01:57
かき揚げの美味しい作り方
at 2017-08-03 23:30
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
カテゴリ:2010【FR】プロヴァンス( 20 )
香水の都グラース
いま 部屋中すごい良いにおいだよ!

そして外がすっごい強い風 春一番かなー?


今日は香水の街 グラースへ行ってきました

自分の香水を作るために
香水工場Galimardにて香水調香体験〜


f0046982_7291369.jpg

写真がたくさんあるので 今日の日記は長いです

ちなみに よく聞かれるんですが 私のブログ更新時間は30分くらい
早いのだ えっへん

もうね ブログも3年くらいやってるから慣れました haha
でもフランス語が一緒の時は3時間はかかってますけど…





さて、

グラースは 数々の香水を生んだ
香水の都として有名で

ココシャネルの「シャネルno.5」もグラースで生まれたんだって!

グラースは、映画「パフューム」の舞台になった場所でもあるね

わたしの中で去年みた映画で一番よかった映画は
パフュームなので 今日はとても楽しみにしてました



朝起きたら すばらしい天気!

空がどこまでも晴れていて
海の色も 今日はとてもきれい

電車の中から海が見える

f0046982_737594.jpg
ナオ、海きれいだねーって

f0046982_7211972.jpg
私の意味不明なフランス語をいつも うんうん、と
静かに聞いてくれるレグラちゃんだよ


最寄り駅のジュアンレパンから 電車で30分くらいでグラースへ

国鉄グラース駅のまわりは何にもないので
バスに乗って中心街まで

ひさびさの外食
今日は天気が良いからテラスがきもちよかった〜


f0046982_7214183.jpg

f0046982_7445414.jpg


ディヨンタとスザンヌと現地で待ち合わせて
みんなで予約した調香所へ


私たち5人は スイス人、ドイツ人、オランダ人、日本人 4カ国…

みんなある程度のフランス語ができるけど

調香する時、細かいニュアンスとかあるだろうし
料金も45ユーロと結構に払っているので
さすがにここでは母国語がいい、と思ってたのだ

予約時に国のことなど言ったけど
いったいどうなるんだろう?と けっこう心配してた


しかし、
何の問題もいらなかった


f0046982_8101183.jpg


7カ国話せる フィンランド人のマダム登場〜 (右のひと)



ありえない…7カ国だと ?


すごい、ほんとすごい

わたしはたった1カ国語で
何をブーブー言っているのだろうと思った



香水は調香師の指導のもと 自分で作るよ

f0046982_8283195.jpg


ベースから順々に選んでいって 4段階に分けて

変な香りにならないように
ある程度の制限を指示してくれるから、大丈夫

f0046982_7494434.jpg


この6本から3本好きな香りを選んで と言われて
試験管の中に指定された分量を自分で入れていくよ

f0046982_8213633.jpg


次はこの15本から3本好きなの選んで〜
という時は なんかもういろんな匂いをかぎすぎて
鼻が変な感じに

頭もちょっとぼ〜ってしたりして
途中から どれが好みかちょっとわからなくなる


何が良いんだかよくわからなくなるのは みんな同じみたいで

f0046982_8245645.jpg


悩みに悩む ディヨンタ
一番最後までう〜んって悩んでた



最後はもう 直感だ〜


という感じ私は でけっこう 適当に選んで
ドボドボ 入れたのでした


f0046982_827457.jpg


しかも お腹がすいてたから、桃とかフルーツばっかり選んじゃったりしてね

そんな適当でもなぜか良いにおいの香水ができた
かなり大満足!心からきてよかった!

一応、修了書がもらえます

f0046982_7265266.jpg
にっこり


みんなで旧市街をふらふら

f0046982_8335980.jpg
f0046982_8342886.jpg
f0046982_8344930.jpg


カラフルな石けん
街を歩いていると香りに関するお店がたくさんある

f0046982_8351942.jpg


ロクシタンのお店 こっちではじめて発見


日本で大人気のロクシタン

ナオも言ってたけど、プロバンスのブランドなのに
意外に南仏になかなかお店がないのね…なぜ?
まあ、ここはコート・ダジュールだけどさ

f0046982_8474394.jpg


旧市街のカフェに

f0046982_8511487.jpg

私は またショコラビエノワ
最近チョコラビエノワ大好き だってー夢が詰まってる!

f0046982_852487.jpg
f0046982_8534594.jpg
近くにいたムッシューに頼んで撮ってもらったよ

f0046982_8553392.jpg

みんなにっこり

帰るころにはもう真っ暗でした

f0046982_8564028.jpg


それにしても

おみやげがこんなに嬉しいなんて!
自分で作ったから 嬉しい

世界でひとつの香水なので 自分で香水の名前をつけるよ
私は何にしたかと言うと

f0046982_9222429.jpg
marin de printemps
直訳すると、春のマリン (笑)
本当は「まりんの春」 にしたかったのだけど
順番間違えましたね! おバカ


今日はほんと天気がよくて 春の予感だったから
わかりやすくそんな名前にしたよ

私にも早く春が来てほしいなー


この香水、あと2週間してから完成なんだって
しっかり落ち着くまで待つわけです

たのしみ〜!だってすごい良い匂いだから!
わくわく

f0046982_9224447.jpgお土産に買った
ビオレのポプリと
グレープフルーツの実とアプリコットのキャンドル

香りが半端なく強い

部屋中いーにおい



明日は天気がよければ ミモザ祭りに行ってきます


もう南仏滞在も残り あと一週間か

早いな〜


-----------------------------------------------------
フランスを感じてもらえたら 最後にこちらクリック→
人気ブログランキングへ 励みになります
(人気ブログランキングって何?を説明した日記こちら)
by picnic_marin | 2010-02-21 09:06 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(14)
レモン祭 続き
f0046982_5135178.jpg

パレードはとっても華やか〜

いろんな国の衣装をきて 踊ったり
レモンのデッカい だし?が出たり

f0046982_521771.jpg

とってもきれいな女の子
この日けっこう寒かったけれど みんな元気に踊ってます!


マントンのレモン祭りのパレードは田舎の方なので

街の子供やおばさんたちが参加して
楽しんでやってる感が

なんだかとても温かな感じがして素敵でした

f0046982_583734.jpg

若い子たち みんなスタイルがいいのー!
地元の高校生とかかな、かわいいー

f0046982_592282.jpg

はいタッチ!って全員とタッチするよ


海外のこういったフェステバルをはじめて観たけれど

フランス人のお祭りの楽しみさ加減を観ていておもしろいなーと
わたし日本人は思ったよ


出し物が出てくるたびに
あーだこーだと 感想みたいのを

ひとりごとでぶつぶつ言っているフランス人の

多いこと多いこと


でも みんな楽しみにきているから
そのたのしい〜!って雰囲気がとても良くって

わたしもとても楽しかった

f0046982_51437100.jpg

隣の知らない人と一緒にわいわい話したりするのが
日本にはないな と思った

f0046982_531256.jpg

お姉さんたちみんなおっぱいが大きーい
ゆらゆら揺れるおっぱい

おっぱいが歩いてた

南国な雰囲気たっぷり

f0046982_548100.jpg


何かの監督の物まねをしているスチルト(足長)
この持ってるカメラで観客を撮ってるらしい


f0046982_554539.jpg

一応監督なので観客に向かって
「はい!あなた!台詞を言って!」と言っている所

友達がアムール!とか言ったら

f0046982_55823.jpg
「ウィービアン!」とかなんとか OKマークのムッシュ


f0046982_575086.jpg

ひとりの風船人形が倒れてしまったので相方の風船人形が
あわてて人工呼吸

これは観ていて おかしかった〜

f0046982_562349.jpg


f0046982_5151238.jpg
こっちきて初めて飲んだ カフェオレ

あ〜やっぱり美味しいなぁ とつくづく思う

日本の女の子に大人気のカフェオレというのはフランス語だよ
café au lait 直訳すると 牛乳にコーヒー

ちなみにカフェラテ はイタリア語〜


f0046982_571863.jpg
f0046982_5101622.jpg

このレモン祭の後から
マントンはきっと気温が上がってゆき

早い春を迎え
一気に街が生き返るのだろうか

南仏の冬っていうのは やっぱりなんか
生きてない感じがする

彼らにとって きっとこれからの季節が
本番なのかもな って思った




パレードを隣どうしで見物してたマダム

f0046982_4571774.jpg

私も同じく泡だらけなので この後 一緒に泡をとりました


関係ないけど 青森のねぶた祭りには いつか必ず行かねば!と思った
わたし 日本のこと知らなすぎる



-----------------------------------------------------
フランスを感じて頂けたら
こちらクリック→人気ブログランキングへ投票(ランキングページへ飛ぶだけです)
by picnic_marin | 2010-02-16 04:33 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(2)
レモン祭
今日はマントンのレモン祭へ行ってきたよ

マントンへは ニースから長距離バスに乗って1時間(しかも1ユロ!いいね!)

バスに乗る前に
ターミナルの近くのカモメカフェでお茶
(いつもカモメがたくさんいるからカモメカフェ)

f0046982_7205016.jpg

今日バレンタインデーなのでなんとなく ?
ショコラビエノアを飲む
シャンティたっぷり

今日もまた カフェの前で カモメのタイムセールが

f0046982_7324542.jpg

たくさんのカモメ

羽が真っ白できれい 気持ち良さそうに低空飛行して飛んでくる
カモメってデカい!

f0046982_7304136.jpg

魚屋さん自家製のオイルサーディン

絶対美味しいだろうなーと思ったが
もうあと2週間でアヌシーへ行くから 我慢



バスはずーっと海岸沿いに道を走る


エズの町並み

ヴィルフランシュの 海の青さ

雰囲気の格が違うモナコ王国


いろんな街の景色が観れて
たのしい長距離バスの旅


それにしても
モナコ王国は本当にすごい
ありえない雰囲気が漂ってたよ
本当のお金持ちたち…この国っていったい 不思議だな

ル・コルビジェの最後の家がある
カップマルタンも絶対いってみたい
建築家の友達が来た時に一緒にいこうと思う



マントンに到着

f0046982_6581929.jpg

この辺りの街路樹は普通にオレンジやレモンが実ってるよ
絵本みたいで可愛い


f0046982_659094.jpg

スイス人の子に言わせてみれば
柿がどこでも実っている日本のがファンタスティック!といわれたけど
ヨーロッパでも柿はあって KAKIと言う


フェステバルには15ユーロのチケットを買って入場

f0046982_6595675.jpg

全部本物のオレンジで出来てるモニュメント
どーっさり!


f0046982_79192.jpg

近くに寄ってみると 柑橘類の いーにおいがする


お揃いで買ったらしく
とてもかわいかったので撮らせてもらった
4人のマダムたち

f0046982_732314.jpg

たのしく旅行中らしい なんか母を思い出す


モニュメントの高台に登って
ブログの本人 久々に ご登場 すっぴんでにっこり

f0046982_710962.jpg
パパママ、まりんは元気ですよ〜

けーかさんがくれたお気に入りのストールと
めーちゃんがくれたバッチ いつもつけてるよ(^o^)



f0046982_7174851.jpg

絞りたてホットレモン2ユーロ

砂糖入れてもすっぱ〜い
あったまる


f0046982_854148.jpg

注文の時の話

ホットレモンを注文したはずが
私の発音が下手で
店員さんは冷たいオレンジジュースを作ってしまった

違う、ホットレモンです って言ったら

店員さんのムッシュ
嫌な顔ひとつせず作りなおしてくれた

その上
「並んでいる人の中でオレンジジュース注文の人いるー?」って叫ぶ店員さん

行列の後ろからひとりのお客が名乗りでてきて

その客から私に
「あー全然並ばずに買えたよ ありがとうお嬢さん!」とまで言われた始末

人間らしいなー合理的だな〜って
ちょっと感動した日本人でした

すごい混んでるのに楽しそうに仕事していて
素敵な店員さんだなと思った


f0046982_7242454.jpg

とりあえず今日はここまで 眠いのだ

レモン祭のパレードへと話は続きます

-----------------------------------------------------
フランスを感じて頂けたら
こちらクリック→人気ブログランキングへ投票(ランキングページへ飛ぶだけです)
by picnic_marin | 2010-02-15 07:52 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(4)
ヴァンスとお菓子とキキ
先日暗い日記をかいてしまったけどすいません
思ったことを素直にかくのがこの日記だとはおもってるから あれも自分なのね

f0046982_2136167.jpg
よく考えてみれば 
語学学校に通い始めてから5週間
アンティーブの街から まだ一度も出た事がなかったよ

学校でもう疲れてしまって
週末どこかに出かける元気までなかったのね

ちょっと語学のことは忘れて小旅行に行こうと思い
ひとりで ふら〜と駅まで行ったら ナオにバッタリ会う

小さな街とはいえ 同じ時間に 同じ場所で会うのはとても偶然
ナオは家に帰るとこだったみたいだけど
彼女も連れて行ってしまうことに

ニースから長距離バスにのって1時間
ヴァンスに行きました

行く途中、ニースでお茶

f0046982_19443145.jpg
あとで調べたらこれはSaint-honoré サントノレって名前のお菓子
かわいい形で好き そのうえ夢のようにおいしー

魚市場沿いのカフェだったので
とにかくたくさんのカモメがいて
カモメのタイムセールみたいになって可愛かった


甘えてはいけないけれど

たまにナオと日本語が話すことは
息抜きであって大事だと思ったよ

ナオはフローリストで仕事をするために南仏へきた
18歳から好きで ずっとお花の仕事してるんだって
やりたい事みつけて 好きなことをひたすら続けていて 目標がある女性って
なかなかいないよね

f0046982_19583375.jpg
カモメのカフェでナオ
(この写真好きなので 勝手にのせたよごめんね)


ヴァンスへのバスの道どんどん山の中へ登っていくので
わたし本当に帰れんのかな…
とか心配になったりしたけど なんとかヴァンスへ到着

f0046982_19385331.jpg
それにしても交通費が安い!
長距離バスで行ったのだけど
どこまで行っても1ユーロすばらしい

最近かなり円安…1ユロ123円!ありえない!


市街から離れた場所にあるロザリオ礼拝堂

f0046982_19355633.jpg
ここにきたくてヴァンスへきた
東京でマティス展を観てからずっときたかった場所

マティスが亡くなる前に作った礼拝堂で
マティスの人生の集大成と言われている

すっごいよかった きてよかった

祭壇画がすごい
キリストが捕らえられて、審判を受け、十字架へと向かう絵が
白と黒だけで描かれている ものすごくシンプルに

絵の順番が 下から描かれているのは山を登って十字架へと
向かう道を描いているんだって

いままで観てきた教会とはまったく異なっていて
重苦くなくて とても優しいのが不思議

青・黄・緑の三色のステンドグラスから入ってくる色の光が
黒と白だけの祭壇画が照らされて それはきれいだった

キリストやマリアの顔がないのは
見るひとの想像力をなくしてしまうから 描かなかったそう
その絵はとても優しくてよかった

f0046982_19372243.jpg
これはポストカードの写真(中は撮影禁止)

ざんげの部屋がステンドグラスの反射光によって
やさしい桃色になっている

なんかもう全部 考えつくされてる

観ていたら礼拝堂のマダムが説明をしてくれたよ
フランス語20%くらい意味わかった…かな

ナオにあとで全部教えてもらった

f0046982_208879.jpg
ヴァンスは30分もあれば廻れるような
とても小さな街で

ひっそりと佇んでいる町並みはとても素敵

同じヴァンスにある大聖堂の中にある
シャガールのモザイク画もみました

その絵は洗礼堂の横にあります
神々しくて 優しくて 感動した

石なのに光を表現できている なんで?

f0046982_19403884.jpg
洗礼堂って何かというと

信仰深きクリスチャンの家庭では
赤ちゃんは生まれてすぐに洗礼を受けるそうだよ
洗礼にも3種類があって

全身を水に浸すのと、頭だけに水を注ぐのと、手を濡らして頭に押し付ける

日本は全身っていうのはほとんどしないらしい

シャガールのモザイク画はこの洗礼する場所のすぐ横にある
手前の桶みたいのは 洗礼する場所

f0046982_19395486.jpg
シャガールのモザイク画のおかげで
洗礼堂は優しい雰囲気がひろがった空間になっていた

とても幸せな空間
奥に青い海が広がって、ミモザが咲いていて、幸せで果てしなく平和で


歩いてたらナオがショコラを発見
お茶することに

ナオが頼んだショコラ100%な感じのドロっとした
さくらんぼリキュール入りの甘〜いショコラ
なんじゃこりゃーってびっくりした 飲む というか食べるショコラ?

f0046982_202190.jpg
私がチョコラそんなに好きでないので
グランマニエ(オレンジブランデー)がかかったクレープを食べたよ

地元のおばさんがバザーみたいにやってる店だったので
グランマニエをすっごいドバ〜とかけてくれた
ちょっとかけ過ぎだった…
おかげでクレープでほろ酔いした 変なの 笑

f0046982_20255992.jpg
帰りニースに寄って
fnacで目的のジブリDVDを購入!こっちにきてからずっと欲しかったの〜
フランス語勉強のために買ったよ

フランス版は題名がちょっと違うんだね!
Kiki la pettite sorciere 小さな魔女キキ
Le voyage de chihiro 千尋の旅行

寮に帰って さっそく 魔女の宅急便を観る

久々に観たけど 今の自分の状況もあって
完全にキキに感情移入して観ていた

なのでキキがいる街が なんかもう 南仏にしか見えなくて…

壁の色 屋根の色 海沿いの街 というのもすごく似ているし
カモメがたくさん飛んでるのもニースぽい

f0046982_2141319.jpg
キキの飛んでるシーンがほんとうに好き

わたしは寝てる時にみる夢
本当にいつも飛んでいる事が多い
いつか現実でもキキみたいに飛べないかな


夜パリで仕事をしている友達と電話したよ

彼女は8年前、パリに来てすぐ 語学学校なしで
フランス人しかいないお菓子の学校に行ったんだって
言葉 大変じゃなかった?って聞いたら

自分が好きなことをやっているから毎日が楽しかったって


自分が好きでやっているところには
同じような人たちが集まるわけで

だから気が合ったりラクだったりするんだろうな と思う
だから好きなことをやるのが一番いい

日本にいても海外にいても

自分は好きなことをやるためにフランスへ来た
私には夢があって フランス国立美大に行く
そのために今語学を勉強していて ここアンティーブに居る
目標を失ったら だめになる


というのをいつも忘れないようにしようと思う

大切なことは 本当に忘れがち

誰かに言ってでももらわないと 再確認できないんだね

人間てなんて弱いんだ


りえさん、栄子、ナオ ありがとう

f0046982_217498.jpg

Samede 6 février
Je me suis levée a huit heures demie.
J'ai mangé deux tranches de pain avec du nutella,une tasse de café au lait,
un verre de jus d'orange,au petie déjeuner.je me suis habillée chaudement.
J'ai sporti les ordures avant de parti.
Je suis partie avec monami admirer la chapelle du rosaire à Vence.
C'était trés beau!Ces vitrails émettaient une lumière magnifique.
aprés,Nous avon déjeuné à la cafétéria.
Comme j'avais faim,J'ai mangé un saint-honoré avec une tasse de café.
Un euro seulement!
le prix du Bus.C'est tré bon marché!
Je suis passée à Nice avant de rentrer chez moi.
Parceque,J'ai voulu acheté la DVD du film.
d'animation "hayao miyazaki"pour les études de linguistique.
Je suis rentrée à vingt-et-une heures à peu prés chez moi.

Dimanche 7 Fevrier
J'ai fait la grasse matinée.J'ai pris un brunch sans me presser.
J'ai mangé une tasse de café instantané,une pomme verte,
des nouilles sautées hier dans un magasin de cuisine chinoise.
J'ai vu le DVD que J'ai acheté hier.
Le film "Kiki la petite sorciere"en version française.
Différe un peu en version japonaise.
J'aime les films de Hayao miyazaki.donc,J'ai beaucoup appris la française.
Moi assi,je veux faire une oeuvre d'art.
L'animation d'aquarelle et le livre d'images…
Il y a une ressemblance frappante entre la pantomime et l'animation.
C'est la même mouvement.
Je veux faire vite mais, maitenant,je dois étudier le français pour oeuvre d'art.


ブログランキングに参加してるよ
こちらクリック→人気ブログランキングへ
人気ブログランキングってなんなの?を私なりに説明した日記こちら
by picnic_marin | 2010-02-07 21:09 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(7)
今日やる楽しいことリスト
おはようございます
今こちらニースのホテル
朝の8時です

昨日の朝
唯一持ってきた日本語の本、松浦弥太郎さんの本を
半身浴しながら読んでいて

今日やることを紙にかいた
箇条書きのリストを毎日作って書くことにしました

やるべきことや、今日一日がわくわく楽しくなることを書く
なんでもいいんだって

簡単なことから手をつければよくて
別に全部できなくてもいい
できなかったら、次の日に繰り返し書けばよくて
繰り返しているなぁ、と自覚するだけでずいぶん違うと思う

人間は忘れやすく、できなかったことを
なかったことにしてしまうから

私の昨日のリスト

□Villefranche-sur-Mer(ヴィルフランシュ・スーメール)へいく
□化粧をする
□テレカルトインターナショナルを買って公衆電話から電話をかける
□eバンクマネーカードでお金を降ろす
□米を食べる
□アンティーブ駅から寮の道を調べる
□HPをつくる

というのを書いたよ
パっとみるだけで一日の流れがわかるから安心です
おすすめ

なにしろ一日の終わりに、できたことをチェックするのが
なんか自分をほめてあげてるみたいで楽しかった

f0046982_166190.jpg

アンティーブまでの行き方をグーグルマップで調べて、印刷
グーグルマップの機能に目ん玉飛び出そうなほど驚く
今いるところと、行き先を文字で書けば、ストリートビューで
映像が流れるのだ
「アンティーブ駅」と私が行く、寮の建物名を書いただけですぐ出てきた!すごい!
海外なのに・・・なんで?と誰が撮影してんの?
よくわからいけどすごいなぁ

f0046982_15544462.jpg
あんだけぶつけたのに、動いてくれるHPプリンター
重いけどやっと役にたってくれた

しかし、印刷用紙がないことに気がつきどうしよ〜と困る
ホテル受付の人に紙をもらいにいく

「印刷用紙をもらえませんか?」という言葉も言えなくて悔しい
紙に書いた絵と文字でなんとか伝わりました

f0046982_1555986.jpg
あー荷物が重いよ〜やだなぁ

今日は4泊したニースを去り
アンティーブへ出発です
電車間違えないか心配だー
by picnic_marin | 2010-01-03 16:08 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(2)
Villefranche-sur-Mer
ニースから電車で8分
Villefranche-sur-Mer(ヴィルフランシュ・スーメール)という
小さな港町へ散歩の気分で行ってきました

駅降りて、電車が過ぎ去ってから見えた景色にびっくり
駅から見える青い海

f0046982_14414225.jpg
すぐ海岸に降りてみたら、ほんとうに青い
絵の具入れたみたい

f0046982_1440562.jpg


f0046982_14451684.jpg
今はお正月シーズンなので街のお店はほとんど休業中で
ちょっと寂しいかんじ

浜辺からすぐ坂になっていて
青い海に合う、パステル色した建物が並んでいます

f0046982_15162261.jpg
こういう路地大好き
どこの時代にいるかわからなくなる感覚
少しチェコの旧市街に似ているかも

f0046982_144748100.jpg
高いところに上っていく

f0046982_14483031.jpg
時計台があり、30分に一回はカーンカーンと心地よい音がします
しかけ時計の人形が住んでるかもね

景色のよい高台でお昼ごはん

f0046982_15193799.jpg
ホテルの朝食でつくったバケッド、オレンジーナ
3日同じだと、さすがに飽きてきたけど
外で食べるとなんでも美味しく感じるな

f0046982_15186100.jpg
いきなりこんなオブジェが
なんだか私みたいだなーと思う

f0046982_1521590.jpg
フランスに来て初めて猫みた、すぐ逃げちゃった
もっと会いたいな

f0046982_14551242.jpg
気温があたたかいだけあって、今の時期でも
お花や緑、ブーゲンビリアが少しだけ咲いています

f0046982_151268.jpg
f0046982_14532781.jpg


海岸沿いの建物

f0046982_1531239.jpg
f0046982_153327.jpg
絵みたいな色してる建物たち、かわいい

f0046982_144446.jpg


f0046982_1518462.jpg
f0046982_1544623.jpg
駅で帰りの電車を待ってたら
イタリア人の家族に写真を撮ってと頼まれました
ここはゆったりしていて治安もいいので
みんなゆったりしています

f0046982_152333100.jpg
私もその子供に撮ってもらった

実は一眼レフ落とさないか心配している笑顔。だったりする・・・

ニース・ヴィラ駅に戻ってきた

f0046982_15283268.jpg
f0046982_15291220.jpg
窓から小さなお顔

f0046982_15294451.jpg
念願のお米
チャイナファーストフードというお店

毎日、つめたいごはんしか食べてなかったので
あたあかいごはんってだけで嬉しい

お米ってもちもちしていて、なんておいしいんだろう・・・感動

チャーハンと、春巻き、ココナッツミルク、コーラ (子供のセットで8ユーロ)

f0046982_15393426.jpg
そのあとママに公衆電話から電話してみる
7.5ユーロで日本へ30分は話せる、テレカルトインターナショナル
最初やり方わからなかったけど、なんどかできるようになりました


そのあと、fnac(紀伊国屋みたいな本屋)へ

f0046982_15434462.jpg
噂には聞いていたけれど、日本の漫画は本当にすごいです
コーナーもけっこう広くて売れているって感じだった

f0046982_1544928.jpg
こちらは皆様、遠慮がないので、立ち読みなんてしないで
堂々と座って読んでます。これはどうかと思うなぁ

明日からは
語学学校がある、アンティーブという街へ
寮に入らせてもらうだけで、実際、学校は4日から

私の大好きな画家、イラストレーターであるレイモン・ペイネのゆかりの地
すごい楽しみ、わくわくする


ヴィルフランシュでシャンパーニュを飲む、素敵なマダム
おそるおそる話しかけたら、気さくで素敵な方でした

f0046982_1561964.jpg

by picnic_marin | 2010-01-02 23:36 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(4)
元旦
朝5時に起きると、
窓の外はすごい雷雨

2010年か
あけましておめでとう、と自分に言う

さみしい・・・

雨があがってから少しだけジョギング

f0046982_11382585.jpg
雨あがりの道、空気が凛としていて
緑のにおいがするのが気持ちいい

f0046982_11435236.jpg
フランス人は、ほんとうにバケット(フランスパン)を
持って歩いている

それをみて、あーフランスにきたんだなぁ、と思う

バケットは日本のお米みたいなものだけど
家では作れないし、毎日食事前とかに買いにいくみたいですね
なのでパン屋が町中にあります
空気が乾燥しているので
バケットをそのまんま持って歩いている

f0046982_11411798.jpg
ずっと肩をかけてあるく仲のいい夫婦

f0046982_11424872.jpg
これマンション
どんだけお金持ちなんだろうなー、すごい豪邸

六本木にある豪華なマンションもすごいけれど
この圧巻させる文化的な建築物をみると
アジアと品格の差をなんだか感じてしまう

f0046982_1142945.jpg
f0046982_11431491.jpg
元旦で唯一開いている小さいスーパーへ行ったら
レジのおじさんが元旦だからかかなり陽気
みんなに、ボナネー!(あけましておめでとうみたいな)と言いまくってました

「日本ではボナネは、あけましておめでとうって言うよ」といったら
通じた!みたいで、何度も言ってくれた

今日うれしかった事


昼ごはん

f0046982_11483127.jpg
よくわからない白い野菜のマヨネーズ和え、朝食のサンドイッチ、パンオショコラ、その他残りものなど

部屋着にしてる服、ポルカドットのコットンワンピース
乾かしているところ

f0046982_1285967.jpg
やっぱりポルカいいです〜
洗ってもすぐ乾くし、肌触りが気持ちいい
白いけど汚れはあんまり気にしないで着ています
ヨーロッパの部屋は暗いので服の汚れはそんなにわからない

日本人女性がメイクや髪など、いつもとてもきれいにしているのは
どこの部屋にいっても、照明が明るいからなのではないかなぁ、と思ったりして

f0046982_12144412.jpg
昨日は動きすぎたのと
今日は元旦なので、ほんとにどこの店もおやすみ

ホテルの部屋で、ゆっくりしようと思い
かなりだらだらしていました

ブログをたくさん更新したり
テレビみたり
昼寝したり
とにかく眠ったり

果てしなく暇な時間
幸せです
by picnic_marin | 2010-01-01 23:17 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(3)
3D映画「AVATER」
日本が2010年になった時
ニースのシアターで
3Dの実写とアニメーションの映画AVATERを観ました

ほんとは日本でみたかったんだけど出発前
時間つくれなかった

映画館の前を通ってポスターをみた瞬間
チケット買っていました

f0046982_2216322.jpg
感想は・・・

フランス語でよくかわりませんでした !

んじゃー観るなよ!ってとこですね
すいません・・・

パントマイムでもそうですが、わからないものとは不快になり
やがて集中できなくなるもの。なので楽しめませんでした

私のとってはその不快は
「くそー!一年後のフランス帰国前にもっかいみて意味わかってやる~」
というモチベーションへと繋がりましたけど

日本の雑誌やテレビメディアの洗脳により、フランス=おしゃれ!
という風に
私は、フランス語を聞いて、まだおしゃれだなぁ、とか
イメージしてしまうところがあるため

アバターの野生な人たちが、「ボンジュ~ル、サヴァ? 」といっているのを聞いて
なんか違和感みたいのがあり、作品に入り込みたいのに
それが邪魔でしょうがなかったです
もっとフランス語が、普通の言語、というイメージになりたい

f0046982_22165616.jpg
映像は、すごかったです。
でも眼鏡が重くて鼻がいたかったな

それと、たまにあれ3Dなの?って(実写じゃないとこでね)思うときがあって
3D楽しみたいのに!って思ってたら、スクリーンの周りも一緒にみれば(前の人の頭とか壁とか)
すごい3D見えたからよかった

おもしろかったのは、協賛しているコカコーラやグミの会社のCMまで
3Dになっていたところ

ホテル帰ってから、アバターの日本語のHP観たんですが
設定とか、すっごい面白いじゃん!って後からわかった・・・笑

ああ、言葉の壁よ・・・
by picnic_marin | 2010-01-01 22:21 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(2)
大晦日
あけまして、おめでとう!!
Bonne année !

きのうの一日のこと

朝5時頃目が覚める

このホテルの朝食もバイキング
きのうより質素です

f0046982_22314248.jpg
バケット、ハム、バター、チーズ、はちみつヨーグルト

やっぱりフランスは、バケット(フランスパン)とか
ミルク、バターなど、乳製品が本当においしいと思う

f0046982_22274460.jpg
セルフでバケット切る機械
使い方がよくわからず、これバケットを押し込んでしまうけど、いいのかな?

松浦弥太郎さんの本に
朝早くに散歩すると
街がはじまるのが見れて、街のことがよくわかっていい
と、書いてあったので

ほぼ何も持たずに(貴重品は持ちます)
ジョギングをすることに
荷物を持たないで走るの、ほんとうに気持ちいい
やっぱり運動して汗かくのって一番いい

気持ちも明るくなるので、走りながらいろんな人に挨拶したら
みんな笑顔で返してくれて、うれしい

海が見える方へ走る、25分くらい走る

f0046982_22405878.jpg
感動して
すごい!すごい!と、言ってしまったくらい
地中海ってほんときれいな青い海!

f0046982_23544577.jpg
f0046982_23551934.jpg
晴れた夏にみたら、もっともっと美しいんだろうな

残念ながら写真じゃわからないのですが
色が本当にきれいでした

部屋に戻り、シャワーを浴びて思うのが
シャワーがあるってなんて幸せなのだろう!と思う
早稲田アパートは風呂なしだったので…

部屋の清掃が入るので、荷物を整頓して
カメラを持って出てお散歩に

f0046982_225223.jpg
大晦日のニースは、日本と同じなのね
町を歩いているみんながなんだか、ざわざわしていて
マルシェでは、いそいそと買い物している感じ
みんなパーティーとかなんだろうな〜と少し寂しい気分

f0046982_22501188.jpg
f0046982_22535161.jpg
f0046982_22544560.jpg
ニースに冬は似合わないと思った
でも、意外に観光客多い

日本人はまだ誰も見かけていないな。中国人もあまりいないかも

海の近くの公園

f0046982_2253443.jpg
f0046982_2230642.jpg
びっ子がカメラによってきたf0046982_23471873.jpg
クリスマス市が開かれてました
フランスでは、クリスマスも、年末年始も
一緒な感じなのでクリスマスのグッズがまだまだ売られてます

f0046982_2352896.jpg
お昼ご飯は
朝食ビュッフェで作ったサンドイッチ、あとミカン
バケットおいしい

f0046982_2354185.jpg
f0046982_044658.jpg
f0046982_23201332.jpg
f0046982_23205223.jpg
広場にて大道芸人発見
バルーンをやるひとだった
カメラを向けたらあっかんべーをされました。笑

f0046982_23222537.jpg
全然はなしてもよいフランクな雰囲気だったので
「わたしもね、パントマイム勉強しててね、」
と知っている単語をぽんぽん言って、話したんだけど

まったく通じず!ぎゃー発音が悪すぎるんだろうね!
結局、もうしゃべらずだけど
私もバルーンですごい下手なプードルつくったりして、一緒に遊んでくれました
最後に、私ががんばってね!と言ったのは
通じたみたいで、ウィンクしてくれました

あーもう!もっと話せたらいいのに!!!くやしいーー!

f0046982_23452572.jpg
映画アバターをみて、更にフランス語の理解のなさに切なくなる
もっと勉強してくればよかったな

f0046982_23505748.jpg
モノプリ(チェーンのスーパー)で買い物して部屋に戻り

一応大晦日なので、ブルゴーニュワインもフォアグラも買って
少しだけ豪華です
フォワグラといってもやっぱりフランスは安いのね
パテドカンパーニュとセットで€1.4だものね

f0046982_02512.jpg
トマトとモッツァレラチーズ、フォアグラのテリーヌ、パテドカンパーニュ
きのうのプチパンケーキ、タラモ、キャロットラペ

時差ぼけと、朝から歩きすぎたのもあり
結局0時まで起きていられずに、23時には眠っていました

f0046982_0342515.jpg
by picnic_marin | 2010-01-01 21:35 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(2)
フランスにきた!
早朝、コペンハーゲンのホテルの部屋からみる景色

f0046982_1231359.jpg
屋根と窓がみんなかわいい
コーペンハーゲンの人はカーテンつけないみたいで
向かいのマンションの家具とか人とか全部みえちゃってて
おもしろい、ずっと覗いてた

f0046982_12351169.jpg
ヨーロッパのホテルはたいていバイキング
このホテルのバイキングは今までになく豪華

ニシンのマリネ(油とお酢でつけたもの)があったのだけど
隣にはクランベリージャムがあって、ニシンにつけて食べるみたい

f0046982_12365027.jpg
パンがおいしくてたくさん食べちゃいました
各自、自分の分を切ってとるのが、合理的だなぁと思った

f0046982_1243151.jpg
お昼に食べる分をサンドイッチにして、こっそり持ってかえる

f0046982_12454651.jpg
コペンハーゲンの空港
空港ってどこも天井が高くて気持ちがいい

成田からコペンハーゲンにくるとき、私の荷物は23キロ
制限の20キロを超えていたが
追加利用をとられることもなく、ホっとしていた

しかしコペンハーゲンからニースまでのチェックインでは
1800円くらい追加料金とられました
なんで〜? やっぱり、チェックインカウンターの人よるのかなぁー?
も〜

f0046982_12463250.jpg
おもしろくてしょうがなかったのは、入国審査の時のアニメーション!

これは持ってきちゃだめ、これも、だめー!
っていうのを、おもしろおかしく表現していて
厳格な入国審査なのに、こんなふざけた映像を流してる感じがたまらなかった

入国審査に並んでいる乗客たちのキャラも
変な宇宙人とかパラソル広げてバーベキューしちゃっているひととかいて
よくできた短編アニメーションだった
おかげで入国審査が遊園地のアトラクション乗る前みたいに
すごいたのしかったー

f0046982_12523679.jpg
コーラを飲んでたら、奥にサンタさんみたいなおじさん
ずっとみてたらサンタに見えてきて
サンタ仕事でメールうってるんだろうな、って思ってジっと見ていた

フランス、コートダジュール・ニース空港まで3時間くらい
14時、やっとやっと、フランスへ上陸

また来れた嬉しさ、ついにきたよーーー!!と
心の中で叫んだ

f0046982_1453832.jpg
空港からでて、まず思ったのが
ここは、お金持ちがくるリゾート地なのだな、と思った
ヤシの実の木が町中に植えられていて、楽しんでね!みたいな町である
ヴァカンスではない冬でもそれが感じられた

韓国の済州島と、福島のハワイアンセンターをいくら足しても
この雰囲気には勝てないだろうと思った…

途中、道を訪ねたマダムもたいそう品のある装いのお方で
丁寧に優しく教えてくださりました
ああ、やっぱり本当のお金持ちは、アジア人や人種差別なく
優しいのだなーと、
天皇陛下にでも話しているように私は感謝するのでした

空港からは23番のバスで、ニースヴィラ駅まで
ニースヴィラからホテルまで15分くらい歩く

私は荷物がすっごいあるので
常に汗だく、寒いかわからないくらいで
コートも着ないでTシャツでホテルまでやっとこさ到着

f0046982_1451158.jpg
2つ星ホテル
小さい部屋だけど
バスタブもついているしお湯はでるし、きれいにしてある
受付のお姉さんの感じがいいのが嬉しい
ここで年末年始をひとり過ごすんだ

f0046982_1254724.jpg
荷物をおいたら少し街を歩きました

f0046982_137552.jpg
向かいの建物
多分マンションなんだけど
どんだけお金持ちの家なんだろう、と想像がつかない世界

でも海沿いでなければ、庶民的な場所がたくさんある

f0046982_13111313.jpg
f0046982_13133976.jpg
f0046982_13235848.jpg
フランスの街へいくといつもある寺院
日本でいう、お不動産みたいなものかな

f0046982_13251318.jpg
フランスに来て、しみじみ思ったのが
私やっぱりフランス好き!と思った

スーパーのレジの無駄な待ち時間でボーとしても良い時間
どんな仕事でも機械的な人が誰もいなく、許せる範囲で自由に働いているところ
ひとりひとり違ってるほうがいい、というこの雰囲気
道を聞いただけで感じる、一瞬を大事にして楽しむひとたち
主張するとちゃんと聞いてくれる感じ
女性に優しい雰囲気
どこへ行っても蛍光灯がなく暗いところ
なんでもアバウトなところ

そうそう、それが好きだよ、フランス、って久々に思う日でした

f0046982_13271698.jpg
今回は旅行ではないし、お金もないので
外食はしないようにしてます

f0046982_13412639.jpg
タラモペースト、パンケーキ、キャロットラペ、ペリエ

f0046982_13384658.jpg
4日間この部屋に滞在するので、バラをかざりました2ユーロ

ホテルの部屋からみた景色

f0046982_13443212.jpg
f0046982_13445368.jpg
おやすみなさい
by picnic_marin | 2009-12-30 23:30 | 2010【FR】プロヴァンス | Comments(5)