いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
カテゴリ:アニメーション( 18 )
明日からフェステバル!
ずっとベットの上にいました
とにかく咳がすごかったので
人前に行けなかったよ

(なので一気に旅行日記更新、まだ途中だけど)


なにか水分を含んでいないと、咳がすごい出ていたので
友達にレモンを買ってきてもらって
常にレモネードを飲んでました


f0046982_7185099.jpg
ヨーロッパ人は風邪の時はハチミツらしい

風邪のひき初めの時に
アンジェルは、プロポリス液体を私に飲ませたし

同居人のクリスティーナも、これあげるから使いなね、と
BIOのハチミツを瓶ごと、ドーンを私のベットサイドへ置いてった


f0046982_7191251.jpg
カモミールミルク
カモミールティーに温かい牛乳いれてハチミツ


同居人達が色々と気を使ってくれて、ずっと部屋にいる私に
マリン〜映画観よーとか
スープ作ったから一緒に食べよーとか

言ってくれてほんと嬉しかった

海外なので一人でいたら、ほんとに一人で延々といれるので
どんどん病んでいきそうだれど
みんながいてよかった、ってすごい思った


f0046982_16132724.jpgにゅう麺みたいなスープ

調子が悪い上にこんなのまで撮っている私をみてアンドレアが

「マリンは本当に日本人だね!」と言われる
「はい、私は典型的な日本人です」と答える・・・


更に2日間家からまったく出てない私に

「絶対外の空気吸ったほうがいい!家の前のバスからすぐだから公園いこう」
と言われ、夜ごはんに公園へ


f0046982_15593934.jpg

夜ご飯と言っても、なんだこれ、パンと生ハムをかじってるだけね
もう8時なのにこの明るさ


外のきれいな空気を吸うのも大事だーと思いました

なにより、びっくりしたのが
アニメーションフェステバルのために
いつのまにこんなにでっかいスクリーンが


でーん!


f0046982_15591987.jpg

大家さんに聞いた話しによると
アニメーションフェステバルの時期
アヌシーは毎年必ず雨が降って寒い!といってた
そうなのかな?ほんとー?

「私は晴れ女だから今年はきっと晴れるよ!」
と適当なこと言ったら
ネットの天気予報をいきなり調べだした大家さん


「あ、ほんとだ。今年のアヌシーアニメーションフェステバルは晴れだね 」



アヌシーアニメーションフェステバルは
明日からいよいよスタートです!!


世界中の新しいアニメーションが観れる、アヌシーに一番活気がある5日間
体調が悪いなんて言ってられないよー
by picnic_marin | 2010-06-06 16:08 | アニメーション | Comments(0)
広島旅行記 1
広島国際アニメーションフェステバルへ
一週間行ってきました

アニメーションというと
みなさんはどんなイメージを持ってますか?

何が言いたいかというと
アニオタじゃないのよ!と、
無駄に気にする自分のエゴのために
nadaさんの文章を
ほとんどパクって、説明するとします

f0046982_2145869.jpg
日本では手塚治虫の「鉄腕アトム」に始まり
「宮崎アニメ」から「萌えアニメ」まで
TVを中心に一見多様なアニメを放映しているように見えますが…

実は外国から見た時
それらは独特の文化圏として「日本アニメ」にカテゴライズされています。

「ディズニー」とか「ハリウッド」なんかもカテゴリーのひとつでしょうか? 
あれは世界中に供給されていますので
日本アニメより知名度はあるかもしれませんが…
アメリカが発信している文化のひとつなのだと思います。 

f0046982_21552691.jpg
最近だと「チェコっぽいアートアニメ」とか「アードマン」とか
「日本」と「ディズニー」以外のカテゴリーの作品を
比較的見ることが可能になってきましたが
TVや新聞などのメディアの中では
限られた情報しか無いのが現状かもしれません。
 
 f0046982_21442986.jpg
広島では、そういった日本で日頃見ることができない分類の
先進的な作品を沢山上映されていました。
 また、制作した作家に直接会うことができるのも楽しかったです。

広島以外では

「アヌシー国際アニメーションフェスティバル」
オタワ国際アニメーションフェスティバル(カナダ)
ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(クロアチア)

があります。

f0046982_21444320.jpg
広島国際アニメーションフェステバルは
アジア最大という事もあり
大会期間中は世界各国からアニメーション作家と作品が集まって
一種独特な雰囲気を形成します。

 作家や映像制作関係者の他に美大生等も結構居て
最近だと韓国や中国等アジアの美大から人が沢山来ています。


f0046982_2144541.jpg
そんな感じです
説明以上
by picnic_marin | 2008-08-17 03:23 | アニメーション | Comments(0)
広島旅行記 2
数年ぶりに夏らしい事をしたなあ、と思った旅でした

f0046982_142456.jpg


ユースホステルがよかったのかな

門限や消灯時間など
きっちり厳しくあるのかと思ったら
なんとなく守ってくださいね〜程度に
ゆるかったり

不満が多い占い師や
サンフランシスコからきた日本人のおじさんや
フランス人カナダ人のバックパッカー
ピチピチという言葉がぴったりの中学生
まさに色んな種類の人がいて楽しかった

最初は六人部屋
二段ベットなんてすごい!
はしゃいでます

f0046982_238469.jpg

二泊めからは、ユースホステルにガラリと人が居なくなり
二人部屋に移動

f0046982_2383314.jpg
快適だった

人によっては、ユースホステルなんて絶対無理!
というけど一回くらい泊まってみればいいと思う

価値観は広く持とう
ホテルとはまた違って、面白いのだ



行きのバスは、全然眠れなかった
リラックスシートなのでゆったり座れるものの

ブランケットが情熱的な赤色だったから
だめなんじゃないの
という結論に

これでもバスの座席、エイコ

f0046982_149359.jpg


このたびエイコさんが、ホテルなり、バスなり
予約してくれました

10歳児くらいかと思ったら
ちゃんと予約とかできるじゃないの

ありがとう




f0046982_154586.jpg
広島国際アニメーションフェステバルの5日間は
3つの上映会場でそれぞれ違う上映がある

全部観たいが、どれかひとつ選んで会場へ
つまらなかったら他の会場へ移ったり


f0046982_2165382.jpg
このためだけに予定をあけて広島へ来た

全プログラム通し券をもってる私達は
全部みてやろうじゃないかくらいの気持ちなので

もうそれは、とても忙しいのです
メールもみる余裕ないくらい忙しかった

食事休憩なんてゆっくりとしてられない
会場やコンビニで売ってる軽食などを買い
さっさと食べてまた会場へ


朝10時位から、夜の21時まで5日間
アニメーション観っぱなし

容量の少ないこの頭の中は
完全にヒートオーバーに

夜はほんと深く眠れた



ふと見えた空に浮かぶ雲さえも
現実的にみえなくなってきたような

鳥みたいな
雲だーなー

f0046982_2223571.jpg


3日めくらいに、もうほんと無理で
頭を冷やそうと
ユースホステルにあるプールへ


とにかくダラダラしたプールで
監視員もエイコも、ダラダラ

f0046982_2122517.jpg

誰もいなくて気持ちよく泳いでたら、ファミリーが登場
微笑ましい光景でついつ写真を撮ってしまった


f0046982_2102337.jpg
プールの前にまずシャワーを浴びるよ
おとうさん、浮き輪に空気いれてよー


f0046982_294092.jpg

準備体操するぞー
カルガモみたい


プールサイドにいた、ちょうちょ

f0046982_2134172.jpg
こんなに近づいても気がつかないほど
必死に水を飲む
暑いから喉が乾いているのでしょうね


f0046982_2152022.jpg
「犬神家一族」の死体

エイコにやり方教えてもキレイに逆さになれなくて
ちょっと悔しそうだったので
調子にのって、たくさんポーズ

調子にのりすぎて鼻から水が入って
しばらくの間、いやな感じだった


f0046982_2213579.jpg
こんな簡易でいいのかというくらい簡易な
更衣室で適当に着替え



午後、またフェステバルの会場へ行く

f0046982_263695.jpg
前夜、食堂にあったオセロで負けたので
アイスクリームをおごるハメに
味に期待してなかったけど
濃厚で美味しかった


そんな感じで5日間は、あっという間に過ぎていくのだ

f0046982_3141830.jpg



最終日のコンペティション表彰式

フェステバル中、夕方〜夜はコンペティション上映してたので
全部観てきた
どれがグランプリかわくわくして表彰上映会場へ

f0046982_244873.jpg

今回、グランプリ、広島賞、観客賞、
3つ日本人がとった

国際審査員には、日本人はひとりしかいない
広島でやっているから、という理由で
日本人がグランプリ、広島賞をとることはまずないらしい
だから、すごいなぁ、と思いました

広島賞、観客賞で同時受賞の人は
私くらいの男の子(だと思うけど)

話のアイデアもすごい、絵も美しい
個人的にもとても好きな作品だったので
素直に嬉しかった

観客賞にも一票入れていたのでなおさら

すごいなーこれぞ天才だよ!
と思う反面、素直に言うと
いいなぁ、私もコンペティションで上映されるくらいまで
まず頑張りたい、と思うのでした


フェステバル最終日くらい飲もうということで
エイコのアニメーション繋がりの友達4人で飲みにいった


そのあと久保ちゃんが、作家さん達や
フェステバルの人達が飲んだくれているお店へ連れて行ってくれた

f0046982_2422860.jpg
今回フィンランド特集をやっていたので
フィンランド人がたくさんいた

アアルト、アラビア社、マリメッコ・・・そしてキートス、モイモイ
とりあえず知っている言葉を並べて
好きなんだよーと言ったら
とても喜んでくれた

酔っぱらいはなんでも楽しんでくれるのである


f0046982_243228.jpg
エイコは英語ができていいなぁ、と
うらやましく思った


f0046982_1473759.jpg

by picnic_marin | 2008-08-17 02:26 | アニメーション | Comments(4)
広島旅行記 3
最終日は広島駅から電車で30分
宮島へ行く事になった

f0046982_964092.jpg

島なので途中フェリーで移動
久保ちゃんとエイコ私三人で

風が気持ちいい
まさか海にくるなんて

島中どこにでも普通に鹿がいます

f0046982_973525.jpg

鹿っていうのは、なんていうか「あるがまま」で
今もこれからも何の変化がないと思って生きてそう


朝からなんも食べてなかったので
まず腹ごしらえ

f0046982_23213520.jpg

朝早くから宮島に来ていた
幸太郎と合流して
自転車をレンタルしてひたすら走る4人

f0046982_232258100.jpg

f0046982_23231715.jpg

f0046982_23224153.jpg
海沿いに走るのは、ほんとうに気持ちがいい
子供の時にもどったように
下り坂、登り坂、自転車を飛ばす

海水浴場があるらしいので行こうよという話に

今回アニメーションのための旅行だったので
こんな展開になるとは思っていなかった
海なんて多分6年ぶり


f0046982_23253618.jpg
海ってこんなに楽しい気分になる場所だったんだなー
と思い出す
なんかこう、わくわくするのね

宮島に海水浴場があるのはあんまり知られていないのか
人が少なく泳ぎやすかった

海水浴には
クーラーボックス、浮き輪、わに、すいか、カップラーメン、パラソル
があった方がより楽しいだろな、と思った


f0046982_23273669.jpg

昔、さぞかし面倒くさかっただろう
荷物を用意して、そして片付けたのはやはり親であり
偉いなあ、と今更ながらありがたく想います


f0046982_23261227.jpg
すいか割りを楽しんでいた家族がいた
わいわいみんな楽しそう
そう、昔親戚で海に行ったとき溺れたなあ


そして今回も溺れたのです
本気で溺れたんだよ

浮き輪をだれも持っていないのに
沖にあるあの岸を(下写真:奥の青いボートみたいの)目指して
泳いだのだ

砂浜からみると30メートルくらいしかないから
余裕かと思ったら

波が押し寄せてくるのでなかなか前へ進まず
平泳ぎができないエイコと私

そして平泳ぎができる久保ちゃんまで道ずれにした感じで
三人で溺れたのだ
幸太郎は泳げないので心配そうに眺めていた・・・

救助のお兄さんがきて
助けてもらって(もらったのか?)
なんとか岸辺に帰ってきた
もう、大変だったねと苦笑い、の三人

f0046982_23293691.jpg
自然はなめてはいけないね

私の名前は本名でマリンですが
緊急時、名前らしい本領は発揮されず
やっぱり全然泳げなかったのが悔しい


幸太郎とエイコ、私は水着をだけど
今思えば
久保ちゃんは、ジーンズに上着を着たまま
海で泳いでいたのだ
びっくり。すごいよあんた
そりゃ平泳ぎもうまくできないだろうに


f0046982_2330031.jpg
海で夕方まであそんで
宮島らしい風景の観光地へ向かう

実際この水の上に立つ鳥居にはあんまり感動しなかったかな

揚げ紅葉まんじゅうと
牡蠣のがずっと感動ものだった気が

f0046982_23302028.jpg
紅葉まんじゅうって揚げるとこんなに美味しいのね
すごいよ

そして牡蠣
私の今一番好きな食べ物は、牡蠣です!

でも生カキの時期は2月なので
今は季節はずれ・・・

たぶん冷凍なのだろうけど
宮島の牡蠣は牡蠣だからと
焼き牡蠣を食べた

すっごい美味しかったので
8個も食べました

f0046982_9403399.jpg

ぷりぷり !
東京ほど高くない、一つ200円
いやー200円以上の価値はあった

20個くらい食べておけばよかったなと
今、後悔してます


f0046982_4103511.jpg
あとかき氷買ったりして

のろのろ帰りました


なんせ海で泳いだ後っていうのは
全身の力が抜けていて
頭もぼ〜としている

帰りのバスでもよく眠れました

夏休み終わりの切ない気持ちの
バスの帰り道でした

f0046982_9105078.jpg
宙に浮いた瞬間のがした写真
最終日4人で遊べて楽しかった
みんな現実忘れてはしゃいでて可愛かった


来月のアニメーション展に向けて
一気に忙しくなる
by picnic_marin | 2008-08-16 23:05 | アニメーション | Comments(4)
アニメーションフェステバル@阿佐ヶ谷ラピュタ
最近、とても気になる
アニメーション

だって楽しいんだもん

阿佐ヶ谷ラピュタであった
アニメーションフェステバル

山村浩二や久里洋二のトークショーや上映を始め
海外の作品など観れる
めったにない濃厚な4日間だったのに
最終日しかいけず残念

私が行ったのは

前衛としての継承者たち
相原信洋&保田克史&原口正宏 トーク

f0046982_2123456.jpg
相原さんぶっ飛んでます
でもシンプルで大事なことを話していました
相原さんが個性的すぎて
保田さん、原口さんはたじたじ

相原さんは友達の栄子の先生
本当は私も一緒にチェコへ行くはずだった人

相原さんが言っていた言葉で印象的だったのは

「本当はアニメーションではく寿司屋になりたかったんだ!」
「一から十あったら、1は寿司だね」

「じゃあ、2はなんですか?」(司会)

「今興味あるもの、本屋に行っても彫刻とか買っちゃうし
アニメーションは4くらい」

「頭の中ぜんぶ アニメーションばっかりやってると
技術ばかり追いかけてる気がする
とてもうまいのだけど同じようにみえる
みんな似ていてなにが違うかわかんない」

今興味関心があること
どんどんやって
自分の世界広げて
それで作ったアニメーションのがすばらしい
そう言いたいのかな

横尾忠則のアニメーションなんかもあった
よくわかんなかったけど
意味わからなくて色が奇麗でよかったよ

相原さんがUFOの事調べているときに
横尾さんと話した事あって・・
と話してたことが印象的

相原さん、自由で、素直でチャーミングな人
by picnic_marin | 2008-03-24 01:48 | アニメーション | Comments(0)
スーザンピット
多摩美術大学映像演劇学科の今年度卒業制作作品から
セレクトした作品と
生徒が 影響を受けた作品をゲスト上映に迎えた上映会
rumbleへ行ってきました

場所は渋谷のUPLINK
気合いが入り過ぎかしら
一番のりの整理券。笑

f0046982_19404653.jpg
私は坂元友介さんの「とんかつ君あさ」の新バージョンを
観たくて行ったのに
日にちを間違えてしまった

しかし、ゲスト上映のスーザンピットのアスパラガスが衝撃的でした
どんなあらすじかと言うと・・・

------------------------------------------------------------------------------------
アスパラガスのウンチをする女性。彼女は仮面を着け、かばんを手に劇場へと向かう。舞台の裏手に回ると、かばんの中から不思議な光や生き物を舞台へと放つ。それを見て熱狂する観客。そして、彼女は劇場を後にする。アメリカのアニメーション作家スーザン・ピットの代表作で、彼女特有のカラフルで奇妙な独特の世界が描かれる。
------------------------------------------------------------------------------------

とにかくすごかった!迫力!
映像の中ででてくる
劇場の造りがものすごい
ここまで精密につくるだなんて
どれだけの時間がかかっているか
計り知れない
劇場内に100人以上の客がひしめきあって動いているのだが
それがまたすごい
人形達はきちんと洋服をきて帽子かぶり
計り知れない世界

今DVD買うかなやんでおります

f0046982_19425225.jpg
多摩美の生徒さん達の作品はみんななんだか似ていて
おもしろくなかった
夢の中みたいな映像が連続されて流れて
トロトロ眠くなってしまった

f0046982_1944065.jpg

by picnic_marin | 2008-03-21 02:48 | アニメーション | Comments(0)
アニメーション日誌
今日から撮影スタート
栄子はパントマイム練習でぐったり
私もバイトでぐったり
眠い

ぐー



と眠りたいが

テンションを上げて
とりあえず描いてみる事に



f0046982_4431045.jpg
1時間半くらい撮影して
がーん

・・・

ず、ずれている・・・
その上ビデオカメラの調子が悪くて
なんと映っていなかった

気を取り直して今日はさっさと寝て
また明日の夜がんばろう!

三脚のずれない
低い位置から
今度はデジカメで撮影することに

初日に失敗して良かった
またこれも経験
失敗しないと覚えないからね
良い作品を作る気、満々
眠いけどがんばるぞー

f0046982_444160.jpg

後で気がついたのだけど
2人とも帰ってきて深夜からの撮影だから
暗幕、作らなくてもよかったのでは!!
と気がつく


大丈夫!失敗は成功の元です ! 

今日も良い日だったあ!!
おやすみなさい
by picnic_marin | 2008-03-04 04:51 | アニメーション | Comments(0)
坂元友介アニメーション全集
フランス・チェコの旅行日記は
膨大な量なので
すこーしずつアップしていこうと思います

バライロのリニューアルオープンするHPのイラストを
描かせて頂くことになりました
その打ち合わせで午前中はバライロ本社へ
自分の絵が大好きなバライロのHPに使われるだなんて
とても嬉しいこと、そして依頼して頂いて
とてもありがたいことなのです

バライロ人たちにお土産を
チェコとフランスで買った
ボタン、キャンディー、古ハガキをグラシン紙で包みます
とても楽しい作業

f0046982_11155848.jpg
あんまりうまく包めなかったのだけど
みんな喜んでもらえたのでよかった


打ち合わせのあと、私の一日遅れでパリから帰国した友達と
バライロからすぐのcafe anoでランチへ
またまたチェコ料理

その友達は、韓国経由の飛行機
パリで話してるとき、キムチ欲しいな〜!
とふざけて言ってたら、本当に買ってきてくれてびっくり
重いのにありがとうございます!
この一週間はキムチウィークとなるでしょう。笑

f0046982_11151536.jpg
夜は、下北沢でアートアニメーションを見に行きました
カルティエ現代美術財団が認めた
若干22歳の「坂元友介アニメーション全集」

すっごく面白かったです!
これは予告編

心の奥にある哀愁ただよう切なさや悲しみ
そして泣くくらい心の底から笑ったりもしました
とにかくすごい
こんな才能ずるいよー!と思ってしまう私です

一緒に観に行った友達と映画のあと
「みけねこ舎」という喫茶店にいきました

f0046982_11553330.jpg
若い好奇心旺盛な3人
これからきっとうまくいくよね、と
フレッシュな咲きたての薔薇みたいな3人です

f0046982_122138100.jpg

by picnic_marin | 2008-02-02 12:14 | アニメーション | Comments(0)