日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2018 料理メモ】
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
20.旅行最後の日
at 2018-01-30 23:15
19.ミュンヘン街歩き
at 2018-01-29 23:44
18.ミュンヘンに到着
at 2018-01-29 20:04
冬のおうちごはん
at 2018-01-08 00:35
あけましておめでとうございます。
at 2018-01-07 23:44
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
カテゴリ:2013 ヨーロッパ( 24 )
20.旅行最後の日
ミュンヘン街歩きの続きです。


この日は、20日間に渡った旅行の最終日。朝早くに起きた。
ミュンヘンの中央駅に行き、駅内のカフェで朝からビールを呑む。

ヨーロッパのいいところは、日中お酒をのもうが誰も気にしないところ。

f0046982_23535654.jpg

ドイツはどのビールを注文しても全部美味しい。
料理は、正直フランスの方が圧倒的に旨いが、ビールはドイツが断然美味しいです。


f0046982_23545137.jpg
ドイツでホットドックをまだ食べていなかったので注文。

とにかくソーセージ自体が美味しいからお店が特別にこだわらなくても、
こんな雑に作られていても、美味しい。
ケチャップ、マスタード、たっぷりと。



ミュンヘンで私が宿泊していたホテルは中央駅近くの安宿街にあるユースホステル。一泊22ユーロ。

f0046982_00043561.jpg
昼間、安宿街の裏通りをゆっくり歩いてみると、ポールダンスやストリップショーの看板があった。

一見、治安が良くてちゃんとしてそうな街でも、夜の歓楽街はどの街でもあるもんだ。ミュンヘンでも夜には、客引きとかも存在するのだろうか。

なぜかトルコのイスタンブールを思わせるレストランが多く、イスラムの人が多くいる界隈のようだ。
店内で食べている人の料理が見えて、おいしそうだったので、勇気をだしてディープなお店に入ってみた。

f0046982_00043576.jpg

ミュンヘンとは思えないほど、店内は蒸し暑く、違う国にいるような気分。でもカレーは美味しかった。オクラが入ったトマトベースの野菜のカレー。
コカコーラとカレーで、5.5ユーロ。



初めての街で、観光バスがあれば私は乗ります。街の大きさがわかるし、風景をぼーっとみているのが楽しくて好き。

f0046982_00014807.jpg
f0046982_00012496.jpg

ミュンヘンの街は私にはとてもカラフルに映りました。
建物はグレーで直線的だけど、お花を売る場所が多かったり、果物も。
女性たちの服の色が華やかで、街が彩られている感じがした。

チェコ、フランス、と移動していて、一番、色が多い、明るい街に見えた。

f0046982_00012469.jpg
f0046982_00012441.jpg


マリエン広場の奥に広がるビアガーデン、昨日来て気に入ったのでもう一度寄った。
マロニエの木が覆いかぶさっていて、とても気持ちのいい場所です。
最後はここで食事をしようと思った。

f0046982_00012448.jpg

丸いおじさん達が、大自然の中で楽しくビールを呑んでいます。

f0046982_00260016.jpg

素敵なサービスの女性たち。衣装がとってもよく似合います。笑顔がかわいい。


f0046982_00254122.jpg

肌寄せ合ってビールを飲み、仲良くおしゃべりを楽しむ皆さん。


f0046982_00260431.jpg

ビアガーデンで最後のご飯。
シュバイネブラーテン(焼き豚とじゃが芋団子)、ザワークラウト(酢漬けのキャベツ)


f0046982_00255576.jpg

隣のマダムもお一人様。絵を描いてたら話しかけられました。この辺りに住んでいるそうです。


f0046982_22141680.jpg

ビアガーデンで描いた絵。
開放的な場所だったので、絵もすごい開放的になった。
お気に入りのページです。

f0046982_22141585.jpg
f0046982_22141548.jpg




中央駅を出て、ミュンヘン空港へ向かいます。

f0046982_00281700.jpg


帰りの飛行機、14時間も乗ります。ヨーロッパはこれが辛い。
くまさんもお疲れのご様子でした。

f0046982_00282084.jpg



海外から帰ってくるとき、成田空港のこの看板を見てほんとにホッとします。

f0046982_00265772.jpg



20日間もの旅行でしたが、荷物はこれだけで移動していました。
パソコン、カメラ、充電器、下着、画材、洗面用具。

服はほぼ毎日一緒だったような…
Tシャツと下着だけ洗って使いまわしてたかな。
安宿に泊まるのであんまお金持ってるように見えても困るしね。

f0046982_00265319.jpg


行ったことのない国、また行ってみたいですね。


年をとって思う事は、若いころにあった好奇心、冒険心が少しずつ減ってきます。
単純に体力が落ちるので、できるだけ疲れる事をしたくなくなりますよね。よく解ります。
新しい環境に身を置いたり、普段の違う慣れないことをしたり、失敗しそうな物は避けたり。

4年も前の、この旅行日記を読み返してみて、
初めて見る景色、匂い、空気、人、味わう感情。初めて食べる物…
これらは、疲れるのではなくて、自分の癒しになるんだった。
今まで知らなかったことを知れた自分、吸収していく自分の可能性にわくわくする。

スマホの小さい画面の中で知った情報ではなくて肉眼で見て知る。
視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚の五感で感じる。


だから旅行っていいんだよなぁ、と、ほんと久しぶりに思い出したのでした。





f0046982_22404966.jpg
最後に嬉しいお知らせ。

このヨーロッパ旅行で登場していた栄子ちゃん、オンドラ
先日、赤ちゃんが産まれました!

この旅行の間、二人が恋人になった瞬間に一緒にいたので、本当に嬉しい。
栄子の赤ちゃんに会いにチェコに行きたくて仕方ない最近なのでした。

栄子のブログ
お手製のイラストと包み隠さず全部書いちゃっている文面が面白くていつも楽しみに読んでいます。




長くなりましたが、最期まで読んでくれた方、
どうもありがとうございました!!





2013 ヨーロッパ旅行一覧

1.旅の始まり
2.ブルノ到着
3.ウィーンへ小旅行
4.ブランボラークの作り方
5.チェコで卓球、跳び箱
6.スイチコバと花火大会
7.ブルノからリヨンへ
8.リヨンのビストロへ
9.ケーキ屋さんまで小旅行
10.リヨンのんびり散歩
11.クネルをつくってみる
11.クネルの絵
12.リヨンからアヌシーへ
13.アヌシー国際アニメーション映画祭
14.夜の野外映画館
15.節約サンドイッチ生活
16.アヌシーの街
17.アヌシーからミュンヘンへ
18.ミュンヘンに到着
19.ミュンヘン街歩き


f0046982_22141546.jpg









by picnic_marin | 2018-01-30 23:15 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
19.ミュンヘン街歩き
18.ミュンヘンに到着 の続きです。(2013年の旅日記です)

お昼を食べてから、街を歩き回りました。

f0046982_22503436.jpg
マリエン広場にある、たぶん新市庁舎。ここがミュンヘンの観光スポットらしい。


f0046982_22501198.jpg
広場にはレストランが広がっており、やはりみんな楽しそうにビールを呑んでいます。いい風景です。


f0046982_20064596.jpg
ミュンヘンに来てから良い天気が続き、とても暑い。
でも木陰は涼しくて木の下を歩いていると、とても気持ちよかった。


f0046982_20064567.jpg

自然が多く、ちょっと歩くとすぐ公園があるイメージ。
街の風景がどこも美しくて、治安も良い。自由で、みんな夏を楽しんでいる様に見えました。

f0046982_20064509.jpgf0046982_20064505.jpg



たくさん歩いたら、ミュンヘンビールを飲みます。
ドイツはビールが本当に美味しいです。
フランスはまずいビールしかないので、やっぱり最初と最後の国をドイツにしておいてよかった!(チェコも美味しい)

f0046982_22483123.jpg

ミュンヘンはドイツでも南の方にあるからか、ミュンヘンビールは比較的あっさりしたイメージ。
北の方はもっとコクのある濃いビールが多いのかな?
私はミュンヘンビール、大好きでしたよ。


夕方になっても明るいミュンヘン。夕ご飯にしました。

f0046982_22483104.jpg

ドイツの定番料理、シュバイネブラーテン。焼き豚みたいな感じ。
付け合わせのジャガイモ団子が好きだった。
ソーセージのサラダ、あとは勝手についてくるザワークラウトなど。





ドイツのおじさんはみんなお腹がぽっこり。

f0046982_23371657.jpg
暑い日なので上半身だけ脱いじゃった様子。靴下はちゃんと履いています。

f0046982_23165625.jpg
出ているお腹をあえて出すおじさん。

f0046982_23165270.jpg

ビールを飲むおじさんたち。
ドイツはビールが美味しいですからね。やはり飲んじゃいますよ。



そして女性たちは、花柄率が多いこと。
夏だからかな。みんな大胆で素敵、おしゃれに見えました。

f0046982_23174188.jpg

f0046982_00423590.jpg

f0046982_23283187.jpg
いちごを買おうか見定めているチーター柄のマダム。

f0046982_23323063.jpg
パン屋さんの前でばったり会ったのかな?マダムたち。
古い感じの花柄が逆に新鮮です。

f0046982_23293491.jpg
花市場で買い物中のおばあちゃん。
花柄ワンピースでお花を買いに来てるなんて、ほんとにお花が好きなのね。



そんなこんなで1日が過ぎて行きました。
次の日が旅行最終日です。


にしても、ヨーロッパ20日間の旅です。今じゃそんなことできないくらい長い旅で、羨ましい。
旅行記を書きながら、うずうずとしていますが、ちょっと今の仕事だと長期で休めないなぁ…涙



次の日記で最期です→ 20.旅行最期の日




2013 ヨーロッパ旅行一覧

1.旅の始まり
2.ブルノ到着
3.ウィーンへ小旅行
4.ブランボラークの作り方
5.チェコで卓球、跳び箱
6.スイチコバと花火大会
7.ブルノからリヨンへ
8.リヨンのビストロへ
9.ケーキ屋さんまで小旅行
10.リヨンのんびり散歩
11.クネルをつくってみる
11.クネルの絵
12.リヨンからアヌシーへ
13.アヌシー国際アニメーション映画祭
14.夜の野外映画館
15.節約サンドイッチ生活
16.アヌシーの街
17.アヌシーからミュンヘンへ
18.ミュンヘン到着


by picnic_marin | 2018-01-29 23:44 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
18.ミュンヘンに到着
毎日寒いですね。
今年の東京は48年ぶりだかの大寒波で、朝とか氷点下なんですよ。
今週また雪が降るそうです。

4年前にヨーロッパを旅した時の写真を眺めていて、寒〜い日本の今からすると
写真が眩しいくらい鮮やかでとても美しく見えました。
ブログのヨーロッパ旅行記が途中で終わっているのを思い出し、だいぶ時が経っていますが
メモを見ながら、続きを書いて完成させます。


「アヌシーからミュンヘンへ」の続きです。

f0046982_18490728.jpg
アヌシーから電車で6時間ほどかけてミュンヘンに到着。

アヌシー(フランス)→ジュネーブ(スイス)
バスで1時間半 €10.50 参考ページ
バスが30分ごとに出ている

ジュネーブ(スイス)→ミュンヘン(ドイツ)€70
DB(ドイツの鉄道会社)を利用

f0046982_18490149.jpg
ミュンヘンまで乗ってきたドイツの電車

f0046982_18485308.jpg
ミュンヘンの駅はとても大きい。

フランスで予約をしておいたホテルにチェックイン後、
お腹が空いたので、ホテルのフロントの人に聞いた近くのレストランへ行った。
ミュンヘンらしさが味わえるレストラン。

f0046982_18494387.jpg
このレストランでビールを飲んでいたら日本人と知り合う。
ハルさんと写真を撮ってくれたハマちゃん。

f0046982_18494337.jpg

ハルさんは日本食レストランのオーナーさんでハマちゃんはスタッフ。
ミュンヘンに着いたその日に、街に詳しい人に色々と聞けて本当にラッキーです。
ハマちゃんはフランスに住んでいて今はドイツにいるそう。旅の途中で出会う人と話すのは本当に面白い。


f0046982_18494346.jpg

料理をシェアできたのでいろんな料理を食べれてよかった!
それにしてもドイツ料理は肉!!すごい量。
ビールにぴったりな味付けで付け合わせのジャガイモが美味しかったのを覚えてる。


f0046982_18494360.jpg

ドイツの地ビールを、たらふく呑んだので、ホテルに帰ってシャワーも浴びずにぐったり眠ったのでした。





翌朝、ハルさんに聞いた広場へ行ってみた。

ビアガーデンというのは、ドイツからきた言葉だったんだ!と、この光景を見て知りました
ドイツ人は、大自然の公園の中でビールを呑むのです。

f0046982_22371431.jpg
日本だと、デパートとかの屋上で仕事後の夜に呑むイメージがありますが
本場でドイツでは公園の木陰で冷たいビールを飲んで楽しもう、という感じ。
ここ以外にも、広大な公園の中にビアガーデンがあるらしく、ビール好きにはたまらない国です。

暑い日に、木陰に広がるビアガーデン。もう、絵にしてもいいくらい、とても素敵な場所でした。

f0046982_19211532.jpg
近くにはマルシェがあり、その辺りにはこんな素敵な花屋さんも。
屋根の上にまで植物がどっさり生えちゃっていて可愛い。


f0046982_22514074.jpg

お花屋さんが見えるカフェでお昼をとることに。
ビールと、ミュンヘンの名物の白ソーセージを注文。茹でた鍋ごとやってきます。

f0046982_22370902.jpg
白ソーセージはさっぱりした味で、甘いマスタードハニーソースで食べる。
美味しい。暑いからビールが美味しかった。

ビール0.5L 4ユーロ
白ソーセージとブリュッツェル 5ユーロ

f0046982_19225997.jpgf0046982_19224223.jpg
暇なので、向かいのマダムとカフェの雰囲気をゆっくりスケッチ。
とにかくテーブルにも奥の風景にもお花がいっぱいで色彩が目の前に溢れていました。


続きは、「ミュンヘンの街歩き」




2013 ヨーロッパ旅行一覧

1.旅の始まり
2.ブルノ到着
3.ウィーンへ小旅行
4.ブランボラークの作り方
5.チェコで卓球、跳び箱
6.スイチコバと花火大会
7.ブルノからリヨンへ
8.リヨンのビストロへ
9.ケーキ屋さんまで小旅行
10.リヨンのんびり散歩
11.クネルをつくってみる
11.クネルの絵
12.リヨンからアヌシーへ
13.アヌシー国際アニメーション映画祭
14.夜の野外映画館
15.節約サンドイッチ生活
16.アヌシーの街
17.アヌシーからミュンヘンへ

by picnic_marin | 2018-01-29 20:04 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
16 アヌシーからミュンヘンへ
2013年の初夏のチェコ・フランス・ドイツ旅行日記で
15 アヌシーの街の続きです


過去の2013 チェコ・FR・ドイツのカテゴリを見て頂ければわかるのですが
だいぶ前なのでもう一度


今回の旅行はこんな感じでミュンヘンからスタートし、チェコ、フランス
そして最後にまたミュンヘンへ移動します

f0046982_173054.jpg


f0046982_1244149.jpg
朝6時にホテルを出て、アヌシーのバスターミナルへ
一週間滞在をしたアヌシーを去り、ジュネーブ(スイス)へ行きます


f0046982_1163172.jpg
アヌシーからバスで一時間でジュネーヴに到着
中央の駅から離れたところにターミナルがあるので面倒くさい


f0046982_1203680.jpg
栄子とはここでさようなら

次、栄子とはどこで会えるのだろう…
彼女はこのあとパリへ、そのあとチェコの彼氏に会いに行く
半月近く旅を共にしたので別れ際、とても寂しかったです


f0046982_1244927.jpg
栄子と最後に話したカフェで描いたスケッチ
フラペチーノを飲んだ
スイスの物価の高さに、腰を抜かしそうになるのでした


ジュネーヴの駅から電車でミュンヘンへ

f0046982_1271595.jpg
大変ありがたいことに、定刻通りに出発した
さすがドイツの国鉄だ!と感動したのを覚えています
(フランスのTGVは絶対遅れる)


f0046982_1122546.jpg
途中、レマン湖が見えました
スイスとフランスをまたぐ、ヨーロッパでに番目に大きい湖です


f0046982_1264231.jpg
朝、アヌシーのホテルでもらったバゲットとりんごを食べた


f0046982_1354867.jpg
途中乗り換えたり、ミュンヘンまでは、ほんとに遠かった
確か6時間くらい、かかっただろうか

成果のでないドイツ語を勉強してみたり、スケッチしたり、ぼーっとしたりで時間は過ぎた



次回は、18.ミュンヘンに到着 です





by picnic_marin | 2015-05-01 01:13 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
15 アヌシーの街
いったいいつ終わるんだ、というくらいノロノロと旅日記をやっていますが
頑張って続けてみます

2013年の初夏のチェコ・フランス・ドイツ旅行日記で
15 節約サンドイッチ生活の続きです



アヌシーにはアニメーション映画祭のために滞在していました
映画祭では一日何時間もスクリーンを観ているので
目と頭がぼ〜として、疲れます
自分が見たいプログラム以外の時間は

美しいアヌシーの街をお散歩していました
フランスで一番すきな街、アヌシー


f0046982_073022.jpg
湖のほとり

f0046982_075142.jpg
アヌシー湖は息をのむほど水の色が美しい
よくこの辺りも散歩していました


f0046982_072537.jpg
5月〜8月にいつも訪れているのでいつも白鳥がいるイメージ
ほんとに首が長いのね


f0046982_08571.jpg
フランスはどの街へ行っても旧市街がありますが
アヌシーの旧市街は大きさもちょうどよくて
ベネティアのような美しい小川が流れていて…ほんとに大好きな場所です

絵本の中にいるみたいです
みんなこの中に普通に住んでいるんですよ



f0046982_064918.jpg
小川沿いにあるブーランジェリー(パン屋)
雰囲気が優しくて好きで、滞在中も何度か行きました


f0046982_073774.jpg
昔からブログを読んでいる方はご存知かと思いますが
大好きなアイス屋さんにも行きました

アヌシーに住んでいる時は週2回くらいで通っていて
スタンプカードも埋まったりしてましたよ

生クリームは無料なのよね


f0046982_074094.jpg
大にぎわい


f0046982_081328.jpg
f0046982_0894.jpg
街の普通のケーキ屋さんで休憩したり

f0046982_08123.jpg
夜はライトアップされて美しいです
アヌシーはフランスの中でも治安がかなり良く
夜の散歩も心配いりません


フィルムを見ている以外はとにかく暇なのでスケッチもたくさんしていました
ほんとうにダラダラ〜としている贅沢な一週間でしたね


f0046982_083269.jpg
白鳥をデッサンする栄子

f0046982_09565.jpg
私も白鳥さん達をスケッチ

f0046982_0103765.jpg
芝生でピクニックした時に描いた




f0046982_0442884.jpg
栄子ちゃんとアヌシーのビュースポットで(今流行りのオバショットぽいですね)
ほんと、楽しかったな、良い思い出です


続きはこちら 16 アヌシーからミュンヘンへ


ちなみによくブログに登場している栄子ちゃんのブログはこちら
http://odakyugirl.seesaa.net/
チェコや日本での生活や可愛いイラストが可愛い楽しいブログです





by picnic_marin | 2015-05-01 00:54 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
15 節約サンドイッチ生活
2013年の初夏のチェコ・フランス・ドイツ旅行日記
14 夜の野外映画館の続き



フランス・アヌシーでのアニメーション映画祭中の一週間の食生活は
日々、サンドイッチでした


映画祭中はなかなか忙しく、予約している次のプログラムとの合間の時間で
食べなくてはならなかったり、

あともちろん経費節約という事で

なんと、ホテルの部屋で料理していました


f0046982_2154220.jpg
なかなか優雅な食卓


泊まったホテルは至って普通のビジネスホテルなので
もちろんキッチンはなかったです

でも工夫すれば、なんとかなるもんでバスルームで野菜を洗って切り
ホテルの人に借りたお皿に盛ったりしてなんとか




調味料は余ったら日本に持ち帰ればいいので
フランスのおいしい調味料を買いました

ブルターニュ産のフラー・ド・セル(お塩)
リヨンのマルシェで買ったコショウ挽きと、白こしょう
マヨネーズ
EXオリーブオイル

などなど




f0046982_2164646.jpg
ニース風サラダ

ホテルの部屋とは思えぬクオリティ!と
栄子はいつも喜んでくれて作りがいがありました
ちなみにスーツケースの上で食べていたりして






f0046982_2164414.jpg
パン屋さんで買ったパン・オ・ショコラ
苺とりんご
サラダ
ハーブティ


ちなみにゆで卵はどうしたかと言うと
備え付けのティファールを失礼して使いました(すいません…)






アヌシーの旧市街では、週に二回マルシェがあります

f0046982_22151718.jpg
昔ここに住んでいた時もよく買っていて、今回も食材はここで調達

スーパーと値段はそこまで変わらないのに、新鮮でおいしいです



私の大好きなソシソン・セック(乾燥ソーセージ)の専門店!

f0046982_2224140.jpg
豚や牛の他に、ロバや猪、ウサギなど日本で見かけない肉で作っているソシソン・セックもあります


豚とクルミのソシソン・セック
セップ茸のソシソン・セック
猪の癖のある匂いがするソシソン・セック…

ああ、全部大好きです、食べたい


f0046982_22281863.jpg
ソシソン・セック屋のおばさんと栄子
栄子もソシソン・セックの美味しさにやみつきになってました



f0046982_216418.jpg
マルシェで買ったソシソン・セック、チーズ、黒オリーブなどを挟んだサンドイッチ
バケットも朝焼きてきたというマルシェのもの

これはカフェ顔負けの美味しさでした〜





朝に余分にサンドイッチを作って、映画館の横の広場でピクニックも

f0046982_2163479.jpg
アヌシーの街は本当に美しく、湖の青い色、透明度は心が洗われます


f0046982_2163672.jpg
気持ちよさそうにスヤスヤ眠る栄子の横でスケッチの色塗り

(ほんとはこんなとこで眠るのは危ないのですが、アヌシーはフランスの中でも本当に治安が良い街なんです)



f0046982_216164.jpg
ガスパチョ
ビール
マルシェのさくらんぼ
バナナ
フランボワーズ


f0046982_21699.jpg





マルシェで中国人のおばさんが出店していて、迷いなく買いました 笑
たくさん量があったのに
二人とも無言でもくもくと食べてしまうくらい美味しかった

f0046982_216398.jpg
チャーハン
焼きそば
揚げ春巻き
フルーツヨーグルト(スーパーの)




こんな感じで軽め食事も

f0046982_2162895.jpg
カフェオレ
すもも
サーモンフュメ
マッシュポテト
パームとかいう植物の缶図め(白いやつ)

フランスではマッシュポテトの粉末なるものが売っていて
お湯を入れて練るだけでなかなか美味しいマッシュポテトが出来上がります




f0046982_2164928.jpg
ポテトサラダ
ハムとチーズとキュウリのサンンドイッチ
ハーブティ
洋梨とすもも


ポテトサラダは上の写真のマッシュポテトの残りを
塩で揉んだきゅうりとハム、マヨネーズ、塩こしょうで和えた



f0046982_2162581.jpg
スーパーのアジアンコーナーで売ってたインスタントラーメン(ちゃんと生卵ものせた)
クオリティは低いものの、うまい!うまい!と食べてました




f0046982_2162265.jpg
サーモンとキュウリのサンドイッチ
チーズとハムとトマトのサンドイッチ
キノコのスープ
りんごとバナナサラダ

フランスの粉末スープ、美味しいんですよね
チーズクルトンを別で買って浮かべました



f0046982_2161927.jpg
パン王国のフランスでは、サンドイッチといえば
固いバケットにシンプルなチーズやハムを挟むのがが一般的
しかし日本人の口には、慣れないバケットはやはり固いんですね

栄子もバケットよりパン・ド・ミ(食パン)のが好きだというので
今回、日本ぽいサンドイッチにすることが多くなりました

余談ですが、私は完全に米派なので
節約サンドイッチ生活ではよくがんばったのではないかと思います 笑




そんなこんなも良い思い出です

f0046982_2252244.jpg






「15 アヌシーの街 」に続きます

旅行記を最初から読みたい方こちらへ(日記一覧ページにとびます)





by picnic_marin | 2014-10-02 22:57 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
14 夜の野外映画館
2013年の初夏のチェコ・フランス・ドイツ旅行日記
13 アヌシー国際アニメーション映画祭の続き


フランス・アヌシーのアニメーション映画祭にて連日のようにフィルムを観続けていた午後


次のプログラムまで少し時間があったので、アヌシーの旧市街の横にある丘に登る事にしました


ずっと座って映画を観ているので
身体を動かしたくなったのです


f0046982_15542846.jpg
丘のふもとはとても静か
緑豊かな住宅街、こんなとこ住みたい



f0046982_15543099.jpg
ドア下の穴から白い猫ちゃんが
君の玄関はそこなんだね


f0046982_15542781.jpg
登ってる途中、バラで囲まれている素敵なホテルがありました

暇なので来年泊まりたいから〜と理由をつけて部屋もいくつか見せてもらったり


ラブリーな部屋でなかなかよかったです!


いつもユースホステルや安宿にしか泊まっていない私たち

ここは100ユーロくらい(14000円)するけどいつか新婚旅行にでもいいかもね〜、と妄想…

Hôtel du Château Annecy


この後も、歩いていたらイケてるゲストハウスを発見

中を見せてもらうと、キッチン付きのシェア式の広い部屋!


「4〜5人とかでシェアしたらすごい安いね!でも4人どうやって見つける?」
「料理は私がするよ!」などなど、妄想だけはどんどん膨むのだった

暇なのでぶらぶら、暇ってたのしい



f0046982_15542891.jpg
もうちょっとで山の上に着きますよ


f0046982_15542783.jpg
塀の上に、猫ちゃんがいました
植物にスリスリ、かわいい


f0046982_15544140.jpg
手を近づけたら寄ってきてくれた…人懐っこいので飼い猫かな、癒されます


f0046982_15542997.jpg
上から観た景色


くすんだ赤、まあるいレンガの屋根
日本にはない景色で絵本の中みたいだね、とぼーと見つめてました


f0046982_15542985.jpg
左は栄子、右が私の足



昔アヌシーに住んでいる時に私が描いたイラストです

今振り返って観てみると、アヌシーの街にすごい影響されていますね


f0046982_3184229.jpg



アヌシーの丘の上には、お城があり、美術館になっています

この日の夜に、そこで野外上映があることを知れたので

夜に再び来てみました


f0046982_15592298.jpg
歴史的建造物に囲まれた中庭で行われた上映会は
鳥肌が立つくらいすばらしく、感動しました

上映されたのは、たしか夜の23時頃です
気候も風が心地よく、美しいことのためだけに、こんなことをやってくれるフランスってほんとうに良い国だな…と心から思いました


f0046982_1613790.jpg
周りに明るいものがないので真っ暗
映像だけが浮き上がります

ベルギーのアニメーション作家ラウル・セルヴェ特集
不気味な雰囲気が彼の作品にぴったり

「夜の蝶」が流れている時なんて、
横のお城の中を映してるのかなと思ったくらい

ラウル・セルヴェ本人も会場へ来ていて、最後にお話されていました






長くブログを読んで下さっている方は知っていると思いますが
2010年、アヌシーに4ヶ月住んでいました
その時に友達と、このアヌシーの丘に登った時の日記→我是真鈴 ちょうりん

愛知県で自分のパティスリーを開き、夢を叶えたあいなちゃん
中国四川出身のハオは、フランスの美大へ進んだ、
二人とも、今どうしてるだろうな




次の日記はこちら→ 15 節約サンドイッチ生活
旅行記の最初から読みたい方はこちらへ(日記一覧ページにとびます)





by picnic_marin | 2014-10-01 22:26 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
13 アヌシー国際アニメーション映画祭
ヨーロッパ旅行紀行 12 リヨンからアヌシーへの続きです
合わせてご覧ください


フランス・アヌシーを訪れた理由は、
アニメーション映画祭をどっぷり味あうためです

日本ではあまり知られていないアヌシー国際アニメーション映画祭
世界最古で最大のアニメーション映画祭として有名なんですよ



私と栄子は、一週間まるまる滞在するので
映画祭をたっぷり堪能です!


世界最大のアニメーションフェスなので規模がとてつもなく大きい

スクリーンも大き〜い!


f0046982_15464599.jpg
野外映画館、となりに湖があって風が心地よい〜



映画祭のチケットのシステムがなかなかややこしくて苦戦しました


アヌシー映画祭には2回目なのにまだ理解できていません 汗



f0046982_14555337.jpg
事前にネットからチケットを買い
自分のIDとパスワードをメールでもらいます


アヌシー映画祭のHPにログインし、
膨大なプログラムの中から観たいプログラムを選んで予約

そう、全部予約制なんです



f0046982_14552745.jpg
必死でプログラムの予約を取るオタクの栄子氏
髪の毛もぼさぼさですが、なんせ必死だった
(自分の分もやってもらっている私)



f0046982_14563021.jpg
無事終わってホッとしている栄子氏
お疲れ様でした

通し券と一緒にプレゼントでもらえる
少しダサイかもしれないリュックをしょっています



f0046982_1523294.jpg
私たちはダサイかもしれない?と思っていたリュック

イケメンのお兄さんがしょっているのを観たら
「あれ?あのリュックイケてる?」と思ったり…笑



映画祭のプログラムは毎日ぎっしり
会場も複数あってややこしいので
手作りの一覧表を作って、動いていましたよ

これは何かと便利でした

f0046982_14585948.jpg


通し券と一緒に渡されるプログラムはA4サイズの辞書のごとく分厚く、
しかもフランス語版のみ(国際映画祭なのにね)

初めての人はまず大混乱

特に略語がわからず!辞書をひいてやっと理解するのでした


LMC=長編コンペインのフィルム
CMHC=短編コンペアウトフィルム
FE=学生卒業制作短編フィルム などなど


f0046982_14565325.jpg
カフェで休憩


映画館は、アヌシーの街中にいくつもあり
フェステバルに来ている私たちは映画をみて
次の映画館に移動、映画を観て
という映画漬けの毎日


幸せです


f0046982_15231416.jpg



アヌシー国際アニメーション映画祭をもっと詳しく
まとめた過去日記→こちら




ヨーロッパ旅行記の続きはこちら→ 14 夜の野外映画館





by picnic_marin | 2014-10-01 22:18 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)
12 リヨンからアヌシーへ
間が開いてしまいましたが、去年のヨーロッパ旅行記、再回です
久しぶりに書くので、旅路をもういちど

成田→ドイツ→チェコ→フランス→スイス→ドイツ→成田

f0046982_13261679.jpg
で、今日の日記はフランス国内、リヨンからアヌシーに移動する朝!
11 クネルを作ってみるの続きからです


f0046982_13124393.jpg
朝ごはんは、前の日にマルシェで買ったフロマージュブランに
たっぷりのお砂糖&生クリームをかけて


f0046982_1216282.jpg
朝食後にテラスでポラロイドカメラをいじっていたら
カメラ好きのお二人と出会いました
イスラエル人とスペイン人の彼らも旅行中だそうです
ユースはいろんな人がいて面白い!




リヨンのユースをチェックアウト
フルビエールの丘を降りるとアンティーク市がやっていました

f0046982_12162558.jpg
旅行中リュックひとつの栄子
栄子はリヨンにいる時が一番楽しそうでしたね



アンティーク市で私は太ったマダムの陶器の置物を
ねぎってねぎって二つ購入!
もっと買いたかったけど、東京の自分の部屋は狭いからね…
見合った量を少しだけ


f0046982_12162859.jpg
人間のような犬に出会って嬉しそうな栄子ちゃん
このわんちゃん、人懐っこくてかわいかったなぁ〜




LYON PARTDIEU駅からANNECY駅まで電車で移動
インフォで電車のチケットを買い、12:08にリヨンを出発
電車代 25.80ユーロ(約3500円)


暇なので眠っている栄子をスケッチ

f0046982_12163545.jpg
手前にある小さい太ったマダムがアンティーク市で買った置物


f0046982_1216268.jpg
アヌシーに到着!

しかし、着いた瞬間にどしゃぶり…
やみそうにないので、ホテルへ向かう事に

昔アヌシーに4ヶ月くらい住んでいましたから
地理感があり迷わずホテルに到着できました


f0046982_1258683.jpg
まずは腹ごしらえ、このガレット屋さんへ入りました
旧市街にあるガレット屋さん昔
前に何回か食べに来た事がありました


f0046982_12163198.jpg
定番のコンプレット(ハムと卵とチーズ)のガレットを注文

アヌシーオートサヴォア地方
チーズがとっても有名です
ガレットはチーズが一番の決め手!やっぱり美味しい!



今回アヌシーへ来た目的は、アヌシーアニメーションフェステバルのためです

日本から来る人もいますが、コンペインしているアニメーターかアニメーション制作会社の人しか来ないと思います

我々はコンペインをもちろんしているわけはなく、ただ観たいだけで来ているので、そうとうなオタク具合だと思います…笑
しかも7泊8日!(フェス全日程)

フェステバルに関しては次回書きます〜


f0046982_1319542.jpg
栄子とアヌシーの街で一緒に
栄子は私の服を着ているせいか姉妹のようでした


続きはこちら!
13 アヌシー国際アニメーション映画祭








by picnic_marin | 2014-06-14 23:29 | 2013 ヨーロッパ | Comments(4)
11.クネルの絵
前の道中記に載せ忘れていました

f0046982_1343182.jpg

by picnic_marin | 2013-11-22 01:35 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)