日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめての梅干し作り
at 2017-11-26 01:04
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
離れること
自分がやりたいように、好きなように 29年生きていたと思う

しかし2012年は自分に嘘をついて生きていた

2013年1月8日にひいた明治神宮のおみくじに「誠実に生きろ、嘘をつくな」

そんな雰囲気の内容が書いてあり
「あ〜あ、そうだよね。」と思った



世の中の半数以上の人はあたりまえのように耐えて耐えて、社会を生きている

その耐えるがどうしてもできなくて
私は社会から外れた人間なんだろうな、と心から思う


クレジットカードを更新する時
家を賃貸する時
もう、様々な場面で、なんて自分は社会的な地位が低い人間なのだろう、と思うシーンはある 悲しい


私のことを自由な人だと言う人もいる
自由って私のことではないと思う

自由ってなんなんだろう


f0046982_22243011.jpg



2012年は彼氏と住んでいた。

彼は社会に耐えて、耐えて、生きてきた人で
社会ではとても認められている地位についている人だった

私は彼がとてもうらやましかった

自分が逆立ちしてもできない事ばかりの才能を持っていて
うらやましかった、大好きだった

社会に認められている人と一緒にいることで、自分も認められた気分になれて気持ちがよかった


だが、ある時期から歯車が食い違うように
お互いは、相手の悪い場所ばかり気になってしまうようになった


同時に、私はどんどん
自分の悪い場所ばかり気にするようになった


相手に対して悪いことを口にする作業は、
自分に跳ね返ってくる
身をもって理解した


自信がみるみるうちに消えていった
私は自分が持っている最大の能力をも否定するようにもなった
みんながほめてくれることも
何言っているのかな?と素直になれなくなっていた


次第に感覚もなくなり、たまに良い映画をみて感動したりすると
今の私って違うんじゃないかな?と気がつくことがあった


しかし慣れた日常を変える、
というのはとても勇気が必要で時間がかかった


でも、勇気をだして離れることにした
すごい勇気だった

私も彼も、どちらも悪くない
お互い、人生タイミングが合わなかったのだ


f0046982_22542683.jpg
大好きだったニースの時間
間違いなく、本当に人生で一番楽しかった
どうもありがとう


世には欲がうようよしている


自分は欲が強いので
とうてい仙人にはなれないけれど
30歳は、見栄や名誉を今の半分くらい捨てて
生きれたらいいな、と思う

まずは自分の所有物を整理
一年くらい手に触っていないものは、さっさと捨てよう


女は本当に強い
こんなことブログに書いてしまうのだから 笑
by picnic_marin | 2013-01-14 23:38 | 2013 東京
長野温泉旅行
ちょうど一年前の今頃の話なんですが
日舞のみなさんと一泊二日で温泉旅行へ出かけました
場所は長野県の諏訪湖

f0046982_21323290.jpg
新幹線でゆっくりと移動
お休み中の田んぼの姿は、なんだか和む



まず諏訪大社に行きました
長野県は諏訪湖という大きな湖があり、その湖を囲うように
大社が4箇所あるそうです 寒いので一箇所だけ見学

f0046982_21321354.jpg
諏訪大社は7年に一回だけ「御柱祭」という大きなお祭りがあります

どんなお祭りかというと
山から直径約1mの巨木を8本切り出し
約20km近い街道を、人力のみで持って来て、諏訪大社に建てるという
なんだか聞いただけでも、すごい迫力のあるお祭り


f0046982_21321369.jpg
大きな太鼓があって大迫力御柱祭の時に使われるのでしょうか
静寂な空気が流れています


f0046982_21421666.jpg
お昼に天ぷらそば
長野県ってどこで蕎麦食べても美味しい


お弟子さんが予約してくれた宿があまりにも伝統的なお部屋で驚く
この一軒家丸ごと宿泊部屋

f0046982_21323722.jpg
ここに泊まるの?すごい!とみんなはしゃぎました


たしか100年くらい前に建てられているそうで
文化物として、宿泊施設として
大事に使っている諏訪湖ホテルの姿勢はすばらしいなぁ、と思いました

古い建物なので寒いかと思ったんですが入ったら
大〜きな石油ストーブが数台置かれていて、ぽかぽかでした

古いけど、掃除が行き届いていてとても居心地がよく
なんだか優しい気持ちになれるお部屋でした
諏訪湖ホテルの別館です
今回8人で来ていたのですが、大人数で割ってみると意外にも安く
家族連れやグループで、とってもおすすめのお部屋です


f0046982_21323618.jpg
雪見障子から雪でつもった中庭が見えます
雪景色を温かい部屋か眺める…
景色が美しく映えるためだけに、こんな美しい扉を作るなんて
昔の人は粋だなぁ、と思いました


f0046982_2142613.jpg
奥に行くと洋間もあって、こんな大正ロマンなスペースも部屋の一部
後で知りましたが天皇陛下も泊まったことがあるそう!
ここでお食事されたそうです


f0046982_21415976.jpg
お料理の最後のご飯とお味噌汁、お漬け物が美味しかった


f0046982_21323672.jpg
すごい広い畳、みんなでお布団を並べて寝ました

部屋に温泉もついていましたが、本館の方に7種類の温泉もあって
全部入ろう!と、みんなで行ってたのしかったです
温泉ってほんとに元気になるなぁ、としみじみ



翌朝

f0046982_21324142.jpg
私が立っているのは、諏訪湖の上 寒さで湖が凍り、歩くことができます
薄い場所もあるので結構怖いです
もし落ちたら、冷たいでしょうね〜


f0046982_21352896.jpg
−10℃程度の冷え込みが続くと「大神渡り」という
不思議な自然現象が諏訪湖に起こるそうです

諏訪湖の端から端まで数kmに渡り「氷の道」ができて
かなり見物なんだとか

なんと私たちが宿泊した4日後に、4年ぶりの「大神渡り」が現れたんです
帰ったあと普通にテレビのニュースで報道されていて
「数日の違いだったのね〜残念だったね〜」と先生と話していました


f0046982_21361578.jpg
寒すぎてスワンさんも冬休み

f0046982_21364527.jpg
諏訪湖のすぐ横には足湯ができる場所があって
みんなであったまりました


f0046982_21375422.jpg
諏訪湖間欠泉センター

数分ごとに吹き上げる天然の熱い温泉
すごいエネルギーで、ずっと噴火し続けているようで、驚いた
こんなの大地のエネルギーをもらえるんだから、そりゃ身体にいいだろうね


昼ごはんに入った洋食屋さんがとても美味しかったです
フィルム写真なのに、めずらしく接写でピントが合っているという驚き

f0046982_213848.jpg

f0046982_21381558.jpg

f0046982_21382397.jpg
ご飯を食べて、新幹線に乗って帰りました
美味しいものもたらふく食べて、幸せな旅行でした



旅行と関係ないですが
「都をどり」の予約が始まったのでチケットとりました!

都をどりは、 明治4年から現代に続いている伝統的な催し物で
なんと今年で141回目だそう!
普段は祇園界隈の高級料亭のお座敷で踊っている
本物の芸者さん、舞妓さんたち
都をどりでは2000円から席があり、一般人の私でも気軽に見る事ができます

去年、東京の芸者衆の舞の催し物である「東をどり」をみてから(その時の日記)
ぜひとも京都の本物の芸者さんも、みて見たい!!とずっと思っていました
いまから春が楽しみ!
着物でいけたらいいな…(遠い目)
by picnic_marin | 2013-01-10 15:17 | 国内旅行 | Comments(0)
観た映画メモ(2013年)
1 全然大丈夫

出演者に好きな人も特にいなかったのだけど、かなり笑った。小道具に無駄にお金がかかってるとこが一番好きだった。雨の音は確かに安心するので、今度雨が降っていて暇な時に自分も録音して部屋でかけようと思った。

f0046982_013320.jpg



2 ありあまるごちそう Food,ink

すごかった。難しいことはなく映像だけで理解、考えさせられた。
絶対観た方がいい映画だと確実に言える。知らないことだらけの真実を知れた。
日本の食品の約7割は世界から輸入している。年間5800万トンの食糧を輸入しながら、その3分の1を捨てている。それは世界一の消費大国アメリカを上回っていて、廃棄量は3000万人分の年間食料に匹敵しているという…
そして、世界では一日あたり10万人が飢餓で死んでいる。そんな事実、こんないい歳して初めて知った、そんな事も知らずに豊かに生きている自分は恥ずかしいと思った。 映画直後に信用できる友人からWFP(国連)という機関を教えてもらい、母子栄養支援枠の毎月の寄付に登録した。それくらい自分にとってすごい影響力があったDVDだった。

f0046982_0195791.jpg



3 がんばっぺフラガール〜フクシマに生きる。彼女たちのいま〜

3.11の直後から営業再開までの数ヶ月間を追ったドキュメンタリー。フラガールのダンサー達は全国150箇所をまわって踊り続けたことを映画で知った。ハワイアンセンターの社員たち、ダンサー達、それに関わる周りの人々の、なんとかするしかないんだ。という強さに感動した。ダンサーとして活躍する女の子のひとりは第一原発事故がおこった広野市の住民。事故後は宇宙服のような服を着て実家に戻る。どれだけ辛い気持ちか私には想像もつかないが、明るくずっと笑っていて湿っぽさがみじんもない。いわき市、広野市の人々の強さ。ハワイアンセンターが再開した日のフラガール達のダンスは泣いてしまった。被災した人達の現状がフラガールを通して知れて、見やすくてよくできていると思った。

f0046982_015780.jpg


4 人のセックスを笑うな

これ観るのは二回目。古い家が出て来て、美術専門の話なので、とても好きな映画。前に観た時より、美術セットに目がいった。好きな部屋。


f0046982_0204528.jpg


5 ファーストポディション

渋谷のル・シネマで観た。予告編を観たときからずっと早くみたいな、と思っていた映画。世界最高峰のバレエ・コンクールに挑む9歳〜19歳の6人を追っている映像がすごい。6人のバックグラウンドはそれぞれ全く違うのがまた面白かった。印象的だったのは、内戦で両親を失い4歳でアメリカ人の養子になった黒人の女の子
バレリーナでは珍しい黒い肌、そして皮膚の斑点、筋肉質の身体などハンデがあるけれど、優しい両親に育てられた彼女の踊りはものすごい魅力的でしょうがなかった。バレエにかかる資金の事、怪我のリスクが高い事、などリアルな事が知れたり、親たちが子供にかける愛情がたくさんあることも知れた。子供が夢に向かって努力する姿には本当に心を打たれる。この映画を見て、人生の一番の失敗というは、やらなかった事なんだな、と思った。あと、練習は裏切らない、と思った。
久しぶりにこんな面白いドキュメンタリーを観た。

f0046982_0485227.jpg

by picnic_marin | 2013-01-07 02:58 | 2013 東京 | Comments(0)
お正月と猫
明けましておめでとうございます
年末年始は、千葉の実家に帰っていました

f0046982_0554188.jpg
お正月は大好きな母のお雑煮をたくさん食べました

福島県出身の母のお雑煮は具がたっぷり
鶏肉、ごぼう、高野豆腐、にんじん、白滝などが入っていて
上には生のセリをたっぷりかけます


大晦日は、食卓にごちそうが並んで賑やかでした

f0046982_05542100.jpg
お兄ちゃんの奥さんが揚げてくれた天ぷら
大人数で食べると美味しいですよね
いつもは一人か二人で食べているので、いいなーと思いました


うちはいつも大晦日からおせちを食べちゃいます

f0046982_2103469.jpg
面倒くさそうなのにママはりきって全部手作りしてくれました
私はおせち作ったことないなぁ…来年こそ!


f0046982_0554657.jpg
元旦には近所のお寺に参拝
寒い中行列に並ぶのも毎年恒例


f0046982_0554284.jpg
私の家族です
みんな着込みすぎてムチムチね



新しい猫がきたよ、と聞いていたのでわくわくして帰省した今年
パチンコ屋の広い駐車場に捨てられていて保護した猫だそうです

f0046982_0554799.jpg
ヒロミちゃん 歳は5ヶ月くらい?
保護した時は、身体がガリガリで、目もタダレていたそう
今は倍以上の大きさになり、目も病院に通ってきれいになりました

手足が短いのでマルチカン系の雑種かと思います
性格も動きもかなりどんくさくて可愛いんです
高い棚とかにジャンプして、猫なのによく失敗しています…



そして前から飼っている、チョビ4歳
この子も元々は4年前にビニール袋に入れられて捨てられていた猫だったなぁ

f0046982_114541.jpg
久々に遊んであげたら新しい猫の登場にストレスがたまっているのか 笑
強烈な猫パンチぶりです こわ!


心配していた二匹の関係…

チョビは根っからのビビリな性格なので
「遊ぼ〜」と無邪気に近寄ってくるヒロミに対してシャー!!っと
威嚇している始末…おいおい

それでも遊ぼ〜とのん気に追っかけるヒロミから、逃げ続けるチョビ
家の中ではずっと新米猫が先輩猫を追っかけているという
情けない光景が延々続いています 笑

そんな二匹、最初は心配でしたが
少しずつ距離は近づいているようです

f0046982_0554539.jpg
威嚇しながらも、二匹で遊んでます


お正月、半幅帯で気軽に着ました
着る機会は多いのにさっぱり上達しない着付けですが…
今年はもっとスッキリと着れるようになりたいものです

f0046982_2202418.jpg
今年も「まりんの世界手帖」をよろしくお願いします
by picnic_marin | 2013-01-07 02:32 | 2013 東京 | Comments(0)