日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
お久しぶりです
ブログ完全に更新ほったらかしになってしまい
見にきてくれていた方、ほんとすいません!

タイからベトナムへいつまでたっても進まないですね…!


今日、マイムの稽古中に感電もしてしまったことですし、
旅行の記憶がどんどん消えて行っちゃいそう。


f0046982_422542.jpg



最近、仕事以外で、パントマイムの方が忙しさのピーク…
11月の早稲田祭出演のための練習やソロの作品づくりだとか、
12月のシアター公演のmaimuimaの稽古など

なんだか書いてるだけで頭がいっぱいだ〜



ゆとりは大事ですね。

日本にいると「休むことは悪い、ずるい事だ。」みたいな常識があるから
ついつい頑張りすぎちゃいます。

ちょっとゆとり時間を作ろうっと…
ベトナム日記も、早く書きますね!


なんだか最近、適当なものしか食べてないからか
自分も適当な人になってきているような?
食事、大事ですね。美味しいもの食べよう。
by picnic_marin | 2011-10-26 04:32 | 2011 東京 | Comments(0)
maimuima 公演情報
ちょこちょこブログにも書いていますが、
12月、パントマイムのシアター公演に出演します。

予約は、もう受け付けています。
このブログのコメントでも、私へ直接メールくれても大丈夫です。

フライヤーも欲しい方いたら
全然送りますので遠慮なく申し出て下さいね(^^)

ちなみに以前、私のパントマイムの公演へ観に来てくれている方には
いま送る準備しています。お待ちくださ〜い。


f0046982_4393136.jpg


maimuimaその2「誤解です。」
2011月3日、4日
@シアターバビロンの流れのほとりにて
(南北線「王子神谷駅」徒歩10分)

12月3日…14:00/19:00
   4日…13:00/18:00
※開演30分前

ご予約2000円 学割(要学生証)1500円 当日2300円

出演:いちょう、小川芳幸、垣本朋絵、隅田栄子、高寺なつ乃
花村拓哉、朏、みぞろけまりん、村瀬千佳子、ヤマスケ


maimuimaのHPです。
http://maimuima.web.fc2.com/

※HPのトップページで、maimuimaの人たちの映像がみれます。
とってもかっこいいので是非観てみて下さい!


f0046982_4394633.jpg

by picnic_marin | 2011-10-26 03:40 | パントマイム | Comments(0)
タイからベトナムへ
タイのバンコクから、ベトナムのホーチミンへ移動します。
一応今回の旅はベトナムがメインで、タイはおまけという気分で来ています。


f0046982_1216797.jpg
タイのカラフルなタクシーにさようなら


f0046982_12162720.jpg
バンコク空港。世界中のありとあらゆる人種がいて面白いなー


f0046982_12164453.jpg
チェックインカウンター。初めて乗るアジアンエアー、真っ赤なイメージの会社。


f0046982_1217071.jpg
空港でお昼ごはん。タイのラーメンとレモングラスティー。
タイは空港とか室内が、冷房が強くて寒いため温かいものを欲します。



f0046982_12182499.jpg
バンコクからホーチミンまではだいたい2時間くらいだったかな。
チケットが安い分色々削減している飛行機会社で、飲み物も一切でない。





ホーチミン到着!


「ベトナム入国するには観光でもビザが必要」という間違った情報。
私は、いったいどうして思い込んでしまったのだろう。

後で知ったのですが、
日本からベトナムの入国で15日以内の滞在なら原則的にビザは必要ないそうです。
なのに、私は間違えてとっちゃっいました。

ビザ取るのに事前に予約したり書類書いたり、顔写真わたしたり、
列並んだり、25ドルかかったり…

全部無駄な行為でした〜あーあ。


f0046982_12184140.jpg
混雑するビザの受付口。ちなみにアメリカ人は短期間でもビザが必要だそうです。


f0046982_12185396.jpg
空港で書くだいぶ面倒くさい書類です。


f0046982_1219573.jpg
これがベトナム入国ビザです。

パスポートの出入国スタンプページがこのビザで一ページも取られてしまい、
あーあと思った。ページが一杯になったらまたパスポート更新しなきゃいけないので面倒。



ガイドブックに書いてある通り
出国ロビー出たとこにある5軒くらいのお店で両替をしました。(安全でした)
ベトナムの通過は"ドン"というお金。ドルが使える時もあります。

10,000ドン= 40円(だいぶ約にしちゃってますが)

やたら0が多くて、計算がほんと大変。こんなわかりずらい国は初めてですよ…
しかし、レート換算をしっかり理解しないと
騙された時わからないので悪い頭をフル回転して数学がんばります。

こんな時のために小学校の時、もっと数学ドリルがんばりゃよかったな…。



f0046982_12191826.jpg
そんなこんなで空港からホーチミン市内へ
はじめての国なのでタクシーに乗るだけでも、かなり緊張。

空港からホーチミン中心街のホテルまでは、
空港にあるタクシー手配会社で、7ドルだして手配してもらいました。

ベトナムの物価はタイよりもそうとう安く、通常タクシー初乗り37円なので
空港まで7ドルというのは、ここの物価にしたら少し割高ですが、
色々考えてこの選択を取りました。


空港に止まっている客引きがうるさいタクシーは、メーターが早いとか
一般価格より割高にとられたりとか悪質なのが多く危ないとのこと。

まあ、騙されても円に換算すると、ほんとちっぽけな金額なのですが、
「騙された」という事自体がそうとう気分悪いです。


後の日記で少し書きますが、この国はそういうのばっかりで大変でした。
私にとって初めて入国する共産主義の国。

日本やアメリカ、ヨーロッパとも全然文化が違い、色々勉強になりました。


f0046982_12583561.jpg


※ここで書いているレートは2011年10月の事です
by picnic_marin | 2011-10-10 13:04 | 2011 ベトナム・タイ | Comments(0)
タイの食道楽
郊外の水上市場のつづきです。

郊外からバンコク中心部へ戻りました。
お腹ぺこぺこなので、そのまま巨大ショッピンングビル「MBK」の
フードコートへ来ました。


f0046982_0353351.jpg
15店舗以上の小さいお店が集っていてすごい活気です。


f0046982_0352657.jpg
ベトナムのフォー(麺)の具材かな。団子とか、鶏肉などなど。


f0046982_0362372.jpg
これは中華ラーメンかしら。赤い鶏さんたちはチャーシューです。


f0046982_0353883.jpg
ここで現金をクーポンに換えます。


迷った中、私はこんなお皿になりました。

f0046982_0391558.jpg
そうめんを少し太くしたような米麺の上に
水っぽい辛い〜カレーと、辛い空心菜の炒め物がのっています。
カレーには大根とジャガイモのあいのこみたいな不思議な野菜と鶏肉が
たくさん入っていました。一皿150円位。
奥の紫のは、小さい茄子。
辛い料理をたべて、つら〜い、となった時にかじるものかと。


f0046982_0394417.jpg
家族にお手紙を書きます。海外から送る手紙は切手が変わってて面白いです。


デザートまでちゃっかり。フードコート内にあるココナッツアイス屋さんに。

f0046982_0401719.jpg
上にのっける具をトッピングを選ぶ。


f0046982_0414268.jpg
ナタデココ、ココナッツミルク、バナナをトッピングしてみた。
赤っぽいのは、バナナを煮たもの。
バナナって煮ると美味しいのね。お芋みたいになるよ。

それしてにも、ここのココナッツアイスはほんとに美味しかった。
MBKに行く方いたら、是非フードコートのここのアイスを!
こんなに美味しいとは思いませんでした。


MBKは、バンコクの若者が集る所らしいです。


f0046982_0441267.jpg
とにかく広くて、ごちゃごちゃして上野が集っちゃったみたいな場所。
上の方の階は、秋葉原にいるような雰囲気で、
電化製品や携帯、パソコンの付属品が揃っています。
ゲームソフトやパソコンのコピーソフト、DVD、なんでも堂々と立派に
売っていてすごいことだなぁ、おいおいと毎回思う。


最近はカメラの階も新しくできたそうで、
もちろん売っているカメラはバッタではないです。

覗いてみたらカメラ製品は日本製が勢揃い。
カメラって日本が誇る特産物であり、文化だ。すごいよ。
ちなみにカメラの値段は日本より少し高いくらいで、ヨーロッパほど高くない気がしました。


f0046982_0351027.jpg
ここでiPhoneの携帯カバーを買いました。


f0046982_11485977.jpg
本物の木を使ったアメリカ産の手作りのものらしいですが、
いけてるのかいけてないのかよくわからん…
とりあえず今のカバーが壊れていたのでこれを買う。


f0046982_0424454.jpg
店番のおばさんたち、机と椅子をひっぱりだしてきて通路でお昼ご飯。
タイではよくある風景。



f0046982_029224.jpg
一度ホテルへ戻って休み、また出発。
タイ舞踊を観に行きます。


f0046982_029175.jpg
電車内に貼られていた。この人たちに席を譲ってあげましょうね、の中に
お坊さんのイラストも。仏教が日常に馴染んでいるんですね。


マイムをやっているので、タイ舞踊は必ず観てみてみたかったのです。
とても期待していました。
バンコクでも色々ある中、siamniramitというタイ舞踊を選びました。

電話で予約をして、駅から無料の小さいシャトルバスに乗せてもらい
10分ぐらいで劇場へ到着。


f0046982_0292558.jpg
思ったより規模がでかそう、とこの時思いました。


感想を忘れないうちにここへメモ。

予約した時は、古典的なタイ舞踊を観にきたぞと思ったのに、
とんでもなビッグなエンターテイメントでした。
タイの文化とか仏教についての説明をしている公演なので
一見退屈になりそうですが、演出がすごすぎて、なんだろう…口開けっ放しでした。

とにかく豪華です。
信じられない事に舞台が15回以上変わっていたような…
5分ごととかで、ガンガン変わって行くのですごいことです。
舞台装置をみているだけで楽しめました。

一番びっくりしたのは、
いきなり舞台上に川ができあがった時です。
明転して、水の音と匂いがするけど、まさか?という感じで川が出現。
そのあとも、川に雨が降ったり、川が地獄になったり、もうすごい自由でした。

動物もたくさん出てきました。山羊と象が印象的。象が2頭ですよ。
すごい迫力です。

最後のシーンがすごくて、ワイヤーづりの人間が20〜30人くらい
どば〜と、でてきちゃいました。
仏教の神とか天使が飛んでいる様に見せていて、本当に天国みたいでした。
ああ、良い行いをしていれば、こんな世界が待っているのかしら…と、
演出する人の思うままでした。

舞踊家は150人位いて、全員とてもすばらしい踊りを見せてくれましたが、
あまり動きに重点を置いた演出ではなかったので、
もし次回タイ舞踊を観る機会があったら、
もっと小さいところへ行ってみようと思いました。


siamniramitのHP
ここのトップページで動画みれます


f0046982_045252.jpg
公演後、舞踊家の方と。すごいきらびやかな衣装です。

ホールを出ると、どしゃぶり。すごい雨でした。
激しい雨の中、またミニシャトルバスに乗って駅まで送ってもらいます。

雨がとにかくすごかったので夕食は、駅のすぐ横にあった
屋台みたいな店にふらっと入りました。

この店がなんとも、タイ人しかこないローカルな店で面白かったです。


f0046982_032850.jpg
まずメニューがタイ語しかなくて、いったいなんなのだか全然わからず。
適当に選んだり、隣の人が頼んでいるのを指差してもってきてもらいました。



f0046982_0312387.jpg
海老(生)、エシャロット、ネギを甘辛いソースで絡めたサラダ。
ビールによくあいます。それにしても辛かったけど食べた。
辛いのにちょっとは舌が慣れてきたかな。


f0046982_0322097.jpg
海老のチャーハン。さらりとして美味しかった〜


f0046982_033225.jpg
辛い辛ーい、グリーンカレー。タイならでは野菜が入っています。


f0046982_0333058.jpg
なんか葉っぱの天ぷら。
小さいイカ、ニンニクやライムが入った辛いソースで食べます。


f0046982_0334658.jpg
きれいな色のスムージー。
ドラゴンフルーツ、砂糖、氷をミキサーに入れて作っていると思います。

こんなに頼んでも全部合わせて1000円以内だったかな。
大衆的なお店はほんと安い、そして美味しいです。



食べ終わっても外の雨はやまず、夜中まで雨は降り続きました。
次の日はいよいよベトナムへ。

ベトナムには、実はワインの仕事で行くのですが、どうなることやら。
もちろん観光も楽しみたいと思います。
ブログには観光のことをつらつら書きます。



つづく
by picnic_marin | 2011-10-09 14:31 | 2011 ベトナム・タイ | Comments(0)
バンコク郊外の水上市場
途中、途切れていましたが、最後まで書きました。
途中の文章もちょっと編集して長くなっちゃいました。


タイ二日目の早朝。

6時半にホテルを出て、タクシーの運転手と交渉をし、
バンコク郊外にあるフローティングマーケットまで乗せてもらう。


f0046982_13182384.jpg
フローティングマーケットは河でひらかれる市場のことです。
テレビで見た事があり、いつか行ってみたかったのです。


f0046982_13212330.jpg
フローティングマーケット、とにかく遠いです。車で一時間強かかります。
タクシー代は、片道600バーツ(1500円)くらいだったかな。


そうそう、タクシーの運転手のおじさんが相当マイペースでした。
その話をちょっと。


高速道路に入る前くらい、道から外れるので、
おいおい、どこへいくんだよ。と、聞いたら、

「飲み物のみもの〜」(タイ語なのでよくわからない)というような仕草をして
セブンイレブンの前で止まった。



f0046982_1155139.jpg
ああ。なるほど彼は飲み物を買いたかったのか…

メーターも無駄に動いてないし、ただ喉が乾いたから寄っただけのこと。

お客さんを乗せているときに、運転手がセブンに寄るなんて
日本ならありえないですが、
のんびりした国なので、こんな事もあるんですね…


f0046982_1224692.jpg
私も謎の豆乳ドリンクを買いました。甘〜い豆乳。


タイのコンビニの前ではいつも屋台が2、3件見かけます。
ぼーと眺めていると、いろいろ発見があっておもしろいですね。
ご飯をこんな形で炊いていました。


f0046982_12204756.jpg
日本だとアウトドアという言葉でも使うのでしょうか。
タイは「え、こんなところでも、ここでも料理するの?」
と毎回びっくりさせられるほど
野外の街角の道路で、飯を炊いたり、野菜を炒めたり、食器を洗ったり、
その場で売っています。なんだかたくましいです。



運転手さんの話に戻ります。

しばらく車を走らせると運転手さんはまた道からはずれたので
おーい、今度はなんだよー!
と、思ったらお寺に入りました。


f0046982_11532977.jpg

了解もなくいきなり行ってしまうのが、ほんとマイペース。


f0046982_11443179.jpg
日本でいうお線香のような物を運転手のおっさんが買ってきてくれて
一緒に階段を登ってお祈りを。日本と似ていますね。

そして薄い紙を渡されたので、いったい何だろう?と思ったら
金ぱくでした。金ぱくをこうして大仏様に貼るんです。


f0046982_1204570.jpg
f0046982_12273915.jpg
こんな文化があるのかぁ。と初めて知りました。


タイ人は全体的にマイペースだとわかってはいたけど…
いやーほんとにのんびりな人種ですね。

あとでお参りツアー代だとか言ってお金吹っかけられるんじゃないのか
軽く心配しましたが、笑
そんな事はなく、彼はただ神様にお参りしたかっただけでした。

タイ人はなんだかんだありますが、仏教が強い国。
お金をくれる人に、心から感謝をして生きているんだと思います。


ちなみに、ここでもし吹っかけられても、日本円で500円以内のことですが、
タイの原価のことを考えると毎回ものすごいケチになってしまう私です。

びっくりするかもしれませんが、
タイの公務員である警察官の一ヶ月のお給料は、約2万1000円くらいだそうです。







さてさて、やたら前置きが長くなりました。やっと着きました。


f0046982_1231483.jpg
水上市場中心から少し離れたところにある船乗り場。



f0046982_1232574.jpg
ココナッツジュースを頂きました。

以前の日記で書いたことがありますが → 以前の日記
タイではよく飲まれる天然の透明な甘いジュースです。

タイは暑いので水分とる機会がとても多いです。


f0046982_12355916.jpg
きれいな色のテーブル。
ビールの蓋がたくさん並べられていますが、これでゲームでもやるんでしょうかね。



f0046982_12365968.jpg
このボートに乗ります。

船は貸し切りで1500B(3500円)でした。
タイの物価から考えたら結構いい値段なので、ケチな私達にしてはふんぱつしたほうかと。笑


f0046982_12415278.jpg
さて、船が出発します。


ディズニーランドにあるジャングルクルーズに似ています。
いや…もっとリアルに、野蛮にしたような感でしょうか。
後ろにこいでくれるおじいさんがいます。


f0046982_12441743.jpg
水しぶきは、どんどん飛んでくる〜


f0046982_12451042.jpg
川から一般のタイの人たちの生活の匂いを感じられるのは面白いです。



f0046982_12463327.jpg
タイの犬はみんなダラダラしています。暑いからやる気がないんでしょうね。



f0046982_0594329.jpg
途中、さとうきびジュースを飲みました。天然のあまーい味。


市場へ近くなってくると、食材を乗せたボートがたくさんあります。
欲しい食べ物が乗っていたら、大きい声で呼んで買えます。

f0046982_114441.jpg
ココナッツジュース売りの船


f0046982_141866.jpg
バラを売っているおばさん


f0046982_165942.jpg
コーヒーを買ってみました。コンデンスミルクが入ってます。



市場の中心街まで行くと、船はひしめき合い、渋滞に。

隙間がちょっとあれば、ぐんぐんと入っていく船たち。
交通ルールなんて、まず無さそうです。
そして船どうしはガンガンぶつかります。

f0046982_1164269.jpg
これは観光用のお船。



f0046982_173771.jpg
休憩しているおばさんのスレスレ隣を通っていきますよ。
タイの女性が選ぶ服は、みんな色が濃いですね。



f0046982_112945.jpg
このおばさんからマンゴーを買いました。


f0046982_1124952.jpg
むいてくれます。美味しかった、甘くて香りが強くて。90円くらいかな。


f0046982_1152213.jpg
マンゴー大好きなので、もう一回このおばさんから買いました。


f0046982_1182637.jpg
グレープフルーツを剥く青年。いいにおい。


f0046982_119356.jpg
南国らしいフルーツをのせた船



f0046982_114222.jpg
f0046982_1144883.jpg
みんなのんびりしています。


f0046982_1202540.jpg
市場を通り抜けて、住居エリアのすぐ隣をすいすい。


f0046982_121354.jpg
洗濯や、料理は川沿いでみんな済ませている様子です。
同じ河沿いの街でも、ベネツィアとは全然違いますね〜。


f0046982_1244157.jpg
お花が好きなおばさんの家でしょうか。
温かい気候なので、植物もぐんぐん育っちゃいますね。


f0046982_1254369.jpg
おじさんが私達を眺めていました。
いったいどんな気持ちで観光客を眺めているのでしょうか。



f0046982_1314126.jpg
こんな椅子に座ってました。古い船で雰囲気があります。



フローティングマーケットの感想です。

貸し切りの船で生活感漂う風景を眺めたり、
船上で果物を買ったりするのは、とても新鮮でした。
いろんな匂いのする市場から漂う異国の風、なんとも気持ちがよいものでした。


しかし、
あまりに観光地化されていたのが残念でした。

物を買って下さい、とずっと言われ続けたりする土産店もあり、
物乞いとは全然違うのですが、面倒くさいシチューションもありました。

ここに住んでいるタイの人たちは、
私たち観光客からの収入で家計を支えているのだなぁ、と強く感じましたが
それは、住民にとって本当によかったのか、悪いのかわかりません。

市場として普通に使用している現地の人はほとんどいないと思います。


f0046982_1325390.jpg
船から降りてひと休憩。60分の船の小さな冒険でした。




バンコクにまた戻ります。つづく…
by picnic_marin | 2011-10-06 12:50 | 2011 ベトナム・タイ | Comments(2)
タイのマッサージ屋さん
バンコクに到着した日の午後
私の希望でマッサージへ屋さんへ行くことに


f0046982_17575113.jpg
ホテルから大通りまで乗せてくれる無料のトゥクトゥク
トゥクトゥクはバイクと車のあいのこ。タイの観光用の乗り物です。
乗るとテンションがあがります。


f0046982_1759254.jpg
携帯を使えるようにするためにコンビニに。
日本ほど数多くはありませんが、タイ国内にコンビニはたくさんあるんですよ。


f0046982_1758297.jpg
これは、日本の100均の製品かしら。
タイでは、日本の商品や食品をよく見かけます。


f0046982_17581667.jpg
コンビニなのに調味料がこんなにある!


f0046982_1758332.jpg
わわ、なんじゃこのピンクの怪しい卵は?
パッケージを見たら、ピータンでした。
あれ、ピータンって、ピンク色だったかしらね?


f0046982_17584221.jpg
タイの携帯会社のSIMカードを買って、自分の携帯のSIMカードを差し換えます。

SIMカード(番号のえとく)は、100バーツ(250円)でした。
プリペイド式なので他に200バーツ(500円)分のチャージもします。
東京のsuicaみたいなもんです。


コンビニのレジで「200バーツのチャージを下さい」と言うと買えます。
するとこのようにレシートをくれます。


f0046982_17585879.jpg
下の方書いてある3桁のSIMカードの会社へ電話し、
自動音声に従って、レシートに記載された14桁の数字を入力すれば
チャージ完了。わからなければ、店員さんに手伝ってもらったりします。
タイの人は、こういうのほんと親切ですよ。

アメリカやフランス、アルゼンチンでも
これと全く同じチャージシステムがあって便利です。
私が思うに日本の携帯電話のシステムは世界で一番
複雑なんじゃないかなあ、と思ったりします。


※念のため書いておきますが、私はフランスで買ったSIMなしiPhoneを
タイで使っています。日本のiPhoneも別に持っていますが、それは日本国内専用。
日本で販売されているiPhoneは、softbank以外のSIMでは使えないように
作られているのでSIMを差し換えても使えません。


f0046982_17591092.jpg
コンビニで買ったスイカのアイスバー。外は暑いのでおいしい。



f0046982_1811917.jpg
私の強い希望で、マッサージにやってきました。


バンコクは、マッサージ屋さんが街中にあります。
5分歩けば、5件は見つかるくらい。


前回タイへ来た時、マッサージ屋へ毎日のように行っていました。
物価が安いので60分マッサージしてもらっても800円程度です。

その価格くらいのマッサージ屋は、安くてそれなりに気持ちよいのですが
雰囲気やリラックス感でいったら、そこまで質はよくありません。

今回はもっと雰囲気の良いとこに行ってみたいな!と思ってて、
いろいろ探してみました。

ホテルから歩いてすぐだったのもあり、ディヴァナスパというところへ
日本のガイドブックで見つけたお店なので、
なんとなく日本人好みの店でした。もちろん良い意味で。


f0046982_181620.jpg
うっそうとした植物に囲まれた一軒家。


f0046982_18514814.jpg
ついたら、とうもろこし茶を出してくれました。
おしぼりを出すあたりが日本人うけよさそうです。


f0046982_1804046.jpg
エントランス。和やかでとても良い雰囲気でした。


あらかじめネットでどのコースにするか調べていましたが
お店には日本語のメニューがありましたよ。

アロマオイルボディーコースにしました。100分で1800バーツですが、
HPにあったクーポン券をホテルでプリントしてもらい持って行ったので
1400バーツ(3500円くらい)になりました。はい、ちゃっかりしてます。


f0046982_17594639.jpg
ガラス瓶に入っている4種類のアロマオイルから好きな香りを選びます。


ひとりずつの個室へ行って、シャワーを浴びて
紙パンツだけはき(笑)すっぽんぽんになってマッサージしてもらいます。

マッサージしてもらった感想ですが、すごかったです!

私は8年前くらいに、会社の無料券で(本来90分で18000円の券だった)
同じようなアロママッサージを東京でしてもらったことがありますが
それと同じくらい、いや、それ以上のクオリティでした!
スタッフのタイのおばさんの技術やサービス、きめ細やかさ、すばらしかったです。

100分ってかなり長いので、足裏から頭の上まで、ほんとゆっくりじっくり、
ほぐしてもらえました。
私の乾いた感想お肌も、ふにゃふにゃすべすべになりましたよ。

東京は物価が高いのでマッサージなんて私は行けたものではありませんが
タイへ旅行する機会がある女性は是非、
この気持ちよさを体験して欲しいと感じました。


f0046982_1802352.jpg
マッサージが終わったら、だしてくれるお茶とフルーツ。

なんだこりゃ!という形状ですが、ドラゴンフルーツと言って
甘酸っぱい梨みたいな食感のタイでは一般的に食べるフルーツです。


f0046982_1805267.jpg
ディバナスパ http://www.divanaspa.com/





夜ご飯は、ショッピングモールの中にあるタイ料理を食べました。


f0046982_182950.jpg
ここに来るまで、タイにいるのになぜかタイ料理屋が見つからず
暑い中、かなり歩いたり、喧嘩したり、クタクタに…


f0046982_1813174.jpg
だからビールがもう、美味しさと言ったら…

チャーンビールはタイで一番一般的なビールで100円くらいです。
しつこいですが、タイの何がいいって、なんでも安いところ。


f0046982_1814687.jpg
私がタイ料理で一番すきな、パッタイ。タイ版野球うどんです。
お米でできた平たい麺にいろんなハーブで焼いてあります。
海老のダシがよくきいています。



夕食後にホテルの近くをうろうろと、たくさんお散歩。
涼しくなってきてからのお散歩が好きです。

次の日が早く起きなくてはならないのもあって、この日は早く寝ました。
旅行中は、ついつい予定を詰め込みすぎますが
あんまり無理をしないのが大事です。



次の日記はずっと行きたいと思っていた
バンコク郊外のフローティングマーケットへ。

続く
by picnic_marin | 2011-10-03 19:20 | 2011 ベトナム・タイ | Comments(0)
バンコクのタクシー
はて、どこの風景でしょう?

f0046982_965031.jpg




タイの首都バンコクにきました。
上の写真は、今さっき撮った写真です。曇り空のバンコク。


バンコクはちょっと寄り道で来ていて
この後、ベトナムへ行きます。(ほんとはインドへ行きたかったなぁ)


今回、仕事はお休みをとり、マイムの方も秋に大きなイベントがあったり
冬に公演があるのに練習をお休みして来ているので
なんだか申し訳ない気持ちをいっぱい引きずってここに来ていますが
せっかくきたので、初ベトナム観光を楽しみたいと思います。

ベトナム、いったいどんな国なのだろう?

初めての国に訪れる時の興奮と経験は、
私にとって、何にも変えられない幸せがあります。


いつも、帰国してからゆっくりブログ書こ〜。と思うんですが、
実際、東京へ帰ると忙しくて全然更新できないので
さくさくと現地更新しよう!と今回考えています。

読んでいる皆さんも、一緒に写真旅行をしている感じで
のぞいて頂けたらいいな、思います。




ここへ来るまでの道のりから書きましょう。

f0046982_95312.jpg
深夜の出発なので羽田空港はガラガラ
今回はJALを使いました。


f0046982_954421.jpg
機内食は日本食。JALのゆずジュースが好きです。



飛行機に6時間乗って、バンコクに到着。

f0046982_955666.jpg
近いですよ、タイ。

ほんのちょっと寝ている間についてしまいました。
ヨーロッパに行く時のあの遠さと苦痛を考えると(ヨーロッパは14時間くらい)
タイはほんと近いので楽です。


f0046982_962527.jpg

今回珍しく眠ってしまったので、映画一本しか見れなかったです。
「ハングオーバー2」みました。
前にアメリカでみたけど、英語だったから完全に理解できず
日本語で見ました。相当面白い!!
映画の舞台がバンコクなので、より楽しめました。



ここでちょっと
空港からバンコク中心部へ行く時のタクシー情報を書きます。


空港から外で出ると、湿気を含んだ生ぬるい夏の空気。
おおータイへきたんだな〜っと、感傷深くなっている暇もなく
うるさいタクシーの客引きがたくさんきます。

そういうのは、全部断ります。
ツアーもしますよ!と安くしますよ!とか色々言ってきますが
ろくな事がないらしいので無視して素通りをします。

タイは治安がいいので、そいゆうタクシーに乗っても危なくはないです。
ぼったくられても物価自体が低いのでそんなに被害はないだろうけれど
あまりいい気分ではないと思うので。


f0046982_96114.jpg
カラフルなバンコクのタクシー達


奥の方にある「パブリックタクシー」と書いてある乗り場へ行きます。
専用カウンターがあるので、そこで行き先を言って案内されたタクシーに乗ります。


f0046982_963886.jpg
バンコクは、タクシーの初乗りが35バーツ(85円くらい。安い!)なので
35バーツからメーターがスタートしていることを確認して乗ります。

空港からバンコク中心部まで
およそ200〜300バーツ(500〜750円)かかると思います。
(400や1000バーツと言われたらちょっとぼられてます。)


運転手から、高速道路を使ってもよいか聞かれるので、OKと言い、
高速道路入口の料金支払い所にきたら、運転手に45バーツを払います。
もう一つ高速道路に乗り換えるので、再度30バーツを払います。



なんか、タクシーだけで一苦労じゃあないか、という感じですが
タイは笑顔の国です。
お金を持っている人に対してみんな優しいので大丈夫です。

ボってしまうタイ人も、いたって平和にぼります。
ぼっていることをこちらが指摘すると「えへへ。」と
子供が悪い事をしてような笑顔で対応されるので、
危ないことにはなりません。
タイ人は仏教の国なので争い事を絶対にしません。

そして、もしボっても400バーツくらいなので(たぶん)
私たち日本人観光客にしたら1000円くらいです。

でもタイ人からしたらすごい大金なので
私はまだボラれたことはまだありませんが、
もしそういう事があったら
タイ語も英語もできなくても自分はピーピー文句を言いそうです。


※現在、100バーツ=250円くらい



バンコクの日記、続く
by picnic_marin | 2011-10-02 10:47 | 2011 ベトナム・タイ | Comments(0)