日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめての梅干し作り
at 2017-11-26 01:04
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
カテゴリ:2012 東京( 55 )
ありがとうございます
このブログをみてくださった皆さま
今年もありがとうございました

忘れっぽいにわとり頭のためにつけている日記なんですが
こうしてたくさんの人にアクセスしてもらえて
いつも、とても嬉しく思っています

f0046982_15511656.jpg


今年も一年終えようとしています

一年を振り返って、2012年の流れで大きかったと思う
イベントをあげてみた、写真も一緒に

1月 日舞の皆さんと長野旅行

f0046982_163148.jpg


3月 マイムトウライブ

f0046982_15511717.jpg

5月養護施設での にんじん村の公演

f0046982_15511579.jpg


6月 maimuima静岡公演

f0046982_15511718.jpg


8月 トルコへ行った、函館巡業

f0046982_15573655.jpg
f0046982_15511366.jpg


9月 日舞発表会に出た

f0046982_15511616.jpg


10月 カナダ&NYへ行った

f0046982_15181989.jpg


11月 早稲田祭、高円寺フェス

f0046982_15511465.jpg
f0046982_15511548.jpg



どれも、ひとりではやろうと思わなかったし、
全部周りの人に助けてもらったことばっかりでした
ほんとに周りの人にだけは恵まれている自分です
ありがとうございます

それにしても自分にとって大きいイベントは
パフォーマンス関連が多かった
来年で大きく変わるのは、私はマイム卒業ということかな

5年前に始めたパントマイムは、作品を作っていても、
やっぱりイラストレーションの頭から作品を作るので
私は、マイムの人ではなくて
イラストレーションの人だよな、という原点に戻りました

無駄かもしれない5年間の遠回りは
イラストレーションのために本当に意味があったと思う

来年は、とにかく絵
絵を描こう!と思います


こんな感じで、主旨がよくわからないブログですが 汗
来年もよかったら遊びに来て下さいね

マイペースに更新しています
by picnic_marin | 2012-12-31 16:12 | 2012 東京 | Comments(0)
深夜の映画
あまり期待をしないで観た映画がすごいよかった
「赤い鼻のピエロ」 フランスの映画

f0046982_4181842.jpg
フランス語タイトルだと EFFROYABLES JARDINS
直訳で、恐ろしい庭、とか怖い庭、だと思う

ドイツ占領下のフランス
4人のフランス人がドイツ軍の捕虜になり
彼らにとって人生最悪の状況の時
パリのサーカスで働いていたんだ
というドイツ軍の軍人と出会う


f0046982_4182262.jpg
暗くて歴史がどうのこうの、という難しい話ではなくて
軽くて滑稽なシーンが多いし、わかりやすくて
すごい見やすかった

第二次世界大戦まっただ中の状況下
ドイツの軍人が赤鼻をつけて
フランスの文化であるクラウン(ピエロ)をやる
シーンは本当に感動しました

f0046982_41819100.jpg



あと、最近観た映画

12月21日に公開された「シェフ」
銀座テアトルシネマで観ました

なんも考えないで心から楽しんで観れました
料理好き、フランス好きなら更に絶対に楽しめるかと思います
フランス映画なのに、いい具合にエンターテイメント性があって
アメリカ人の監督かな?と思ったけど違かった
これDVDほしいかも、と思ったくらいよかったです



渋谷のイメージフォーラムで
「100万回生きた猫」も観ました、ドキュメンタリー

コーネリアスの音楽が途中途中に入って
それも心地よく、とても感動しましたし、泣きましたが
最終的に結局何が伝えたかったんだろう?と
よくわからない映像だった
やっぱり佐野洋子さん絵本がすごすぎて
絵本の魅力を生かせた編集になっていなかったと思った
by picnic_marin | 2012-12-31 02:35 | 2012 東京 | Comments(0)
大掃除
年末といえば大掃除
一年に一回くらいしかしない掃除を
12月の時間がある時やってみました


まずは換気扇

交換フィルターをネット上で探すのが結構手間取りました
なかなか見つからなくて、
型番をメモって近くの電気屋に行ったら、あっさり買えた

f0046982_2272894.jpg
こんな油汚れでどろどろしてました
引っ越してから一度も掃除していなかったんですが
これも月一くらいで掃除すればこんな面倒ではなかったはず…と思いました


f0046982_223422.jpg
フィルターも取り替えて真っ白 きれいになりました



早くやらないと〜と、ずっと思っていたシルバー磨き
特にスープスプーンは買ってなぜかすぐに真っ黒になってしまい
黒すぎて使えなくなっていました
ケチャップで磨いてもだめだし…

f0046982_2272842.jpg
東急ハンズで聞いたところ、これをすすめられました

靴磨きみたいな感じの丸い容器に入っていて
付属のスポンジでただ磨くだけ
私は家のボロ布で二度磨きしました

f0046982_2239494.jpg
わかりずらいけれど、右が磨く前、左が磨いたあと

付属のスポンジが真っ黒に!でも
食器用洗剤で洗えばあっさり白く元通りになります

磨くのはもっと大変なのかと思ったら
すぐに黒いのが取れるので、なかなかの快感でした
ついでに他のシルバも磨きました

f0046982_22413416.jpg
キラキラになって気持ちスッキリです




これも、前から気になっていた洗濯槽の掃除

洗濯機の説明書に紹介されていた洗濯槽クリーナーを楽天で注文し
届いたのでさっそく試してみました

f0046982_2273082.jpg
1.5L全部使います


洗濯槽洗浄コースというのがあって(無印の洗濯機です)
こんなコースあったんだと初めて知りました

洗濯槽コースボタンを押すと
高水位まで水をためだします(私はお風呂の残り湯をバケツでくみました)
クリーナーを全部入れてフタをすると11時間つけ置き状態になります
最後に洗い→すすぎ→洗い→すすぎを繰り返して、終わり


途中にのぞいたらこんな感じ

f0046982_2272934.jpg
最初に黒い小さい汚れが浮きます

f0046982_2273081.jpg
白い固まりが結構浮いていて、途中洗濯機を止めて
網で取りました
でも、もっと黒い汚いのがごっぞりとれるかと
よからぬ期待をしていたけど、そうでもなかったです

そのあと洗濯物をしましたが、なんだか
いつもよりスッキリした?気がしました



網戸の掃除とかサッシの隙間などなど…
掃除するところは、果てしなくあるんだけど
目をつぶらせて頂いて年末を迎えようと思います 汗


家の掃除はいいですが、身体の中が掃除されていないみたいで
頭がぼーっとします
風邪さん、お願いだから年内に早く出てってくれ〜
by picnic_marin | 2012-12-30 23:41 | 2012 東京 | Comments(0)
足長の練習
昨日、足長の練習に行ってきました

足長はスチルトとも言いますが
サーカスやフェステバルで出てくる足の長い人のことです

f0046982_216733.jpg
上半身の内側、足の間
今まで使ったことのない部分の筋肉達がびっくりしてた

危険を伴うので、人前でやるには
あと3年くらい練習しないと無理だろうけど
いつかできたらいいなーと思います

足長を長いことやっている人は
「自転車と一緒だよ」と言ってて、しばらく乗らなくても
感覚を取り戻せるらしいのだ そうなのか



それにしても冬空の公園は、寒かった

見ているのが面白くて午後も長いこと見学してたので
悪い予感はしていたけど
今朝起きたら、やっぱり風邪をひいた

f0046982_216746.jpg
家の窓から見える景色、向かいのおばさんが窓枠を掃除していたり
前の道では家族連れで歩いている人ばかり

とても年末らしい空気を感じます


実家に帰りたいけど、熱下がらないとだめだこりゃ
寝すぎて眠れない、布団からの更新でした


f0046982_22311818.jpg
三茶de大道芸でパフォーマンス中のnani-soleさん
あんなに高い足長にのって、更にあんな動きしているなんて…
いったいどうなっているんでしょう
by picnic_marin | 2012-12-29 22:35 | 2012 東京 | Comments(0)
クリスマス
今日は街を歩くと、クリスマスの飾りは取り外されて
一気に年末ムードになりましたね

東京は、昨日から寒波がすごいです
昼間でも大きな冷蔵庫を歩いてるみたいでした
周りの友達も風邪が続出中…
身体には気をつけないといけません


クリスマスは、年末の忙しさを言い訳に美味しいケーキだけ食べて
とりあえずクリスマス気分を味わいました
ポーもユダヤ教だし、この際何でもいいです(^_^;)

パリセヴェイユのケーキはクリスマス数日前には予約でいっぱいになるそう
3週間位も前から張り切って予約

f0046982_12564180.jpg
宝石のようなデコレーションで
わーきれいだー!と長い時間のお見合い後にゆっくり頂きました

f0046982_12554555.jpg
パッションフルーツの甘酸っぱいケーキです

日本人が経営するお店ですが、パリのパティスリーの味だと思いました

ポーも言ってましたが、世界中のものが簡単に手に入るのは
東京くらいだと思います
ほんとに物だけはなんでもある、東京ってそんな街


f0046982_12554428.jpg
ケーキにお金をかけすぎたので、他はケンタッキー 笑
久しぶりに食べたら、おでこにニキビが三つもできちゃいましたよ…
身体に悪いんだなぁ、とつくづく思うけど
美味しいのでつい食べちゃう



クリスマスらしく
代官山にある東京バプテスト教会に行ってみました

ヨーロッパの神聖な雰囲気のカトリック教会しか行ったことがなかったのですが
この教会は、とっても家庭的でハッピー!な感じで楽しげでした

元気な衣装を着た聖歌隊の横にはトランペットにパーカッション
なんだかもう、JAZZライブみたいです

周りをみると色んな人種がいたので
何人が多いんですか?と後で牧師さんに質問したら
なんと40カ国以上の人が集まっているそうです
世界中こんな多国籍な教会は、ここだけだと牧師さんも言っていました

アメリカではパプテストは黒人さんや南部の方が多いそうですね
この教会も黒人さんが多かった気がします、みんなフレンドリーで素敵


f0046982_2235157.jpg
子供と大人がキリストが生まれる歴史を
演劇でパフォーマンスしたりしていて
とてもかわいらしかったです


途中、洗礼の儀式もありました
初めてみるので、いったいどんな風にやるのかな?と興味心身でみました
この教会は、上の写真の聖歌隊の一番置くにある
十字架の下のスペースがプールになっていて
みんなが見守る前で背中から落ちます

どぼん!と落ちた後、黒人さんの牧師さんとハグして
大きな声で笑い合っていたので
なにやら洗礼て、すごいハッピーな明るい雰囲気なんだなぁ、と思いました
たぶんバプテストはそうなのかな


終始、知らない人同士で「メリークリスマス!」と
笑顔で言い合ったり素敵でした



クリスマスに教会に行ったことで
クリスマスの本当の意味がよくわかったし
いろんな文化を知る事はとても大事だと思うので、行けてよかったです



きのう英語のクラスの後に下北沢でライブを観に行きましたが
The Danny Smith Projectというバンドがとてもよかった

ジャンルで言うと、なんだろうアメリカンカントリー?わからないけど
とにかく良かった

f0046982_2235399.jpg
バンジョー(楽器)が入っている音楽が私は好きです
全体のバランス、優しい雰囲気がとても好きでした

英語がとっても上手なのでアメリカ人のグループかと思ってたら
全員私と同世代くらいの日本人がやっていました



生音はやっぱり良いです
贅沢な素敵な時間でした
by picnic_marin | 2012-12-26 12:51 | 2012 東京 | Comments(2)
世田谷ボロ市
先週末、世田谷ボロ市に行ってきました

f0046982_2204310.jpg
世田谷ボロ市という名前をなんとなく聞いたことあるだけで行くのは初めて

日本の古い物あつめた蚤の市みたいなものかな?と思って向かいました

ポーがどうしても行きたいというので
人混み嫌いな私は
しょうがなく付き合ったわけなんですが
夏祭りのような賑やかな雰囲気が楽しく、結局私の方が楽しんでいたかもしれません


f0046982_220565.jpg
世田谷駅で降りてすぐは食べ物屋さんで広がっていました
野菜や美味しそうなものたくさんあって目移り
このボロ市、かなり大きいらしいので
ささっと見て次に進んでいきます


f0046982_220581.jpg
おそらくボロ市のメインは着物だと思います
もともと「ボロ市」という名前の由来は
ボロ布をたくさん売っている市場だから、ボロ市と言われたそうです


f0046982_220874.jpg
かわいらしいハギレの旗



美味しそうなお店がほんとにいっぱいでした!

f0046982_220640.jpg
韓国料理屋さんの出店
ここでキムチとチャンジャを買いました
キムチのにおいが強烈すぎて、鞄に匂いがついてしまい
3日間くらいニンニク臭かったです 笑


f0046982_220620.jpg
豆腐屋のおばさん

f0046982_220722.jpg
おからはとっても美味しそう



f0046982_220790.jpg
着物の他にも骨董品が有名みたいです


f0046982_220878.jpg
甘酒を買った出店のおじいさんは
サンタクロースの格好でぼ〜〜と休憩していました


f0046982_22099.jpg
日が暮れていきます
ボロ市は、早朝から夜中まで続いているみたいですね

f0046982_2201058.jpg
おばさんから焼き鳥を買いました
焼きたてはおいしいな


f0046982_2204180.jpg
こんなにたくさんの杵は初めてみました
実際に売っていました


f0046982_2204256.jpg
焼き肉屋さんの出店

f0046982_220422.jpg
チゲスープを買ったら身体あたたまりました


ほんとに大きなマーケットでした

食べ物屋が多くて、骨董、着物、その他にもありますが、とにかくごちゃごちゃしていて
なんだろう、例えるならばパリのクニャンクールの蚤の市みたいです

泥棒市か?って雰囲気の店もあったりして、面白かったです


ボロ市でお買い物したのは、キムチにチャンヂャ、あとは
赤の余り生地と金の舞扇子(手作り扇獅子作りました)を格安で買いました
和事の道具って高い上になかなか売ってないからたまたま来てよかったです

もし来年これたら、気合いを入れて手持ちの着物の色とかしっかり頭に入れ
帯とか小物を選べたらいいなあ、と思います
あ、私のような背がノッポの人はサイズが合う古着物はまずないので、こうゆう場所では帯しか見ません… いつも残念なんです〜




◎ボロ市行き方メモ
三軒茶屋で世田谷線に乗り換え「世田谷」または「上町」でおりる
渋谷からボロ市行きのバスが臨時で出ているらしい


屋台でちょこちょこ食べていながらも、ちゃんと座って食べたいね
と、食欲にはどん欲な丸い二人
三軒茶屋を歩いて周り、小さいタイ料理屋へ

f0046982_2212911.jpg
笑顔がすてきなタイ人のお料理おばさん
すごいたくさん話して、恋愛相談にまでなりました 笑
タイ人は楽天的で、なんでも笑ってくれて、すてきです
おばさんとたくさん笑って、笑って、ほんと楽しかったです



韓国の大統領は女性になりましたね、これにはびっくりしました
そして投票率が75%
選挙の投票日は国が決めた祝日になっているそうですね
これまたびっくりでした


f0046982_2214031.jpg


おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-12-20 02:59 | 2012 東京 | Comments(0)
手作りお座布団
いつも座っている木の椅子

そのままだとお尻が冷たいので、椅子の上にいつもブランケットをひくも
椅子の表面がつるっとしているので
立ち上がるたびに床に落ちてしまって「もう!」と思っていた

座布団を探せど、ちょうどいいサイズと無難なデザインのものが
なかなか見つけられず、重いお尻を持ち上げて作る事に

f0046982_1102417.jpg
作ったと言っても、ただ両端縫ったレベルですが
でもなんかムチムチしてて気に入っています


作り方メモ

f0046982_10421251.jpg
一枚の布をただくるむ形にして、こんなもんかな、と布を切り
切りっぱなしの所を縫います

f0046982_10421496.jpg
味気ないので余っていた布を祭り縫いで縫い付けます

座布団が椅子から床に落ちないために大事な紐は
アイロンをかけるのがちょっと面倒だった


f0046982_10421350.jpg
途中から凝りだして、椅子の背もたれのアームに合わせて縫ってみよう!
と思い立ち、ざっと型取りして縫う事に


最後にボタンホールとボタンを付けます
ボタンホールなんてあまりに久しぶりすぎて、ミシンもびっくりした様子で
「あんた、いきなりそんな高度なのを使うんじゃないよ」
というミシンの声が聞こえたような気がした

もちろん全然うまく行ってくれず、何度か失敗後にやっと成功
赤い布に合わせて赤い糸にしたけど、なんか変かも…
こういうところがデザインセンスがものをいうんだろうなとつくづく思った

f0046982_11124859.jpg
最後にクッションを入れたらなんかムチムチのおっさんみたいに見えてきて
頭を付けたくなりました

紐も一緒に巻き込んで、両端を縫ってできあがり

f0046982_10421798.jpg
背もたれのところカーブになりました

なんか学校の教室を思い出す座布団になりました


こういうのはやり始めたら早いんだけど
面倒くさがって、なかなかやらんもんです
もっと、他にも色々と手作りして丁寧に暮らしたいものだけれど
なかなかできないのが現実かなぁ



f0046982_11295496.jpg
お座布団は、昔おりえちゃんと一緒に作った
ギニョール君のお洋服とお揃いの柄
by picnic_marin | 2012-12-16 11:04 | 2012 東京 | Comments(2)
映画「レンタネコ」
自分が好きな映画は「邦画、食べ物、猫、暮らし、古い家、フランス」
のうち一つでも当てはまっていれば
だいたい満足できるんだな
というのがこの歳にしてやっと理解

猫、古い家、邦画、
の3点が当てはまったので「レンタネコ」を借りてみた

f0046982_3503932.jpg
かもめ食堂、めがね、でおなじみの荻上直子監督の映画
(写真はDVD観ているときにiPhoneで撮りました)

猫好きのための映画だなと思った
ほんとぼーっと何も考えないで途中に寝てもいいくらいの
気楽に見れる映画
画面の絵がきれいなので、それだけで楽しい

f0046982_3504064.jpg
寂しい人に猫をレンタルする、レンタネコヤの話
猫が飼いたくなりましたよ

f0046982_3504141.jpg
小道具や、美術がとても好きでした
やはり邦画の中のカラフルな衣装は映えますよね
主演の市川実日子さんもみずみずしくて、素敵でした


映画はいいですね
今年観た映画、たくさんありますが自分が好きだった映画は

「最強のふたり(Les intouchables)」
今年観た映画の中で一番よかった
フランスの映画で、スラム街の黒人と
全身麻痺の障害を持っているお金持ちの白人が出会う話
フランス語のタイトルだと“触れ合えない人達”
みたいな意味(たぶん)なので
普段はどうあっても触れ合うことのない人生が
交差し合うみたいな映画なのかな
とにかくすごい感動したし、笑ったし、総合的に完璧だった
この日本語のタイトルはどうなの?と思うけど
(最初アクション映画と思った)


「ロボジイ」
ウォーターボーイズで有名になった矢口監督の作品
電化製品会社に勤めるダメダメ三人組の社員が
社長に頼まれて、無理矢理ロボットを作るも
ロボット博に間に合わず、オーディションしてサイズがロボットの型に
ぴったりのじいさんを中にいれて出展してしまう
事はそこから始まり大変なことに
三人組のドリフのようなクラウニングが楽しめた


f0046982_10222975.jpg
昨日、TUTAYAでチケットを買った
やっぱり食べ物と猫の映画を選んでしまう
右のはもう公開していて、ドキュメンタリーだそう、楽しみ


f0046982_3504015.jpg
私の実家にはどうやら子猫ちゃんが新しい家族として一匹増えたそうだ

ひろみ、という名前にしたそうで
昔可愛がっていた猫と同じ名前を母はつけたらしい
ひろみちゃんは私が小学生の時に拾ってきた猫で
中学生になった時にどこかいなくなってしまった
毎日すごい探したけれど見つからなくて
まだ家の近くのどこかにいるような気がいつもしていた

だからひろみ、という名前を聞いた時
母もずっと同じ気持ちだったんだな、と思った
兄のLINEのアカウントの写真もひろみちゃんの顔で
みんなひろみちゃんが好きだったんだな、と思う

年末年始に実家で猫ちゃんに会えるのが楽しみ
両親がなんだか嬉しそうで、私はそれが嬉しいです


今日は衆院選の投票日ですね

よい一日を
by picnic_marin | 2012-12-16 10:42 | 2012 東京 | Comments(0)
フィルム写真
NYのマーケットをぶらぶらしている時に
誰かのフィルム写真が売っていて素敵だったので買いました
人の思い出の一部を買ってしまった不思議な気分です


f0046982_2362165.jpg
田舎で女性が、自然を感じている瞬間
撮った人が彼女をとても愛していることが感じられてきれい


f0046982_2362166.jpg
誰か好きなお友達とピクニックかな?
とても可愛いらしいファッションです
アメリカらしい


f0046982_2364515.jpg

夫婦でバカンスにきて誰かに撮ってもらったのでしょうか
元気な奥さんに優しい旦那さん

二人でビーチにきて、嬉しくて撮ったんでしょうね
そんな想像をします、色味が淡くてきれいです



ツイッターやFBで、日々たくさんの写真がアップされて
今の時代は写真はプロが撮るものではなく
誰でも簡単に、晴れでも雨でも
きれいに撮ることができて、本当に便利

寂しいのは、写真の貴重さはまるでなくなり
プリントする人なんて
今やほとんどいなくなりました
私もあまりしません

撮った後フィルムの中に残されたまま
現像されずに終わった写真のような感じで
写真がかわいそうな気持ちもありますが

時代の変化なんですね
by picnic_marin | 2012-12-15 03:22 | 2012 東京 | Comments(0)
フクロウを飼いたい
先週一週間は、家でフクロウを飼いたい!とずっと調べていた
フクロウはペットではなく猛獣なので
飼い主はあくまで、餌をくれる敵?という感覚だそう

とは言っても、甘えているフクロウがいたり
人間や猫に慣れているフクロウもいるみたいだからよくわからない

そんなことを知ってか
今日、友人のめーちゃんがフクロウのプレゼントをくれた

f0046982_2405958.jpg
私に顔が似ているから選んでくれたそう
可愛い・・・

フクロウが入っていた毛糸の靴下もとっても可愛くて
こんな面倒くさい趣味の私のプレゼントなんて
よく探せるなぁ、と思いました

どうもありがとう


フクロウに与えるご飯は何かというと「ネズミとひよこ」だそう
猛獣なので、それを丸ごと一口で食べる

ネズミを飼ってもいいけれど
ペットショップで売っている冷凍のを与えるのが主流だそうだ
冷凍のはやはり新鮮でないので
解凍後にキッチンばさみなどで内蔵は抜き取ってから与えないといけないらしい

その作業を聞いただけで、わっ無理、と思ったけれど
ようは「慣れ」だろうな、と思った

あとはフクロウの日常生活は、飼われていても
常に敵を意識し、警戒している体制で生きているそうなので
一人っきりになれる空間がないとストレスがたまってしまうそう
神経質なんでだって

少しだけ私に似ているかもなぁなのでより可愛いと思ってしまう


一番飼えない理由に上がったのは
私とポーは家をあけることが多いので
ああ、無理だな、と思いました


動物園に行って眺めるだけでとどめておこうと思います
フクロウがたくさんいる動物園、どこか知りませんか?


こちらはフクロウを飼っているひとが撮った映像




目がまんまるなところ
動きが首だけ動いて挙動不審な感じが可愛すぎる

おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-12-12 03:09 | 2012 東京 | Comments(4)