いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
大洗旅行 2
at 2017-05-25 00:18
大洗旅行 1
at 2017-03-22 22:18
引っ越し祝い
at 2017-03-07 18:01
ご飯メモ
at 2017-03-05 23:48
新しい暮らしと隣人
at 2017-03-02 23:58
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ボルドー観光
前回の記事、ワインエキスポレポートの続きです。


ワインエキスポ最終日の午後は、私の希望で市内観光をすることにしました。

エキスポの会場からシャトルバスに乗り
中心街はどこなのか運転手さんに聞き、適当なとこで降ろしてもらいました。


バスを降りた目の前に、VCubがありました。
VCubというのは、無人自転車レンタルシステムのことです。

f0046982_19131938.jpg

クレジットカードがあれば、その場で簡単な登録をしてかりれます。
200ユーロのデポジットがいりますが、
ちゃんと返せば引き落とされる事はありません。
24時間で、1日1ユーロ(約120円)です。安い!


観光バスに乗るつもりでいましたが
この日、ボルドーは風が爽やかで気持ちの良い日だったので、自転車にしよう。
ということにしました。


f0046982_19172443.jpg
楽しそうな私です。しゃぎすぎたせいか、一回こけてしまいました。



ヨーロッパでは、ほぼ初めて自転車に乗りました。
大きい道路が「歩行者、自転車、自動車」の三つの道路が別れていて
大変運転しやすかったです。

日本で自転車運転するのって人が多くて恐いですよね。
あれは結構ストレスがあります。
特に吉祥寺駅前近辺は大変だったのをよく覚えています。


f0046982_19184292.jpg

いつもよりスピードが早く、肌で風を感じながら古い街を眺めるのは、
なんとも気持ちがよいものでした。

ボルドーはきっと、小さな街でぶどう畑が広がっているんだろうな〜
と勝手なイメージを持っていましたが、都市としてなかなか大きい街でした。
トラムも走っているくらいです。

f0046982_1917655.jpgf0046982_19174430.jpgf0046982_19162910.jpg
ボルドーの街並みは、パリを思い出させる風景でした。
どことなく建物の雰囲気がパリに似ているのです。



現在、大変蒸し暑い日本ですが、この日のボルドーはまだ肌寒く、
ジャンパーが手放せませんでした。

なので温かいものを飲みたいと思い、カフェに入りました。


f0046982_19153016.jpg
自転車で店の前を通ってなんだか美味しそうだったのでここにしました。


f0046982_19143439.jpg
本日の夏メニューは、レモネードのスムージーだって。
美味しそうだけど、冷たそうね。
私は寒いので、ミルクが合うブラックティーを聞いて注文しました。


f0046982_19134924.jpg
アーモンドのケーキ。付け合わせに生クリームがたっぷり。
キャラメルソースがかかっています。器がどれもかわいらしくて、素敵です。

隣の席の若い男の子が「ここのケーキ超美味しいんだよ!」と
連れてきたお友達に実に得意げに言っていたので
私達もつられてケーキを頼みました。



カフェを出て、しばらく自転車を走らせていたら、あるレストランのテラスで
なにやら日本酒テイスティングをやっているみたい。

よく見てみたら、あら、やっぱり。
前日にお酒の合同パーティーにいたスタッフの方々がいらっしゃいました。

f0046982_19175885.jpg
大きな交差点にあるレストランでしたが
ぶどうの樹がレストランを覆っていて、涼しげでなんとも良い雰囲気を出していました。

私達もここでしばらく、日本酒を飲んでました。
あー美味しいね。日本酒最高!と思いましたよ。


f0046982_19181457.jpg
ワインエキスポの期間中は、エキスポの会場以外でも
いろんな場所でテイスティングをやっているんですね。

他のレストランや広場でもテイスティングをしている風景を見かけたので
この時期、ボルドーの街は、どこもワインで楽しく盛り上がるのでしょうね。





さて、またご飯の話ですよ。


フランスのビストロ料理で必ずあるメニューに
entrecôte(オントレコート)というのがあります。

entrecôteは、ただのなんてことないシンプルなステーキですが、
アメリカのステーキとの違いは肉の厚さが薄いです。あとソースがバタですね。
フランス人の男性の多くはentrecôteが大好きです。


そのentrecôteの専門店、Restaurant L'entrecôteを偶然みつけたので、入ってみました。


f0046982_1922162.jpg
フランスの各都市にある人気のレストランだそうです。


なんといっても素敵なところは、メニューが
サラダ、ステーキ、の16ユーロ(約1800円)のコースしかない所です。

席について、ウエイトレスに聞かれることは

「焼き具合どうしますか?」それだけです。

飲み物を頼みたければ、注文をします。
私は赤ワインを注文しましたがハーフで6ユーロ。良心的ですね。


f0046982_19191178.jpg
前菜のサラダ。レタスにドレッシングで和えたものに、
クルミがかかっているだけのとてもシンプルなもの。


f0046982_19195452.jpg
これがentrecôteです。二人分がど〜んと出てきました。

お肉の味わいはもちろんのこと、バターとニンニク、パセリのソースが美味しい!
アメリカのステーキとは全然違った美味しさがあります。

お肉をこういった感じでガッツリ食べるのはそこまで好きではないのですが
これは大好きでした。美味しい。

きっと、ひとつのメニューしかなくて、お客さんが毎日何回転もするので
肉の質が大変良いのだなぁ、と思います。


f0046982_19201017.jpg
entrecôteには決まってフレンチフライがたっぷりと盛られてます。

とんかつ屋のきゃべつみたいなものでしょうかね。
フレンチフライが入った、でっかいボウルをもってきて

「おかわりいりますか?」

と聞かれます。もちろん食べれるわけないのですが。
隣の席のフランス人のおじいちゃんは元気におかわりしていてびっくりしました。


f0046982_19203587.jpg
Fraise Melba(苺のパフェ)
これはコースには入ってませんが、
隣のおじいちゃんが食べていて美味しそうだったので注文しました。

フランスのメルバ(パフェ)は自分の中でフランスらしいなぁ。
という感じがして、好きなのです。


f0046982_19205598.jpg
ごちそうさまでした。

店員の人もとても元気で誇りをもって働いているようで、
それは見ていて気持ちがよかったです。

店を出る時に、びっくり。
入り口でお客さんが20人くらい待っていました。

フランス人の夕食がスタートする時間はだいたい20時半〜ですが、
私達はだいぶ早めの19時頃に入りました。
逆にそれが良かったみたいです。



おいしく食べて、自転車でまたボルドーの街を走ったあと
何分待ってもこないバスを長々〜と待ち、ホテルへ帰りました。

もっと観光地らしいスポットとか、
イラストレーターの端くれとして美術館とか行くべきだったかなぁ。と思いますが
結局なんだかいつも、観光というと美味しいご飯に時間をとられて
私の観光は終わっている気がします。あらら。

まあ、それが私らしいから、いいでしょう、という事で。


ボルドーの日記はここまで。
次の日の朝から車をレンタルし、Midi-Pyrénéesミディピレネーへ向かいます。
by picnic_marin | 2011-06-30 00:18 | 2011【FR】ボルドー | Comments(0)
ワインエキスポレポート
前回の記事、サンディエゴからボルドーの続きです。

ボルドーにはワインエキスポのために来ていて、4泊しました。


さて、ワインエキスポのレポートです。
今回は無駄に長いので、ワインが好きな方だけ読んで頂ければと思います。


f0046982_16403953.jpg
ホテルの前には、ラベンダーがびっしり咲いていました。
出る前にいつも手でさわさわします。手は良い香りでいっぱいです。


ホテルは、ETAPというフランスのチェーン系の格安ホテルです。
なんだかユースホステルのような雰囲気。
でも、自分はなぜかとても落ち着くのでした。


f0046982_16413764.jpg
朝ご飯たべる場所。
前日の夜にボルドーに着いたばかりなので、久々のフランス飯。


f0046982_1641862.jpg
おいしそうなフランスパン、たっぷり。

同じ格安ホテルでも、
アメリカのモーテルの朝ご飯はなんだか科学的でしたが→その時の日記
フランスはどこでも、パン、ミルク、バターは変わらず美味しい気がします。

食文化の違いなんでしょうね。


f0046982_1642845.jpg
ミルクも温めて置いてあるので、美味しいカフェオレが飲めました。
子供はショコラショー(ココア)を自分で作ってて、とても可愛かった。




f0046982_16423210.jpg
ワインエキスポの期間中、無料のシャトルバスが町中を走っています。
そのバス停がホテルからすぐの所にあったので
ほぼ毎日これにのって向かいました。

といっても、フランスなので…
時間通りにうまく動けることなんてほとんどないですから
時刻表は期待しないでゆっくり、ゆっくり。




会場は、ありえないくらいデカイです。
幕張メッセを超える規模にびっくりです。


f0046982_64310100.jpg
この巨大な箱のような建物すべて、展示場です。

長すぎて、奥が見えてませんが、ここに所狭しとワインのブースが入っています。
プラス、他のホールもまだあるんです。すごい規模!
端から端まで歩くのに大変な距離でして、へとへとになります。



ボルドーのワインエキスポは、世界最大規模のワインの展示会なので
いろんな国のワインが出展されています。
でも、ホームグラウンドのフランスワインが一番多かったです。


f0046982_640158.jpg
この真っ赤なのが受付です。

予約している名前を言い、バッチを受けとります。
バッチにはバーコードが印刷されていて、入るたびレジみたいのに通します。


今回自分はありがたいことに招待でした。通常はたしか50ユーロかかります。
一般の人も入れると思いますが、きている方々のほとんどが
インポーター、その他関係者のようです。



さて、ワインのテイスティングというのは、何かというと、ワインを口に含んで
味を見るだけで、飲まないんです。だから酔っぱらうことがないです。

f0046982_3215250.jpg
ワインの味を確かめた後、この黒い容器に吐き出します。

前の記事にもかきましたがそんな事を気になるブースごとに何十回と
午前中から夕方までやります。なので後半かなりぐったり。
もうワインはしばらくはいらない〜という感じに。

午後には、歯と、舌が、色素沈着で紫色になってます。涙
夜のハミガキは絶対しないと大変なことになりそうでした。


f0046982_0134150.jpg
こちらは中にあるインフォメーション。
日本では絶対考えないような色彩の組み合わせを使っていて
見ていておもしろかったです。


今回、ワインのテイスティングがメインでしたが
各ブースのデザインがそれぞれ凝っていて、見応えがありました。


f0046982_0153759.jpg
車をブース内にディスプレイして、ピクニック風なブース。



プロヴァンスのロゼ専門のワインショップのブース。

f0046982_6295085.jpg
ボトルがフリーに置いてあって、自分でグラスについで試飲します。


f0046982_016314.jpg

木の壁を白ペンキで塗ってあり、爽やかなイメージ。




おもしろいアイディアのワイナリーがありました。
毎年違うイラストレーターに頼んで、家族をイラストに描いてもらい
それをその年のラベルにしているんですって。

f0046982_0162889.jpg
たとえばこのボトル。

f0046982_0164843.jpgこの人です。
あら、似てる!


自分たち家族が大好きなんだな〜という
温かい感じがして、素敵でした。



f0046982_6331646.jpg
ワインが壁にささっています。ユニークですね。

f0046982_1845433.jpg
こちらは、目が覚めるほどのオレンジ一色。


f0046982_310698.jpg
ぶどう色の?じゅうたんが広がるブース。かわいい。


ワイン以外にも、リキュール、ブランデー、ウィスキーも出展があります。
日本からの出展では、お酒が6社合同で出展していました!


f0046982_1911226.jpg
フランスのシロップ、MONINのブース。

f0046982_1915997.jpg
全種類ずら〜と揃って並んでいました。
絵の具みたいでカラフルできれいです。



有名どころのメーカーは、豪華なブースでどーんと大きく構えていました。
そういうとこの出展は、もっとシェアを広げたい、というより、
とりあえずワインエキスポ顔だしてるよ。という感じで
広告のために出しているように見受けられました。



これは一番小さなタイプのブース。


f0046982_22251927.jpg

私達はこういった小さなワイナリーばかり試飲してました。


裏事情ですが、このくらい小さいブースでも
出展するのに120万くらいはかかるそうです。
もっと色んな人へ知ってもらい、ワインを注文してもらうために
頑張って出展しているワイナリーがたくさんいました。


f0046982_1992989.jpg


ちょっとマニアックで疲れますね。すいません。
メモしたくて、つらつらと書いています。



ちなみに私はワインオタクではないことが今回のエキスポでよくわかりました。
朝から夕方まで、ずっとテイスティングするのが本当に大変でした。

終わってから夕食時に飲んだビールが本当に美味しかったです ! …汗

ワインは好きだけど、手頃で美味しければなんでもいいと思う。
というのが、結局のところ、一番思った所でしょうか。




ちょっと休憩です。 食事の話。


会場内にオイスターバー発見!!


f0046982_219825.jpg
牡蠣に目がない私は時間が空いた隙にひとりで行って食べにいきました。


f0046982_19213025.jpg
となりの港で採れたものだそうです。

フランス人は牡蠣を食べる時、
酸味のあるドイツパンにバターを軽く塗ったものと食べることが多いです。

日本人なら醤油があれば最高だ!と言いたいところですが
フランスの牡蠣なのでおとなしく仏風で食べます。

ワイン以外のものを口に入れる瞬間のうれしいこと。
こういった屋台だと、日本よりだいぶ安値でたべれました。


f0046982_21173985.jpg
太ったおじさん達が、とにかく牡蠣をむき続けて頑張っておりました。
威勢良く「いらっしゃーい!」と叫んでいます。



オイスターバー以外にも、会場の中にはレストランがたくさんありました。
違う日、イタリアンレストランでも食べました。


f0046982_2354545.jpg
特設テントの下にテーブルが並べられて、簡易レストランになっています。
風が涼しくてなんて気持ちいいこと。


f0046982_21213397.jpg
アンティパスト。豆の辛いもの、クスクスサラダ、一口ガスパチョ


f0046982_2122818.jpg
豆のすりつぶしたのが入った太麺パスタ。ボローニャ風でしょうか。
にんにくがきいてて美味しかった。


しかし、どのレストランも、エキスポ価格でだいぶ高いので、
多くの人フランスはバケットにハムとチーズをはさんだだけの
サンドイッチなどもってきて、もぐもぐ食べてました。
次の日からは私達もそうしてました。




さて、ワインの話に戻ります。


勉強のためにいろんな国のワインが飲めたのが面白かったです。

特に興味深かったのは、モルダヴィアという国のワイン、初めて飲みました。
モルダヴィアはルーマニアの隣の国で、東ヨーロッパです。


f0046982_21252250.jpg
ラベルの花柄は可愛らしく、ロゼの色も華やかで、味も優しい感じで好きでした。


f0046982_1522015.jpg
少し濁ったような感じがまたいいですね。濁ってるのは最後にフィルターかけてないからです。


f0046982_156082.jpg
これは中国軍のサインが入った贈り物のためのワインだそうです。



話がすこしずれますが、文化の違いを書きます。


日本には物を送る文化が今も色濃くありますが、
欧米は日本ほど、そういった文化はありません。(人によりますが)

例えばホームスティでこれからお世話になるファミリーに
手みやげを持っていくと、びっくりされるそうです。

でも、物をもらって嬉しいのは万国共通だと思うので
私は未だによく物を贈ります。



お隣の国、中国は、ビジネスの際も頻繁に贈り物をするそうで
会社に訪問する時に何か持っていく文化があるそうです。

そういう時、ワインを持って行くとカッコいい上に、大変喜ばれるそうで、
とても需要があるそうです。
そのためのワインビジネスを開いている日本人の方にも出逢ったくらいです。



今回、ワインエキスポの会場には中国人の方々がとても多かったです。

中国語でも案内が書いてあったり、
期間中やっているいくつかのイベントの中に
「中国人が好む品種はどんなものか勉強するセミナー」もあったくらいです。

これから中国が盛り上がってくるのだなぁー! とつくづく思いました。


f0046982_015984.jpg


中国にワインをインポートしている日本人の方に興味深いことを聞きました。

中国では、チリなどの南米系ワインより、
高級なイメージを持たれている
フランスやイタリアワインが人気だそうです。


ワインを飲む時、グラスには、なみなみとたっぷりついで飲むそうです。
きっと、豊富感が重要なのかな、と思います。

ワインの香りとか味より、相手に良いお酒をたくさん飲んで欲しい。
というその気持ちの問題が大事なのでしょうね。

あと、アルコール度数が高いかどうかが大事だそうです。
なので必然的に白はほとんど売れなくて、
ボルドーの濃いカベルネ・フランとかメルローを多く輸入するそうです。

と言っても、中国は広いので、そんなの土地それぞれ違うとは思いますが
なんだかその違いは昔の日本の様で、興味深いことです。


f0046982_6472595.jpg

うんちくを語るつもりはないですが…
ワインエキスポに行ってみて、日本とワインの関係で
気がついた事、感じた事をメモしたいので、ちょっと書きます。


日本でフランスワインというと、今だにカッコつけたイメージや、価格が高い、
そして、わかりずらい、難しい。といったイメージがあると思います。

そういうイメージがあるのは、
やっぱり値段の違いからくるのかな。と思います。


フランスではワインは水より安い、とまではいきませんが
とても手頃な価格で購入できるので
こちらの人にとっては、とても身近なんだな、と思います。

ワイナリー直売だと、ワイン一本2ユーロ(270円位)からでも
とっても美味しいのを買う事ができます。
(スーパーで1ユーロのてのもあります。なかなかのものです。)


ちなみに、ワイナリーの農家の方々は、とても素朴な生活をしていて
懸命に仕事を頑張っています。日本の米農家を思い出します。


最近、少し知識を得て、フランスワインが日本では手が届きにくい値段なのは
しょうがなことなんだな、というのを理解しました。
ちょっと簡単に説明します。


日本列島は、ワインが育つどの場所からも、遠いのです。
すべてはそれです。


例えば
フランスから日本まで船でどの程度かかるでしょうか ?
約1ヶ月〜2ヶ月かかるそうです。

渡航中、赤道を2回通過したりするので、その温度差を管理するのは
とても手間とお金がかかります。

そして日本に着いてからは税関が、一本170円(たぶん)かかり、
狭くて湿気の多い日本の敷地では、在庫を置く場所代がとてもかかります。

レストランに並ぶワインメニューは、その時点の仕入れ値から
約3倍になります …な、なるほど〜。


考えてみれば、どんな業界もあたりまえの仕組みですが
そんなこんなで、私達の手元に着くまでは、とても高くなってしまうのですね。


ちなみに、アメリカの場合、
フランスからの距離が近いし、土地も広いし、気温も良いので
フランスワインもだいぶ安値で飲む事ができるんですね。


それでもワイン愛好家がたくさんいる日本 !
一番良いのはフランスにくればいいですね(^^;)
やはり現地の物は現地で飲むのが一番美味しい、ということなんですね。


長野などの国産ワインも、今大変興味深いです。
なんせ国内ですから、美味しく飲めるはずです。


なんだか何が言いたいか自分でもよくわからなくなりましたが、
ワインのちょっとした裏事情でした。


f0046982_3242062.jpg

とにかく濃い〜4日間で情報がありすぎて、全然整理できてませんが
とりあえず、こんな感じでした。(どんな感じだよ?)

全部読んでくれた方、ありがとうございます。
長かったですね。お疲れさまでした…。
by picnic_marin | 2011-06-28 03:14 | 2011【FR】ボルドー | Comments(4)
酒ディナー
ワインエキスポの期間中、
酒を出展している方に、ディナーに招待して頂きました。

エキスポの後、ボルドー市内のレストランで行われる大きなパーティです。

f0046982_6221975.jpg
6社合同で主催しているディナーなので
酒にあったフランス料理というのがテーマでした。

南仏の方からシェフを呼んだそうで、お料理が本当に繊細できれいでした。


f0046982_6441230.jpg

7時半に集合でしたが、例によってフランス人が時間通りにくるわけがなく
8時半からディナーがゆっくりと始まりました。



f0046982_6232183.jpg
きゅうりの冷たいスープ

f0046982_6241624.jpg
料理一品ごとに、合ったお酒を用意しているので
酒蔵の方々が各お酒について丁寧に細かく説明してくれます。



会場にはフランス人、その他の国籍の方々も多くいたので、
日本語をフランス語にする翻訳の方(日本人)がいました。

その翻訳の方のフランス語がすばらしくて、とても感動しました。

語学を始めてたかだか1年半の私に何がわかると言う話ですが、
翻訳ってつくづく難しいことだと思います。

フランス語で
「お世話になっております。お疲れさまです。そうして頂けるとありがたいです。」
といった言葉などが存在しないように、文化にないものは言葉がないんですね。

日本語であるけれど、フランス語では存在しない言葉って、山ほどあります。

それをどんなフランス語に変えて訳すのか?

難しすぎて私なんかは発想もつかないような言葉を
小説みたいな美しい文章で、美しい発音で、話しているのですから感動です。

隣の日本語が話せるフランス人に、
「あの人のフランス語、超すごいよね!!」と興奮して言ったら
「たぶんフランス人よりずっとフランス語、上手できれい」と言ってました。

後で、翻訳の方のとこへこの想いを伝えに言ったら
なんとも謙虚な方で、優しくお話して下さいました。

「いや〜昔、ガリ勉しました。」とおっしゃてました。

フランスで生まれたのではなく普通に日本人で育ち
今は40年近くフランスで住んでいるそうです。
長く住んでもきれいに話せない人、たくさん知ってます。
やはり語学は努力が大事なんですね。(やばいなー…自分)


あらら、
完全に話がそれました。料理に戻します。



f0046982_6382061.jpg
さばのマリネ、と自家製お野菜。

これはきれいでした。絵みたいで、色鮮やかに描かれていました。
もちろん美味しかったです。


f0046982_6395178.jpg
海老を焼いたのと、レモンのソース。


f0046982_6463341.jpg
鳩のグリルとジロール茸のソースが美味しい!!

お酒にためかさっぱりした料理が続きましたが、メインは
実にフランスらしい料理がでした。
意外でしたが、お酒との相性も最高でした。

ちなみに、鳩はフランスでは普通に食べます。
あのポッポーって鳩とはちょっと違う種類の鳩です。


f0046982_649767.jpg
山羊のチーズと、青トマトのコンフィチュール


f0046982_6495154.jpg
桃とピスタチオのソルベ(たしか)


向かいのフランス人の家族の方々も、
c’est trop bon !!!とかc'est super bonの連続で
このディナーに大絶賛でした。
味にうるさいフランス人はお世辞を言わないので、はっきりわかって良いですね。


f0046982_775473.jpg

お酒と洋食と合わせて食べた事がいままで自分はなかったのですが
本当に合ってました。
酒蔵の方々がきっと前からいろいろ考えてコーディネートしてくれたおかげですね。

こんなに美味しいフレンチ食べたのは久しぶりでした。
お酒のことも色々知れたし、美味しいしで、本当に有意義な時間でした。
本当にご招待して頂いてありがとうございました。


f0046982_7103234.jpg


ディナーが終わったのは12時過ぎ。
夜が長いフランスでは、どの人もみんながゆっくりな気がします。


ワインエキスポ中はボルドーが盛り上がってる感じがしました。

きっとこのSAKEディナーのようなことが他でも行われていと思います。
いろんな意味でお酒に関わる人々が世界中から集るビッグイベントなんでしょうね。
by picnic_marin | 2011-06-28 02:13 | 2011【FR】ボルドー | Comments(0)
サンディエゴからボルドーへ
前回の日記サンディエゴの花と空母の続き。


サンディエゴ最後の夜、
友人が集まり、サイゼリアのような庶民的イタリアンでわいわいご飯でした。


f0046982_23293284.jpg
それにしても本当にアメリカの料理は多いですね!
でっかいボウルに、たっぷりな料理たちです。

f0046982_23335095.jpg
みんなオハヨウ州出身の身体の大きな人たちなので、食べる食べる。

しかも6人もいたので、みんな大きな声で、たくさん笑って
なんともにぎやかな晩餐でした。





早朝、サンディエゴからレンタカーを借りて、ロサンゼルス空港へ。


f0046982_250492.jpg
途中、中国人のスーパーで飲茶を買って車内で食べました。

道が意外に混んでいて、のれるか緊張しましたが、
なんとか乗り込めました。


f0046982_2335447.jpg
ロサンゼルス空港です。


f0046982_23364189.jpg
アリタリア航空(イタリアの飛行機会社)に12時間のり、ローマまで行きます。
12時間って長いです。はぁ。


アリタリア航空に乗ったら、まだここはアメリカだけど
もう機内は完全にイタリア語。
そのあっけない切り替えみたいなのが、毎回おもしろな〜と思います。


ウン ビーノ ビアンコ ペルファボーレ ! 白ワイン下さーい !
(あっているかわかりませんが)

f0046982_2339248.jpg
機内食はパスタとサーモン。エコノミーです。




すいません、ここからグチになります。

となりのカップルが落ち着きのない人たちで、今回はとても嫌な渡航になりました。
アメリカ人の若い男の子が軽くワキガで最悪でした!

後日NY在住のアメリカンガールに質問したら、
「飛行機で匂いを気にしないなんて、ありえない!最悪!!!」
と言ってくれました。

日本人、アメリカ人は匂いを気にする人種と言いますが、
そんなことないみたいですね。人それぞれなのでしょう。

その上、私は廊下側に1人で座っていましたが、
彼らが、12時間のうち10回以上、出たり入ったりするので
全然眠れなかったです。すごいストレスでした。


f0046982_0163018.jpg
海外に出る時くらいは、
自分は母国の代表選手という位の気持ちで、振る舞って欲しいものです!
その彼のせいで、アメリカ人が少し嫌いになりましたからね。
まったくもう!よくないぞ!



f0046982_2350543.jpg
着いた先は、ローマです。
滑走路のような所で降りたので、乗客はシャトルバスに乗り
空港までのろのろ行くのです。


f0046982_23525481.jpg
毎回思いますが、空港によってキャラクターがあって本当おもしろいな。と。

ローマの空港の検査官は
私がいままで見た中で一番陽気な人でした。

身体検査を通って、チケットを見せる時

検査官「何人だろう、当てます! 韓国人! そうでしょ?」
自分「ちがいます、日本人ですよ」
検査官「Halloってなんていうの?」
自分「コンニチワですよ。」
検査官「コンニチハ!!」


文にすると普通ですが、なんとも陽気で元気で適当で、
ああ、イタリア人らしいなぁ…と思いました。


ローマはただの乗り換えで使った空港です。
待ち3時間もあったのでご飯も食べました。


自分で好きな料理をとって、最後に計算する食堂で。

f0046982_014747.jpg
太いパスタ麺でほうれん草が巻いてあるクリームパスタ、
それにアンティーチョーク、きのこ、フルーツを食べました。



今度はエールフランスに乗ります。ずいぶんな小型飛行機。1時間半だけ乗ります。

f0046982_05471.jpg
エールフランスになったら、一気に機内はフランス語。
たいして話せるわけではありませんが、
フランス語になって、やっと安心しました。


f0046982_0143688.jpg
廊下を挟んで、2人がけ、1人がけの椅子しかない幅も狭い飛行機です。

f0046982_01459100.jpg

たぶん30人くらいしか乗れないと思います。

f0046982_0181317.jpg
おやつがでました。トマトジュースを頼みました。


f0046982_013317.jpg
ボルドー空港に到着です。


f0046982_021869.jpg
空港のお庭には、ブドウの木がたくさん植えられていました。


長い長い、飛行機の旅でした。
ボルドーではワインエキスポのために4泊しました。
たぶん、続きます。
by picnic_marin | 2011-06-25 00:26 | 2011【FR】ボルドー | Comments(3)
ボルドーワインエキスポ
ちょっと日があきました、お久しぶりです。


実はサンディエゴからまた飛んで飛んでフランスのボルドーにいます。

フランスの何でもかんでも時間どおりにうまくいかないあの文化に
超イライラしながらも、元気にやっております。


ボルドーでは、ワインエキスポにきております。


f0046982_0565455.jpg


世界最大級のワインの展示会だけあって、超、おっきな規模です。

幕張メッセの一番大きいホールより、もっと大きいかも。
巨大ホールに所狭しとワイナリーのブースが並びます。


f0046982_103199.jpg


テイスティング楽しそう!とよく言われますが・・・辛い、というのが正直な感想。

ワインを口に含んだあと、喉へ入れないで、壷みたいのに吐きます。
それを午前中から晩までやってるとなるとさすがに最後の方は酔います。
酔うというか、なんでしょうね。もう身体が
「辛いよ〜」と叫んでいるというか。どっとした重い疲れが溜まります。
あと二日間いますがワインが嫌いになるかもしれません…汗


f0046982_059975.jpg
ワインエキスポでは、独身美女たちと一緒。
二人とも、私のお母さんと同じ歳くらいだけど、きれい。
アクティブに働く女性に影響されますね。女は年は関係ないのよ!



最近はクタクタなので、しばらく更新できないと思いますが、
まあ、なんとか元気にやってます。


時間ができたらまた更新します。ではまた。
by picnic_marin | 2011-06-22 00:02 | 2011【FR】ボルドー | Comments(4)
サンディエゴの花と空母
サンディエゴに今の季節咲いているお花は
太陽を吸ったようなカラフルな色のお花が多いです。



f0046982_6283296.jpg

f0046982_6281814.jpg
ハイビスカスも普通に道ばたに元気に咲いてました。


f0046982_628587.jpg
肌寒いので、ひなたを探して歩きます。


f0046982_628513.jpg
大好きなブーゲンビリア


ブーゲンビリアには、思い入れがあります。

学生の時、ルイス・バラガン(メキシコ人の建築家)の建築が好きで、
よく資料を見ていました。
彼の強いカラーの建築には、ブーゲンビリアの花がいつも一緒でした。

どんなお花なんだろう?実際みてみたいな、と興味を持ち、
一人暮らしをし始めた時に、ブーゲンビリアを買ってみたのですが
湿気とか、太陽とか、問題あったんでしょうね。
すぐ枯れてしまった。


野生で咲き乱れるブーゲンビリアを一度みてみたいな。と思っていました。

夏にニースを訪ねた時、みて華やかな濃いピンクに感動したのを覚えています。

サンディエゴも湿気がなくて、太陽が多く注ぐからか
町中にブーゲンビリアが咲き乱れてました。

f0046982_6301026.jpg
f0046982_1411570.jpg


f0046982_6294934.jpg



これはなんの花だろう。日本ではなかなか見かけないお花です。

f0046982_6303183.jpg
f0046982_6305528.jpg
遠目からみるとこんな感じ。
こんなのが玄関に咲いていたら、とても良い一日になりそうです。



路面電車の駅の道を歩いていると、
ホームの横に素敵なカフェが


f0046982_629135.jpg
サンドイッチやフレッシュジュースなど、美味しそう。

f0046982_6293110.jpg
友達とお昼を食べにいくと途中だったので、
またいつか、この街へきたら行ってみたいな。と思った。




海岸沿いへ向かう途中、カモの親子が道を横切りました。


f0046982_6311388.jpg
よちよち。お母さん待って〜。


近くにいた人はみんなストップして彼ら道を横切るまで
ニコニコして待ってました。平和ですね。




友達と合流して、ギリシャの屋台料理屋みたいなとこでお昼。


f0046982_6313215.jpgf0046982_6315081.jpg
ユダヤ料理ともいえるファラエルを食べました。
コロッケみたいな中には豆をすりつぶしたのが入っています。





港にものすごい存在感をだしているこの船は、ミッドウェイ。空母です。


f0046982_632299.jpg
近くでみると、本当に大きかったです。


私なりにネットと本で調べて説明すると

空母というのは、船内に爆撃機、攻撃機、魚雷機などの航空機を備えていて
屋上は離陸、着陸ができるようになっています。
海の上のどこからでも航空機を発進させることができる空母は、
太平洋戦争ではかかせない存在でした。

空母ミッドウェイは、太平洋戦争末に作られ、日本軍とも戦っています。
ベトナム戦争時でも活躍しました。

私が生まれた80年代頃からミッドウェイは日本の横須賀港を
母港として他の空母の支援に当たったそうです。


今は、博物館になっていて、中を見学する事ができます。

f0046982_7561066.jpgf0046982_7554697.jpg
アメリカ人、身体が大きいのに、とても小さなベットで寝てたんですね。
一番偉いひとの部屋はホテルのスイートのようでした。

昔の日本は特に階級による差があったと思われますが
アメリカ軍でもこういう所は同じく差があったようです。


f0046982_16401152.jpg
空母ミッドウェイ、あるいはアメリカ軍がトータルで
戦争に行った場所が描かれている図かと思います。

沖縄、硫黄島、真珠湾など、もちろん記してありました。


f0046982_16422597.jpg
ドーントレスという爆撃機。

第二次世界大戦のほぼ全期間使われた航空機です。

アメリカ軍の逆転対戦である、ミッドウェイ海戦の時、
日本軍の4つの空母(赤城、加賀、蒼龍、そして飛龍)撃沈させた航空機のひとつ。



今、ちょうど太平洋戦争に綴った小説を読んでいます。

一回目は、使われている単語が難しかったり、
私があまりに歴史を勉強してこなかったのもあり勉強のために
もう一回はじめから読んでいるところ。


ミッドウェイ海戦について、ちょっとは詳しくなっていたので
ドーントレスをはじめ、攻撃機実物をみて
かなり衝撃をうけました。

わけもわからず泣いてしまったりもしました。
悲しい過去の日本、歴史、もっと知らないといけないですね。
by picnic_marin | 2011-06-21 23:52 | 2011 USA | Comments(0)
サンディエゴ散歩
サンディエゴは港町で、活気のある街です。

カリフォルニア州でロサンゼルス市に次ぐ第2位の都市。
気候はずいぶん寒くて、上着が手放せません。
カリフォルニアだからもっとあたたかいイメージだったけど、
この辺りは一年通して寒いのですって。


寒いので、ひなたを求めて歩いていたら
木の下におじさんがいた。

f0046982_338898.jpg
靴磨きのおじさんです。
自分で作っただろう手作りの小さい台座り、
くつを磨きたい人をのんびりと木の下で待っています。


f0046982_3264951.jpg
駅のよこにある大きな大きな建物。
なんの建物だろう ?


f0046982_3352822.jpg
切符売り場と、電車を待つ場所でした。それだけなのに、こんなに大きいのね。


f0046982_341453.jpg
中にぽつんとあったコーヒーショップ。


f0046982_3421393.jpg
みんな何を待っていて、これからどこへ向かうのかな。
ぼんやり考えた。



f0046982_3435517.jpg
すぐ横の駅。ここも大きいなぁ。天井がたかい。



f0046982_343257.jpg
真っ赤な色の路面電車が
港町のサンディエゴを楽しそうにスイスイ走っています。


f0046982_3452574.jpg
トラムと同じ赤い花束をもった女の子。


f0046982_3455046.jpg
みんなお花をもってどこへ行くのかな。
お花をもった人というのは、みんななんだかうきうきしていて、
見ているこっちまで楽しくなってきます。




サンディエゴ散歩、とりあえずここまで。
続く、かも。

f0046982_3575222.jpg


前も書いたかもしれないけど、ちょっとここにメモ。
東京は、なんでいつも人がたくさんいて、いつも混んでいるのでしょう。

カリフォルニア州の面積がおそらく日本の面積と同じで、
アメリカの人口は日本の倍だそうです。

だから、アメリカ全土の人口の半分が、
カリフォルニア州の面積に住んでいるのと同じことらしい。

しかし日本列島の8割近くは山なので、山でない2割の場所に人口が集中する。
だから都市は人がたくさんいるのね。
by picnic_marin | 2011-06-18 03:51 | 2011 USA | Comments(0)
サンノゼの映画館へ
いまサンディエゴです。港町。

昨日までいたサンノゼ、私からみると何もなくて、
道だけがただ広く、人もいなくて、ただ映画館だけはたくさんある
なんだか寂しいイメージだった。


f0046982_2553841.jpg

夜遅くに、ひとつの映画館へ。

すばらしい映画館でした。
プラネタリウムのようなドーム型の屋根で、天井が信じられないくらい高い。
音もすばらしかった。田舎の映画館でこんなに良い映画館があるなんて。
お客さんたった5人の中、

ミッドナイト・イン・パリ(Midnight in Paris)を観ました。これ予告編。





先月開催されたカンヌ国際映画祭のオープニング作品として
上映された映画だそうです。ウディ・アレン監督。

私は久々に感動しています。すばらしい映画でした。

婚約している恋人と、その両親とパリに観光にきたアメリカ人の作家。
恋人とあまりうまくいかない中、ひとりで深夜のパリを散歩します。
あるきっかけで1920年代のパリにタイムスリップしてしまう話。

1920年代のパリの世界が美しく描かれていて
終わりまで、ずっとわくわくして観ていて、
あっという間に映画は終わってしまった。

誰もが一度は考える、「あの時代に生きてみたかった。」という考え。
その夢を叶えてくれる気持ちよさがあります。
本当に幸せなことってなんだろう。映画が終わったあと、ぼんやり考えました。



キャストがまたすばらしかったです。

映画「エディット・ピアフ」ですばらしい演技を魅せた
マリオン・コティヤールも芸術家の1人として出てきます。
エディトピアフ役の彼女と全く違う彼女の表情に
すっかりはまってみてました。きれい。

サルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニも出演しています。
彼女も自然な美しさで本当素敵でした。



それにしても、憧れってほんとうに大事だな。と思った。
パリって、なんて美しい街なんだろうって改めて思い出しました。


ここ最近、何度かアメリカに来て、アメリカの良さ、というのを
少しずつ、感じてはいます。

しかし昔からアメリカに憧れを大きく抱いていたわけでもなく
ありがたみがわかってないと思う。
憧れが少ないというのは、ちょっとワクワクが少ないかもしれません。
いつでも好奇心を持っていたいです。

映画とか本で、
アメリカへ憧れを持たせてくれる作品ってなんかありますかね?
もし知っているひとがいたら教えて下さいね。



そういえば、憧れでいったら
アメリカの憧れを大事にしているようなこのブログ、すごいかっこいいです。

ON THE ROAD USA

友達の旦那さんのブログです。
まさにアメリカに憧れを抱いている少年のような文章で
写真の良さが半端ないです。
まだ始めたばかりなのに本にしないのがもったいない!と毎回思ってしまう。
色々好きなブログはありますが、この人のはいま一番楽しみにしています。




話が戻りますが、映画館を出た後小さなサプライズが。

自分はわりとエンディングロールまで、だらだら観るタイプなので
一番最後に映画館を出たら映画館のお姉さんに

「あなたたち、ポップコーンいらない? 残ったから、あげたいんだけど」
と言われ、ポップコーンをもらった。
いつも最後のお客さんにプレゼントしてるんだって。


f0046982_354485.jpg

正直、すごいびっくりした。

アメリカ人が、最後の残ったポップコーンをジップロックに入れて
一番最後のお客さんにあげるなんて。


アメリカというのは、大量に作って、大量に消費し、大量にゴミも出す。
資源が豊富にある国だから、文化として、しょうがない、
食べ物の大事さなんてこれぽっちも思ってない国、

と、完全にそう思っていた。

こんな心があるアメリカ人も、実際いるんだな。
私はアメリカの事、
なんにもわかってないな。と思った。
by picnic_marin | 2011-06-17 03:23 | 2011 USA | Comments(2)
休日の一日
降り立ったサンフランシスコ空港。なんだか寒い。

今まで知らなかったのですが、
サンフランシスコは一年を通して涼しいそうです。
大きな湾になっている関係で、ヨーローパのような爽やかな気候です。


降りたターミナル2、まだできたばかりで、ピカピカでした。
アートがたくさん取り入れられていてかっこよかったです。


f0046982_4415075.jpg
地引き網みたいですな、と思う日本人の自分。


f0046982_4431882.jpg
綺麗なお花の絵だな、と思ったら手織りの絵でした。華やかな色。


f0046982_4453827.jpg
かわいい。気持ち良さそうに飛んでるカラフルなひとたちがいました。

f0046982_4455022.jpg
彼はウィンクをしています。


アメリカの移動は、やはり車が有力。空港でレンタカーをかります。

f0046982_447584.jpg
レンタカーのカウンター。



腹ペコだったので、サンフランシスコ空港から
少し走ったところある郊外のチャイナタウンで、さくっと昼ご飯。


f0046982_4495123.jpg
中国人にとって、日曜日は飲茶の日と決まっているそうです。


f0046982_4514156.jpg
あつあつ小龍包。


f0046982_455134.jpg
歯ごたえが美味しい野菜。辛いソースだけつけて食べるのだ。


f0046982_452447.jpg
あったかいデザートのお豆腐。豆乳の優しい味がおいしい。


飲茶へ行くと、たっぷりのポットにジャスミン茶がどんっと、出されます。
少し油っぽい飲茶と、あっさりしたジャスミン茶の相性が大好きです。


f0046982_4533389.jpg
帰り際、たまたま持ってきていたマグに
ちゃっかりジャスミン茶を入れて車の中ですすっておりました。



そのまま車をしばらく走らせて
カリフォルニアの、かの有名な観光地、ゴールデンゲートブリッチへ。


f0046982_513277.jpg
橋が高いからか、上の方は霧がかってました。
近くで見ると、とにかくでかいです。大迫力!


橋を渡って、車を止めてビューポイントで休憩。

f0046982_5164043.jpgf0046982_517057.jpg
綺麗な景色にはしゃいでいた可愛い子供達。


f0046982_98454.jpg
ゴールデンゲートブリッチと記念撮影。私にっこり。


また車を走らせて、海沿いの街に。
景色が美しい街で、南仏を思い出します。



f0046982_534753.jpg
海岸沿い、みんな日向ぼっこ。の〜んびり。

こんな人たちを見てると、人生焦ってもほんとしょうがないな。
自然にいこう。どうにかなるさ、と思ってくる。


f0046982_5362557.jpg
カウボーイも、ボ〜 っと。


f0046982_535882.jpg
本当に気持ちよさそうに太陽にあたる女の子。
カメラを向けたら、自然に笑ってくれた。



f0046982_6344521.jpg
街のメイン通り沿いは、きれいな海になっています。
さわやかな風が街を通ります。


f0046982_5371277.jpg
たくさん歩いて疲れたのでカフェでアイス休憩。

カフェに並んでいる
フルーツヤサラダ、タルトなど、自家製でなんとも美味しそうでした。
アメリカのカフェのこういうスタイルが好き。

パリにも東京にもない、フレッシュで、大胆なこの感じ。


f0046982_547586.jpg
わ〜おいしそうだな〜と眺めていると、アジア系のカフェの主人が、
「日曜日は手作りのお菓子をここにいっぱい並べるよ!」と話してくれた。

こんなカフェが家の近くにあったらいいのにね〜。


f0046982_5375083.jpg
かわいらしい小さなカフェでした。




f0046982_6103698.jpg
偵察に入ったワインショップで、磁石でくっつく変な怪物たちを発見。
彼にはすごい勢いで止められましたが、
すごくひかれるものがあって、迷いに迷って、買いました。
いま私のパソコンに磁石でくっついてます。
見るとつい笑ってしまう、愉快な友達。



更に車を走らせ、サンノゼという街にきました。
しばらくここにいます。



ホテルの近くの、地元民で賑わうお店で晩ごはん。


f0046982_62323.jpg


アルゼンチンお思い出す、大きなお肉のかたまり。

f0046982_5565490.jpg
で〜ん。すごい量です。

残念なことにほとんど食べれなかった。
や、野菜が食べたい

いつまでたっても、アメリカぽい食事になれないですね。
去年は一年間フランスに住んで、「郷に入っては郷に従え」
という教え通りにしてみましたが、結局のところ
あっさりした和食が一番なのが正直なところ。

よく海外にいられるよね? と色んなひとに言われますが、
こんな日本人もね、いるんですよ。

たべるのが好きなので色々とトライはしますが
納豆ごはん、味噌汁に刺身がやっぱり大好きですな、すいません。


f0046982_5384213.jpg


今回は、ボーイフレンドの仕事にくっついてカリフォルニアまで来ています。
書ききれないくらい大変なことが毎日あるけれど、
大好きな人と色々な経験ができて、毎日わくわくいっぱいで幸せです。

来週からはフランスのボルドーへ、ワインの仕事がたくさんです。
世界最大級のワインの展示会。とっても楽しみ。
by picnic_marin | 2011-06-14 06:31 | 2011 USA | Comments(4)
スーツケースのこと
日本人はとてもハードで丈夫そうなスーツケースを
持っている人が多いな、と思います。

私も初めての海外旅行で買ったスーツケースは、
硬くて丈夫そうなのを買いました。
(やはり海外は危険だ!というイメージが強くありましたから。)

しばらくそれを使っていましたが
外国人のほとんどが、ソフトなタイプの
スーツケースを使用しているのを見て、去年買い替えました。


f0046982_3225860.jpg
柔らかいスーツケースの人がほんと多いですよ。

f0046982_7412950.jpg
あれもこれも

f0046982_741493.jpg
このタイプが主流です。


表面が硬くて丈夫なスーツケースは、
なにしろ丈夫だし、見かけもカッコイイので良いのですが
カバン自体が重いのと、厚さがあるので、
たいして中に荷物が入らないのが、多い気がします。

すごい乱暴に投げられるから、硬いほうがいいだろうと思うかもしれませんが
そんなに心配しなくてもいいかな、と個人的には思います。

でも、リモアのスーツケース、かっこいいですよね〜
あれは中身がすごい入りそうです。欲しいけど高いなぁ。




何度も飛行機に乗って、毎回心配になるのは、
それはやっぱり、重量制限です。

航空会社によって違いますが、23キロまで、というのが多いです。


いろんな航空会社にのってますが、
今でも重量制限の審査の時ほど、謎なものはなくて
チェックインの人によってだいぶ対応が違うんです。

苦労して23キロに荷物を抑えたり、
25キロくらいあってダメって言われたらどうしよう…と
すごいドキドキしたのに、

計りの数値さえ見ないで
「はいOKで〜す、次〜」ってスタッフもいて
私の心配はなんだったのよ!! と拍子抜けすることもあれば、

1キロ超えているだけで、「追加料金がかかります。今減らしますか?」って
手厳しいスタッフも。

その場合、カウンターの横でスーツケース広げて、
ゴソゴソしなくてはいけないから、
かなり嫌なのです…(何度もやったけどさ)



この前、初めてJAL国際線にのって、びっくりしたのは
エコノミークラスでも、23キロの荷物が、2つまで OKということ。
だから、46キロまで良いということ !さすがジャパン!
荷物が多いひとは、JALをおすすめします。

でもへんだな、と思うのは
例えば25キロのスーツケースはダメで、一個の荷物が23キロ超えてはダメ。
分散してる必要があるみたいです。



人の用途によって違うので、参考になるかわかりませんが
自分のスーツケースは、こんな感じ。


f0046982_3241644.jpg
荷物の重量を超えないためそんなに大きいのを持ちません。

どんなにうまく詰めても、重量制限を超えてはしょうがないです。
洋服は一番最後に詰めます。


ちなみに最近気がついた、自分的もって行くと良いもの

・粉末洗濯洗剤 (いつもタッパーに入れて持ってく)
・小さい洗濯物干し (干すとこがないホテルあるのでかさばるけど便利)
・爪切り (ただ日本の爪切りが好きなだけ)
・バスタブで髪の毛を詰まらないようにする小さい網
(人の家に泊まらせてもらう時、髪がたくさん抜けるひとは
詰まる原因になり迷惑になるかもしれないので持ったほうがいいと思ったのだ)


機内にいつも持ち込むもの

f0046982_3371925.jpg
なんか普通のカバンの中身と変わらないかも。汗
リラックスできる音楽と、アロマを持ってくのがおすすめです。
私はハミガキ好きなので、携帯ハブラシはかかせませんな。


写真にのってないけど、あと
・チケットのコピー
・フィルム(手荷物検査のが、スーツケースの検査よりX線量が少ないため)
・カーディガン(上空でめちゃ寒いことがある)
・パソコン(なぜか事務作業はかどるから)


機内ではいろんなことができそうで、
乗る前は、あれやろう、これやろう、と夢は膨らみ、色々持ち込むのだけど
あんまり、できないです。

飛行機ってすっごい疲れます。


ありえない瞬間移動しているからか
誇りっぽいからかなのか、放射能をたくさん浴びてるからか

細かい理由はわかりませんが、私の場合
いつもたいしたことできないですよね。
(前にアニメーションの色塗りを延々14時間やったけど、あれは異例)



旅行者の参考になればと思います。ではまた。
by picnic_marin | 2011-06-14 04:14 | 2011 USA | Comments(7)