日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2015年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
私の部屋
飼い猫のミーの方が居る時間が長いので
私の部屋ではなく、ミーの部屋なのだろう、きっと。


引っ越しや模様替えにパッションがある私は、過去の自分の部屋の写真をみていつも
なんだか懐かしく切ない気持ちになります。
ゆっくりと時間は動いていて、変わらないように見える日々。
しかし、年月はあっという間に過ぎる。
いまの、この空間はもう二度と来ないのかと思うと寂しい。


f0046982_114552.jpg
ごちゃごちゃしたキッチン。
断捨離を完璧にやってもキッチン用品はあまり減らないのだ。
暑いので、濡れている台ふきんの上に座るミー。


f0046982_0191760.jpg
熱心に仕事をすればするほど、なにが心地いいのか机の上に来ます。
なんとか物と物の隙間に身体の形を合わせて寝るミー。そこまでして邪魔をしたいのね…


f0046982_0191693.jpg
このテーブルでいつも食事をとっています。
友達が誕生日にくれた美しい向日葵。猫のお尻。
ここから外の景色を覗くのが好きです。


猫はベランダが好きで、気持ちよさそうな顔をする。
外の風が気持ちいいみたいです。

f0046982_019178.jpg
もう夏が終わろうとする、寂しい気配。






by picnic_marin | 2015-08-28 23:24 | 2015 東京 | Comments(2)
夏のイベント
皆さん、夏はいろんなイベントへ行かれたかと思いますが
私は特にどこにも行けず…暑苦しい(涙)東京の夏をそれなりに楽しみました。



吉祥寺の café du Lièvreうさぎ館で行われた
サニーデーサービスの曽我部さんのソロライブにお手伝いで行きました。

f0046982_0423645.jpg
初めて曽我部さんの歌を聴きましたが
歌詞と声に愛がたくさんあって、心から癒されました。
夜風に吹かれながら、彼の声が聞けてとても心地良いライブでした。

f0046982_0423395.jpg
ライブの前、曽我部さん本人とお話する機会がありましたが、
気さくで、本当に優しい方で、こんな良い人いるんだなぁ。と感心しました。
人柄が音楽にそのまんま出た方。ファンになりました。






神楽坂のフレンチダイニングで行われた、シリル・コピーニさんの落語会に。
フランス人ですが、流暢な日本語での落語。

f0046982_0423417.jpg
「じゅげむ」という演目はすごい早口なんですが、完璧に話せていて
それ以上に、顔がすっごい面白かった。笑
パントマイムで散々、顔芸を自分はしていましたが、彼の顔の筋肉すごい…!
わかりやすい落語で、とても聞きやすいです。

9/1(火)にまた彼のディナーショーがあるので、興味がある人は是非!
19:30~30分、20:30~30分@神楽坂フレンチダイニングです。
私はこの日、スタッフで働いていますから、ブログを見て来た方は声かけてくださいね!
by picnic_marin | 2015-08-23 20:45 | 2015 東京 | Comments(0)
浴衣のお誂え
日本舞踊の練習はいつも浴衣でお稽古をするのですが、
私は背が高いので、頂いた浴衣や既製品の浴衣だと裄などが足りなくて、おはしょりも無くて…つんつるてんになってしまうんですよね。

踊りの動作の中で、袖口を掴む動きがよくあるのですが、いつも掴むのができなくて困っていました。今年こそお仕立てしよう!と思い
前から気になっていた浅草橋のえりちゃん家の近くの呉服屋さんに勇気を持って入ってみましたよ。


この道60年のご夫婦。

奥様はおしゃれでとってもチャーミング。
亭主は優しい人柄で、奥さんが大好きだそうです。
最初に伺った時に、お店で一緒に撮らせて頂いた写真です。

f0046982_1104610.jpg
奥に長い店構えが、いかにも昔の建築というか…歴史を感じます。
二人ともおしゃべりが大好きで、呉服のことは関係なく延々お喋り。でも良いサービスってこういうことだな、と勉強になるほど、感じがいいお二人。


大型の呉服屋さんは、押し売りが怖くて入ることもできませんが、こういう下町の呉服屋さんって、販売の仕方がまるで違う。ごく自然なんです。


自分のお財布に無理のない、正に身の丈に合った買い物ができて、本当に気に入った反物を見つけることができました。

浅草橋辺りも呉服屋さん、かなりなくなったそうですが…こういう良いお店はどうか頑張って続けて欲しい、と心から願います。


f0046982_141586.jpg
奥さんが生けた生花。季節を感じられて素敵。おもてなし、ですね。


f0046982_141418.jpg
仕立てあがった私の浴衣。
身体にぴったりの浴衣って、本当に気持ちいいです。着崩れも少なくなって、仕立てて本当によかった。
浴衣は綿ですし、洗濯機で簡単に洗えるので気軽に着れますね。


f0046982_1263240.jpg
早速たくさん着ています。写真は恵比寿の盆踊り大会で、チムニーと。
以前より動きやすくなった気がして、日舞の稽古にもより力が入ります。


東京、楽しい!




by picnic_marin | 2015-08-20 22:58 | 2015 東京 | Comments(2)
日々ご飯 3
涼しくなってきたので、少し食欲も戻ってきました。夏野菜を食べて元気を出します。料理しないと野菜も採れないし、元気ださないと、ですね。
後半に、家以外のご飯のことも少し載せました。


f0046982_21454243.jpg
夏野菜の煮浸し

茄子、ししとうを揚げて、出汁+薄口醤油につけて冷蔵庫へ。
ひやひやで食べます。


f0046982_21454142.jpg
残り物のカレー
茄子、きゅうり、かぶのぬか漬け
人参ラペ
赤紫蘇ジュース


f0046982_21454130.jpg
ゴーヤチャンプルー
納豆
かぶの葉とお揚げの味噌汁
ごはん
ぬか漬け
赤紫蘇ジュース


f0046982_2145403.jpg
グリーンカレー
人参ラペ
ぬか漬け
レモネード

みー君の手…


f0046982_21454097.jpg
鶏胸肉とズッキーニ、チョリソーソーセージのソテー
バゲット
ビール


f0046982_21453949.jpg
冷やし蕎麦(わかめ、大根おろし、豚しゃぶ、紫蘇、みょうが)
夏野菜の煮浸し
赤紫蘇ジュース


f0046982_21453971.jpg
ズッキーニとトマトのパスタ
炭酸水


f0046982_21544012.jpg
イカのチョリソーのソテー
もずく酢
おくら
人参ラペ
ビール


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

家以外のご飯も載せてみました。外食もちょろっと。


f0046982_22115645.jpg
日本橋 利休庵の納豆蕎麦。
東京で一番好きな蕎麦屋です。


f0046982_22124436.jpg
ミニトマトのかき氷。中に練乳、クリームチーズがかかっていてとても美味しかったです。麻布十番にある野菜の和菓子屋さんのカフェ。


f0046982_22142218.jpg
神楽坂カモメブックスのコーヒーアイスキャンディー
ほろ苦くて、大人の味がしました。


f0046982_22154335.jpg
父の日、父親をお寿司屋さんにご招待。
曙橋にある「しげる」は良心的で美味しいお寿司屋さんです。


f0046982_2218214.jpg
同僚のおばあちゃん、マリーフランスの家でお昼をご馳走に。サラダの作り方が日本人のお母さんが作る雰囲気と微妙に違くて、面白い。


f0046982_22195023.jpg
神楽坂、龍明のとろろラーメン。こちらも大好きなラーメン屋さんです。

f0046982_23551863.jpg

神田の老舗でご馳走に。のどぐろの煮魚は本当に美味しかった。私も今度は煮魚に挑戦したいです。



最近はこんな感じのものを食べて生きています。
夢のロウフード生活はどこへやら…体内酵素が足りていない気がするので、気にはなっているんですがね。なかなか取り入れられていない。涙


by picnic_marin | 2015-08-19 07:50 | 【2015 料理メモ】 | Comments(2)
日々ご飯 2



f0046982_2118340.jpg
冷たいしじみ素麺
なすのぬか漬け
麦茶


f0046982_2118879.jpg
豚しゃぶサラダ
味玉、なすのぬか漬け
ゴーヤの味噌汁
ごはん
きゅうりの漬物
卵納豆
赤紫蘇ジュース



f0046982_211819.jpg
鶏胸肉とオリーブのソテー
バナナとアボガドのサラダ
バゲット
赤ワイン


f0046982_2118637.jpg
ひじきとササミのサラダ
キムチ納豆
わかめと油揚げの味噌汁
たくあん
ご飯
赤紫蘇ジュース


f0046982_2118167.jpg
そば粉のガレットエビとホタテのクリーム煮
ルイボスティー


f0046982_211828.jpg
残り物寄せ集め


f0046982_211839.jpg
きのことベーコンのソテー
アボガドとマッシュルームのサラダ
アスパラガス茹で
ポテトサラダ
ビール


f0046982_2118422.jpg
冷やし中華
麦茶




f0046982_2118551.jpg
暑い中、なぜかキッシュを作った。近所の友達に配りましあ。


f0046982_2118557.jpg
なすとズッキーニのキッシュ
ピンクグレープフルーツ


f0046982_2118611.jpg
サラダ
バベットステーキ
赤ワイン


f0046982_2118771.jpg
ゴーヤチャンプルー
もやしナムル
エビとブロッコリーのサラダ
ビール

f0046982_2118716.jpg
醤油ラーメン
日舞の先生に、ラーメンの麺をたくさん頂いた。
懐かしくて優しいラーメンの味がする。



f0046982_2118968.jpg
手羽先と冬瓜のカレー
玉ねぎとトマトサラダ
きゅうりと茄子のぬか漬け





by picnic_marin | 2015-08-19 07:30 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)
日々ご飯 1
最近は料理を作る気力がなくて、ヘナっとしています。作っても麺類とか、すぐ終わる料理…。料理しないとなあ、と思って過去の料理の写真を眺めての更新。
早く秋になってほしい。


f0046982_21155913.jpg
ハンバーグ
ポテトサラダ
しめじとパプリカ、トマトのマリネ
しらす大根
バゲット
麦茶

友だちにハンバーグ作った翌日の余り物。


f0046982_2016719.jpg
たまご粥、ぬか漬け、明太子


f0046982_2016947.jpg
水菜のサラダ
バベットステーキ
バゲット
赤ワイン


f0046982_2016993.jpg
鶏むね肉の焼いたの
ソテーしたポテト
水菜とちくわのサラダ
赤ワイン


f0046982_20161047.jpg
焼鮭
なっとう
サラダ
しじみの味噌汁
白米
きゅうりのぬか漬け
麦茶


f0046982_20161041.jpg
shozoカフェのスコーン
アプリコットジャム、バター
サラダ
麦茶


f0046982_20161142.jpg
ポークピカタ
トマトソース
バゲッド
麦茶


f0046982_20161141.jpg
焼鮭
ひじきの煮物
切り干し大根のサラダ
かぶの味噌汁
白米
麦茶



友達が来た時、簡単に作ったつまみ

f0046982_20161151.jpg
マグロぬた

居酒屋でしか食べたことがなかったのですが、これ簡単なんですね
ネギはさっと茹でて、酢味噌(味噌、砂糖、みりん、米酢、溶きからしを)と
食べる直前にまぐろと和えれば出来上がり。


f0046982_2016125.jpg
梅きゅうり
梅は手で割って、梅干し、醤油、ごま油少々をビニール袋に入れて
少し揉ん置いておくだけ。簡単ですごいおいしい。
景子ちゃんに教えてもらった。


f0046982_20162666.jpg
キムチ豆腐
豆腐にキムチ、ごま油、紫蘇をのっけただけ。









by picnic_marin | 2015-08-19 07:14 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)
阿波踊り
去年から、阿波踊りを始めて、今年は二年目です。
地域の団体の連で、ご縁があって始めました。

f0046982_22254765.jpg
稽古風景、地域の小学校の体育館で練習しています。

なぜ始めたのかというとパントマイムと同じで
運動の為にはじめました。

日舞と通ずるものは有りますが、エネルギーの出し方が、ちょっと別物だなと思います。


阿波踊りは、単純な動きの繰り返しなのですがとても奥が深いです。
とにかく体力と持久力がないと
良い姿勢と動きを保てない、身体が動かせないのです。

適当に踊ることもできますから、そうやって踊っている人も多くいます。
でも本当にちゃんとやろうとすると
相当筋力と持久力がないと難しい踊りです。

阿波踊りの本場は、徳島。
去年の夏には4日間、本場の阿波踊りを見学しに行き
いろんな連を見たのはとても良い経験でした。

f0046982_22254658.jpg
これから本番の控え室。とても華やか。


f0046982_2225467.jpg
毘沙門天の前。で子供の踊りが始まるのを待つ私の連の人たち。
神楽坂の毘沙門天の前ですね。


f0046982_22253675.jpg
本番直前に構成を確認する男踊りのみんな


f0046982_2225373.jpg
父(左)と父の弟がわざわざ見にきてくれました。
私は女踊りと思いきや、男踊りです。


f0046982_2083886.jpg
本番はこんな感じで、列をなして踊りながら進んでいきます。
先頭の子供がとにかくかわいいです。

練習の時も本番も、いつも思うのですが
子供から大人まで様々な年齢、職業の人が
同じ衣装を着て、同じものを目指しているのが、とても楽しいです。
地域の人と触れ合うのは楽しいなって、
阿波踊りをはじめてから思い知りました。


夏はいくつかお祭りがあるので、出演しましたが
とにかく暑い!の一言ですね。いい運動!
今年も踊る阿呆になって、がんばりました。



f0046982_22254757.jpg





by picnic_marin | 2015-08-17 01:40 | 2015 東京 | Comments(0)
赤紫蘇ジュース
赤紫蘇ジュース、今年も7月頭頃に作りました。

f0046982_22251799.jpg
大好きな赤紫蘇ジュース。
毎年この季節を楽しみにしています。


f0046982_2224158.jpg
今年は大分のかぼす農園で購入。
赤紫蘇を買うとき、枝が一緒についているのと、葉だけで売っているタイプのものがありますが
私は葉だけの方が作りやすいので、今年は葉っぱだけのを買いました。


【2015年 赤紫蘇の分量】

赤紫蘇(葉のみ)2kg
水6L
砂糖 2.3kg (てんさい糖+洗双糖)
クエン酸75g

f0046982_2224224.jpg



作り方は2011年に作った時の日記を参考にしています。
作り方はとても簡単なんですよ。


f0046982_2224370.jpg
煮沸消毒した瓶にうつします。


f0046982_2224747.jpg
今年も美味しくできました。


大家さんや、日舞の先生に赤紫蘇ジュースをあげたらとても喜んでくれましたよ。

日舞の先生にはお返しにと梅ジュースを頂きましたが、暑い夏にはぴったりで美味しかったです。来年挑戦したいです。


栄養たっぷりの赤紫蘇ジュースを美味しく頂いて、暑い日本の夏をなんとかのりきりました。





by picnic_marin | 2015-08-17 00:51 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)
三鷹ピッツリア&トラットリア スーペルノヴァ
友達が先週、三鷹に「ピッツリア&トラットリア スーペルノヴァ」オープンさせたので食べに行ってきました。


f0046982_7282277.jpg
三鷹駅から5分ほど。通り沿いにあってブルーのひさしが目印。

f0046982_6303627.jpg
看板が本場さながらで、素敵なんです。お友達が描いたそう。



店に入って目を引くのは、この釜!
とにかく大きい!!

f0046982_7414474.jpg
ピザ釜の中をよく見ると、ガスではなくて、木が入っている…マキで焼くのね。
火加減見たり、大変そう。
覆うタイルは、自分達で貼ったのだとか。


f0046982_6303426.jpg
本場イタリアのナポリから取り寄せたピザ釜。
搬入がとにかく大規模だっだそうで、お店が一階なのも、全てはこのピザ釜のためだそうな。

ピザが気になる所ですが、まずは前菜の盛り合わせを注文。

f0046982_6303810.jpg
レバーのクロスティーニ蜂蜜とバルサミコ酢
肉詰めオリーブのフリット
サーモンのマリネ
カプレーゼ
絹茄子のカポナータ
生ハム&イチジク
メロンとリコッタチーズ


最初にこれを頼むのが、このお店はおすすめだな、と思いました。全部を少しずつ楽しめて、ケンカしないように取り分けやすい三人前にしてくれる気遣いに感謝。


f0046982_630375.jpg
自家製ソーセージ
ハーブがしっかり効いていて、いい匂い。
中に肉がゴロゴロ入っている感じが好きでした。


f0046982_6303769.jpg
キスと海老のフリット。
手づかみで頭からガブッと。熱々でさっくり。
ビールやワインが進む。


f0046982_6303372.jpg
全員が飲兵衛なので、最初にスプマンテをグラスで頂いてから、ボトルで白、赤。
ワインは全てイタリアワインで、手頃な3000円からちゃんとした美味しい良いワインまでわかりやすいメニューがあり好印象でした。
ちなみにこれはカベルネでしっかり重めのワイン。


f0046982_6303666.jpg
キューバ・メキシコ帰りの真っ黒なめーちゃんと、都内の飲食店を言うと大体知ってる美食家の北ちゃん。笑
よく飲んでよく食べました。めーちゃんはパイナップルみたいだな。



さて、注目のピザ釜で焼かれたピッツァ。

f0046982_6494783.jpg
マルゲリータ
生地はモチモチしていて、表面はカリっと、美味しかったです。
料理しているところは客席から全部見えるのですが、良質なチーズをふんだんに使っていて贅沢なマルゲリータだと思う。トマトソースは酸味がありフレッシュ。


f0046982_6303374.jpg
ビアンカネーヴェ

生ハムとルッコラのピザ
有機栽培の肉厚ルッコラと、すりたての生ハムがこんもりのったピッツァ。ルッコラの苦味と生ハムの塩気が美味しくて
お腹いっぱいでもついつい手が伸びてしまった。
シェフが師匠から受け継いだメニューだそう。




f0046982_6303555.jpg
トイレのタイルがかわいくて、載せちゃいます。
鳥が描いてあって、美樹ちゃんが描いたそうな。



f0046982_6303529.jpg
デザートは盛り合わせにしてもらいました。
小さいお店なのにデザートまでしっかり美味しかったです。


f0046982_6303488.jpg
スーペルノヴァのオーナーご夫婦の美樹ちゃんと、ゆうきさんです。オープンおめでとー!
写真の通り笑、気さくでフレンドリーな二人。とても話しかけやすい。
旦那さんとは初めてお会いしましたが、人柄が料理に表れている、優しくて真面目な方でした。

サービスの美樹ちゃんはアーティスト。ギターの弾き語りと絵を描いています。
彼女の声は透明感があって、とても素敵な声をしています。
いつかお店でライブとかできるかな。

そんな日を楽しみにしています。



f0046982_6333159.jpg
スーペルノヴァは、三鷹駅の北口を出て右に行ったところにあります。駅から5分くらい。
小さなお店なので、ディナータイムは特に事前予約してから行った方が良いです。

ピッツァリア&トラットリア
SUPER NOVA スーペルノヴァ
電話 0422-56-8932
東京都武蔵野市中町1-24-16 杉山ビル1F
ランチ11:00〜14:30(LO14:00)
ディナー18:00〜23:00(LO22:00)
水曜定休



by picnic_marin | 2015-08-13 07:49 | 2015 東京 | Comments(0)
しんちゃんの美味しい料理
幼馴染のえりちゃんに赤ちゃんが産まれたので見に行ってきました。
まだ一ヶ月もたっていない、ほやっほやの赤ちゃん。


f0046982_2020297.jpg
赤ちゃんってやっぱり手を上げて眠る!
これが可愛くって、ほんとお手上げです。ミルクと少しのおじさんのにおい。


f0046982_2020281.jpg
すっかりママらしくなったえりちゃん、強い愛情を感じます。
赤ちゃんが生まれたからといっても
えりも、部屋も前と何にも変わっていなくて、なんだか自然なまま。


f0046982_20203014.jpg
ポン酢のレシピとかいつも料理のことを教えてくれる、元料理人のしんちゃん
優しい彼は、普段も家事を助けてくれているそう。

えりちゃんの産後の身体に良いレバーの料理など、栄養を考えていて本当に優しい〜。


この日、赤ちゃんがいて大変なのに、わざわざ料理をこしらえてくれた、しんちゃん
どうもありがとう。料理のできるひとはかっこいい!


彼が作ってくれた料理の作り方を聞いて、後日、自分で同じものを作ってみました。友人が来た日に。喜んでもらえました。


f0046982_20294756.jpg
生タコのカルパッチョ

新鮮な生ダコの足は吸盤を取り除き、さっと軽くお湯に入れて、輪切りにします。
オリーブオイル、塩こしょう、ハーブとレモンを切っただけです。

新鮮な魚が安く売っている御徒町の「吉池」というスーパーを教えてもらい、そこで買いました。

プロも魚を買いに行く位で、近かったら毎日行きたいくらいの良いスーパー。



f0046982_20294787.jpg
タコブツ刺し

カルパッチョで残った吸盤を塩茹でしてポン酢でさっぱりと。
吸盤の部分は、コリコリしてとっても美味しいんですよ。捨てるなんて勿体ない。
わかめときゅうり、大根おろしと頂くのが美味しいです。


f0046982_20294760.jpg
たっぷり鯵のなめろう
鯵が美味しそうだったので、三枚下ろしにして包丁で叩きました。
味噌、生姜、ネギ、紫蘇、などを一緒に包丁で混ぜるだけの漁師料理。
なめろうは私の大好きな料理です。


f0046982_20294881.jpg
ポークピカタ

豚ロースを、卵、小麦粉をつけてソテー。
トマトのざく切り、ニンニク塩こしょうを軽く煮たのを上からかけただけです。
シンプルですが、トマトが美味しい今の時期、

全部、少しのコツだけでシンプル、簡単な料理です。しんちゃんのご飯は美味しいです。大好きな人のために作る料理は楽しいですね。





by picnic_marin | 2015-08-11 08:42 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)