いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
おうちごはん
at 2017-06-16 01:11
おうちごはん
at 2017-05-25 00:34
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
カテゴリ:【2012 料理メモ】( 28 )
大根の葉っぱ
週に一度、軽トラックで野菜を売りに来る千葉のご夫婦から
立派な大根を買いました

f0046982_20415431.jpg
シンクにも入らないくらい元気なお姿、とくに葉っぱが立派
大根の葉っぱは大好きなので全部料理してみようと思います


f0046982_2042337.jpg
ご飯に混ぜるための大根の葉は、臭みが気にならないように
塩でもんでは水洗いを2回くらいしました(奥のボウル)
お味噌汁に使うのは、一番柔らかそうな先の部分
残りは炒め物


f0046982_2042985.jpg
大根の葉と豚バラ、油揚のピリ唐炒め物
じゃこと大根の葉飯
大根の葉ととろろ昆布の味噌汁
たくあん、豆腐
手作りレモンジュース



なんか70代くらいの食生活のようにも見えますね
ほんと健康に良い事が好きです

しかし、健康診断に6年くらい行っていないんですよね
ガン家系でもあるので、年も年だし
今度、検診へ申し込みたいと思います


ポーがアメリカからミキサーを持って来るそうなので
健康に良いと噂のグリーンスムージも挑戦してみようかな、と思います
by picnic_marin | 2012-08-04 20:06 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
お魚勉強会、応用編
学生時代の同級生が遊びに来るというので
習ったばかりの腕でなんとか魚料理に挑戦してみました。


■ あじの南蛮漬け

あじは今の季節の魚、安くて美味しいです。

f0046982_23292178.jpg
小あじの頭を切って、内蔵部分を抜き、水洗いまで処理。
これ、ぜいご切りすぎかな?


f0046982_23323766.jpg
小麦粉をつけて揚げます。あじが油の中を泳いでいるみたいです。


f0046982_2333335.jpg
酢、砂糖、昆布水、塩、醤油、赤唐辛子を沸騰させたものに
細く切ったピーマン(赤黄緑)、にんじん、たまねぎ、と和えておき、
あじが揚がったら一緒に漬けておきます。


f0046982_23372321.jpg
あじの南蛮漬けできあがり。

甘酸っぱいので食べやすく野菜がもりもり食べれます。
あじも二度揚げしているので、骨までカリッと食べちゃいます。





■ 鯛飯


f0046982_23392038.jpg
こんばんは、真鯛です。


f0046982_2340552.jpg
鯛って一匹で買ったら、うん千円の世界の高級魚なんだろうなぁ。と
勝手な思い込みをしていたんですが
このくらいの大きさだったら、天然で600円で買えました。



ずっと家で食べてみたかった、夢の鯛飯。
しんちゃんに、鯛飯は作るのは難しいか聞いたら
「簡単だよ」と言われたので、思いきって作ってみたわけです。
調理自体は、確かに簡単でした。





ウロコ取り機を用意し忘れていたのです。

包丁の反対側の面でなんとか取ろうとしましたが、
そんな甘いもんではなかったです。

鯛のウロコは戦国時代の鎧のように硬くて
まさかここまでびっしりとくっついているとは…
私は今まで魚の何を見てきたというのでしょう!

なんかもうウロコがびっしり付いた状態の鯛は、
宇宙人にしか見えませんでした。
とにかく大変でした。台所はウロコだらけで、
目からウロコがでたの?というように私の顔にもウロコがくっついていました。

どうやらウロコ取りは、ビニール袋の中でやると
飛び散らなくていいらしいです。次回からそうしてみます。


宇宙人との未知の戦いを挑んで、やっと柔らかい身が見え
水洗いしたら、塩をふって焼きます。


f0046982_2342208.jpg
昆布水、酒、塩、醤油で味付けした炊き途中のご飯の上にぼーんと入れるだけです。

この図はパフォーマンスのためなので
じゃーん。と見せたあとは、箸で骨を取り、身をほぐして食べます。

f0046982_23453470.jpg
一匹まるごとっていうのは、出汁がでてご飯に染み込むそうで
それはもう、美味しかった。
このレシピを参考にさせて頂きました。





違う日


家の近くの商店街で魚屋さんを見つけました。

なんだ魚屋さん、こんなとこにあったのかい!と
魚に夢中な私としては嬉しくて、練習用にと、あじを二匹買いました。

いつも近所のスーパーか、デパ地下でお魚を買っていたのですが
これはびっくりしました。魚の状態が全然違いました。
今までの魚よりも格段にさばきやすかったです。

f0046982_2352034.jpg
なるほと、身がしまっているってこういうことかと理解。
君たち目も濁ってないもんね。
アゴもやたら出てるね。


スーパーと値段もほとんど変わらないので、
これからはお魚さんで買おうと思いました。


夢は膨らみ、いつか自分で釣った魚をさばけたら
そりゃあ幸せだろうなぁ。と思います。
いつしかこのブログは「まりんの釣りバカ日誌」になってしまうかもしれませんね…


しんちゃんに「あじは出汁がでないよ。」と聞いてはいたんですが、
あんまりにも下手っぴで三枚おろしの二枚目が
かなり分厚くなってしまい、なんだかあじも可哀想なので

潮汁を作ってみました。


f0046982_23573750.jpg
あじの二枚目を一度焼いたあとに酒と昆布水で煮込んでます。
お豆腐も入れました。頭は入れない方がよかったかな…?


さて、あじの出汁のお味はいかに?


鯛の潮汁を飲んだことがあるので、その時と比べると、
味は格段に落ちますが、庶民の味って感じで美味しかったです。
ありかな、と思いました。

腕がないので、その分良い出汁がとれて
潮汁が美味しくなるわけです。笑
by picnic_marin | 2012-07-06 00:18 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
お魚勉強会の復習
お魚勉強会の翌日、鯵を買ってきてさっそく練習しました。

恥ずかしながら、本当に初心者同様です。
だから一人で三枚におろせたこと、とても嬉しかったです!


f0046982_229768.jpg
鯵は今が旬だそうですね。お魚屋さんにいって三匹買いました。
鯵って安いです、三匹で500円くらいでした。


f0046982_2291565.jpg
まだ出刃包丁を持っていないので、普通の包丁でおろしました。

しんちゃんに教えてもらった時のムービー見ながら必死の格闘…
なんとか三枚におろせました。ほっ。
それにしても真ん中分厚い…のでスプーンで身を取りました。


知り合いの料理研究家の人が
「おろし方が下手なうちは、二枚目の骨の部分が身がたっぷりで、
アラ汁が美味しくなるから、いいよ!」と言ってくれてました。
プラスな考えですな。


f0046982_2292428.jpg
皮をはがすのが難しくてまさに身も心もぼろぼろになってしまいましたが
なんとかこんな状態までできて、自分的には満足!!



f0046982_2293336.jpg
包丁で叩いて、細かく切ったネギ、生姜、みそ、大葉も入れて
鯵のなめろうの出来上がり。
ちょっと味噌入れすぎましたが、ご飯にぴったりで美味しかったです。



その日のごはん
お酒に合いそうな献立でしたが、お茶で(^^)
最近、夜遅くのお酒は控えています。


f0046982_3161753.jpg
鯵のカルパッチョ
鯵のなめろう
茄子と生姜の味噌汁
冷やしトマト
茶豆

一人で鯵三匹食べちゃいました。DHAでちょっとは頭よくなったかしら?



はじめてお魚を一人でさばいてみて率直な感想は、

スーパーでいつも切り身だけ買っている時よりも、
「食べるために私が殺している」
という事実が残酷なほど理解できました。

顔がついている頭を切り落とし、血もでるし、
ぶよぶよしている内蔵とか骨とかをバラバラにして解剖するので
殺人者の気持ちってこんなんだろうか…?という気分にもなりました。

それでも美味しいので、
お魚さん、私のために死んでくれてありがとう。と心から思いました。
なので、なるべく大事に全部食べてあげたいな。とおもいます。


さばいた後の包丁、刃をよく見るとちょっとかけていました。

小さいあじと言えど、背骨とか切るときはやっぱり硬いのでかけるんでしょうね。
出刃包丁を今度、浅草へ買いにいこうと思います。
by picnic_marin | 2012-07-02 02:53 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
お魚勉強会
魚を食べるのが大好きだけれど
自分で魚料理はまるで作れないので
前からもっと作れるようになりたいな、と思ってました。

小学校からのお友達の絵里ちゃん。
その旦那さんのしんちゃんは元板前さんなので、ちょっと頼み込んで
先日、念願叶ってうちに来てもらいました。

前にも築地の場内市場へ連れてってくれた事もあり
素人の私にも色々教えてくれてとても優しいひとです。(前の日記)

今回、時間をかけてしっかり教えて頂く事ができて
しんちゃんに本当に感謝。ありがとう。


例によって、右から左へとすぐ忘れる頭なので
次回作る時、このページを見て復習できるようメモっとこうと思います。


f0046982_251447.jpg
しんちゃんが仕考えて入れてくれたお手本用の鯛。
私の練習用にアジも用意してくれました。



今回一番知りたかった包丁の研ぎ方。

いつもスーパーの前にくる研屋さんとかネットで頼んでいましたが、
自分でできるようになりたかったのだった。


f0046982_223165.jpg

【メモ】

・砥石はまずしっかり水をすわせること、研いでいる時も何度も水をかける
・目の荒さが違うので荒いの→細かいで研ぐ。DIYの紙ヤスリと原理は同じ
・和食の包丁は基本、片面のみ研ぐ

f0046982_23474873.jpg
・角度は45°、包丁に沿わせる角度は10円玉が一枚入るくらいの角度
・包丁のさきっちょから研いで行く
・基本的には、料理した日は毎日包丁を研いだ方が良い
ガス台の掃除とかと同じ原理で、たま〜にするとすごい大変だけど
毎日やっていれば簡単で済む

・お酒を飲んでいる状態では絶対にやらない、超危険
・砥石は大変粒子が細かいので、終わった後は、使った道具は、ちゃんと洗う事


【研ぎ終わった後のチェック】
・触ってみて、刃が研いでいないほうの刃に
ちょっとだけ跳ね返っている状態がいい
・左手親指の爪に当てて、包丁が研げてているかをチェック
どこの部分もひっかかる感じが良い。


f0046982_22934.jpg
初めて包丁を研いでみて思ったのが
これはすごい集中力がいる作業なのだな、と思った。
ちょっとやっただけで汗ばみました。

角度は絶対に一定にしないといけないし、
抑えている指をちょっと下にやったらスパッと切れてしまうだろうし、
重心とか、意識するところがいっぱいある。
おしゃべりしながらやるものではない作業だ、と思った。



さて、お魚さんをさばいていきます

f0046982_2213077.jpg
ざっくりな順序

1 うろこを落とす
2 頭を落とす
3 内蔵を取り出す
4 背骨に付いている血合いを洗う
5 エラをとって、洗う
(ここまでが水洗いという)
三枚におろす
好みで皮を取る


アラを使って、潮汁をつくります。作り方は、超シンプル!
金目鯛とか鯛じゃないとあんまり良い出汁が出ないので
美味しくないそうです。アジのアラは使えない。


【潮汁の作り方】

■材料
鯛のアラ


昆布だし
ネギ
好みで生姜汁
(今回入れなかったけどお豆腐を入れても)


f0046982_254768.jpg
アラに塩を軽くまぶして、魚焼器で焼く。

家には魚焼き機がなくてどうしよう、と思ったらしんちゃんが
これでいいよ、といつもお菓子を焼いているガスオーブンを使いました。
ガスオーブンは火力が出るので250°の火力で確か5分くらい。
匂いは全然残りませんでした。


f0046982_2272072.jpg
焼き上がりました。

f0046982_2274915.jpg
鍋に昆布水(※)、アラ、酒を入れて煮る。
塩で味を整え、お椀に盛る。
刻んだネギをのせてできあがり。

f0046982_2283447.jpg
頂く寸前に、生姜汁を一滴だけ垂らすと、
ふわっといい香りがして食欲をそそります。
そういう細かいところが日本料理なんだなぁ。と感じます。


頂いた瞬間、失神するくらい美味しかったです・・・!
こういう料理が家で食べたいから
お魚一匹さばけるようになりたい!と思う。


※昆布水はただ、水に乾燥昆布を入れただけのものです。
冷蔵庫に入れておけば一週間くらいは使えるので
私はいつもペットボトルの水に昆布をポイっと入れて
冷蔵庫にいれてあることが多いです。味噌汁とかにすぐ使えて便利。



f0046982_22145459.jpg
鯛のお造り。
カルパッチョにする予定でしたが、そのままで食べようとなり
わさび醤油で美味しく頂きました。綺麗なピンク色です。



食べてしまった後の写真なんですが…アジのたたきです。

f0046982_22144268.jpg
刻んだネギとシソと軽くあえて、おろし生姜をたっぷり添えます。
こういう料理が一番すき!

私がさばいたので、身がぼろぼろに近かったのもあり(笑)
この調理のしかたが一番合っているなぁ、すごいなぁ、と思いました。



これも私が大好きな料理、かぶと煮です。これもいたってシンプルな調理でした。

■材料
A
昆布水
鯛の頭

ネギの青い部分
ごぼう(酢にさらす)
生姜の皮
---------------
醤油
砂糖

f0046982_2273481.jpg
昆布水に、Aを入れて煮る
煮立ったら、砂糖いれてから醤油をいれる。
醤油の量の目安は全体の1/5くらい

大事なのは、煮たら涼しい場所で冷ます。
煮物は冷めるときに具に味が染みる。

冷ましている時間がないときは冷まさなくてもOK。
その時は具に味にしみていないので
汁で食べれるようにちょっと濃いめの味付けに。(この調理法でも全然おいしい)


f0046982_2215774.jpg
身が少なめなのでごぼうをたっぷり使いました。
ガラ入れとおしぼりを用意して、手でもって
骨までしゃぶって食べるのが一番美味しい食べ方です!

f0046982_228479.jpg
鯛のどの部分だっけか覚えていないんですが(汗)これは塩ふって焼いただけです。
レモンとちょうどあったみょうがを添えて美しく。
盛りつけってほんと大事なんだね。



そんな感じで一匹全部食べきりました。
いや〜、本当に勉強になりました!

これらを自分でできるかって言ったらまず無理なので
まずは安いアジさんから
ちょっとずつ練習して上手になりたいと思います。


f0046982_2282133.jpg
試食会の食卓。
いり鶏、切り干し大根、
みょうがの甘酢漬け、生姜の甘酢漬けは
私の手作りです(^O^)


f0046982_22152247.jpg
〆には稲庭うどん。おろし生姜で頂きます。


憧れるのは、自分で築地に行き、丸一匹買ってきて
残す所なく美味しい料理ができる! というのが夢です。


えりちゃん、しんちゃん、どうもありがとう。
by picnic_marin | 2012-06-26 23:29 | 【2012 料理メモ】 | Comments(2)
目玉焼き
目玉焼きを焼く時 フライパンの余ったとこに
野菜をポイポイ一緒に焼きます
ラクチンに野菜が採れておいしいです


f0046982_0323061.jpg
トマトとほうれん草と一緒に焼いた目玉焼き
潰れたベーグル
かぼちゃスープ
はちみつヨーグルト

かぼちゃのスープ作ってみたけれど、
冬のがやっぱりほっくりしているから好みだった


f0046982_0511476.jpg
レーズンパン
カフェオレ
たっぷり朝ご飯




雨期ですね

お風呂に入ると、いつもナメクジ君とこんにちは、
になるので
その度に雨期か〜 と思う


雨期に入って困るのは洗濯物


今、バイト先では着物
着物って洗濯する物が多いのね、

そして日舞でも着物
マイム稽古がある時はマイムの稽古着

バイトと稽古が続くと、一日でものすごい洗濯物の量に!
プラス、当居人のポー君の洗濯物
男の人の洗濯物ってどうしてこんなに出るのだ?

なんだか最近
人生の5分の一くらいは洗濯している気分


洗濯を大好きになるために、なんかコツを見つけなくては
と思った今日でした
洗濯王子の本が気になってしかたない





ずんずんと歩いている時に、ふっと自分の歩き方を感じて
昨日おばさんが言った通りで
両足ではなくて、左足で歩いている

体重移動が左足ばかりに負担がかかっているようだ

ちなみに座っているときに足を組むのは
骨に大変良くないらしい
私は無意識前で足組みをしているので
意識して、なんとかやめるようにしてみようと思う

左足の付け根は、疲れていなくても時々つーんと痛くなることがあり
ちゃんと整体に行ったほうがよいかもしれないな

意識して歩こう
もっと下半身の足の動き、意識していこうと思う


f0046982_1133126.jpg
渋谷のヒカリエ

混んでていやだな〜と思って遠ざけていたけれど
明治通りに行く時に通ったら、食品売り場がかなり充実していて素敵だった

それに、お店の人みんなが感じが良くて
とても気持ちがいいフロアだな〜と思った




最近のブログはまとまったわかりやすいテーマもなく…
だらだら〜と書いちゃいました


おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-06-16 00:53 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
料理メモ 洋食編
続いて、洋食編。
久しぶりなので写真もたくさんあり、長くなってしまいました。

f0046982_23443040.jpg
野菜たっぷりリゾット(菜の花、キノコ、トマト、アスパラなど入れた)
苺とオレンジ


天然酵母の美味しいパン屋のを食べても「これ、酸っぱいし、腐ってるんじゃん?」
と思ってしまう無礼な舌をしているので、
どちらかというと、自分は米派です。

でも同居しているのは生粋のアメリカ人なので
朝から米を食べれないし、そのうえ先月近所にパン屋がオープンしたので
パン系に押されぎみ…

朝は甘いのを食べるのが西洋人スタイル。
朝はしょっぱいのが食べたいのが日本人の私。

同じテーブルの朝ご飯で
私が納豆ごはん、ポーが甘いジャムをのせたバゲットが並ぶ
変な日もあります。


f0046982_23463577.jpg
クロワッサン
フランスで作ったいちじくジャム

コーヒー



f0046982_23453778.jpg
コーンパン、田舎パン
オレンジとさくらんぼ
ミルクティー



f0046982_2345451.jpg
キャロットケーキ+マスカルポーネ

カフェオレ


フランス滞在中に意外だったのは、
日本の朝ご飯は、他の国にくらべて格段に違うこと。

朝からたっぷり食べる=健康良い

という考えは日本だけでした。
語学学校で「朝何を食べますか?」という先生の問いに対して

「休みの日は、白米、味噌汁、焼き鮭、納豆、おしんこ」
(子供の時うちはこうだった)と私が答えたら

「朝から魚に野菜?!夜ご飯みたい!朝からそんな沢山食べてどうするの?」
と特にヨーロッパ系のみんなにびっくりされたことを思い出します。


f0046982_235366.jpg
白身のフライ
菜の花
ココア
(すごい組み合わせ…)


f0046982_2351557.jpg
ベイクドチーズケーキ


f0046982_2352695.jpg
ミートソースとマカロニでラザニア風(ポー作)


f0046982_2353991.jpg
サラダとバゲットと食べます。


f0046982_2354938.jpg
トマトとチーズのオムレツ(ポー作)


f0046982_236016.jpg
魚介のパエリア(ポー作)

まさかこの鍋でパエリアができるとは誰も思ってもいなかったので
(平らのパエリア鍋でしかできないと思ってた。)
出て来てびっくり…そしてどっさり
魚介の旨味が米に入ってて、日本人は好きな味です。
しかもパエリアは最も簡単で華やか。私作れないけど。




ある日、友達の加藤シェフがきて、うまいパスタにありつけた日。


f0046982_23451495.jpg
生ハムとアスパラのパスタ

ニンニクの使い方が、他の人と違うことが判明。
加藤先生パスタはうまい。食感とか味のバランスが上手。


f0046982_23452433.jpg
さっきのパスタの上にどっさりルッコラをのせる。
苦みと塩味が混ざってまた美味しい。



f0046982_23363170.jpg
冷静ジェノベーゼ。
見かけが悪いけど、いや〜これもおいしい。


f0046982_23364731.jpg
古~いうちの台所。

うちの鍋があんまりにも小さくパスタ茹でるのには最悪だということで、
加藤先生に、この鍋をゴリ推しされました。笑

加藤先生おすすめのパスタ鍋こちらです◎
http://item.rakuten.co.jp/kitchensanki/n001/


「高っ!!!しかも形が変!一般市民、買えません!」と私が言うも

「一生使うと考えたら高くないし、しかもこれ国産だから俺は買ったんだ。」と
何回も何回もおすすめ話を話してくれていました。笑




後日、自分でパスタを作ってみるも、あまりうまくいかない…。
かとちゃんとなんか違う。どうも下手っぴ。やはりあの鍋が必要でしょうか。笑


f0046982_23461346.jpg
白アスパラと大葉の明太子パスタ

白アスパラは、そのままでマヨネーズだけがいいや…



f0046982_2362081.jpg
明太子と大葉のパスタ
クレソンのサラダ



f0046982_2361124.jpg
アボガドとトマトサラダ
チキングリル



ポーが南仏から帰ってきたある日、お土産のフロマージュがたっぷり食卓に。

f0046982_23465473.jpg
ミートソース
生ハム
バゲット

チーズの中では、モンドー(mont d'or)が一番好き。左手前の丸いのに入ってるチーズ。 
美味しくて、これだけあれば何杯でもワインが飲めちゃう。
日本でも売っているけれど、高級でなかなか手が出せません。
でもフランスなら安いから買っちゃう。


f0046982_23471589.jpg
ボンゴレのトマト味(ポー作)

かとちゃんのパスタとはまるで違う雰囲気のパスタ。
ポーのは伸びきっててイタリアのマンマが作りそうな味。
翌日たべても美味しくて、なんか家庭的。

f0046982_2347633.jpg
ポーは油っぽいのとか、お肉料理が得意。
でも野菜&魚好きの私に合わせて彼なりに
これでもさっぱりで、魚中心に作ってくれたみたいです(^^)



コストコ(アメリカの大型チェーン系スーパー)へ行ったので、食卓が一気にアメリカ〜ンに。

はじめて日本のコストコへ行ったポーは大変感激し、
「毎月来たい!!」と目を輝かせて言ってました。笑
アメリカ本場のコストコより、日本のコストコに行った方がなんか楽しくて好きみたいです。



f0046982_23491768.jpg
コストコで買って来た丸ごとチキン
マッシュポテト(ポー作)

f0046982_23493390.jpg
一緒にサラダ



f0046982_23495853.jpg
玉ねぎ、巨峰、トマトなどが入れたターキーサラダ(残りのチキン)
オニオンべーグル
手作りレモネード


コストコでは、ベーグルが一番買って正解だったかな。
12個セットで600円くらいだし、
NYで食べたベーグルとほぼ同じ味がして、美味しいです。
一個ずつラップしてジップロックして冷凍。
レンジで解凍、オーブントースターで軽く焼いて食べています。



f0046982_23501864.jpg
トーストしたベーグルにクリームチーズ、スモークサーモン、玉ねぎ、トマトを挟むと
伝統的なユダヤ料理に。


f0046982_0253927.jpg
半分で充分なボリュームです。



f0046982_2364087.jpg
いんげん、とまと、ゆで卵のサラダ
シナモンベーグル
オレンジ
ホットオレンジはちみつ



f0046982_2343978.jpg
ベーグル
苺とバナナにマスカルポーネとヨーグルトソースがけ
ミルクティー



とりあえずここまで。


最後に、自分が一番よく食べているベスト3

1.卵かけごはん
2.納豆ごはん
3.キャベツと豚コマ入りのインスタントらーめん

ですね。写真撮るまでもないのですが…
パンより、米のが好きだなぁ。
これにほうじ茶か緑茶が最高です。


f0046982_133011.jpg
卵かけご飯
カブとキュウリの浅漬け
時間ない日は、朝1分で台所の作業台で半立ち食いです。笑


週に一回、軽トラで看板もなしに早朝、
千葉の田舎からうちの家の前までやってくるご夫婦がいます。
卵はそのおばさんから買っています。野菜もたまに買います。
お隣のおばさんが教えてくれました(^^)

生たまごって、美味しいですよね。
ポーは言うまでもなく、絶対に生では食べないですが。美味しいのにね〜。


眠りこけそうな更新…でした。
字とかいつもどうり間違えてると思いますが、あしからず…おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-05-22 01:15 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
作った料理メモ 2
前回に引き続き、作ったものメモ和食編
現在、身体的にくたくたですが、
ブログは更新する!と今月の目標で決めたのだ。


f0046982_0512951.jpg
豚の角煮
切り干し大根
おしんこ
高菜ご飯
大根のお味噌汁


f0046982_153087.jpg
豚足(福岡で買ったのをオーブントースターで焼いただけ)
マッシュポテト
サラダ
奈良漬け、たくあん
ご飯


f0046982_0532964.jpg
まぐろの鉄火丼
とろろ昆布とネギの味噌汁


f0046982_053156.jpg
お米のハンバーグ
茄子とトマトと生姜の南蛮だれがけ
こんにゃく田楽
残りのサラダ
なめこの味噌汁
高菜ご飯



f0046982_163674.jpg
麻婆豆腐
上に生のニラがかかっています。

今まで中華をほとんど作ったことがなかったのですが
自由が丘にある白山米店さんが出版している
本をよんで、美味しそうだったので初めて麻婆豆腐を作りました。
本格的な調味料をスーパーでちょっと買い足して
分量通りにつくったら、
自分では絶対作れないような味の、美味しい麻婆豆腐ができあがりました!

白山米店さんが出している本、お母さんと娘さんの
あたたかくて優しい気持ちが、こっちまで伝わってくる本です。
でてくる料理はわかりやすくて、とにかく美味しいのでおすすめです。

自由が丘3丁目 白山米店のやさしいごはん



f0046982_16214.jpg
ピータン豆腐
夏らしいビールにぴったりな豆腐です。
これも、白山米店のレシピ。


f0046982_165454.jpg
餃子の具を混ぜる前

レシピにのっていた五香粉というのをはじめて買ってみて
餃子に入れました。一気に本格的で、美味しくなりました!

調子にのって後日、麻婆豆腐にも五香粉を入れてみたら
なぜかカレーみたいな香りになってしまい、ちょっと失敗しました。



f0046982_171341.jpg
腕が悪いので餃子は散々な焼き具合に。涙
でも味は美味しいのでみんなでもりもり食べました。
友達にはフライパン、買い替えた方がいいよ。と言われました。笑



f0046982_0521480.jpg
冷やうどん
つけ汁には豚肉とキノコと青ネギ
たけのこ土佐煮


f0046982_053023.jpg
鮭茶漬け



f0046982_0515344.jpg
卵とキノコの雑炊
サラダ
レンコン炒め
ニラとモヤシのナムル



f0046982_051239.jpg
明太子クリームパスタ



f0046982_0504014.jpg
カンパチ
こんにゃく田楽
トマト
そらまめ
じゃこおにぎり





こう並べて見ると、うちの食卓は
なんて統一性のない食器たちなのだろう!
(買うときになんも全体を考えていない…汗)

料理の本や、雑誌にのっている料理の写真って、うつくしい!
プロだな〜っと思います。



このブログでも何度かでてきている、大きい丸いテーブル。

引っ越時に合わせて購入したんですが、テーブルを運んでくれた職人の方が
「熱いもの、濡れた食器やコップはテーブルに、直に置かないでください。木が痛みます」と
言われました。(フランス人お母さんと同じこと言ってた。)

それからというもの、痛むのが気になるので、
食器を置くときには必ずテーブルの上になにか布をひくようになりました。




次回は、和食以外のお料理をのせます。



facebookにブログがいつの間にかリンクしているみたいなんです。
覚えがないので、友達に言われてあれ?と思いました。

「いいね!」と言ってくれている方、ろくな返事もせずにごめんなさい。
たまにしかログインしないので、なんだか申し訳ないです。
リンクを外したいのですがやり方がわからない!

オープンな性格なので、たくさんの方にブログを見てもらえるのは
とても嬉しいのですが、facebook 使ってないし
続ける意味あるかな〜?と日々考えます。

みんなやってるから、携帯持っとかないとまずいよね。という感じです。

そんなfacebook、30分くらい前からNY株式市場に公開されたそう。
今の所ほとんど上がってないみたいですね。
by picnic_marin | 2012-05-19 00:51 | 【2012 料理メモ】 | Comments(2)
作った料理メモ
今年に入ってからまだ一回も
作った料理メモを更新していない事に気がつきました。

年明けからずっと落ち着かない日々だったのもあり、
ほとんど撮っていませんが、思い出した時に撮ったもの達を一気にのせます。

まずは和食編から


f0046982_1335943.jpg
卵焼き
おしんこ
大根の皮と葉のお味噌汁
五穀ご飯


f0046982_12972.jpg
七草粥
いわしの梅干煮
柚大根


f0046982_1285723.jpg
七草達。
どれだけ前の季節なのかよくわかりますね…汗


f0046982_1292239.jpg
冬はこの漬け物を作るのにはまっていました。
栄子のおとなりさんが持って来てくれる漬け物が美味しくて
マネをして作り始めたのですが、シンプルで美味しい!
冬は何度も作っていました。
大根、昆布、柚、唐辛子、砂糖、塩を入れて袋にいれて冷蔵庫へ入れるだけ。
しばらくすると、こんなに水分が出てきます。



f0046982_129374.jpg
わけぎたっぷり天ぷらうどん
柚大根


f0046982_1313820.jpg
豚バラ肉で一人鍋


f0046982_1314972.jpg
わけぎとポン酢たっぷりで食べるのが好きです。


f0046982_1315928.jpg
卵とネギの雑炊
鍋の翌日はこうなります。


f0046982_1321095.jpg
ポニョ風らーめん


f0046982_1322134.jpg
まぐろの鉄火丼
もやしナムル



f0046982_1323166.jpg
ポーが作った鍋。なんか違うぞ…


f0046982_1324116.jpg
ししゃも南蛮漬
鶏肉のマスタードパン粉焼き
お刺身
五穀米


f0046982_1325442.jpg
すき焼き
かぶのお漬け物
お赤飯


f0046982_133374.jpg
しそ餃子
トマトサラダ
たくあん入り納豆
白米


f0046982_1331622.jpg
鶏肉グリル
アボガドとトマトのサラダ
白ワイン


f0046982_1332627.jpg
新ジャガイモのサラダ
アボガドとトマトのサラダ
玉ねぎお味噌汁
ご飯


f0046982_1333859.jpg
豚汁
おしんこ
生卵
ゆでた菜の花
五穀米


f0046982_1342238.jpg
ニラ玉炒め
めかぶのお味噌汁
たくあん
オレンジ
五穀米




f0046982_1343614.jpg
豚汁
納豆
たくあん
ご飯


とりあえずまだまだ和食編が続きます。
by picnic_marin | 2012-05-15 02:18 | 【2012 料理メモ】 | Comments(6)