日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめての梅干し作り
at 2017-11-26 01:04
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
カテゴリ:2010【FR】アヌシー( 75 )
Yvoireの街
夕食に蕎麦を茹でながら
山芋が入ってる密閉袋を包丁で切ろうとしたら


ああ、人差し指
ぱっくりやってしまいました

けっこう深傷で、血が二時間くらいドクドクでた
今でもパソコン打ってて、ちょっと痛い




そんなこんなで、少し気分がへこみながらですが
もうすぐ来る、春のことでも書きましょう


f0046982_20468.jpg

最近、何にハマっているって

病気かな?って思うくらいの、A型らしい細かい写真整理
時間がないのにこんなのはじめちゃったもんだから
クマができるくらい毎晩、写真整理をしているわたし…


さて、アヌシーに住んでいる時、語学学校が企画している
隣の街までプチツアーに参加した時のこと


f0046982_221028.jpg

アヌシーから車で1時間くらい走って
Yvoireという小さな、小さな街へ


f0046982_2333422.jpg
絵本からぬけだしたような家


f0046982_2361571.jpg
ちょうど4月くらいに行ったので
チューリップや春のお花がたくさん咲きあふれていて
とてもわくわくした


f0046982_2371323.jpg
f0046982_2374656.jpg
港でシエスタ、のんびりの空気

f0046982_2391110.jpg

f0046982_2375649.jpg
このアイスクリームが美味しかったなぁ


f0046982_2384022.jpg

f0046982_238544.jpg


誰でも知ってるあのミネラルウォーターのEvianエヴィアン
あれは街の名前です
ついでにフラッ〜と立寄った


f0046982_2543099.jpg
f0046982_2395692.jpg

Evianの水が湧き出るこの水道には
地元の人がたくさんつぎにきていたよ


f0046982_239396.jpg


チューリップはあたたかくて、パカッ
かわいい


日本も早く温かくならないかな

このチューリップみたいに、自分も、もっともっと
パカっと開きたいな




去年の4月、あのアヌシーでうじうじ悩んでいた時より
今のわたし、少しは成長したかな?
したよ!と思いたい



f0046982_2372413.jpg

人間は自分の人生の主人公にならないと
まったく毎日が面白みがないと思う


他の人の人生ばかり気になって、人と比べて悲しくなるような自分は
もう、今はなくなった


2011年は、自分の人生に本気になれる世の中の流れが
なんかあると思う
by picnic_marin | 2011-02-04 02:48 | 2010【FR】アヌシー | Comments(4)
アトランティス
引き続き、猫ちゃんのお宅訪問です!

カメラがiPhoneなので画像がだいぶ荒い

f0046982_2001311.jpg

アトランティスちゃんが住む家は
アヌシーの旧市街の中にある

入り口にはいるとひんやりして外の温度より低く
はじめて来たとき、物語の中みたいにどきどきしてた


f0046982_2023686.jpg

コリンヌ(飼い主)のセンスが良くて
水色とパニエで統一されてるインテリアがすごい可愛いよ
さて、どこにいるかな ?アトランティス〜






f0046982_2035831.jpg

アトランティス発見 !

パニエにすっぽり入ってます
「お願いだから、ほっといてくれ」というお顔…あらあら

アトランティスって、
むかしあったかもしれない伝説の大陸アトランティスからの名前
だいぶ偉大な名前を持っていらっしゃる、お猫さまです




にゃん


f0046982_2053055.jpg

f0046982_2054796.jpg

アヌシー懐かしいなぁ
9月に行くと思う
今からアンゲルやコリンヌ、ひろみ、アトランティスに会うのが楽しみ



→人気ブログランキングへ
by picnic_marin | 2010-07-22 20:09 | 2010【FR】アヌシー | Comments(5)
マンゴーとさくらんぼの絵
暑い、暑すぎるよパリ !!!

ヨーロッパってこんなベタっとしてたっけ ? 違うよね!?
38度って・・・


プロフィール、更新してみたよ → ここ

何事もわかりずらいのがあんまり好きではないので
はじめてこのブログをみて
この人はいったいなんなんだろ?と思うのは
なんとも気持ち悪いだろうなー勝手に想って
かいてみたけれど

かいた結果、どうしても
自分はわかりずらい人なんだなぁと思った

いやはや、自分はいったい何者なんだろうね




アヌシーの時に通っていたアトリエのアンゲルから時々
携帯にSMSメールがくる

「元気? 」とか「超暑いね!」とか簡単なだけなんだけど、嬉しい



アトリエで、おいしいお肉の会に招待された時のはなし


f0046982_5482860.jpg

何を持っていけばよいかわからなかったので
語学学校の庭にもりもりと咲いていた
ラベンダーみたいな植物を
適当にちぎって持っていってみた(ひどい)

それと、ロバの乾燥ソーセージ



f0046982_633740.jpg


アトリエに着くと、アンゲルの友達の元料理人フィリップが
ドレッシングを作っていて



f0046982_632039.jpg

レモンの、いい匂いが広がっていた
そして私の手はラベンダーの匂いだった


f0046982_628444.jpg

使ってた肉は、Bavette という牛の腹部のお肉
すごく美味しいのを用意したんだよ !って言ってた



この埃ぽいアトリエのどこに
こんな網があったのだ?と思いながら

大事な絵がたくさんあるアトリエの中で
おいしそうな肉がじゅうじゅう焼けていく・・・


f0046982_6305299.jpg

普段は油絵の匂いがするアトリエが
お肉の匂いでいっぱいになった


f0046982_6341263.jpg

アトリエでみんなで食べるとおいしいね


こんな肉初めて食べた、おいしかったなー
久々に写真みて、また食べたくなっちゃった、バベット肉

それと、フィリップのドレッシングはそうとう美味しかった


フランス人以外の外国人とは、よくご飯を食べていたけれど
フランス人とちゃんと一緒にご飯を食べるのは
この時初めてだった、それで思ったのは

ほんとーに ゆっくりなんだなぁーって思った

3人でワイン2本あけたけど、すっごいダラダラ飲むのね
3、4時間くらいは喋ってたんじゃないかな

f0046982_6411287.jpg
ロバのサラミ、サヴォアの特産TOMMESチーズ





アトリエで最後に描いた油絵
油絵をはじめて、4度めの絵になる


f0046982_734043.jpg
マンゴーとさくらんぼの絵

暑かったので、涼しい色をつかった
水さしの前にあるのは、キュウイ

さしいろに赤
サクランボとマンゴーの季節だからね



f0046982_741424.jpg
そしてモチーフになってたマンゴーは、もちろん食べる

食べたいなーと思って
このマンゴーを私がモチーフに選び、買った
描いてる間、ずっと食べたいなーと思い続け
描くのだ


なので、今までで一番おいしいマンゴーだった
熟していて甘かったなー



アヌシーが すでに懐かしい感じだ


今日アンゲルに絵手紙を書いて送った
秋になったらアンゲルと、9月にアヌシーや再び来るヒロミに会いに
また行こうかなと思ってる




f0046982_6445530.jpg

たった今、マリーフランスとお話してて
ふと思ったので質問してみたのだけど


もし私がマリーフランスで、話せない外国人が自分の家に毎日いたら
とても疲れると思うのだけど、マリーフランスは大丈夫?


と言ったら、長いこと外国人のための先生やっていたから
それが自分の人生だから、全然つかれないよ

と言ってくれました



そう、彼女は元先生なのね

私はこの家にくるまで、彼女の詳しいこと
あんまり知らなかったので

こんなホームステイのような雰囲気と
思ってなかったので
相当うれしかったのだった

マリーフランスは、私のフランス語が壊れてても
わかってくれるし
理解する耳を持っているので、伝わってしまう


でも働くとしたら
フランス人が全員マリーフランスのような
優しい人ではないのだから


やばいのである


あーやばいやばい
本当にやばいんだから


いま、C.V(履歴書)を書き終えたとこだ



f0046982_6555410.jpg
groseille(スグリの実) 宝石みたいだけど、食べると苦い





よかったらクリック→人気ブログランキングへ
by picnic_marin | 2010-07-10 07:07 | 2010【FR】アヌシー | Comments(2)
さようならアヌシー
アヌシー最後の朝、とても早く目がさめた

大家さんに部屋を観てもらい、コーション(敷金)を返してもらって
早朝、家を出た


がらんとした部屋は寂しい


f0046982_281150.jpg

あえて起こさないで、クリスティーナと、イランのドアに
ありがとうの絵ハガキをすうっと入れた時

一人で泣いてた



もう、この空間のこの時間、この場所の戻る事は一生ない

一生の中の
自分の時間の一部が染み込んだこの家

f0046982_2191883.jpg

だから、引っ越しというのは
ほんとうに寂しい気持ちになる
もう戻ることはなくて、最後の一瞬



新しいことを吸収する時
いくつか、捨てなければいけない物は必ずある
捨てるって、寂しい言い方と思うけど

捨てないと、新しいものは入ってこないよね


さようならアヌシー またいつか!

f0046982_294217.jpg


なんと偶然、友達のあいなと同じ時間のTGVだったのだ
おかげでパリまで4時間、全然さびしくなかったよ


f0046982_215252.jpg


ビールやらケーキやら、列車の中でいろいろ広げる私達に
駅員さんは 「わはは! いいね! ピクニックだね!!」と
ほほえましく見守られながら


f0046982_5392786.jpg

あいなが作った赤い実のタルト、



f0046982_2142353.jpg

イランが持たせてくれた、前日のキンパ(のり巻き)


パリ・リヨン駅に到着
あいなはランデブーがあるので、またね〜と別れて


5日前にアヌシーを去って、パリを満喫しているはずの
マキコをリヨン駅で待つ


マキコは明日出発で日本へ帰るので
最後に会えたら会おうね!と言っていた

ほんとに会えて嬉しい



パリリヨン駅まできてくれて、荷物を持つの手伝ってもらった

私がこれから住む界隈へメトロで移動
荷物が重くておもくて、手がぎれそうになる


スーツケースがあるので、大きく動けず、その辺でごはん


トルコ料理屋さん

f0046982_5403335.jpg

私はTGVでさんざん食べたので、あんまお腹すいてなくて
お豆のペーストサラダと、ビールだけ飲んでました



f0046982_5492320.jpg

まきこが、BONBONの腕時計を見せびらかしてくれた 笑
かわいいなー いいなー
日本のBONBONショップで買うよりだいぶ安いもんなぁ・・・
私もいつか買いたいと思いながら、まだ時計を持っていないよう


BONBONってフランス語で、飴
なので、飴みたいな時計、という事です





とにかく荷物が多いので、家の近くからあんまり動くのやめようか
と気を使ってくれご飯のあと、偶然マリアージュ・フレールを発見して


2時間くらい、ぺらぺらおしゃべり
マリアージュ・フレールの紅茶、久々に飲んだけどやっぱり美味しい
お客さんも落ち着いているし、サロンの中にはお花がいっぱいで
気持ちがいい風が流れていた


高いけれど、今まで忘れかけていたサービスの良さにああ
やっぱり値段が高いところは
高いだけのクオリティがあるのよね・・素敵
と思い出した

あんなデッカい荷物もってて
こんなに汚いジーンズを履いているにも関わらず

爽やかに「マダム、スーツケースとそのキャノチェ(帽子)預かりますよ」
と言ってくれたり

なんてスマートなの!と
引っ越しの時に使った疲労が一気に癒された気がした



マキコと一旦別れて、これから住む予定の家へ

f0046982_1451445.jpg

数年前、りえさんに連れてこられて、憧れたこのパッサージュ
まさか本当に住める日がくるとは思ってなかった


このパッサージュにきた瞬間
夢が現実化したこの空気

ほんとうにドキドキして、わくわくして、すごい気持ちだった
りえさん達と一緒に、マリーフランスの家へ入っていく



マリーフランス(これで下の名前)
想像した通りの本当に素敵なマダムだったよ!

きっとおばあちゃんという年なのだろうけど
少女みたいなところがあって
かわいいお姫様みたいのところにきたみたい


話し方がかなりゆーっくりしてるから
すごい聞き取りやすくて、勉強になる
私も、ゆっくり焦らず話せることができそう


マリーフランスとパリをお散歩
スーパー、美味しいレストラン、洗濯屋さん、郵便局への近道の可愛い場所
近所のことを、こと細かに教えてくれた

前に先生を仕事としていたらしく、いろんな事を
すごい丁寧に教えてくれる

マリーフランスおしゃべりが大好きだから、ずっとしゃべってたらもっと
話せるようになるかしら?


これからのマリーフランスと一緒のパリの生活がたのしみ!!



この日の夜は、マリーフランスの家に泊まらず
オペラからバスで空港へ

f0046982_1503996.jpg


明日の早朝に日本へ飛ぶマキコのホテルに泊まらせてもらいました
シャルルドゴール空港のすぐ隣のホテルに着いた時には

0時をまわっていた





下のバーで一緒に乾杯




f0046982_20486.jpg


3ヶ月間アヌシーに滞在したマキコ
全然語学たんないねとか、これからどうしようかー、とお疲れ会でした

マキコにとって、フランスの3ヶ月の滞在
これからの人生や考え方を大きく変える3ヶ月だったんじゃないかな


フランスの最初3ヶ月って、ほんと大変だし、エネルギー使うし
先の不安ばっかり気になっていた気がする

文化の違いで、ストレスがたくさんあったと思うけど
でも吸収できるものも、同じ量だけある

なにしろ日本に帰ってから
なんて日本は素敵な国なのだろう・・・と、なんてことない事でも
生きていて、幸せに思えるのではないだろうか?


ホテルのバーから、日本のママに電話


「ママ! まりんちゃん、おめでとうって言って!!!」


自らでんわ・・・笑



27歳になりました


おたんじょうびおめでとう、まりんちゃん






f0046982_255382.jpg
by picnic_marin | 2010-06-27 02:21 | 2010【FR】アヌシー | Comments(4)
音楽祭の日
今、ハンバーガー屋さんでネット
家は使えないのですね

メールくれた人、どうもありがとう!すごく嬉しいよーー!!
ネットがたくさんできない環境なので
返事書きたいけれど、ちょっとだけまっててね!




アヌシーの日記を振り返ってかきます

f0046982_3333697.jpg

イランにもらった段ボールをつかって
パリに荷物を送る

La Poste (郵便局)へ よたよたしながら向かっていると
途中でフィリップに逢う、なんて偶然!

当然ながら、フランス人は優しいですね
La Posteまでもっててくれる




22キロ!

いったいいくらかかるんだろうなーと思ったら
30ユーロ(3350円くらい)
想像よりは安かった


窓口できれいな切手を出してもらって10枚買って
日本へは0.85ユーロ(120円くらい)

f0046982_3343043.jpg

すぐ前にあるカフェでお手紙を書く書く
La Poste café (郵便局の喫茶店)って名前だから
手紙かくならここだろう!と、手紙書く時はいつもここで書くよ



f0046982_4574271.jpg

この日は冬みたいに寒かったので
カフェオレ 3ユーロ

10通書いて、お腹空いたので
中国人のジニーが教えてくれたサンドイッチ屋さんに
ボンリューの目の前にあって眺めがいいのね

f0046982_348932.jpg

f0046982_3435840.jpg

山羊チーズのサンドイッチ4.5ユーロと水



一回家に帰り、今度は小さい荷物再び郵便局へ送る


そのあと、さおりとcafé des artsで会う


さおりは、私がこうなったらいいな〜って夢を
一歩先にかなえてる、夢みたいな人

フランス国立美大に受験をしたり
私の大好きなアニメーションフェステバルでバイトしたり

最近、やっと全部の国立試験が終わったらしい
彼女も編入だから私と一緒なんだ。美大のいろいろな事を教えてくれた


具体化してない自分の夢を現実にしてる人に会うと
なんだか、私もできちゃうかもね
って勇気をもらえる

さおり、いつもにこにこ〜ってしてて笑うとすごいかわいんだ




f0046982_3492832.jpg

夜、フランス全土で音楽祭
それぞれの県、街で、フェステバルを開いてる


アヌシーも夕方6時くらいから
広場、カフェ、野外、教会、いろーんなところで
いろんなジャンルの音楽が


f0046982_49384.jpg

私は、アンゲルの友達のマリーを観に、アンゲル達と教会へ
ゴスペル すごかった・・・

感動して泣いてしまった
なんだろう、きれいだった


なぜか私もコスペルの、おばさんとおじさん達と打ち上げ会に参加

全員とビズ!
ビズする習慣、大好きー

みんなやさしかったなー



f0046982_411019.jpg

最後はバーなのに、大合唱をしたよ
歌を唄うって気持ちがいいな〜




アヌシーの夜をみんなでお散歩


f0046982_4193220.jpg

f0046982_419046.jpg


もう深夜1時くらいだったけど人がいっぱい
みんな音楽祭を楽しんでいます



大好きなアイス屋さんのスタンプが、やっとたまったので
最後のアイス!

f0046982_4195357.jpg

寒いけどおいしかったー



帰ったのは2時くらい
アンゲルの友達ファミリーが家まで送ってくれた

"アルコール3杯までだったら運転手は飲んでも許される"
という法律はリアルにほんとうだった、自己責任なのだね


ちなみに日本のビール、アサヒが1,80(230円)で普通にスーパーに売ってた
あれ、日本より安くない?
酒税のせいなのかな?

f0046982_5132142.jpg





人気ブログランキングへ
励みになりまーす
by picnic_marin | 2010-06-26 05:16 | 2010【FR】アヌシー | Comments(0)
イランちゃん

音楽祭の日たくさん飲んだので、やや二日酔い

昼過ぎに起きて、キッチンに行ったら
イランちゃん



f0046982_423882.jpg


ええ!!!?
まさか、料理してるの?


雨が降るかと思った・・・笑
イラン、料理がきらいだからね


「昨日の夜、プルコギのためのソースを作ったんだけどうまくいかないよ
今日は私が料理するよ!マリンもう、今日で最後だから!」

イランは私がぶらぶらしていた昨日の夜に
お母さんにプルコギの作り方を聞いて、買い物へ行って
お肉を特製ソースに浸けていたみたい



イランは料理が好きではないのに料理するなんて
なんてけなげ

手伝いながら、正直泣きそうだったよ、私




韓国料理
いらんは料理ができないとはいえ
一緒に作っててすごい勉強なったよ

料理から見えてくる文化や習慣ってたくさん発見があるよ





・イランちゃん家のプルコギの作り方メモ

タマネギ・にんにく・りんご をすりおろして、ネギを切って
胡麻油(これがすごい大事、韓国のごま油)と、日本の醤油を入れる

牛肉は氷水で洗って、包丁で表面に細かく切りめを入れ
さっきのソースに一晩つけて寝かせる

f0046982_4315913.jpg


次の日、ソースごとフライパンで焼く
サンチュに包んで、コチュジャン(韓国味噌)をつけて食べるのが一般的

f0046982_4334539.jpg






・イランちゃん家のキンパの作り方


必ず入れるもの

・卵焼き
・山菜の固いみたいなやつ(韓国の)
・黄色いたくあん
・キュウリ
・炒めた人参
(全部のり巻き用の具なので細長くきること)


この中の一種類を主役でいれる
・チーズ
・プルコギ(焼肉)を細かく切ったやつ
・シーチキンマヨ


f0046982_4281679.jpg
f0046982_428382.jpg

f0046982_430472.jpg
f0046982_4294186.jpg


炊きたてのご飯に、ごま油をたらして混ぜて
のり巻き同様、普通の海苔でまく
巻きおわってから海苔の上からハケで胡麻油をぬる


キンパはのり巻きにすごい似てる
日本と違うのは、寿司酢ではなく、ごま油を使ったりする
中身の具もだいぶ違う
キンパはピクニックの時はいつもこれをお母さんがつくるんだって


きれいでしょー

f0046982_4331127.jpg



韓国料理はなにしろ食材がフランスにない上に
料理が下手なので
イランはほんとに大変だったと思う

f0046982_4263965.jpg

全部の料理が出来上がったあと、イランは

「人生で初めて料理作った!私すごいね!料理人じゃん!」
自分を自分で褒めていました

かわいい



スペリン人のクリスティーナは彼とイタリア旅行帰り
夜ごはんのために、急いで帰ってきてくれた

「ほんとは今日、マリンにスペイン料理を食べさせたかったのに!!」と
イラついてました、笑
その気持ちだけで充分、嬉しかったよ


f0046982_4391017.jpg

このアパートはいろんな人が出たり入ったりしたけれど
イランとは一番長かった、4ヶ月間いっしょだった


最初に来た時、今よりもっともっと、フランス語が話せなくて
フランス語の発音が似ているイランは
なんとかして私のぐちゃぐちゃなフランス語を
聞き取ろうと、理解してくれようとしていて
とても優しかったんだ


最後の夜、イランとたくさん話した


韓国の年齢の大切な習慣
韓国は今でも一歳年上なだけで、食事の時、お酒の席で
たくさんの決まりがあるそう

家族のこと、お盆の時のこと
自分の生まれた時のこと

いろいろ




f0046982_4484055.jpg

イランはいつも冷静に 「私は大丈夫だもん」
ってポーカーフェイスな顔してる

イランは秋に入る美大もまだ決まってないし
7月に住む家もまだ見つかってない
なので、本当に不安だし、トランキーになっているはず


でも、この日は終始笑顔で
それがまた、私には切なくてしょうがなかったよ


イラン、ほんとうにありがとう、うれしかった

f0046982_4404278.jpg






人気ブログランキングへ
励みになりまーす
by picnic_marin | 2010-06-26 05:16 | 2010【FR】アヌシー | Comments(4)
次はパリへ
引っ越し前というのは忙しいね !


おとといはフランス全土で同じ日に
夜中まで続く音楽祭


きのうは韓国人のイランが私のために韓国料理をつくったよ

イラン、料理できないし嫌いなのに
彼女が人生で初めてつくった料理

そう思うと、本当に泣きそうだった


f0046982_14194390.jpg
夕ご飯の時、みんなと


大好きだったよ
みんな

このシェアハウスのみんなは、全員今月に引っ越す
みんなそれぞれの道へ





私はパリへ

パリに住むのが20歳の時からのずっと夢だったから
現実になって本当に嬉しい




パリについてから昨日のこと、また書きます


それでは、行ってきます! パリ





人気ブログランキングへ
励みになります(^^)
by picnic_marin | 2010-06-23 14:28 | 2010【FR】アヌシー | Comments(9)
大事なお知らせ
いつもブログを読んでくれてありがとうございます


このブログは、みなさんに向けて、というより
自分のために完結してる
一人よがりなブログですが

今日はみなさんに向けて書きます




現在このブログは


遠く離れている家族、友達に向けて 
こんな生活してるよー元気だよー
というのを伝えるためにかいています


ランキングは、たくさんの人がみてるほうが
書くモチベーションを毎日保てるかな、と思いはじめました


結果、たくさんの人がこのブログを観てくれています
コメントもいろいろ頂いてます


コメント書いてもらえるのは
嬉しいコメントでも、批評されるコメントでも
どんなコメントでも


自分の存在を観てくれている、色々なひとがいるのだな
ってだけで、本当に嬉しいし、ありがたいことです


いつもありがとうございます





しかし
それと同時に、留学に関する相談のコメント
特に、メールがとても多くなりました




私もフランスに来る前
どんな生活が待っているのか

一切経験したことがないことなので何もわからないし
とても、不安でした
不安で不安でしょうがない
その気持ちはよくわかります



海外の人のブログをたくさん読んだり
mixiのコミュを探したり、というのは
私もたくさんしました


なので、フランスにきちゃてる人にネット上で
色々と質問をしたい気持ちは
本当によくわかります


しかし
それはとても簡単すぎる方法だと思います


大事なことは
自分で行動して、自分で調べ、自分で情報をつかみ、自分で選ぶ


情報アンテナを常に張っていれば
まわりの人から自然と情報が入ってきたりもします



それが何よりも、
後になって一番大事なことだったんだな
っていま私は思っています




ちなみに語学は、私は今でも全然話せてません
フランス人5歳以下の会話力です

どうしたら上手になるかなんて
知ってたら逆に私が教えてほしいくらいです






フランスに来て、日本からの留学生にもたくさん
お話する機会がありました

なのでよくわかりますが
100人いたら、100通りの留学方法があります
同じ留学なんて絶対にないことです


その人の育ってきた環境によるキャラクター、気質、性格
どうなりたくて、どんなものが好きなのか





このブログを読んでいるみなさんは
私に関することを、少し知っているかもしれませんが

友達以外の読者の方は
私はみなさんに関する情報を何もなに一つもしりません

なので、どんな方かもわからないし
どうアドバイスを答えていいかは
本当に難しいところです




一番は、留学はとてもお金がかかることです

そのお金は、とても長い間、みなさんがそれぞれ
頑張ってためたお金だと思います

学生さんなら、それがもし親のお金でも
両親が汗を流してためてくれた大事なお金です


そんな大事なお金が関わった
その人の将来に関わる大事な留学を
私がその人のパーソナリティもよく知らないのに
無責任に適当なアドバイスを言えないのです



なので

プライベート・留学に関する情報についての
コメント、メール、一切お答えできません



あまりに多いので、大変困った上の判断です
理解してもらえれば、と願います



情報を提供したいときは
こっちから勝手に記事にかきます
それを読んでくださいね

これからは留学に関することも
少しは記事にしていくようにしますので(たぶん)



最近は
メール、スカイプ、ブログ、Twitter など
リアルに人と関わらなくても
人と簡単にコミニケーションをとる手段がたくさんあります
とても便利だし、楽ですね



しかし

偶然の人の出会い
一期一会の出会い


手紙をかいたり、直接ダイレクトに逢って話すことが
とても大事、って私は思っています






「すこし海外生活になれたからといって、偉そうに」
と言う人もいるでしょう
しかし、それと平行した数で

「まりんちゃん海外生活にやっと慣れたんだね、よかった応援してるよ!」
という読者の数がいることをしっています


マスコミというとだいぶ大げさですが
人の噂なんて、そんなもんだと思います

噂されるだけの人になったんだ、と思うと
こんなただのフリーターなのに
なんてありがたいことなのだと頭が下がる想いです
(例えば…たくはちろうが離婚してもたいして噂になりませんよね)




今回の記事で、嫌な気分になってしまったら、ごめんなさい
まあ、こんなことを踏まえて、理解して

これからも読んでくれる人がいて、コメントをくれる人がいたら
その方々がいるだけで私は充分うれしいです

いつもかなり適当な私ですが
今日だけは、まじめな日記でした




まりん
by picnic_marin | 2010-06-22 15:52 | 2010【FR】アヌシー | Comments(14)
フランス人はワインと愛?
日本料理というのはなんとすばらしいのだ!と
改めて最近おもう

冷めても美味しいし
煮物はつくり置きができるし
違う料理に使えるし
身体によくて太らないし
四季を考えているし、きれいだし
なんてすばらしいのだ!と
(きのう、同居人たちに褒められて完全に調子にのってる)



そんなわけで・・・

昨日のちらし寿司の具と、合わせ酢がたくさん余っていたので
他の外国人にも食べさせてあげたいなーと思い

アンゲルに連絡したら、アトリエにいるというので
朝にお米を炊いて混ぜて、お昼に持っていった



アンゲルのお友達のモーリスさんも来てて
ちらし寿司を持ってきたよ!と言ったら

マルシェでなんか買ってきて食べよ、という話しになり
みんなでマルシェへ


f0046982_6571144.jpg


みんなで歩いているとき
寒かった今日の曇った空に、太陽が一瞬見えた

なので日光浴しようと
カフェのテラスで日向ぼっこ


f0046982_71725.jpg

フランス人のおっさん達のカフェの使用方法の謎がなんとなく
見えてきたかもしれない

蕎麦屋のごとくささっと使うのね
そこまで長居しないらしい

家のエスプレッソより
お店のが美味しいから飲みに行く、という感じらしい



f0046982_655312.jpg
ちらし寿司はボルドーの赤ワインとおいしく頂きました


アンゲルのアトリエに、いつもどっか適当に置かれているチーズ

サヴォア地方のTommeという名前のフロマージュ
コクがあってほんとに美味しいんだ


f0046982_6585288.jpg

屋根をお散歩中のアントンヌちゃん(猫)

アトリエは教会のすぐ近くなので、鐘の音が心地よく聞こえてくるよ



f0046982_6573197.jpg

3人で赤ワイン2本飲んで
アンゲルもモーリスも顔色ひとつ変わらず


フランス人の血はワインで出来てるんですね!と改めて思った






27歳の時、何してた? という私の質問に2人とも
「もちろん誰かを愛していた」



・・・!!!

フランス人は愛で出来ているんですね!と改めて思った


f0046982_6592097.jpg


家に帰ってパリ行きの荷造りをするも


途中でマジック道具を出して
みてみて〜!とか言ってやりはじめたら楽しくなってきちゃって
衣装まで着だしちゃって遊ぶ(完全にプロ失格、元々プロでもなんでもないけど…)

みんな喜ぶもんだから
プチマジックショーになり、まったく進まず・・・



その後みんなでサッカー観戦になっちゃったので
更に進まず 汗

明日は荷造りするゾー!
眠いおやすみなさい




人気ブログランキングへ
by picnic_marin | 2010-06-21 07:45 | 2010【FR】アヌシー | Comments(2)
バラとメロン
もう初夏というのに
なんでこんなに寒いかな、アヌシー

昨日、皮ジャンなんて着ていたし
今朝も寒くて起きたくらい
秋みたいな気候


家のみんなで食べたメロンはこんなにも甘くて
夏らしい色をしているのにな

f0046982_15144437.jpg




バラの季節というのは5〜6月だよ
フランスでは、各家のお庭でたくさんのバラを見かけたよ
歩いてるとバラの匂いでいっぱい

f0046982_15161682.jpg
f0046982_15163852.jpg




この前、家のちかくを散歩していたら
大きな公園の中に、小さな家を見つけた
すごい可愛い家だった

f0046982_15184069.jpg


こんな小さな家、だれが住んでいるんだろう
子供用の家にはみえないな
なんだろう、ホームレスの家だったら可愛いな


f0046982_15191199.jpg
窓際には人形がたくさん飾られていて

庭には小さな風車が寂しくまわっていた






人気ブログランキングへ
励みになりまーす
by picnic_marin | 2010-06-20 15:24 | 2010【FR】アヌシー | Comments(0)