いろんな国の日々のこと
by picnic_marin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京の端っこでシェアハウスに暮らしています。主なブログ内容は、料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞。

詳しくはプロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com

カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
熱川へ釣り旅行
at 2017-07-15 00:35
雨季の誕生日
at 2017-07-01 01:04
魚修行の道
at 2017-06-18 01:07
おうちごはん
at 2017-06-17 23:57
おうちごはん(友達編)
at 2017-06-17 23:30
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
<   2016年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
食卓メモ2
f0046982_1285378.jpg
冷麺
韓国のり
ビール


f0046982_1230657.jpg
アジの干物
筍とがんもどき煮物
卯の花
焼き豚
白米
納豆

お豆腐屋さんのがんもどきはスーパーのよりぐっと美味しくて旨みがあった
おまけにおからをもらったので、手がかかるけれど、卯の花も作ってみた。


f0046982_1285197.jpg
カルボナーラ
アボガドとトマトのサラダ
レモン水



お菓子名人のめーちゃんが作ったいちじくスコーンが美味しくてたまらないので
作り方を聞いてマスターした!あとは焼き加減がなかなか難しいのだった。

ドライいちじくをたっぷりのラム酒に漬ける

f0046982_12311389.jpg
f0046982_122521.jpg
f0046982_12252726.jpg
たくさん作って生のまま一個づつラップして冷凍。食べたい時に解凍して、オーブンで焼いています。

f0046982_1211348.jpg
お店で食べるスコーンより美味しいのが焼けた。めーちゃんに感謝!!


f0046982_12321473.jpg
アボガドと鶏ささ身のサラダ
小あじの干物
納豆、筋子、ほうれん草おひたし
ぬか漬け、韓国のり
白米


f0046982_12322822.jpg
塩しゃけ
豚肉とナスの味噌炒め
がんもどき煮物
卯の花
納豆
韓国のり


f0046982_12323829.jpg
白山米店のお母さんがくれたおかず達
愛に溢れてて、なんて美味しいんだ…人が作ったものって美味しい!
筍と味噌炒め
筍とフキの煮物

f0046982_12325250.jpg
賄いでいろいろ作りますが、好評だったニラと黒ごまの中華麺




持ち寄りっぽいの会があったので、私はキッシュと田舎パテを作っていくことに

f0046982_1211121.jpg
ホウレン草とベーコンのキッシュ
アメ玉を入れると一気に美味しくなります。

f0046982_1285461.jpg
焼き上がりました。田舎パテはちょっと焼きすぎました…

f0046982_1285480.jpg
みんなで食べると美味しい。
by picnic_marin | 2016-07-01 22:19 | 【2016 料理メモ】 | Comments(0)
食卓メモ1
こうして並べて改めて見ると、圧倒的におかず多すぎるでしょう!という私の食卓。笑
副菜系が多すぎて塩分も摂り過ぎている。。。

食い意地がある私、困ったものです。体力勝負な職場なので良いかもしれませんが、あまりに多いと思うので、この写真達を見て、もう少し献立を減らそうと思いました。笑


f0046982_11573080.jpg
あじの干物
ニラ玉
納豆
豆腐とネギの味噌汁
ぬか漬け
筋子


f0046982_11195465.jpg
まぐろアボガド丼
ニラ玉
揚げ春巻き
韓国のり
自家製ぬか漬け、キムチ
ビール

f0046982_11571013.jpg
ネバネバ素麺
納豆、しらす、アボガド、オクラ、ミニトマトを入れた。


f0046982_11195560.jpg
卵かけご飯
キムチ納豆
筋子
ぬか漬け
サラダ
お茶


f0046982_11195453.jpg
野菜入れ過ぎなインスタントラーメン
サラダ
キムチ
レモンジュース


f0046982_11195371.jpg
しらす丼
揚げ春巻き
きゅうりと鶏ささみサラダ
ぬか漬け
ビール

揚げ春巻きを一気に作って、冷凍しておくと
食べる時に、凍ったまま揚げるだけなのでとても楽ちん。
おかずが春巻き揚げだらけになって、ちょっと飽きましたけどね。。

f0046982_11195243.jpg
カルボナーラ
サラダ
ペリエ

何度も何度も作っても失敗していたカルボナーラ。かとちゃんにコツを教えてもらったら、コツなんて、な〜んだ。というもので、それからは簡単に作れるようになった。


f0046982_11572546.jpg
かます干物
わかめサラダ
ぬか漬け
ネバネバ丼
味噌汁
アスパラガス炒め物


f0046982_11195345.jpg
冷麺
揚げ春巻き


f0046982_11195161.jpg
セロリのサラダ
フォアグラ(フランスのお土産)
赤ワイン

f0046982_11195244.jpg
揚げ春巻き
ナスの味噌炒め
丸パン
ビール
by picnic_marin | 2016-07-01 22:07 | 【2016 料理メモ】 | Comments(0)
赤紫蘇ジュース
今年も大好きな赤紫蘇ジュースの時期がやってまいりました。

f0046982_13581455.jpg
今年も去年と同じく岡山県の里山農場さんの赤紫蘇をお取り寄せ。すごい量です。
まずは軍手をして大量の赤紫蘇を、茎と葉に分けます。

f0046982_13515766.jpg
濃厚なシロップを作りたいので、たっぷり!使います。

f0046982_13515847.jpg
赤紫蘇は熱湯に入れてすぐに、青色になっちゃうんですよ。

f0046982_13515841.jpg
そして酸味がある、酢やクエン酸を入れるときれいなピンク色に〜!


赤紫蘇ジュースは、クエン酸派か、お酢派に分かれるのですが、今年はいろんな材料の組み合わせで作ってみました。来年の参考にしたいので、メモ。


【A】
水 6L
赤紫蘇 約1400g
グラニュー糖 2Kg
クエン酸 85g


【B】
水 4L
赤紫蘇 約1200g
てんさい糖 1.2kg
玄米酢 800ml


【C】
水 6L
赤紫蘇 約1400g
さとうきび粗糖 1.5kg
クエン酸 小さじ5
玄米酢 800ml


f0046982_13532052.jpg

いろいろ作ってみて、結果【A】が一番好きでした。今まで作ってきたのもAなのですが、結局この材料が一番赤紫蘇の風味を壊さないし、暑い日にすっきりごくごく飲める感じです。

【B】は十分美味しいのですが、ちょっぴり失敗だったかなと。てんさい糖は身体を冷やさない砂糖として有名で、身体にいいかな?と思ったのですが、こっくりした甘さが、すっきりした赤紫蘇には合わない気がします。

【C】友達に飲み比べてもらいましたが、こっちがの好き、って人はなかなか多かったです。酢の酸っぱさが心地よいらしく、赤紫蘇の風味も失われていないよ、とのこと。


ちなみに詳し作り方はこちらの過去日記にのっています。とっても美味しいのでぜひ挑戦してみてほしいです。


f0046982_13532059.jpg
幼少の頃によく遊びに行っていた友達のお母さんは赤紫蘇ジュース用の冷蔵庫を完備しており、すごいな!というのをよく覚えていますが、そのお母さんの気持ちが今ならば理解できます。笑
by picnic_marin | 2016-07-01 22:00 | 【2016 料理メモ】 | Comments(0)