いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
京都旅行その四「北野をどりへ」
京都旅行その三「詩仙寺へ」の続きです


京都三日目の朝

f0046982_0124277.jpg
朝起きると、雨はやんでいました
曇り空で寒いけど、窓から見える桜は満開

昼前にチェックアウト
宿泊したお花坊はとてもいい旅館でした

古い旅館なので風呂トイレが共同なのはちょっと不便でしたが
細かい箇所まで心遣いが行き届いていて、いい雰囲気でした
古い木材に囲まれて、畳にごろんとすると、とてもリラックスできます
とにかく従業員の方々がみんな優しくて親切でした


母も私もたいした荷物を持っていないので
荷物を持ったまままま、北野をどりを観に上七軒へ

京都駅まで10分くらい歩いて、前もって調べておいたバスで一本

f0046982_014420.jpg
上七軒、とても素敵な町並みでした
京都には五つの花街があると言われていますが
上七軒は京都最古の花街だそうです

木造の古い町並みを維持するには
実際に住んでいる人たち、どれだけ大変なことだろう?と思います
京都の人々が古いものを大事にする気持ち
本当に素敵だと改めて思いました


f0046982_0135693.jpg
観劇前、上七軒にある町家カフェで腹ごしらえ


f0046982_0104667.jpg
上七軒の歌舞練習場の前で母と



f0046982_0141152.jpg
歌舞練習場に入ると、こんな感じ
知らない世界にわくわくしました
古いけれど手入れがいき届いた素敵な中庭が広がっています


f0046982_0104382.jpg
赤提灯が連なっていて、可愛い
池には立派な錦鯉がスイスイ泳いでいます


f0046982_0142183.jpg
このガラスの奥が会場になっています
あまり大きくないこじんまりした会場


f0046982_0104142.jpg
観劇前、別部屋に行って抹茶とお菓子を頂きました
都をどりと同じく一応、舞妓さん芸妓さんがお茶を立てています


f0046982_0104110.jpg
お菓子がのっているお皿は記念にもらえます


f0046982_0104485.jpg
こちらが舞台
北野をどりは舞台と客席の距離が近くて
こじんまりしていて好きです
ちなみに映画「舞妓haaaan!」のラストの絵が撮られたのはこの演舞場です


北野をどり、本当にすばらしかったです
こんな美しい世界、知らなかったなんて
今まで何を観て来たんだ!と思ったくらい 笑

北野をどりの公式サイトです↓ちょっと雰囲気がわかりますよ
上七軒歌舞会HP(音がなります)


圧巻のフィナーレを観た時
うわぁ、日本の文化の神髄を観たぞ…とよくわかんないけど思いました 笑
改めて日本が好きになりました


公演時間は休憩入れて約一時間半くらいだったかと
歌舞伎よりは全然短くて敷居もひくく、わかりやすいです
古典的なのもしっかりやってくれるのですが
コメディなシーンも結構あって、初心者でも楽しめました

美しいだけかと思っていた芸妓さん
こんな面白い役もやってくれるんだ!と感動です
演出にお客さんへのサービス精神を感じました
普段はお座敷でしか見ることのない舞妓芸妓さんが
こんなに近くで見ることができて、本当にいい思い出になりました

北野をどりは誰でも予約ができて一人4000円で見れます
春に京都へ行く方がいたら、とてもおすすめしたい場所です


f0046982_0104333.jpg
すぐ近くにある北野天満宮をお散歩


f0046982_0104247.jpg
北野天満宮は梅が有名だそうですね
梅はもう終わっていたけど、桜は満開ですばらしかった

f0046982_0134545.jpg
f0046982_0133799.jpg
この後、夕方の新幹線で帰り、東京駅で母と解散


桜が満開の時期に、母と京都へこれたのは本当に運がよかったです
めったにない母と二人旅、自然も見方についてくれたのかな


今回の母との旅行で京都大好きになりました
翌年はひとりで行ってしまったくらい 笑

母は東北育ちで、私も関西はほぼ行った事がありませんでした
から海外旅行くらいの気持ちで楽しめましたよ

また母と旅行したいです

f0046982_0104682.jpg
初日の東寺で撮りました



同じ京都旅行の日記です
京都旅行記その一「満開の東寺」
京都旅行その二「都をどりへ」
京都旅行その三「詩仙寺へ」
by picnic_marin | 2014-04-29 00:12 | 国内旅行 | Comments(2)
春の食卓メモ 1
おひさしぶりの食卓メモです


f0046982_1973516.jpg
鮭、牡蠣ふりかけのおむすび
卵ソーセージ焼き
わかめと揚げみそ汁
ごぼう茶

「朝ご飯の達人」というマイム作品を作った高寺さんに
朝ご飯達人認定されて嬉しかった朝でした


f0046982_1972292.jpg
マイムトウ出身の五人組で「おむすび隊」というグループを作ったので
おむすび隊の子が泊まりに来た時、
時間に余裕があればなんとなく
朝ごはんにおむすびを握ってあげます



f0046982_196269.jpg
卵サンドイッチ
インゲン、苺
コーヒー


【卵サンドイッチ作り方】
1 サンドイッチ用のパンの両面にマヨネーズを塗っておく
2 卵、スジャータ、牛乳、味の素、こしょう、を混ぜて半熟で四角に焼き
3 挟んで温かいままカット、できあがり

母が学生時代バイトしていた喫茶店のメニューだそう
味の素を使うのもなんだか時代を感じますよね
高カロリーですが美味しくて、たまに食べたくなります


f0046982_196235.jpg
餃子
キムチとザーサイ
春雨と卵のスープ
ひじきのおやき(パン屋で買った)
ビール

【餃子】
餃子は買った皮の分はすべて使い切って冷凍しています
食べる時はレンジなどで解凍はせず、冷凍したまんまをフライパンに並べ
餃子が浸かるくらいまでお湯を入れます
五分くらいしたらお湯を捨て、ごま油を少したらし、焼き色ついたら出来上がり


f0046982_196278.jpg
かぼちゃのシュフォンケーキ

口が乾く感じよりしっとりしたのが好きなので低温で焼いてみた
でもデロンギコンベクションオーブンだといつも満足いく仕上がりにならない
やっぱガスオーブンが一番だと思う


f0046982_196472.jpg
ミートソーススパゲティ
菜の花のおひたし


f0046982_196566.jpg
エリンギのクリームソースパスタ
ブロッコリー
ブロッコリーを水切りヨーグルト、マヨネーズ、白こしょうと和えたら結構美味しかった


f0046982_196670.jpg
鶏の照り焼き
わかめとネギのみそ汁
白米
相馬の漬け物

鶏ささみを酒で浸してから片栗粉まぶして、照り焼き
上から卵と玉ねぎなど入ったタルタルソースかけ
病院の雑誌で見たので丁寧に作ってみた


f0046982_196673.jpg
焼きたらこ
漬け物
ブロッコリー
焼き海苔
わかめとネギのみそ汁
白米、生卵


f0046982_196774.jpg
油揚げとわかめのみそ汁
鮭とゆかりのおむすび
三角に握るのはなかなか難しい


f0046982_1965795.jpg
豆乳の雑炊
鶏ささみ、ミニトマト、しめじ、ブロッコリーを入れた
これも病院にあった雑誌をみて作った(病院行ってばかりである)


f0046982_1971084.jpg
チャーハン(残り物整理)
サーモンサラダ


f0046982_20105383.jpg
友達にもらった石垣島ラー油と、にんにく油
これは革命的な美味しさ

にんにく油は葉っぱサラダにかけるだけで美味しいですし
石垣島ラー油は餃子以外にも
野菜炒めやチャーハン、味のクオリティが一気においしく!


外ごはんも色々…

f0046982_2010996.jpg
おろし蕎麦
神楽坂は蕎麦屋さんがたくさんあって楽しい
細い蕎麦が好きです

f0046982_2072659.jpg
えりちゃん家にお呼ばれした時、鰤のしゃぶしゃぶ
ブリを半身で仕入れてさばいてくれました
旦那さんのしんちゃん素敵すぎる


f0046982_1992096.jpg
荒木町にあるビストロ、18区でご飯
家庭的な小さいお店、美味しかったです
この料理はなんだか作れそうだったので後日、自分でマネして作ってみました
ディルというハーブは、魚介料理に合うんだなぁ、と知りました


f0046982_1995195.jpg
自由が丘のOhanayaさんでランチ
ささみと九条ネギのクリームパスタ
柚子のソースを別で出してくれて、それを付けて食べました
Ohanayaさんはいつも丁寧に作ってくれます
by picnic_marin | 2014-04-28 19:49 | 【2014 料理メモ】 | Comments(2)
京都旅行その三「詩仙寺へ」
京都旅行その二「都をどりへ」 の続きです

祇園で都をどりを楽しんだ後は、一乗寺方面へ
詩仙寺へ向かいました

詩仙寺に行くきっかけになったのは
このブログを見て下さっているrieさんが
おすすめしてくれたからです、ありがとうございます

f0046982_1827551.jpg
小さなローカル線にのって向かいます

f0046982_1827685.jpg
こちらが入り口です
観光客どころか誰もひとがいなくて、静かで落ち着きました


f0046982_182724.jpg
門から中に入るまでもわくわくします

f0046982_1827647.jpg
昔の人は自然と共に生きていたのだなぁ、と思いました
日常で住んだら湿気や誇りとか掃除が大変そうだけど
こんな建築をした人はかっこいいな、と思いました



f0046982_18271520.jpg
日本で初めての獅子落とし(竹がカコンってなるやつです)がこれだそうです
もともとは猪などを追い払う農具だったそうですが
音が風流だからと庭に取り入れたのは詩仙寺が初めてだそう


f0046982_1827136.jpg
小雨が植物を更に美しく魅せていました
庭師さんはとても丁寧に手入れされているんだろうなと思いました

f0046982_1827741.jpg
f0046982_1827989.jpg
f0046982_1827493.jpg

f0046982_18271049.jpg



f0046982_1827095.jpg
帰りに甘味屋さんで甘いパフェを食べました


少し早めですが雨もふっていたし
疲れたので早めに旅館へ

f0046982_18271237.jpg
旅館の階段がこんなに急!母が「ほんとに昔の作りだよね、懐かしい」
と言っていました
確かにトトロで真っ黒くろすけが出てくる階段ってこんな感じだった



母の足が少し悪いので
たくさん歩かないようにしていたんですが
無理にいろいろ回らないゆっくりした旅はとても気が楽でした


二日目の夕ご飯も旅館で食べました

f0046982_1827730.jpg
空豆のすり流し
タコが春らしいです
山芋がちょうちょの形になっていて可愛かった


f0046982_18271186.jpg
前の日と全然違う雰囲気の料理を出してくれて楽しめました
部屋でゆっくり、というのは本当に楽
お風呂あがりに美味しいものを母と食べて、なんとも贅沢でした


続く…
次回は、北野をどりです
by picnic_marin | 2014-04-28 18:58 | 国内旅行 | Comments(2)
京都旅行その二「都をどりへ」
京都旅行記その一「満開の東寺」の続きです

今回の旅のメインは「都をどり」と「北野をどり」
芸妓さん舞妓さんの踊りのことです
とっても楽しみにしていました

高級料亭やお茶屋さんでしかお会いする機会のない舞妓、芸妓さん
しかし!私のような一般人でも
気軽に舞妓さんに会える催し物があるんです

f0046982_23533821.jpg
京都には五つの花街があり、春から夏期にかけて
それぞれの踊りが歌舞練場で開催されるんですよ

私達はこの日、「都をどり」を観に行きます


まずは旅館の朝ご飯で腹ごしらえ

f0046982_23534355.jpg
ひとつひとつが丁寧に作っていて
家ではこんなの作らないもんね〜、と全部美味しく頂きました


f0046982_23525726.jpg
桜が満開の時期は、どこを歩いても京都はきれい
季節の草木や古い建物を街の人々が全員で大事にしているのが伝わります
旅館の近くの公園をお散歩


f0046982_23533355.jpg

f0046982_23533162.jpg

f0046982_23533010.jpg
ソメイヨシノやしだれ桜…一番良い時に観れて、母とうっとり


f0046982_23525912.jpg
祇園の花街に到着、人生初、祇園潜入でした
古い建物をこれだけ保つのは本当に大変だろうなぁ、と思ったり


f0046982_23533431.jpg
祇園甲部歌舞練場に着きました
どこも桜満開です


f0046982_23533583.jpg
お茶券付きチケットにしたので
観劇前、抹茶とお菓子が頂けます
一番前の人だけですが舞妓さんが抹茶を振る舞ってくれます
初めてみる舞妓さん、所作が美しかったです

f0046982_23533783.jpg
こちら舞台
始まる前

新橋演舞場もそうですが
美しく刺繍されたカーテンに会社の名前が入っています
休憩中など何度もカーテンが変わるので、これは昔でいうテレビのCMのよう!
粋だな〜と思いました


撮影禁止なので撮っていませんが、こんな感じでした(公式HPより)

フィナーレの舞妓芸妓、全員が花道から上までずら〜と並んで踊った時
大迫力の絵には本当に鳥肌が立ちます
日本人としてこんなすばらしい文化が知れて、嬉しかったです
感動しました



f0046982_2353466.jpg
祇園の都をどりはこの青い着物をきるのが特徴みたいですね
桜が描かれていて、春気分でいっぱいです



外へでたらちょっと小雨

f0046982_23533651.jpg
雨の京都もしっとりしていて美しいです
祇園は人が多いので、ちょっと離れたお寺にお散歩


追伸
ちなみに映画「舞妓haaaaan!」が大好きです
阿部サダヲ気分で、舞妓芸妓さんにほれぼれ…目がハートでした。


つづく…
by picnic_marin | 2014-04-09 00:02 | 国内旅行 | Comments(0)
法事で福島へ
先月、法事で福島へ行ってきました
祖母の49日、叔母さんの一周忌です

集まる時は、親戚の子供に会うのが楽しいです
どこか顔がいとこに似てたり、本当に可愛いものですね
子育ての楽しさも、大変さも
数時間だけちょっとお母さん気分、いい経験になります

f0046982_1551577.jpg
本当に引き出しに入ろうとして
何で入れないのか不思議に思っています笑
身体が大きくてはいれませんよ〜

f0046982_16154655.jpg
会う度にどんどん成長していていく可愛い女の子たち
たまにしか会わないのにちゃんと全員の顔を覚えてるしっかり者
子供なのに大人のみんなに優しい



法事の後のご飯はいつも母の同級生のやっている
小料理屋さんでお世話になります
いつもとっても美味しくて、楽しみです

f0046982_15514260.jpg

f0046982_15514196.jpg

一年前、人生には終わりがある、いつも優しかった大好きな人は
いつかいなくなる日がくるんだ、と
産まれて初めて実感したかもしれません

ふいに携帯電話のアドレス帳に残っている
亡くなった叔母さん名前を見て
かけたらつながるんじゃないかと思ったり

最近は、ほんとに涙もろくなりました

ぴーちゃん、ありがとう
心の中でいつもいると思って
たくさん美味しいもの食べて、私は生きていきます

ぴーちゃんのご飯、いつも美味しかった

f0046982_16154981.jpg

by picnic_marin | 2014-04-02 16:21 | 2014 東京 | Comments(0)