日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
鯵釣りへ
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
フィルムのこと
ロサンゼルスからトロント行きの飛行機で
普通サイズの枕を機内に持ち込んでいるカップルがいました
慣れた枕がいいんだろうなぁと、私まで心が和みました

f0046982_21544145.jpg




そうそう、最近まで知らなかったのですが・・・

海外に感度1600以上のフィルムを持っていくときは
フィルムは必ず機内持ち込みにして
セキュリティーチェックの際に「フィルムをX線に通さないで欲しい」
と言う必要があるそうですよ

今まで特に気にならなかったのですが
たまに白くなったり光の感じが変わったり、
色が変になったりすることが稀にあるそうです

この前アメリカに行く時は、フィルムをカメラに入れて
動作確認まで求められました


f0046982_21544032.jpg
セキュリティーチェック中、その時の写真

ま、今みんなデジタルになったから関係ないですね(^^;)
by picnic_marin | 2012-11-28 22:26 | 2012 東京 | Comments(0)
カエルちゃん帰る
※カエルが嫌いな方は見ないでくださいね!




家がお寺に近いのもあって
お寺に生える大木から、木の葉がすごい量で毎日落ちてきます

はいてもはいても、ひと風吹けば、またたくさんの木の葉が

秋晴れの朝、ホウキで木の葉をはくのは
すがすがしくて、心もすーっとして、気持ちが良いので好きなんですが
今朝はいていたら、おもわず

「ぎゃ〜!!」ととんでもない声で叫んでしまいました


ホウキごしに何か気持ち悪い感触…



f0046982_0263373.jpg
年期の入ったイボカエルちゃんに出会いました

こんなに騒いだというのに、つんつんしても
うんともすんとも動かず、堂々とじっとしています
昨日から雨宿りを家でしていたようです


最初は、うわー気持ち悪いな〜っと思ったんですが
じーっと見ていたら、なんだか可愛いなぁ、と思えてきてしまって
お寺にもっていって逃がす事に

こんなでっかいのが居たら、掃き掃除の邪魔でしたしね…


f0046982_0264052.jpg
猛毒があると聞いたことがあるので
触らないようにチリトリで運びます

彼の表皮は乾燥してカラカラだったので、水をどばっとかけてあげたら
潤ったのか、手足をもそもそと動き出し、
なかなか愛らしい動きをしていました


f0046982_0264652.jpg
しけっぽい所に逃がしました、さようならカエルちゃん
ゆっくり冬眠してください


f0046982_0265177.jpg
木の葉が一気に落ちていく大木の様子は
ただ眺めているだけで迫力を感じます
すべてゼロになって、春が来て新しい芽が一気に芽生えるんですね
by picnic_marin | 2012-11-28 00:41 | 2012 東京 | Comments(0)
高円寺のフェステバル
先月、高円寺のフェスティバルに出ました

出演といっても移動型で、フェスへ訪れた人や
高円寺にいる人に道中で楽しんでもらう、街を盛り上げる
という役目のお仕事でした


f0046982_19505196.jpg
こんな感じで、ロボットの動きで高円寺の駅周辺を練り歩きました


f0046982_19334915.jpg
劇場での出演や、ステージぽいのがあっての大道芸は
今まで何度もありましたが
ウォーキングアクト&グリーティングというのは
今回初めてやらせて頂きまして、大変勉強になりました


アクト中、周りに集まってくる小さいお客さんは
どの子もみんな本当に、かわいくて可愛くて・・・(女の子ばっかりでした♡)
逆にこっちが元気もらいました



f0046982_1935474.jpg
最後に同じ出演だった藤寛(ふじかん)さんと
藤寛さんは銀河鉄道に出てきそうな、寂しいファンタジーな雰囲気
ハッピーでまぬけな雰囲気の私とは、まったくの別世界を生きている感じです


同じ控え室だった、第一線で活躍されている
アーティストの方々との出会いもあって、刺激的な二日間でした
とても楽しかったです


誘ってくれた先輩方、高円寺の街の皆さん
どうもありがとうございました


素敵な写真は、高円寺ファッションフォトグラファーのKIMOKENさんが
送ってくれた写真でした、どうもありがとう☆
by picnic_marin | 2012-11-26 20:35 | パントマイム | Comments(2)
早稲田祭2012の写真
先日出演した「早稲田祭2012マイムトウストリートパフォーマンス」の写真をのせます
写真はキモト君と、マイムトウの後輩が撮ってくれたものです


「カラスと腹ぺこピエロ」
出演/まりん、高寺なつ乃 アコーディオン/松岡奈津紀

頭の良いたずらっ子のカラスさんと、まぬけな腹ぺこさんがおりまして
お菓子をめぐっての追いかけっことバトルを繰り広げます
アコーディオンの楽しい音楽とパントマイムのテクニックを交えて
絵本のような世界を演出しました


f0046982_041647.jpg
楽しいアコーディオンではじまり、はじまり
作品の間に色んな打楽器も使っています


f0046982_0411934.jpg
f0046982_0414398.jpg
f0046982_147429.jpg
f0046982_0412967.jpg
f0046982_148413.jpg

f0046982_0412686.jpg
f0046982_1243333.jpg

f0046982_1484454.jpg
観に来て下さった、たくさんの皆さん、ありがとうございました!



イムトウのストリートパフォーマンスの演目は、他に18作品ありました
自分が出演したのだけアップしました

マイムトウのテッパンである「ロボットダンス」
最後の年に出演できて、嬉しかったです

f0046982_2294964.jpg
f0046982_2301621.jpg
さすがに4年目なので(今まで何度踊ったのだろう・・・)
フリも間違えず後悔のない、最後のロボットダンスでした



f0046982_228852.jpg
「DUMP」ゴミ置き場のマリオネットが踊りだします


f0046982_2554018.jpg
高寺さんの作品「バカンス」に出演させて頂き
フライトアテンダントにもなりました


f0046982_2483128.jpg
鹿内くんの作品「いいとこどりなアイツ」でおばあちゃん役
おばあちゃんは一番やりやすいです



打ち上げ後、みんなで集合写真

f0046982_2572829.jpg
みんな終わった〜って顔してますね

私あたりまえにマイムトウに居させてもらっていますが、みんなほんと若いのね
みんな19〜25歳くらい!平均年齢を一気にあげている私でした(笑)

早稲田祭、お疲れ様!!

f0046982_0415296.jpg
カラスさんとラストシーンのところ



【カラスと腹ぺこピエロの感想、ひとりごと】

今年は今まで4年間の早稲田祭の中で一番楽しかったです
いつも見守って作品を更生してくれるハッピィさんに感謝です

共演してくれた高寺さんと、アコーディオンのなっつんあっての作品でした

全体の空気を一人で回すのと、複数の息で回すのは
当たり前ながら全然違いますが、
今回カラスと一緒に場の空気をまわして
可愛いなっつんの音にのって演技できて
本当に楽しかったです

舞台でひとりぼっちより他の演者のエネルギーに便乗して
やるほうが自分には向いていると思いました

自分がマイムで表現したいことってなんだろう?と掘り下げてみると
結局は、イラストレーションと同じ作業行程を繰り返したい自分がいました
イラストでも、マイムでも
何を表現しようと、結局は人は変わらないんだな、と改めて思います
絵本のような雰囲気と流れができて、満足する自分がわかりました

反省点は、全体的にゆったりしている所です
特に前半のとこはもう少しテンポを考えた構成や
演技の間のとりかたも、考えるべきだったかな、と思います
ゆるくてあたたかい雰囲気の作品ですが、引き締めの部分が必要でした

アコーディオンのなっつんは私のマイペースさに合わせて
音楽を演奏してくれました
音きっかけがないので、精神的な不安がなかったのは大きいです
生演奏のエネルギーはすごいです、作品をすべてを丸くまとめてくれました


過去ブログに、マイムトウ2年生の時、3年生の時
全部気持ちを書い残していてさっき読んでみたけれど
そんなことで悩んでんの?という所があったので
4年間でマイムトウで本当に成長させてもらえたんだな、と思いました


悔やんでいることは、
にんじん村で一緒に参加してくれたタヌキのじんじんと、自分の両親に
早稲田祭の案内を送りわすれた事
あと、カナダに留学中の栄子に見せられなかったこと
by picnic_marin | 2012-11-24 02:05 | パントマイム | Comments(2)
友人にご飯を作る
9月末にカナダに滞在している友人に会いに行った時の日記です
Tim Hortonsを探せの続きです
一日を追っていて長いので時間ある時、ゆったり見てもらえたらと思います




時差ぼけなら早く起きれるだろうに
のろのろと9時くらいに起きる

まずは、夜ご飯の食材を買うためにケンジトンマーケットへ
ゲストハウスからすぐの場所

f0046982_025648.jpg
チャイナタウンがすぐ隣にあるせいか中国系の八百屋さんが多い


f0046982_0274441.jpg
グレープフルーツとストロベリーのフレッシュジュース

中国人のおばさんが絞ってくれます
10時間くらい眠っていて
何も飲んでいなかったので、とても甘くて美味しく感じました


f0046982_029348.jpg
夜、ゲストハウスで栄子と食事するので
野菜をここで買いました

前の晩はくたくたでろくな物を作れなかったので今日はちゃんとした
日本食を作ってあげよう!という意気込みだ



まず、とっても腹ぺこだったので
ケンジトンマーケットをぐるぐる歩いて選んだカフェに入ります

f0046982_0333110.jpg
メニューがかかれていた黒板の字が楽しそうだったので選びました

まさに腹ぺこな人にぴったりな
「ハングリーブレックファースト」というセットを注文

卵の焼き方を聞かれて、目玉焼きにしたかったのだけど
英語がわからなかったのでイラストを描いて説明したら

店員さん「OH〜OK!サニーサイドアップ!!」と言われました

へー目玉焼きってサニーサイドアップっていうんだ
なんて可愛い名前!と感動片面の太陽って意味かな
それにしても日本語では、目玉っていうのか・・・


ボリュームたっぷりの朝ご飯

f0046982_0304947.jpg
ブラウンブレット、目玉焼き、ソーセージ、焼きトマト、キュウイ

朝ご飯食べながら、
向かいのインド系の雑貨屋には猫がいて眺めていました
トロントでは街中で猫を見かけないな



ケンジトンマーケットは変わった店やモノが、ごちゃっと並んだようなマーケット
通りの名前がケンジトン、と言います


f0046982_037829.jpg
奇妙な形の不揃いなカボチャたち
普通に食べれるのかな?


f0046982_037961.jpg
こんな門、怖くて通れません・・・たぶん古着屋さんです


f0046982_035058.jpg
朝のお散歩、楽しかったです


野菜を一度ゲストハウスに置きに行って
今度は学生街へお散歩



トロントの9月の気候はすっかり秋で肌寒く
寒がりの自分はセーターの上に皮ジャンを羽織って防備

f0046982_0355275.jpg
アネックスエリアにある、有名なディスカウントショップ
世界で一番最初にできたディスカウントショップだそうですよ
生活用品が売っているだけなので
観光客にとってはあまり面白くない場所でしたが




フランスっぽいクレープ屋さんがあって、吸い込まれるように入ってしまった

f0046982_0403294.jpg
お店に入るとボンジュール!と言われて懐かしかったです
フランスのリヨン出身の二人が経営していて、とても素敵な人たちだった

最後に「さようなら!まりん!」と言ってくれたのが印象的でうれしかった
もしトロントに行く事があればもう一回行きたい

f0046982_0403358.jpg
砂糖とバターかけただけのクレープとエスプレッソ




前の日記に書いたように、友人の職場を探すのに昨日は散々迷いました
昨晩、栄子にしっかり職場の住所を聞いたので、やっと彼女の職場に来れた

f0046982_047287.jpg
このお店、想像以上にすごかったです
超忙しそうで、まさに目がぐるぐるに回りそうなお店
昨日、いろんなTim Hortonsの店舗は見ましたが、
ここは中でももっと忙しそう

でも、日本のような「お客様は神様です」文化はないので

店員はスタッフやお客さんと気軽に話すし
みんなそれぞれマイペースに仕事をしているようには
私からは見受けられました

難しそうなのは、カナダ人はコーヒーひとつでも日本とは違って
とっても細かいオーダーをしてくる

例えば・・・
「コーヒーにミルクを1プッシュ、砂糖は2袋
ミルクは低脂肪のはないの?あ、そう、じゃいいわ
熱いからカップは二重にしてね
サンドイッチはトマトは嫌いだから抜いて、ソースはマヨネーズじゃなくて・・・」

栄子にあとから聞いた話だが、ほぼ全員がこんな感じらしい!
砂糖とミルクは基本、スタッフが入れるのですって

おいおい、すごいな〜大変だーと思った



細かいオーダーを聞きのがさないように
そして間違えてスタッフに伝えないよう
ネイティブではない栄子にとって、本当に神経つかう仕事だな、と思いました

でも、彼女を見ていると、仕事にもう慣れているようで
すごいなぁ、とつくづく思いました


私と一瞬の話す隙もないくらい彼女の仕事は忙しそうなので
裏口に向かう他のスタッフを捕まえて
「このメモを栄子に渡して」と伝え

仕事が終わる18時半にまたくるね、がんばってね、と伝えました



f0046982_4362494.jpg
栄子の職場から歩いて30分くらいだった
セントローレンスマーケットへ
トロントは道がまっすぐで解りやすいので、方向音痴な自分でも迷わずこれます


f0046982_0594931.jpg
大きなレンガ作りの建物は元市庁舎だったそうで
改装して200年以上も前から、トロント市民の台所として賑わってきたそう
(わかりやすい日本語のリンクがあったのでここに貼っておきます)


このマーケットは料理が好きな私にとって、とっても楽しかった
肉屋、魚屋がたくさんあって活気がある

f0046982_173872.jpg
これはオリーブ屋さん
カリフォルニア、イタリア、南仏など色んな種類のオリーブを
好きな量だけ買うことができます


f0046982_182020.jpg
オーガニックの八百屋さん
隣の店との境がわからなくて、元気な若くてまつげの長いお姉さんに
「いい?これはこっち、これはあっちの店よ!」と丁寧に案内されたりした


f0046982_185284.jpg
一階と地下があって、結構広い
その場で食べれる美味しそうなお店もあったので
ここでご飯を食べれたらよかったな



私は肉じゃがに使う肉を探していました
日本で売っているような、薄切りに肉というのは
実は、アメリカでもフランスでも売っていません

薄切りは無理でも、豚バラぽいような日本食に合うようなお肉をなんとか発見

f0046982_0595070.jpg
ここで買いました
少なくていい、すご〜く少なくね!と言って自分の欲しい量を伝えられた!!

語学が全然できなくても、
なんでも伝えることができる要領をつかんでいる
自分が、ある意味恐い最近です(勉強しないと〜)



調理道具がところせましと並ぶお店があって
ここは見ているだけで楽しかった

f0046982_171446.jpg
アメリカもカナダもとにかく道具が細かく別れているから面白い
グレープフルーツ専用の皮むき、バターを丸くカットするナイフ

日本人は包丁ひとつで全部やるので、
ほんとに器用な人種だと思われているんだろうなぁ


買いたいもの、たくさんあるけれど
帰国後に、その時の気分で買ってしまったお土産で
部屋を占領されることを想像すると、海外での買い物は堅実に考えますね


セントローレンスマーケット、見ているだけでとても楽しくって
気がついたら栄子の仕事が終わる時間前になっていた





仕事を終えた栄子と待ち合わせして
彼女がいつも通ている帰り道を一緒に歩きました

栄子の職場のリーダーが中国人だそうで
中国人英語というのは、ほんとにシンプルで解りやすいが
目の回るような職場の中、中国人英語で指示されて動く
それも、毎日何時間

中国英語を耳にするのを避けたいらしく
帰り道、中華街を通らないで歩いていたのが
栄子の職場、本当に大変なんだな・・・と思いました


仕事あがりとは思えないくらい元気で、ぴょんぴょんノミみたいに
はねながら歩いていました
久しぶりに母国の友達に会えるのが相当嬉しかったのだろうな、と思う


f0046982_1335041.jpg
「カナダ人がみんなコーヒーを手持ちして街歩くのは、たぶんカナダが寒いから!」と言っていた
栄子のママから預かった洋服をさっそく着てました


ゲストハウスに戻ってキッチンでしゃべりながら
栄子のために作った夕ご飯

f0046982_136308.jpg
茄子の揚げ浸し、肉じゃが、インゲンの黒ごま和え
白米、わかめのみそ汁、茄子の漬け物


ゲストハウスのキッチンで深夜までぺちゃくちゃとおしゃべりして
栄子は向かいのアパートに帰った



つづく
by picnic_marin | 2012-11-20 01:53 | 2012 カナダ・NY | Comments(0)
ボジョレーヌーボーのこと
ボジョレーヌーボーが昨日解禁されましたね!


今年のボジョレー地方は
春にヒョウが降ったり、寒すぎたため、新芽がでてこなくて
できたぶどうの数自体がとても少なかったそうです

夏には雨が多すぎたそうです
これはかなり痛手で、そのせいで今年のボジョレーは
味はハッキリせず、ぼやけていて、香りも少ないそう

ワインは乾燥した土で、質の良い葡萄が出来上がります
水分がありすぎると、葡萄の実自体がぼやけてしまいます


と、偉そうにここまで書きましたが
当の自分はまだ飲んでいないのでなんとも言えません!! 汗
同業者から聞いた話でした


実はボジョレーヌーボーは今の時期に買うと、
全部、空輸便で届いているせいもあって、ちょっと高いんですね

10日間くらい待つと、船便できたのも売り出されるので
同じボジョレーヌーボーでも、別に味が下がるわけでもなく
半額くらいになります

なんだかクリスマスケーキを終わってから食べるのに
似ているかもしれませんが 笑

ちょっと今飲むのを我慢をして(ただのケチ?)
カリフォルニアのピノでも飲んで、待とうと思います!

f0046982_2310783.jpg
10日後くらいにボジョレーヌーボの感想でも
偉そうに書きますかね(^^;)意外に美味しかったりして



※ボジョレー・ビラージュ・ヌーボー
Beaujolais=ボジョレー、Villages=村、nouveau=新しい
という意味なので、フランスのボジョレー地方で
今年に採れたばかりのぶどうで作ったワインの事です




おやすみなさい
by picnic_marin | 2012-11-16 23:27 | 2012 東京 | Comments(2)
秋に作った料理メモ3
続いて、洋食をつくった時のごはんを載せたいと思います

暑かった夏には、キッシュなんて作る気持ちになりませんが
秋がくれば、自然とこっくりした食べ物が恋しくなりました


f0046982_13372570.jpg
フレンチトースト
サラダ
コーヒー


パンが残った夜は、フレンチトーストを作っておいて、朝起きるのを楽しみにします

たっぷりのバターで焼いて、カナダのメープルシロップをたっぷりかけて食べます
朝だからこそできる、高カロリー満載な料理!



めーちゃんが教えてくれて作り方でキッシュを作ってみました
しかも、自分で書いた前のブログを観ながら・・・
ブログってメモとして便利ですね

前の日記→美味しいキッシュができるまで

f0046982_13372317.jpg
生地を型にひいて、生地のみを空焼きする時

オーブンに入れてから10分経過後に、
上に重しを忘れている事に気がつきましたがなんとか、大丈夫でした


f0046982_13371880.jpg
具はその時に冷蔵庫にあまったもので作りましたよ

今回入れた具は
玉ねぎ、ベーコン、ソーセージ、チキン、じゃがいも、ほうれん草、
中に流す生地にも、上にもたっぷりのチーズ


f0046982_13372436.jpg
うまく焼けました!


今回、重しを忘れたことで、なんか生地が割れたりしたけど
最後にはなぜかホールの形になって出来上がっていました…
キッシュって、ピザと似ていて失敗がない料理だとおもいました


f0046982_13371981.jpg
さっぱりしたサラダと、赤ワインと一緒に頂きます!




f0046982_1337223.jpg
ベーコンエッグ
ベーグル
コーヒー


友人の手作りベーグルを解凍して食べたのですが信じられないほど美味しくて
やっぱり手作りのパンって、冷凍しても美味しいんだな、と思いました

パンは難しそうな上に、そこまでパンに情熱があるわけでもないので、私にはまだ手がだせないジャンルですね


f0046982_13372545.jpg
ブロッコリーのフジッリ

これ大好きで、カンタンでとっても美味しいので作り方を書いておきます!
よかったらお試し下さい

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ブロッコリーのフジッリ

材料(二人分)

フジッリ 200g
オリーブオイル 大2〜3
鷹の爪 1個
ニンニク、塩こしょう、お好み
ブロッコリー 1個


1.フジッリを茹でる

2.フジッリを茹でている間に
ブロッコリーはくたくたに柔らかくなるまで蒸す(茹でてもいい)
ボウルにいれて、ぼろぼろにつぶします

3.フライパンに、オリーブオイル、潰してみじん切りしたニンニク、ベーコン、鷹の爪を入れて香りをだしたら
つぶしたブロッコッリーを入れ、塩こしょう味付け(フジッリが入るので濃いめで)

4.茹でたフジッリと混ぜ合わせてできあがり

好みで上に、すりおろしたパルメジャーノをかける
フジッリのぐるぐるしている部分にブロッコリーが絡んで
とても美味しいです

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


f0046982_13372635.jpg
さつまいもとりんごのポタージュ
ハンバーグ
トースト
ペペロン風キャベツ


キャベツ一個がなかなか消費できなくて、クックパッドで見つけた
ペペロン風キャベツをつくりました
美味しかったのでとってもおすすめです
私はキャベツ3/4個を使って、大量に作ったのですが
美味しくてすぐに食べ終わってしまいました


ブロッコリーのもそうですが、
たぶん自分はオリーブオイル+にんにく+鷹の爪
ってのに弱いみたいです(^^)





続いてポーが作ってくれた料理
人が作ってくれる料理は美味しいですね、感謝です

f0046982_13372176.jpg
人が来たときに、作ったプロヴァンス風シチュー
チキンやオリーブ、ズッキーニがごろごろ入っていて美味しかった

f0046982_13372194.jpg
マッシュポテトと一緒に、なんともごーかいな盛り方 笑

うちの家は照明が暗いので夜に料理を撮ると(しかも真っ赤なお皿)
全然わからないですね・・・



f0046982_13372074.jpg
別の日、アサリとか鶏肉を使ったパエリア
パエリアは得意なようで、よく作ってくれます



f0046982_13371741.jpg
また別の日、余ったどうしのパエリアと南仏シチュー
一緒に盛り合わせて立派な晩ご飯でした



南仏料理、美味しかったです
このシチューはポーが作る中でも一番好きな料理でした


そう言えば、フランスは結局1月末に行くことになりそうです

モンテカルロ国際サーカスフェスティバルが一月末にあるので
渡仏ついでに見に行けたら!!と企んでいます

アンティーブの語学学校に行っているとき、
ちょうど、先生が「週末モンテカルロのサーカス、観てきた最高だった!」
と盛り上がって感想を聞いたのをよく覚えています
それがきっかけで、ずーっと行ってみたかったのです

まあ、まだホテルもチケットもとっていませんが
これからいろいろ手続きをしないと
by picnic_marin | 2012-11-16 21:05 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
秋に作った料理メモ2
続いて和食編、2です

f0046982_2383636.jpg
豚の生姜焼き
豆腐とネギのみそ汁
白米
キュウリと大根の漬け物

生姜焼きは、お肉にタレを一晩前につけておくと、
味がしみて、とても美味しくなりますよ 私の場合は

ショウガすりおろし、リンゴすりおろし、しょうゆ、酒、砂糖
を適当にバットで混ぜて、豚肉を漬けておきます


f0046982_239127.jpg

野菜たっぷりインスタントラーメン

料理の中で一番作っている回数が多いのもあり(いいのか)
我ながら、インスタントラーメンは誰よりも上手に作れる自信があったりします・・・


f0046982_2385916.jpg

おでんと熱燗

出汁に煮干しと厚かつおぶしを使ったら、濃い〜感じで美味しかったです
大量に作りすぎて、一週間くらいおでんを食べ続けるはめに


f0046982_2384599.jpg
じゃことピーマンのパスタ
韓国ごまサラダ



ポーが宮崎に行った時、漁師とお友達になったそうで
宮崎の海からダイレクトで届いたヒラメさん
ヒラメなんて料理したことないので、困り果てましたが、なんとか

f0046982_238294.jpg
ヒラメのムニエル
ヒラメの潮汁
キノコの炊き込みご飯
ニラ玉炒め
つけもの


f0046982_345091.jpg

焼きおにぎり
豆腐とろろ昆布のみそ汁
つけもの



次回は洋食編を書きます!
by picnic_marin | 2012-11-15 08:13 | 【2012 料理メモ】 | Comments(2)
秋に作った料理メモ
今年は秋が短かったですね

日舞の先生が「今年は単衣を着る日、ほとんどなかったわ」
とおっしゃっていました
確かに単衣が合うような秋らしい日、今年はほんとに少なかった気がします

さて、久しぶりのご飯日記
たまってきたので一気にのせていきます


f0046982_1282419.jpg
秋鮭の網焼き
納豆
白米
わかめと玉ねぎのみそ汁
ほうじ茶

自分の中では、これは休みの日の夢のゴールデン朝定食です
毎日これを作ってくれる人がいたらどんなに楽かしら




寒くなってきたので
白山米店のお母さんレシピでお鍋を作りました

海老・蓮根入りつくね団子のうどんすき

f0046982_127310.jpg
手作りの二種類の辛いタレをつけて、頂きます
左が練りゴマだれ、右が韓国風醤油たれ
ニラ、レモン、などお好みでいれて食べます

美味しくて鍋の写真を撮り忘れてしまいました・・・

f0046982_1271529.jpg
うどんにタレを絡めて食べます
本当においしくて、既に三回くらい同じのを作っています

白山米店のお母さんの本は、ほんとにおすすめ!
すごい活用しています(^^)




f0046982_128591.jpg
ニラとゴーヤーチャンプルー炒め
インゲンのクルミ和え
干しエビサラダ
おうどん
ごぼう茶


ゴーヤは栄子ママからもらった立派なゴーヤで
栄養たっぷり入った元気な味でした
苦いのが美味しかった〜

最近まで知らなかったのですが、
ゴーヤって塩をふってしばらく苦みを抜いてから
炒めるんですってね
知りませんでしたよ、どうりで苦かったわけだ

f0046982_1291354.jpg

うどんは、残りものの筑前煮、生卵、三つ葉をうどんの上にのっけましたら
意外に美味しかったです




f0046982_1265115.jpg
ソーセージ&卵で作ったゴーヤチャンプル
納豆
白米
わかめとめかぶ昆布のみそ汁




f0046982_1264025.jpg
明太子とイカのスパゲッティ
刻み海苔をたっぷりと

明太子に赤ワインの組み合わせは、信じられないくらい合いませんが
たまたま冷蔵庫に入っていたロゼは、タラコと相性が大丈夫でした



f0046982_1292538.jpg

ひとりの時もよく鍋を作ります
野菜がたくさんとれるからいいですね
タレを変えて楽しんでいます


f0046982_1275088.jpg
しょっちゅう作る筑前煮
これは不思議とお母さんと同じ味になりますね


f0046982_1274128.jpg
大根ステーキ
蒸した大根を、フライパンで焼いて
醤油、砂糖、出汁、わさびを入れただけ
簡単でボリュームを感じるわりには、ヘルシーなのでお得気分



続きます
by picnic_marin | 2012-11-15 08:00 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)
わいわい料理
大勢でわいわい食べるのは、美味しいですね
今日は友人と食卓を囲ったときのご飯風景を載せます


f0046982_013029.jpg
友人のめーちゃんが、ベトナム旅行から帰ってきた時のこと

さんざん本場でベトナム料理を堪能してきた人に向けて
更にベトナム料理を作ってみたのでした


f0046982_01338.jpg
米粉をといた生地をフライパンで焼いて
イカとホタテを包む春巻きだったはずが
ものすごい不格好に

「え?これイカ?」とまで言われる
確かにイカっぽい・・・

でも、食べたら美味しかったですよ


f0046982_011180.jpg
揚げ春巻きは完璧に現地と同じのができました
この春巻きを、サニーレタスに生もやしと一緒に包んで
特性ダレにつけて食べます
ベトナムでは生春巻きより、この揚げ春巻きの方が一般的に食べます

ベトナム料理は野菜いっぱいなので大好きです
めーちゃんがお土産にフォーを作ってくれ、みんなで食べました


デザートはアメリカンをポーと一緒につくりました
桃がたくさん手に入ったので、桃のクランブル


f0046982_065064.jpg
フレッシュの桃をふんだんにきって容器に並べます
クランベリー、クルミ、ブルーベリーも、桃の上にぱらぱらっと、入れます


f0046982_064997.jpg
アーモンドパウダー、薄力粉、砂糖、バター、
すべて同量を、指を擦り合せるようにして
生地を作ってこんな感じにします
そして生地を桃の上にのせるだけ

オーブンでクランブルがこんがり焼けたらできあがりです

f0046982_014519.jpg
バニラアイスと食べれば完璧!
中の桃が甘くなってよりジューシーで美味しいです


f0046982_005289.jpg
一応、めーちゃんのゆるい誕生日でした


f0046982_01388.jpg
明るいめーちゃんの笑顔はみんなが大好き






別の日のこと
トルコから家に帰ったら、めーちゃんとその友達が集まっていた

f0046982_0425034.jpg
この時は私はいっさい料理していなかったのですが
人の作ってくれた料理はこんなにもうまいのか!と
感動したのをよく覚えています


f0046982_0444976.jpg
ベーコンとアスパラガス
キノコやなすを焼いたシンプルなもの
なんとマヨネーズは手作り


f0046982_0473127.jpg
びっくりなのは、今日はサンドイッチパーティーだそうで
だからパンを焼くのだ、と言う友人
パンだけは未開の地であり、焼こうと思わないジャンルなので感動

f0046982_0481799.jpg
丸い物体が膨らむ幸せ感


f0046982_0492566.jpg
焼けた・・・完璧すぎる焼きたてパン
焼きたてを食べるのは、小学校の時ぶりで興奮しました


f0046982_0503545.jpg
ふわっふわ


f0046982_0505162.jpg
友人の森田君が最後のフレンチトーストを作ってくれた

また来て、パン焼いて下さい、まりちゃん、森田!
by picnic_marin | 2012-11-15 01:04 | 【2012 料理メモ】 | Comments(0)