日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
手作りビール
at 2017-11-08 10:53
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
はじめてのアジ釣り
夏頃の話ですが、東京湾の鯵釣りに行ってきました。

熱川へ釣り旅行ではずっと船酔いをして悔しい想いをした私。
今度こそ魚を釣るぞ!と気合十分。心強い釣り名人の友達と一緒です。

f0046982_00200774.jpg
こちらの船宿にお世話になりました。

乗車料を見た時、笑いました。
男性6500円、女性3500円なんです。
何でそんなにも値段違うのか聞いたら、女性にもっと釣りをやって欲しいという思いから低料金にしてくれているそうです。

f0046982_00200743.jpg
こちらの乗り合い船に乗ります。

お客さんは釣り慣れした本気なおじさんしかいなくて最初はびびってましたが、船が動き始めたら、風が気持ちいいな〜と、楽しい気分に。乗り合い船は空いていたので良かったです。

f0046982_00200730.jpg
東京湾は天気が悪くない限り、揺れないので船酔いはしないそう。
実際、酔いやすい私も全く酔いませんでした。



鯵釣りの仕掛けは、イソメというひじょ〜に気持ちの悪い餌をハサミで切って使います。
なんかSF映画に出てきそうな宇宙人みたい…なんでこんな容姿なの…

これがイソメ。水中では光るらしく、鯵はこいつが好きなんだそうです。

f0046982_00440411.jpeg
同乗した釣り名人の友人は厳しく、もちろん仕掛けも最初以外は手伝ってくれないので、自分でやります。

最初はビニール袋越しで触ってつけたり、ギャーギャー騒いでましたが、何度も繰り返しつけてるうちにまどろっこしくなり、素手で触れるようになりました。

イソメを食べた鯵を、私は食べるのだ…と思うと、なんかもうどうでもよくなり、イソメの頭を狙って針をぶっさせるほどに慣れていきました。笑(イソメは頭を刺すと動かなくなり、針からも外れにくくなる)


釣り人口で女性が増えない原因は、きっとこのイソメの気持ち悪さがいけないんじゃないのかしら、思いました。笑


しかし!
釣れた時の快感を味わってしまえば、そして、釣りたての鯵の美味しさを知ってしまえば、もうイソメの気持ち悪さなんてどうでもよくなります。

f0046982_00455530.jpg
釣ったら手元まで持ってきて、手で掴んで鯵の口から針を外します。

暴れるので、滑って大変でしたが、釣りたての魚はこんなに元気なんだって驚き!楽しい!

f0046982_00200757.jpg
釣名人の友人はさすがで、ポンポン釣っていき
最終的には30匹くらいは釣れました。私が釣ったのは8匹だけ。


家に帰ったら、とりあえずシャワーを浴びて頭も全部洗ってさっぱり。
釣りってベタベタするものなのです。着てた服もぜーんぶ洗濯機へいれて洗います。


そして!どんどん捌いていきます。

釣たての鯵は本当に美しい。艶、色、形、完璧です。自然界はすごいなぁ、と。
それを食べるんです。

f0046982_00210365.jpg
魚を捌くのはずっと練習してましたが、一人暮らしなので裁こうと買ってきてもせいぜい2匹くらい。

こんな大量の魚を捌く機会はなかなか無いので、大変勉強になりました


私が捌いて、料理は友達がやってくれました。
料理人の友達はほんと手際が良くて、瞬く間に調理が終わっていきます。お見事。

f0046982_00210446.jpgf0046982_00205111.jpg
新鮮な鯵ほど美味しくできる、鯵フライ。
身がぷりっとしていて、最高に美味しかったです。キスも二匹だけ釣れたので天ぷらに。


f0046982_00205191.jpg
鯵のたたき
生姜、みょうが、青ネギ、味噌、醤油をかけて。

魚の生臭さが全くなくて、食感がコリコリというか、歯ごたえがある。

f0046982_00205135.jpg
鯵の刺身


後でなんでこんな旨いのだろう?と調べたら、魚屋やスーパーで手に入る鯵は、網漁が基本なんですが、鯵釣りはいわゆる一本釣り。

網漁では大量の魚を一気に引き上げるので、他の魚や網と擦れて、魚へのストレスがかかってしまったり、摩擦で魚の表面に傷がつくことが多いそうです。それで魚の味が断然変わってくるそう。

市場で一本釣りの鯵も売れているみたいですが、網漁の鯵の3倍の値段がつくそうな。

ストレスなく死んだ方が、美味しいという事か…。有り難く頂こう、という、気持ちにもなります。


f0046982_00203322.jpg
大好きな鯵のお寿司

私も握りましたが、握りって難しい。おにぎりみたいになっちゃいます。涙
でも鯵が美味しいので満足。

f0046982_00203382.jpg
ネタにはこうやって切り目を入れていましたよ。

f0046982_00205132.jpg
鯵丼。至福の鯵です。
後半は熱い出汁をかけて、お茶漬けにしました。

f0046982_00205165.jpg
内臓だけとって塩を振り、天日干で熟成させた鯵の塩焼き。
(ミーくんにはしょっぱいのであげませんでしたが、刺身を少し分けてあげました。)




早朝から起きて、船の上で三時間集中して釣り。慣れないことだらけの事を経験後、車で帰ってきて、魚を大量に捌く!

釣りってほんと体力勝負で正直めちゃくちゃ大変でした。
食べる頃には、ぐったり疲れていますが(笑)
とにかく鯵が美味しいので、疲れは一気に吹っ飛ぶ!という感じでした。


全部は食べきれないので、干物にしました。
干物のおろし方はちょっと違うんですよね。頭は落とさないで真っ二つに切る。

f0046982_00210395.jpg
これから洗濯物干しで太陽の下、干される鯵ちゃんたち。

f0046982_00203442.jpg
天日干しにして、出来上がった干物。
風通しの良い場所で2、3時間干せば十分。ナマ物なのに、太陽の下で干して腐らないで逆に保存食になるなんて、不思議ですよね〜。



干物以外に、〆鯵も作りました。
f0046982_00203384.jpg
塩を振って置いた後、酢で洗って、しめ鯵に。
酢で締めれば熟成して美味しくなり、一週間は保ちます。


干物は添加物一切なしで自分で釣った鯵。嬉しいことこの上なく、後日、美味しく頂きました。



釣るところから、捌く、料理、食べる
全部自分でやってみると仕組みがよく解って、本当に面白かったです。

そして釣りたての鯵はこんなに美味しいなんて、驚きました。

f0046982_00210316.jpg

またすぐに行きたい!と思い、実は9月、10月と友人達と計画をしていたのですが
予定日は全て台風直撃で中止になってしまいました(涙)

鯵釣りは来年かな。来年は釣りバカになりたいっ。











by picnic_marin | 2017-11-18 01:50 | 2017 東京 | Comments(0)
秋のごはんメモ
秋になると、どうもこってりした食べ物が食べたくなるもんです。
要はカロリーが高いというか。冬眠前に脂がのっちゃいますね。


f0046982_14124585.jpg
出汁をとって、大根とごぼう、鰯のつみれを落とした田舎煮
イカの刺身
鯵のたたき
白米
緑茶

「女だてら 麻布わけあり酒場/風野真知雄」という小説にはまって食べたくなった田舎鍋。
本の中でこの料理がよく登場していて、寒い日にお客たちが美味しそうに食べてるのを見てつい食べたくなりました。


f0046982_14124537.jpg
焼き鮭
きゅうりぬか漬け
しめ鯖
わかめ味噌汁
白米
トマトサラダ
納豆



友達がきた時作ったご飯

f0046982_14104222.jpg
ホタテのカルパッチョ、キュウイソース

「おうちでワイン/大橋みちこ」という料理本を買ったのですが、それに忠実に作ったけど、あんまり美味しくなかったです。涙
ホタテはただそれだけでも美味しいので、難しいことはしなくていいのかも〜と思った。

f0046982_14104349.jpg
鳥レバーペーストちょっと塩入れ過ぎちゃった。

f0046982_14104362.jpg
秋刀魚のパエリア
これも「おうちでワイン」を見て作りました。これは美味しかった!ご飯にはマッシュルーム、香味野菜、トマト、サフランなど入ってます。

f0046982_14104383.jpg
ハラミ肉のステーキ
フライドポテトも揚げた。

f0046982_14104323.jpg
かぼちゃやキノコ、海老を入れたグラタン


f0046982_14104306.jpg
別の日、レバーペーストと生クリーム、でパスタ。黒胡椒をたくさん引いて。
これ美味しい!赤ワイン呑みたくなっちゃうから夜向き。





今年は、イワシが美味しい年でした。
秋刀魚は今年はあまり良くなくてイワシが最高!と魚屋さんも言っていた。

アジがさばけるようになったら、いわし!と思って何度も練習したのですが、まー覚えられない。漢字の通り、鰯は身が弱い魚。鰯はほとんど手で捌ける魚なんですが、これがあんまり上手くできない…
皮を剥がすまでにぐちゃぐちゃになっちゃったり。脂がのってるから余計難しいような。
まだまだ、修行ですね。

f0046982_14114561.jpg
鰯の梅煮の作り方

1 腹わたを除いた鰯はなるべく隙間なく並べ、酒、水、砂糖、生姜薄切りを入れて強火。

2 煮立ったら醤油を入れ、アクがれたら綺麗に撮る。

3 弱火で1時間煮て出来上がり。

鰯は、金目鯛やきんきなどの煮魚と違って結構長い時間煮るんですね。
料理人の友達から聞いた作り方でした。とってもシンプル。

f0046982_14111639.jpg
美味しく出来ました。鰯の梅煮、大好きです。



f0046982_14111755.jpg
カニクリームコロッケ

f0046982_14111603.jpg
いくら丼
キャベツ味噌汁
海苔
きゅうりのぬか漬け
こんにゃくとキノコの煮物
緑茶

今年もいくらの塩漬け作りましたが、今年は鮭が高騰しているので、いくらも去年の倍くらい高い…。大好きで毎年何度も作るのですが、今年は一回しか作れないかなぁ。


f0046982_14120082.jpg
あんかけ焼きそば
火鍋の残り汁

f0046982_14120128.jpg
鯵のお刺身
かぼちゃの煮物
古漬けになったぬか漬けを塩抜きした後、お茶漬けに
筋子

f0046982_14120169.jpg
栗ご飯
キノコ汁



f0046982_14120195.jpg
ウィンナーロールパン
クラムチャウダー

子供の頃によく母が作ってたのでたまに食べたくなるロールパン


f0046982_14120134.jpg
飲んだ次の日は、野菜入り煮麺、
野菜たっぷり。

f0046982_14124502.jpg
おでん

おでんの具で練り物って子供のころからあんまり好きじゃなくて。
なので美味しく作ってみよう、と思い練り物のがんもどき、さつま揚げも、揚げるところから全部手作りしてみました。
そんなに難しくないですよ。
牛すじが良い出汁になって、練り物も美味しくできました。

しかし一人暮らしだと3日くらいこれを食べ続けるっていう。笑
一回作ると、もうしばらくおでんはいいや…という気持ちになります。



f0046982_14132913.jpg
イエローココナッツカレー



f0046982_14133043.jpg
〆鯖と鯵の握寿司
茄子のぬか漬け
緑茶

青魚大好きだから嬉しい。
握りは自己流で超適当なので、よく見るとごはん部分はぐちゃぐちゃになってます。笑


f0046982_14133027.jpg
出汁巻き卵
小松菜の味噌汁
白米
山葵漬け


f0046982_14133068.jpg
海鮮あんかけ焼きそば

麺は揚げた後、揚げ油をなくして、麺だけ空焼きするとカリッとして、油っぽくならなくて美味しいです。


f0046982_14133041.jpg
牛丼
あさりと小松菜の味噌汁
白菜の柚子入り浅漬け


f0046982_14124648.jpg
いくら丼
お揚げと小松菜のうどん
生牡蠣
ぬか漬け

全部に柚子がのってる。いい匂いだった。



f0046982_14124562.jpg
自家製〆鯖
ラム肉のアジアンサラダ
ぬか漬け
白米
あさり味噌汁





そろそろ冬が近づいてくるので、土鍋でも買おうかな、と思います。
みなさん、暖かくしてお過ごし下さいね。おやすみなさい。







by picnic_marin | 2017-11-11 01:40 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
ごはんメモ
ブログ久しぶりに更新しています。
このところブログ離れしてしまいましたが、やっぱりブログの方が自分の好きなように表現しやすくて、いいなぁ、と思います。

インスタでも作った物や外食した時の写真、アップしています。アカウントは@marin_mizorokeです


もう季節は冬なのに夏っぽい写真たち。

f0046982_00110826.jpg
ラム肉のトマトカレー
サラダ
ビール


f0046982_00110984.jpg
茄子の餃子
とうもろこしと手羽先ぴり辛焼き
鯛のタイ風蒸し
ビール


f0046982_00110877.jpg
酒、ライム、ナンプラーなど入れて、蒸し煮にしただけ。
パクチーたっぷり。


f0046982_00110855.jpg
カニカマとカイワレのマヨサラダ
とうもろこしと手羽先焼いたの、シンプルだけど美味しかった。


f0046982_00110843.jpg
〆鯖はもう何度も作っているので、だいぶ上手になったと思う。
未だに塩加減と酢加減が難しいけれど。


f0046982_00112330.jpg
サラダ
とろろ蕎麦
きゅうりぬか漬け
残りのとうもろこしと手羽先ぴり辛焼き
赤紫蘇ジュース


f0046982_00112336.jpg
残りのカレーにベランダのゴーヤを素揚げしてのせた
トマトとレタスのスープ
ぬか漬け
あか

f0046982_00112444.jpg
きんきの煮付け(豪華!)
料理人の友達に煮魚のちゃんとした作り方を教えてもらいました。プロは簡単にやるけれど、実際難しいわよね。


f0046982_00112456.jpg
きんき煮付け
〆鯵
鯵のたたき
根野菜の味噌汁
白米
ぬか漬け
冷茶



友達がくるのでちょっとよそ行きで作ってみた。中東風かな。

f0046982_00113951.jpg

トルコ風トマトスープ
きゅうりのヨーグルトサラダ
クスクスサラダ
茄子のペースト
バゲット
ヤギのチーズ
ラムチョップピカタ
白ワイン


f0046982_00113832.jpg
タッブーレという、パセリたっぷりのクスクスサラダ

f0046982_00113906.jpg
茄子のペーストは、練りゴマを入れすぎてちょっと失敗

f0046982_00113911.jpg
友達が持ってきてくれたラムチョップはピカタにした。簡単。


f0046982_00113952.jpg
甘鯛を半身だけ使って、パスタ。
濃厚でかなり美味しかった!甘鯛は旨味が深くて美味しい。



f0046982_00114743.jpg
パッションフルーツジャムを作ってバニラアイスにかけた。
酸っぱい南国感が美味しい。

デザートまで、よく食べたー



f0046982_00114808.jpg
鮎の塩焼きの残りの出汁で煮麺
サラダ
秋刀魚の刺身

秋刀魚の刺身、中骨の取り方が難しすぎてこりゃ無理だ、と思った。


f0046982_00114820.jpg
魚介のトマトクリームパスタ
トマトサラダ


f0046982_00114898.jpg
梅茶付け
きゅうりぬか漬け
いかの塩辛


f0046982_00114835.jpg
海老とレタスの炒飯
わかめスープ




f0046982_00115660.jpg
牛すじカレー
ビール


f0046982_00112437.jpg
きんき煮付け
鯵の刺身
白米
わかめ味噌汁
梅酒

教わった煮付けをおさらいしてみたけど、ちょっとだけ焦げてしまった。落し蓋がとても大事らしい。料理ってシンプルなものほど、コツが細かくあって、なかなかうまくいかないなぁ。


f0046982_00115678.jpg

きんきの半身(残り)を塩ふって焼いたもの
白米
わかめ味噌汁
きゅうりぬか漬け
納豆
塩辛
海苔


2017年の目標だった魚をさばけるようになる!というのは達成できて、嬉しい。
鯵、いわしは何とかできるようになれたが、貝とか、太刀魚、とかどんな魚でもできたらかっこいいのにな〜。




by picnic_marin | 2017-11-08 12:18 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
天野屋の糀で甘酒作り
神田明神の鳥居のすぐ横にある天野屋さんで飲んだ甘酒が本当に美味しくて、米麹も売っていたので、買って作ってみようと思いました。

甘酒は飲む点滴と言われるほど、身体やお肌にいいんですってね。
30代を過ぎてから、肌荒れがすごいのでちょっとは良くなるといいなぁ。

f0046982_23164243.jpg
ちなみに天野屋は、神田明神の参拝客が行くような茶屋。

何頼んでも美味しくて、私はところてんがお気に入りで、夏は甘酒のかき氷も美味しいです。
つい、おとといも行ったのですが、店員のおばあちゃんの具合のせいもあり、茶屋は14時までの営業に縮小したそうです。


天野屋には江戸時代から地下ムロがあり、現在でも地下ムロで糀を発酵させているそうな。店員のおばさんが言ってました。

f0046982_11195176.jpg

最近ハマっていた、江戸時代後期の酒場を舞台にした小説「女だてら わけあり酒場麻布十番物語」の話の中にも天野屋が登場してました。

甘酒というと、冬に飲むイメージがありそうですが、江戸時代では、夏バテに良いとされ
夏によく甘酒が売られていたようです。


f0046982_23161105.jpg
こちらが天野屋さんで売ってる糀。神田明神下って書いてありなんとなく御利益ありそう。笑


米糀とお湯だけで作るやり方や、生姜を入れたり、いろんな作り方がありますが、私は天野屋さんと同じ作り方で。(糀が入ってる袋の裏に書いてある)

f0046982_23161530.jpg
糀と同量のお粥を作ります。

f0046982_23170193.jpg
お粥と糀を混ぜ合わせて、60度になるように調節します。
熱かったら水いれて、ぬるかったらお湯いれるだけ。


f0046982_23163793.jpg
60度を保たせ10時間。これで甘酒の出来上がりです。

しかし、この温度調整が最初作った時はなかなか面倒くさかった。
炊飯器にいれて蓋を開けてやったり、ルクルーゼにバスタオル包んでやってたけど、温度を一定に保つのが難しい。

甘酒を何度か作ってからは、結局シャトルシェフを買いました。

ホームセンターで確か4000円くらい。シャトルシェフは水筒で有名なサーモス社が出している、水筒の鍋バージョンみたいな感じの調理器具です。


f0046982_23164850.jpg

甘酒、美味しくできました。
すごい甘くてびっくりします。砂糖は一切入っていないのにこんなに甘いなんて、ほんと不思議。

私は飲みやすくしたいので、ミキサーにかけて滑らかにしてます。
つぶつぶ感が好きなひとはそのままで良いと思いますよ、お好みで。

この状態で一週間以内に飲みきれない場合は冷凍がオススメ。
天野屋のおばちゃんが言うには、冷凍すれば発酵が止まるだけで、栄養だとか効果がなくなるわけではないそう。
私は大量に作って、ジップロックで冷凍してますよ。


最近は朝いちばんに甘酒を一杯を飲んで、結構ボリュームがあるのでお腹にいい感じです⭐︎




by picnic_marin | 2017-11-08 11:15 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
手作りビール
ビールが好きなので自分で作ってみようと思いました。

誕生日に友達が自家製ビールを持って来てくれたのがきっかけです。
友達と同じスターターキットを買いました。

f0046982_22094852.jpg
さっそく届きました!樽は40Lも入るわりに意外に小さいな、という印象。

f0046982_22095090.jpg
これがビールの素。
麦芽を糖化させたものの濃縮、苦味の元であるホップなどが入ってる。


f0046982_22094931.jpg
まず、お湯を沸騰させます。

f0046982_22094911.jpg
ビールの元を入れます。ねっとりしています。そして砂糖も。

作ってみると理解できますが、ビールはほんと糖分が多い。でも後に酵母が糖を食べちゃうからね。

f0046982_22095063.jpg
消毒した専用のバケツへ注ぎ、ミネラルウォーターを注いで、液温を35℃まで下げ、量を40Lになるように調節します。


f0046982_22233369.jpg
酵母を発酵タンクの中に入れます。酵母も全部スターターキットに入ってます。

しばらくすると、ただの甘い麦液だったのが酵母を入れるとシュワ〜と泡立ってきます。
面白い!酵母が糖分を食べているのがわかります。アルコールというのはそれで生まれるそうです。


f0046982_22095161.jpg
季節によりますが、一週間から10日ほどこの状態で寝かせます。
最初の3日くらいはずっとシュワシュワ言っていて可愛いです。

友達のみきちゃんは、酵母ちゃんが育つように弾き語りをしたのだそう。素敵。
確かに、ビールに話しかけたら美味しくなりそうな雰囲気なんです。

f0046982_22095085.jpg
コップに注いで、シュワ〜と言わなくなったら(酵母が食べきったということ)一次発酵は終了らしいです。


そして、消毒した中瓶にスティックシュガーを一本ずつを入れ、一次発酵が終わったビールを瓶詰めしていきます。

f0046982_22095126.jpg

スターターキットに入っている機械で王冠で蓋していきます。
力はそんなに必要ないです、女性でも面白いほどうまくできます。


f0046982_22095141.jpg
できた〜!後は、瓶内で二次発酵を待つのみです。常温で保管します。

f0046982_22382529.jpg

ビール作りをする前というか、スターターキットを買う以前に、ビールの中瓶40本を用意しておかないといけないんです。私は、瓶ビールを2ケース分飲んで(笑)、金タワシでラベルを剥がして、という作業を2ヶ月程かけて、楽しんで準備していました。


f0046982_22421638.jpg


さて、出来上がったビールはどうなんでしょう?我慢できず5日後とかに飲んでみました。

f0046982_22410437.jpg

うん、美味しい!今回一次発酵の期間を早くし過ぎたせいもあって、なんだかビールらしさが少ないですが、爽やかで美味しいです。瓶詰めの際、ベランダのレモングラスの葉を何本かの瓶へ突っ込んだのですが、それがすっごい美味しかったです。

メモ : 今回は一次発酵を3日、6日で瓶詰めした。作ったのは8月頭の猛暑日。



f0046982_22422292.jpg
試しにペットボトルにも詰めてみたのですが(チェコのスーパーではペットボトルビールをよく見かけたので)やっぱり瓶のほうが美味しいな〜という印象。

みきちゃんが言うには、ハートランドよりEBISUとかサッポロのなで肩の瓶のほうが美味しいのだとか。手作りなので、不思議なことがたくさん起こりますが、また呑みきったら、ビールの元だけ買って作ってみようと思います。


ビールも甘酒と同じく発酵食品!
手作りビールには、市販のビールにはない酵母や栄養が入っています。お腹にとても良いらしい。


ちなみに自分が買ったのはここの。イギリスのメーカーのものらしく、バケツがちょっと可愛いので気に入って買いました。
手作りビールキット25-D(比重計付き)11,858円(税込)https://store.shopping.yahoo.co.jp/brewland/bk25dx.html






ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。1%未満になる作り方で作っていますので、真似して作る場合も守ってください。





by picnic_marin | 2017-11-08 10:53 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
絨毯の角が丸まってしまうのを直す方法
トルコで買った絨毯の角、こうしてクルンといつも丸まってしまい買ってから5年以上経ちますが、1日に一回はイラっとしていました。笑

高級な絨毯なら、きっと丸まらないかもしれませんが、中級品なので仕方ない。
トルコ絨毯を持っているひとなら、このイライラってご経験されていると思います。

f0046982_13112913.jpg
反対側に折って、重石をのせたり、アイロンかけたり、いろいろやったのですが、必ず戻ってします。裏に布を縫い付けたりもやりましたが、ダメ。


先日、ついに!直す方法が解ったのです!
オリーブオイル屋のレバノン人のおじさんに教えてもらった方法です。


f0046982_13113283.jpg
硬めのプラスチックに強めの両面テープを貼ります。
私は、100均のファイルの表紙だけをハサミで切って使いました。
下敷きとかでも良さそう。硬いほうがいいです。


f0046982_13112920.jpg
貼ります。

f0046982_13112931.jpg
治った〜!!
半年経ちますが、ちゃんと丸まっていません。

今までイライラしていた日々はなんだったのか…
日本でネット検索しても、解決できなかったけどなんだ、こんな簡単なことだったのか。









by picnic_marin | 2017-11-08 09:12 | 2017 東京 | Comments(0)
めーちゃんおめでとう
時々このブログにも出てくるめーちゃん。週末、彼女の結婚パーティーへ行ってきました。

パーティのテーマは極楽鳥花。

f0046982_19242069.jpg


彼女らしい、色とりどりのお花が会場を埋めていました。
この日、頭がぼーっとしていたのですが会場へ入ったら一気に元気に。
色彩のパワーとエネルギーってすごいなぁ、と思いました。


リオのサンバカーニバルから抜け出して来たような、これまた元気な新郎新婦。後ろにも前にも極楽鳥花のお花でいっぱい。

f0046982_19244573.jpg

めーちゃんらしいカラフルなこのドレスは、自分が着たいと思うドレスが売っていないので、なんと自分で作ったんです。
途中手伝いに見に行った時は相当おったまげました。笑


f0046982_00054762.jpg

ネットで適当な白いドレスを買い、切ったり、チュールを入れたり、特別な布用スプレーを使って染め、羽をたくさんドレスにくっつけていました。


f0046982_19310827.jpgf0046982_19295690.jpg

南国の鳥っぽくしたかったそうです。極楽鳥になりたい!とか言ってました。笑
自分でカスタマイズするのって、すごく難しいことなんですが、ドレスはすっごい可愛かったし、彼女にぴったり似合ってた。



二人は20代前半に40カ国を二人で3年位、バックパッカーしていたそうです。
いかつい坊主(新郎)も、今回はめーちゃん色に染まっちゃっているのが可愛かった。笑


f0046982_19310098.jpg


パーティで誰よりも二人が一番、嬉しそうなのが印象的でした。







めーちゃんとは元々職場が一緒でした。

彼女と出会った当初、海外に出たことがほぼ無かった私。
長期の海外放浪の直後で野生味溢れる外国人のようなめーちゃんは、態度はデカイは意見はきついわ、仕事はびっくりするくらい出来るわで、ビビって仕方が無かった。笑

そんな彼女とこうして飲み友達になるとは思ってもみませんでした。


f0046982_01251580.jpg

2010年の夏。私がパリに住んでいる時、めーが遊びにきた時の写真。二人とも若いなぁ。


二人とも同じくらいよく食べて呑むので、よく呑みに行って、呑み過ぎて、翌日後悔をして。(つい最近めーは鍵と落としたよ。笑)



めーちゃん、いつもより女っぽくてすごくきれいだった。
坊主、めー、結婚おめでとう!!

f0046982_23535546.jpg







話がそれますが、今回とっても便利だったのでメモ。

もうこの年になると結婚式はあまり行く機会もないし、今回レンタルドレスを借りました。

レンタルドレス自体、利用するのは二回めで今回はドレッシーさんを。


ネットで選んだ服がこんな感じで届きます。

f0046982_01044194.jpg

私は身体が大きくて、日本ブランドの服は自分の体型に合わないことが多いのでドレッシーは店舗が無いと知った時、えーっどうしよう、とは思いました。(試着ができないため)

しかしサイトをよく見ると、サイズに対してかなり細かい表記があったのと、大きいサイズが種類豊富にあることが嬉しかった。


以前、店舗型のレンタルドレスを利用した際、私サイズの大きなドレスはほとんどなくて、華奢な女性用のドレスばかりが多かったから探すの大変だった。


選んだのはこれ、可愛いでしょ。


f0046982_19512441.jpg

このドレスだと、往復の送料、クリニーング代込みで5980円です。(3泊4日)



万が一、サイズが入らなかったら、と考えて予備ドレスサービスというのがあり、1000円でもう一着借りることができます。

↓これが予備ドレスサービスを利用して借りたドレス


f0046982_19514127.jpg

これは着てみると少しサイズが大きくて、結局ピンクの方を着ました。


全身わかりやすく写っている写真があまりなかったんですが…着たのはこんな感じ。
私が着るとムチムチ、ドレス伸びなかったか心配だわ。笑

f0046982_23574295.jpg

f0046982_23560071.jpg

写真は職場のみんなと。

ちなみに、↓この新郎新婦を囲んでいる女の子4人は、全員レンタルドレスのドレッシーを利用してますヨ。

f0046982_23573900.jpg



私以外はめーちゃんの小学校からの友達。
受付やっただけですが、一応スタッフでしたから、可愛いみんなと仲良くなれて嬉しい。



小物もレンタルしました。

f0046982_02123929.jpg

ドレスもそうですが、小物こそ借りてよかった。こういう小物、結婚式以外はほんと使わないもんでタンスの肥やしになりがちなんです。


でも、いざ結婚式の時にこういうカバンを持っていなくて、普通のカバンで行くと、随分浮くっていう… 女の人って面倒臭いです。だからほんとこれは便利と思った。靴は1850円、バッグは1480円でした。


私は物は極力持っていたくないタイプなので(こんまりさん大好き)今回とても気に入りました。

普段も使えるドレス、と思って選んで買っても、結局いつ使うんだ?って感じでほとんど着ないままで終わったり、昔着たドレスを数年ぶりに着ようかと思っても、数年経つだけでこんだけデザインが古くなったりするんだ…とガッカリするもの。体系も年齢も変わるので似合うものを変わって来ます。

それに、レンタルドレスが届いて着た時のワクワクがとっても楽しかった。
着たことがない服に袖を通す瞬間というのは、何歳になっても楽しい物です。
今回は、自分も楽めた結婚式になりました。

ドレッシーhttps://dressy.style/




by picnic_marin | 2017-11-05 23:52 | 2017 東京 | Comments(0)