日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
お魚勉強会
魚を食べるのが大好きだけれど
自分で魚料理はまるで作れないので
前からもっと作れるようになりたいな、と思ってました。

小学校からのお友達の絵里ちゃん。
その旦那さんのしんちゃんは元板前さんなので、ちょっと頼み込んで
先日、念願叶ってうちに来てもらいました。

前にも築地の場内市場へ連れてってくれた事もあり
素人の私にも色々教えてくれてとても優しいひとです。(前の日記)

今回、時間をかけてしっかり教えて頂く事ができて
しんちゃんに本当に感謝。ありがとう。


例によって、右から左へとすぐ忘れる頭なので
次回作る時、このページを見て復習できるようメモっとこうと思います。


f0046982_251447.jpg
しんちゃんが仕考えて入れてくれたお手本用の鯛。
私の練習用にアジも用意してくれました。



今回一番知りたかった包丁の研ぎ方。

いつもスーパーの前にくる研屋さんとかネットで頼んでいましたが、
自分でできるようになりたかったのだった。


f0046982_223165.jpg

【メモ】

・砥石はまずしっかり水をすわせること、研いでいる時も何度も水をかける
・目の荒さが違うので荒いの→細かいで研ぐ。DIYの紙ヤスリと原理は同じ
・和食の包丁は基本、片面のみ研ぐ

f0046982_23474873.jpg
・角度は45°、包丁に沿わせる角度は10円玉が一枚入るくらいの角度
・包丁のさきっちょから研いで行く
・基本的には、料理した日は毎日包丁を研いだ方が良い
ガス台の掃除とかと同じ原理で、たま〜にするとすごい大変だけど
毎日やっていれば簡単で済む

・お酒を飲んでいる状態では絶対にやらない、超危険
・砥石は大変粒子が細かいので、終わった後は、使った道具は、ちゃんと洗う事


【研ぎ終わった後のチェック】
・触ってみて、刃が研いでいないほうの刃に
ちょっとだけ跳ね返っている状態がいい
・左手親指の爪に当てて、包丁が研げてているかをチェック
どこの部分もひっかかる感じが良い。


f0046982_22934.jpg
初めて包丁を研いでみて思ったのが
これはすごい集中力がいる作業なのだな、と思った。
ちょっとやっただけで汗ばみました。

角度は絶対に一定にしないといけないし、
抑えている指をちょっと下にやったらスパッと切れてしまうだろうし、
重心とか、意識するところがいっぱいある。
おしゃべりしながらやるものではない作業だ、と思った。



さて、お魚さんをさばいていきます

f0046982_2213077.jpg
ざっくりな順序

1 うろこを落とす
2 頭を落とす
3 内蔵を取り出す
4 背骨に付いている血合いを洗う
5 エラをとって、洗う
(ここまでが水洗いという)
三枚におろす
好みで皮を取る


アラを使って、潮汁をつくります。作り方は、超シンプル!
金目鯛とか鯛じゃないとあんまり良い出汁が出ないので
美味しくないそうです。アジのアラは使えない。


【潮汁の作り方】

■材料
鯛のアラ


昆布だし
ネギ
好みで生姜汁
(今回入れなかったけどお豆腐を入れても)


f0046982_254768.jpg
アラに塩を軽くまぶして、魚焼器で焼く。

家には魚焼き機がなくてどうしよう、と思ったらしんちゃんが
これでいいよ、といつもお菓子を焼いているガスオーブンを使いました。
ガスオーブンは火力が出るので250°の火力で確か5分くらい。
匂いは全然残りませんでした。


f0046982_2272072.jpg
焼き上がりました。

f0046982_2274915.jpg
鍋に昆布水(※)、アラ、酒を入れて煮る。
塩で味を整え、お椀に盛る。
刻んだネギをのせてできあがり。

f0046982_2283447.jpg
頂く寸前に、生姜汁を一滴だけ垂らすと、
ふわっといい香りがして食欲をそそります。
そういう細かいところが日本料理なんだなぁ。と感じます。


頂いた瞬間、失神するくらい美味しかったです・・・!
こういう料理が家で食べたいから
お魚一匹さばけるようになりたい!と思う。


※昆布水はただ、水に乾燥昆布を入れただけのものです。
冷蔵庫に入れておけば一週間くらいは使えるので
私はいつもペットボトルの水に昆布をポイっと入れて
冷蔵庫にいれてあることが多いです。味噌汁とかにすぐ使えて便利。



f0046982_22145459.jpg
鯛のお造り。
カルパッチョにする予定でしたが、そのままで食べようとなり
わさび醤油で美味しく頂きました。綺麗なピンク色です。



食べてしまった後の写真なんですが…アジのたたきです。

f0046982_22144268.jpg
刻んだネギとシソと軽くあえて、おろし生姜をたっぷり添えます。
こういう料理が一番すき!

私がさばいたので、身がぼろぼろに近かったのもあり(笑)
この調理のしかたが一番合っているなぁ、すごいなぁ、と思いました。



これも私が大好きな料理、かぶと煮です。これもいたってシンプルな調理でした。

■材料
A
昆布水
鯛の頭

ネギの青い部分
ごぼう(酢にさらす)
生姜の皮
---------------
醤油
砂糖

f0046982_2273481.jpg
昆布水に、Aを入れて煮る
煮立ったら、砂糖いれてから醤油をいれる。
醤油の量の目安は全体の1/5くらい

大事なのは、煮たら涼しい場所で冷ます。
煮物は冷めるときに具に味が染みる。

冷ましている時間がないときは冷まさなくてもOK。
その時は具に味にしみていないので
汁で食べれるようにちょっと濃いめの味付けに。(この調理法でも全然おいしい)


f0046982_2215774.jpg
身が少なめなのでごぼうをたっぷり使いました。
ガラ入れとおしぼりを用意して、手でもって
骨までしゃぶって食べるのが一番美味しい食べ方です!

f0046982_228479.jpg
鯛のどの部分だっけか覚えていないんですが(汗)これは塩ふって焼いただけです。
レモンとちょうどあったみょうがを添えて美しく。
盛りつけってほんと大事なんだね。



そんな感じで一匹全部食べきりました。
いや〜、本当に勉強になりました!

これらを自分でできるかって言ったらまず無理なので
まずは安いアジさんから
ちょっとずつ練習して上手になりたいと思います。


f0046982_2282133.jpg
試食会の食卓。
いり鶏、切り干し大根、
みょうがの甘酢漬け、生姜の甘酢漬けは
私の手作りです(^O^)


f0046982_22152247.jpg
〆には稲庭うどん。おろし生姜で頂きます。


憧れるのは、自分で築地に行き、丸一匹買ってきて
残す所なく美味しい料理ができる! というのが夢です。


えりちゃん、しんちゃん、どうもありがとう。
by picnic_marin | 2012-06-26 23:29 | 【2012 料理メモ】 | Comments(2)
おたんじょうび

f0046982_8444242.jpg
ちょうど29年前の今頃、産まれました。
6月24日、朝8時半。福島県の相馬の病院にて。
(写真はマイムの舞台の時の写真です)



20代はやりたいことを全部やったんじゃないかと思うくらい自由に生きました。
自由すぎるので30代はブラッシュアップというか
もう少しひきしめていかんとな。と思います。


ノートに夢とかやりたいことを100個くらい書いていますが
さっき数ヶ月ぶりそのノートに見返してたら、かなり叶っていました。
人生こんなにうまいこと行っていいのかしら!と上機嫌な朝です。


今日は家に高校生の時のバイト仲間が大勢きてくれるので
いまから料理をたくさん準備します(^^)

20代色々とやってきて思いますが
料理とビールが一番すきです。
by picnic_marin | 2012-06-24 08:51 | 2012 東京 | Comments(8)
語学
台風が去ってもまだビュウビュウしていて、今日は変な天気でしたね。


同居人のポーは、仕事でアメリカに行っています。
ひとりで広い部屋にいるというのは寂しいもんです。

f0046982_1411069.jpg
キッチンの窓辺


今まで見ることがなかったテレビを
一人のごはんの時だけ見るようになりました。

よく見るのはNHKの語学番組をぼ〜と見ています。
ボソボソ一人でつぶやきながら。

フランス語、もう全然思い出せない!と思っていたら
聞いているとどんどん思い出してきて、楽しくなってきました。
とはいえ世界で使えるのは英語なんだ。


まだ何も話せない英語か
多少は話せる、好きなフランス語か
どっちを勉強したほうがいいんだろう。

頭の容量が大変少ないので、
どちらを優先させるべきなのか、とても迷います。


9月に、ポーの両親が日本へ観光しにくることになり、
彼らはフランス語と英語を話すらしいので、
どっちでもいいから頑張ってお話したいです。
秋にカナダ旅行もあるので、英語もやらないとな。


歌舞伎、浅草散歩など、一緒に同行したいなぁ、と思っています。
日本の文化を見て欲しいし、ちゃんとそれについて説明も
してあげたいと思っています。
by picnic_marin | 2012-06-21 02:05 | 2012 東京 | Comments(7)
家のこと
今の借家に引っ越しをしてから3ヶ月。

一軒家はひとり暮らしの狭い空間から比べると、掃除が大変。
暮らしやすくするために、手をつけないといけない場所がたくさんあります。

例えば
台所の導線に合わせた収納のしかたはどうしたら?
庭は除草剤を蒔いたほうがいいの?どんな庭にしたら快適なもんなの?
押し入れ、もっと物を減らして整理したほうがいいかな?

むむ・・・考えたらキリがない。(そしてどの問題も今だ解決されていない、汗)
ひとり暮らしの時は一日か二日で済む問題が、規模が違うので全然終わらない。


マイムの公演が続いていたのもあり、
自分の部屋さえも整える時間がないまま月日が流れて行きましたが
最近やっと整理できて、自分の空間が見えてきました。


f0046982_20114280.jpg
風が通って、気持ちがいい角部屋です。
二階は全部和室なので、床が畳で窓は障子。典型的な純和風部屋。


部屋はその人を表すと言いますが、ほんとそんな気がします。
以前は、海外や主にパリのイメージ、おしゃれにしたい!
とかなんとか日本以外の空間を意識していた気がしましたが、

実際に海外で生活をしてみてからは趣味が変わり
今は和風な感じに惹かれていると思います。

うちに来た友達に、日本に憧れを持つ
日本オタクの外国人の部屋みたいだと言われます。


実家で摘んで来た紫陽花は和風に飾りました。

f0046982_208714.jpg
上の写真と同じ部屋です。
桐ダンスは、日舞のお稽古場が同じ先輩から頂きもの。



一階のお風呂の前の空間。

この家は変な作りで、お風呂に入るとき着替えるスペースがないので
無理くりそういうスペースを作りました。

f0046982_20115725.jpg
洗濯機の上のラックは通販で買ったもの。
洗剤用品、掃除道具、タオル、全部入って便利です。
そういった日用品は、リネンの布で目隠し。

手前にロールスクリーンを自分でつけました。
お客さんがいるときは閉めてドア代わりに。


f0046982_20422213.jpg
同じスペースには鏡やドライヤーを置くための作り棚もつけた。
一人暮らし始めた時 から使っている小棚で、前は食器入れにしてた。
ラベンダーは実家から摘んできたもの。


f0046982_2071930.jpg
一階の居間は何度か写真がブログにも載っていると思いますが
この丸い大きなテーブルは私の希望で買いました。

昔に働いていた帽子屋さんの会社に
スタッフのみんながお弁当食べる時に囲む
大きな丸いテーブルが置いてありました。
打ち合わせもそこでして、みんなが集るテーブルでした。
そのテーブルがとても素敵でした。温かみがあって、憧れていたのです。



部屋がまた整ってきたらお部屋の写真載せますね(^^)
by picnic_marin | 2012-06-19 20:10 | 2012 東京 | Comments(0)
紫陽花と実家のこと
東京、台風の雨風がすごいですね。
夏らしい、懐かしいような気持ちで部屋の中にいます。

16日は父の日だったので千葉の実家へ帰りました。
実家の庭では紫陽花が満開。

f0046982_19215838.jpg
f0046982_19221691.jpg
お花の中で、紫陽花が一番好き。
子供の時の誕生日会で紫陽花がいつも飾られていて嬉しかったので
今でも紫陽花をみているとウキウキします。


f0046982_19222790.jpg
この白いのはアナベルという種類の紫陽花。
左の木は月桂樹(ローリエ)。


f0046982_19223963.jpg
ジャングルのごとくうっそうとした実家の庭。
ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、しそ、青ネギ、ビワ、いちじくなど
小さい庭に寄せ集めの植物が元気にもりもり育っている。

中学生で引っ越したての時、
新築の岩ばかりの栄養のない土の庭に色々と植える父を見て
「植えてもこんな庭じゃ実がなるわけないよ」と私は言っていたのを思い出した。
こんなになるとは。あれから15年の月日がたったのかぁ。


f0046982_193117.jpg
私が帰って来るのでお刺身、用意してくれたみたい。筑前煮も作ってくれた。

私はお土産に日本料理屋で注文をした豚の角煮をもってきた。
板前さんが作った角煮はすごい美味しかったです。

パパ、娘が帰ってきて嬉しそうでした。



昔は私のアパートで一緒に住んでいた(→過去日記)
チョビちゃん(旧名ツグミ)は元気です。

f0046982_19354369.jpg
チョビは相変わらずビビりな性格で大きい音が出るとびっくりして
その名の通り飛び跳ねているんですって。
心臓発作とかで急死しないか心配。(左の趣味の悪い置物はなんだろう…)


f0046982_19373869.jpg
カメラにビビるチョビちゃん。後ずさりしてる?



紫陽花、たくさん摘んで世田谷まで帰ってきました。
ラベンダーや他のお花もたくさん。

f0046982_19382339.jpg
今うちの家は紫陽花でいっぱいに。

庭が植物でいっぱいっていいな〜と憧れます。
実家みたいなジャングルでも、笑

世田谷の家は、よく私が海外に行ってしまう上に借家なのもあって
あんまり庭いじりできないのが残念。
by picnic_marin | 2012-06-19 19:46 | 2012 東京 | Comments(0)
目玉焼き
目玉焼きを焼く時 フライパンの余ったとこに
野菜をポイポイ一緒に焼きます
ラクチンに野菜が採れておいしいです


f0046982_0323061.jpg
トマトとほうれん草と一緒に焼いた目玉焼き
潰れたベーグル
かぼちゃスープ
はちみつヨーグルト

かぼちゃのスープ作ってみたけれど、
冬のがやっぱりほっくりしているから好みだった


f0046982_0511476.jpg
レーズンパン
カフェオレ
たっぷり朝ご飯




雨期ですね

お風呂に入ると、いつもナメクジ君とこんにちは、
になるので
その度に雨期か〜 と思う


雨期に入って困るのは洗濯物


今、バイト先では着物
着物って洗濯する物が多いのね、

そして日舞でも着物
マイム稽古がある時はマイムの稽古着

バイトと稽古が続くと、一日でものすごい洗濯物の量に!
プラス、当居人のポー君の洗濯物
男の人の洗濯物ってどうしてこんなに出るのだ?

なんだか最近
人生の5分の一くらいは洗濯している気分


洗濯を大好きになるために、なんかコツを見つけなくては
と思った今日でした
洗濯王子の本が気になってしかたない





ずんずんと歩いている時に、ふっと自分の歩き方を感じて
昨日おばさんが言った通りで
両足ではなくて、左足で歩いている

体重移動が左足ばかりに負担がかかっているようだ

ちなみに座っているときに足を組むのは
骨に大変良くないらしい
私は無意識前で足組みをしているので
意識して、なんとかやめるようにしてみようと思う

左足の付け根は、疲れていなくても時々つーんと痛くなることがあり
ちゃんと整体に行ったほうがよいかもしれないな

意識して歩こう
もっと下半身の足の動き、意識していこうと思う


f0046982_1133126.jpg
渋谷のヒカリエ

混んでていやだな〜と思って遠ざけていたけれど
明治通りに行く時に通ったら、食品売り場がかなり充実していて素敵だった

それに、お店の人みんなが感じが良くて
とても気持ちがいいフロアだな〜と思った




最近のブログはまとまったわかりやすいテーマもなく…
だらだら〜と書いちゃいました


おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-06-16 00:53 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
調子不具合
お久しぶりです。

静岡公演も無事おわりました。
公演に関わって下さったスタッフの方々が本当にいい人たちで嬉しかったです。

よく考えたら昨年の秋からずっと公演に関わっていました。
出演した公演数は五つ。
公演によりますが、稽古はだいたい2ヶ月ほど前からスタートするので、
良い意味でも、悪い意味でも、心身緊張が続いていました。

公演というのはすごいことです。
当日の達成感がすごいです。
社会で普通に暮らしていたらなかなか経験できない、
人生でこんなにすばらしいことがあるんだ・・・と、公演のたびに毎回思います。



f0046982_322956.jpg

「健康になりたい、猫背が直したい」で始めたパントマイム。
こんなに人前に立って何かやることになるとは自分でもびっくりです。

それにしても、春くらいから
ずっと足の付け根が痛く、長時間立ちっぱなしでいたりすると
痛い!と声がでるくらい痛い時も。
整体に行った方がいいかな〜?とぼんやり考えて

先日近所の足のマッサージに行きました。
そのおばさんが信じられないくらいのカリスマで
私の身体のことをずばり当てられました。

左右の足の長さが違うこと
左右の足の大きさが違うこと

右の付け根がグラグラしていて、ちゃんと動いていないから
左足で支えて生きているそうで、だから左が大変だから、痛くなるわけだ。

私って、いままで二本足で歩いていなかったのか?
と思うとこわいな。
自分の身体をもっと知ったほうがいいと思った。
by picnic_marin | 2012-06-15 03:24 | 2012 東京 | Comments(0)
静岡公演
今日から静岡へ。
maimuimaの静岡公演に出演します。がんばってきまーす!


f0046982_450197.jpg



静岡駅近辺に住んでいる方、是非見に来て下さいね〜(^^)
by picnic_marin | 2012-06-08 04:53 | パントマイム | Comments(4)
写真展
友人の写真展が最終日だったのでギリギリ行って来た。


東京は、次々に溢れ出る新しい情報。
そして物、物、物…


世界から見て、日本は大変変わっている国なんだ。
と、いうことに海外に出るまでさっぱり気がつかなった。

日本は戦後、ひどい経済状況だったにも限らず
たった67年でアメリカの次に裕福な国になっている。(現在中国の次だけど)

外国人からしたら、資源もない小さい小さい島国が
数十年で一気に経済大国に躍り出たなんて
奇跡の国だと思われているだろうし
世界中どこを探しても、そんな国は日本だけだという。
日本人は世界で一番働きものなんだ、とも思う。



友達の展示会では、豊な暮らしが当たり前すぎて、
本当に大事なものが見えなくなっている
というメッセージのものだった。

現代の日本の生活、どれだけ異常に新しい物に執着しているのか。
その事が日本人にとってあたりまえな日常であることの恐ろしさ。


ちょっと今、自分がカンボジアにいたとすると
どんな仕事をしていて、何を食べて、どんな恋愛をしているのか考えてみる

今の私の日本の生活環境、恋愛環境、仕事環境が
どれだけ幸せなのだろうと、改めて思った。
ほんとうにありがたい。
豊かさにどっぷり浸かりすぎて
私こそが周りのありがたさに何も気がついていないといえる。

甘ったれている自分を変えたいと思う。


f0046982_2265324.jpg
(写真はベトナムの夜に道ばたで撮ったもの。
ベトナム観光の日記の続きかかないとな。もう半分記憶が薄れている)
by picnic_marin | 2012-06-05 22:16 | 2012 東京 | Comments(1)
天職
経済が豊かな日本に育った私。
人生の選択が果てしないほど自由な幸せな国。

そんな平和な日本で
私は何が自分に一番向いている仕事なんだかわからない状態で
20代を生きてきました。

それが最近、少しずつクリアに見えて来た気がします。


f0046982_293136.jpg

単純明快なわかりやすい事を今日、素敵な人生の先輩に教えてもらいました。


その仕事をやって、喜んでくれる人がいるのが
一番向いている天職。

喜んでくれる人は家族でも、恋人でも、お客さんでもいいので
その誰かのためにやろう、って思えて
サービスが過剰なほどできちゃうのが、天職。



なるほど!

この文、意味わからんかも…私だけ理解。
by picnic_marin | 2012-06-05 00:55 | 2012 東京 | Comments(0)