日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
はじめての梅干し作り
at 2017-11-26 01:04
はじめてのアジ釣り
at 2017-11-18 01:50
秋のごはんメモ
at 2017-11-11 01:40
ごはんメモ
at 2017-11-08 12:18
天野屋の糀で甘酒作り
at 2017-11-08 11:15
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
手作りビール
ビールが好きなので自分で作ってみようと思いました。

誕生日に友達が自家製ビールを持って来てくれたのがきっかけです。
友達と同じスターターキットを買いました。

f0046982_22094852.jpg
さっそく届きました!樽は40Lも入るわりに意外に小さいな、という印象。

f0046982_22095090.jpg
これがビールの素。
麦芽を糖化させたものの濃縮、苦味の元であるホップなどが入ってる。


f0046982_22094931.jpg
まず、お湯を沸騰させます。

f0046982_22094911.jpg
ビールの元を入れます。ねっとりしています。そして砂糖も。

作ってみると理解できますが、ビールはほんと糖分が多い。でも後に酵母が糖を食べちゃうからね。

f0046982_22095063.jpg
消毒した専用のバケツへ注ぎ、ミネラルウォーターを注いで、液温を35℃まで下げ、量を40Lになるように調節します。


f0046982_22233369.jpg
酵母を発酵タンクの中に入れます。酵母も全部スターターキットに入ってます。

しばらくすると、ただの甘い麦液だったのが酵母を入れるとシュワ〜と泡立ってきます。
面白い!酵母が糖分を食べているのがわかります。アルコールというのはそれで生まれるそうです。


f0046982_22095161.jpg
季節によりますが、一週間から10日ほどこの状態で寝かせます。
最初の3日くらいはずっとシュワシュワ言っていて可愛いです。

友達のみきちゃんは、酵母ちゃんが育つように弾き語りをしたのだそう。素敵。
確かに、ビールに話しかけたら美味しくなりそうな雰囲気なんです。

f0046982_22095085.jpg
コップに注いで、シュワ〜と言わなくなったら(酵母が食べきったということ)一次発酵は終了らしいです。


そして、消毒した中瓶にスティックシュガーを一本ずつを入れ、一次発酵が終わったビールを瓶詰めしていきます。

f0046982_22095126.jpg

スターターキットに入っている機械で王冠で蓋していきます。
力はそんなに必要ないです、女性でも面白いほどうまくできます。


f0046982_22095141.jpg
できた〜!後は、瓶内で二次発酵を待つのみです。常温で保管します。

f0046982_22382529.jpg

ビール作りをする前というか、スターターキットを買う以前に、ビールの中瓶40本を用意しておかないといけないんです。私は、瓶ビールを2ケース分飲んで(笑)、金タワシでラベルを剥がして、という作業を2ヶ月程かけて、楽しんで準備していました。


f0046982_22421638.jpg


さて、出来上がったビールはどうなんでしょう?我慢できず5日後とかに飲んでみました。

f0046982_22410437.jpg

うん、美味しい!今回一次発酵の期間を早くし過ぎたせいもあって、なんだかビールらしさが少ないですが、爽やかで美味しいです。瓶詰めの際、ベランダのレモングラスの葉を何本かの瓶へ突っ込んだのですが、それがすっごい美味しかったです。

メモ : 今回は一次発酵を3日、6日で瓶詰めした。作ったのは8月頭の猛暑日。



f0046982_22422292.jpg
試しにペットボトルにも詰めてみたのですが(チェコのスーパーではペットボトルビールをよく見かけたので)やっぱり瓶のほうが美味しいな〜という印象。

みきちゃんが言うには、ハートランドよりEBISUとかサッポロのなで肩の瓶のほうが美味しいのだとか。手作りなので、不思議なことがたくさん起こりますが、また呑みきったら、ビールの元だけ買って作ってみようと思います。


ビールも甘酒と同じく発酵食品!
手作りビールには、市販のビールにはない酵母や栄養が入っています。お腹にとても良いらしい。


ちなみに自分が買ったのはここの。イギリスのメーカーのものらしく、バケツがちょっと可愛いので気に入って買いました。
手作りビールキット25-D(比重計付き)11,858円(税込)https://store.shopping.yahoo.co.jp/brewland/bk25dx.html






ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。1%未満になる作り方で作っていますので、真似して作る場合も守ってください。





# by picnic_marin | 2017-11-08 10:53 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
絨毯の角が丸まってしまうのを直す方法
トルコで買った絨毯の角、こうしてクルンといつも丸まってしまい買ってから5年以上経ちますが、1日に一回はイラっとしていました。笑

高級な絨毯なら、きっと丸まらないかもしれませんが、中級品なので仕方ない。
トルコ絨毯を持っているひとなら、このイライラってご経験されていると思います。

f0046982_13112913.jpg
反対側に折って、重石をのせたり、アイロンかけたり、いろいろやったのですが、必ず戻ってします。裏に布を縫い付けたりもやりましたが、ダメ。


先日、ついに!直す方法が解ったのです!
オリーブオイル屋のレバノン人のおじさんに教えてもらった方法です。


f0046982_13113283.jpg
硬めのプラスチックに強めの両面テープを貼ります。
私は、100均のファイルの表紙だけをハサミで切って使いました。
下敷きとかでも良さそう。硬いほうがいいです。


f0046982_13112920.jpg
貼ります。

f0046982_13112931.jpg
治った〜!!
半年経ちますが、ちゃんと丸まっていません。

今までイライラしていた日々はなんだったのか…
日本でネット検索しても、解決できなかったけどなんだ、こんな簡単なことだったのか。









# by picnic_marin | 2017-11-08 09:12 | 2017 東京 | Comments(0)
めーちゃんおめでとう
時々このブログにも出てくるめーちゃん。週末、彼女の結婚パーティーへ行ってきました。

パーティのテーマは極楽鳥花。

f0046982_19242069.jpg


彼女らしい、色とりどりのお花が会場を埋めていました。
この日、頭がぼーっとしていたのですが会場へ入ったら一気に元気に。
色彩のパワーとエネルギーってすごいなぁ、と思いました。


リオのサンバカーニバルから抜け出して来たような、これまた元気な新郎新婦。後ろにも前にも極楽鳥花のお花でいっぱい。

f0046982_19244573.jpg

めーちゃんらしいカラフルなこのドレスは、自分が着たいと思うドレスが売っていないので、なんと自分で作ったんです。
途中手伝いに見に行った時は相当おったまげました。笑


f0046982_00054762.jpg

ネットで適当な白いドレスを買い、切ったり、チュールを入れたり、特別な布用スプレーを使って染め、羽をたくさんドレスにくっつけていました。


f0046982_19310827.jpgf0046982_19295690.jpg

南国の鳥っぽくしたかったそうです。極楽鳥になりたい!とか言ってました。笑
自分でカスタマイズするのって、すごく難しいことなんですが、ドレスはすっごい可愛かったし、彼女にぴったり似合ってた。



二人は20代前半に40カ国を二人で3年位、バックパッカーしていたそうです。
いかつい坊主(新郎)も、今回はめーちゃん色に染まっちゃっているのが可愛かった。笑


f0046982_19310098.jpg


パーティで誰よりも二人が一番、嬉しそうなのが印象的でした。







めーちゃんとは元々職場が一緒でした。

彼女と出会った当初、海外に出たことがほぼ無かった私。
長期の海外放浪の直後で野生味溢れる外国人のようなめーちゃんは、態度はデカイは意見はきついわ、仕事はびっくりするくらい出来るわで、ビビって仕方が無かった。笑

そんな彼女とこうして飲み友達になるとは思ってもみませんでした。


f0046982_01251580.jpg

2010年の夏。私がパリに住んでいる時、めーが遊びにきた時の写真。二人とも若いなぁ。


二人とも同じくらいよく食べて呑むので、よく呑みに行って、呑み過ぎて、翌日後悔をして。(つい最近めーは鍵と落としたよ。笑)



めーちゃん、いつもより女っぽくてすごくきれいだった。
坊主、めー、結婚おめでとう!!

f0046982_23535546.jpg







話がそれますが、今回とっても便利だったのでメモ。

もうこの年になると結婚式はあまり行く機会もないし、今回レンタルドレスを借りました。

レンタルドレス自体、利用するのは二回めで今回はドレッシーさんを。


ネットで選んだ服がこんな感じで届きます。

f0046982_01044194.jpg

私は身体が大きくて、日本ブランドの服は自分の体型に合わないことが多いのでドレッシーは店舗が無いと知った時、えーっどうしよう、とは思いました。(試着ができないため)

しかしサイトをよく見ると、サイズに対してかなり細かい表記があったのと、大きいサイズが種類豊富にあることが嬉しかった。


以前、店舗型のレンタルドレスを利用した際、私サイズの大きなドレスはほとんどなくて、華奢な女性用のドレスばかりが多かったから探すの大変だった。


選んだのはこれ、可愛いでしょ。


f0046982_19512441.jpg

このドレスだと、往復の送料、クリニーング代込みで5980円です。(3泊4日)



万が一、サイズが入らなかったら、と考えて予備ドレスサービスというのがあり、1000円でもう一着借りることができます。

↓これが予備ドレスサービスを利用して借りたドレス


f0046982_19514127.jpg

これは着てみると少しサイズが大きくて、結局ピンクの方を着ました。


全身わかりやすく写っている写真があまりなかったんですが…着たのはこんな感じ。
私が着るとムチムチ、ドレス伸びなかったか心配だわ。笑

f0046982_23574295.jpg

f0046982_23560071.jpg

写真は職場のみんなと。

ちなみに、↓この新郎新婦を囲んでいる女の子4人は、全員レンタルドレスのドレッシーを利用してますヨ。

f0046982_23573900.jpg



私以外はめーちゃんの小学校からの友達。
受付やっただけですが、一応スタッフでしたから、可愛いみんなと仲良くなれて嬉しい。



小物もレンタルしました。

f0046982_02123929.jpg

ドレスもそうですが、小物こそ借りてよかった。こういう小物、結婚式以外はほんと使わないもんでタンスの肥やしになりがちなんです。


でも、いざ結婚式の時にこういうカバンを持っていなくて、普通のカバンで行くと、随分浮くっていう… 女の人って面倒臭いです。だからほんとこれは便利と思った。靴は1850円、バッグは1480円でした。


私は物は極力持っていたくないタイプなので(こんまりさん大好き)今回とても気に入りました。

普段も使えるドレス、と思って選んで買っても、結局いつ使うんだ?って感じでほとんど着ないままで終わったり、昔着たドレスを数年ぶりに着ようかと思っても、数年経つだけでこんだけデザインが古くなったりするんだ…とガッカリするもの。体系も年齢も変わるので似合うものを変わって来ます。

それに、レンタルドレスが届いて着た時のワクワクがとっても楽しかった。
着たことがない服に袖を通す瞬間というのは、何歳になっても楽しい物です。
今回は、自分も楽めた結婚式になりました。

ドレッシーhttps://dressy.style/




# by picnic_marin | 2017-11-05 23:52 | 2017 東京 | Comments(0)
大好きなケジャン
大好きな韓国料理。

去年は自家製キムチ仕込むほど、ハマった時期がありました。
韓国旅行へ行ってから、マイブームは落ち着きましたが(笑)また、久しぶりに作ってみましたよ。
今回は、韓国料理の中でも一番好きなケジャンの会。
蟹を仕入れてくれた友達に感謝!

f0046982_02114540.jpg
手作りの浅漬けキムチと、オイキムチ。
夏の白菜はそこまで美味しくないので浅漬けくらいがちょうどな、と思いました。
オイキムチはちょっと粗トウガラシを入れすぎてしまい、激辛になっちゃいました。

f0046982_02114582.jpg

チャプチェ(韓国の春雨)
野菜は一種類ずつ丁寧に炒めて、ナムルにしています。
韓国ではお祝いの時に食べるらしいです。優しい味です。

f0046982_02114511.jpg
そして、夢にまで見たケジャン!
ケジャンとは、生のワタリガニを塩、漬け込みダレに漬けて熟成させた料理です。

友人が仕入れてくれたまだ動いている蟹を出刃包丁で切って
自家製のヤンニョムに絡めてできあがり。
本来は数日置くらしいのですが、これでも十分旨い。
翌日食べたら、身が引き締まって熟成され、さらに美味しくなってました。

f0046982_07340009.jpg
手でかぶりついて頂きます。ぷりぷりでした。
しかし辛い〜。ビールが進みます。

f0046982_02114637.jpg

残ったケジャン、あさり、しめじ、出汁パックなど入れて煮込んだ、チゲスープ。
あと、豆腐、生卵、ネギ、ごま油、醤油など入れて。
ケジャンを出汁にするとここまで美味しくなるなんて。
白米を入れて頂きました。


韓国料理、やっぱり最高!
韓国にまたご飯食べに行きたくなりました。












# by picnic_marin | 2017-08-15 07:51 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
夏のご飯メモ

exciteの投稿画面が一気に変わってしまい、すごい使いずらくて困っています。
これに慣れるほかないのか…

さて、毎日ほんとうに暑い!!湿気が多い日本は肌はいつもベタベタだし、室内は冷房効きすぎて疲れるし。なんだか体力をどんどん奪われていきます。

日本の厳しい夏にバテないためにも、栄養があるもの食べなきゃな、と思います。

魚をさばくのにハマっているので見事に魚づくし!

f0046982_01213636.jpg


だし丼(山形の郷土料理にとろろと卵ののせ)
酢締めした小肌
緑茶


f0046982_01213798.jpg


しめ鯖、小肌
とろろにおかか醤油
茄子とキュウリの糠漬け
イワシのマリネサラダ
ビール

f0046982_01213797.jpg


ワンタンスープ
小肌酢締め
ビール


f0046982_01213792.jpg


生姜焼き
ズッキーニの味噌汁
白米
赤紫蘇ジュース

f0046982_01213886.jpg

<
イワシの梅じそ巻き
いわし握り(握ってみた!)
茄子と大根の糠漬け
ビール

f0046982_01213850.jpg


ズッキーニと生ハムのペペロンチーノ
赤紫蘇ジュース


f0046982_01221880.jpg


生桃入れたスパークリングワイン
インゲンの炒め物
桃と生ハムサラダ
セビーチェ
(友達作)

f0046982_01222487.jpg


〆に、ボンゴレビアンコ作ってくれました⭐︎



f0046982_01223590.jpg


鯵のマリネとトマトサラダ
鯵の干物(自分で釣って干物にした)
ビール

f0046982_01223582.jpg


鯵の開き
大根の味噌汁
白米
海苔
梅ジュース

f0046982_01223502.jpg


鯵の開き
筋子、海苔、手作り梅干し
白米
ワカメと玉ねぎの味噌汁
赤紫蘇ジュース

f0046982_01230850.jpg


鯛のお粥
鯛の刺身 梅酢がけ
糠漬け、塩辛
(鯛パーティーの翌日の余り物でご馳走!)





友達が来た時、つまみをちょっと作りました。

f0046982_02114405.jpg
レモングラスのサラダ、辛い〜。ベランダで育てていたレモングラスを使いました。


f0046982_02114459.jpg
水ナスと〆鯵の酢の物


f0046982_01223608.jpg



鯵のなめろう
(包丁で叩きすぎて失敗!

f0046982_01223610.jpg


鯵の酢締め
(これは酢に漬け過ぎて失敗。塩加減と酢加減がほんと難しい)

f0046982_02114415.jpg
鮎の塩焼き


f0046982_02225773.jpg
翌日、残った鮎の塩焼きを使って、鮎そうめん!美味しかったー(友達作)




f0046982_02114526.jpg

鯵丼鯵のマリネ糠漬け(近所の魚屋さんで新鮮な鯵が手に入ったので鯵づくしでした)


f0046982_01230971.jpg
今年も作りましたよ。大好きな赤紫蘇シロップ!
今年は少なめで5Lくらいだったかな。
暑くて長い、日本の夏、これを飲んで元気出します。















# by picnic_marin | 2017-08-09 01:57 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)