NEW POST

タイの料理教室2

もういっこの料理教室は、タイ・サムイ島で


f0046982_2144082.jpg

ここはかなり本格的。
先生の料理の教え方が、情熱的なのです。笑


先生と一緒に、超おんぼろのエメラルドグリーンの車にのって、
みんなで近くの市場へ
後方座席のドアが一個なくてびっくりした
落ちないようにみんな必死 ! 笑


f0046982_218414.jpg
緑色で丸いのは、ナスだよ。

f0046982_21125467.jpg
左の小さいおじさんが先生。
一つ一つ、とても丁寧に教えてくれた。
とにかく、勢いのある先生のキャラクターが大好きだった。
(小学校の先生、大貫先生に雰囲気がそっくり。笑)

生徒は全部で四人。私と彼と、写真右に写ってる、スイス人の2人と一緒。
だからフランス語で話してた。

スイス人の女性がとにかく好奇心旺盛な人で
リアクションがいちいち大きくて、クラウンみたいに楽しい人だった。
職業をきくと、小学校の先生だって。やっぱり !

タイはヨーロッパの観光の人、住んでいる人がかなり多いのね。




タイの市場のお肉の衛生状態については、うーん?と思う。
他の国に行ってもお肉と魚はだいたい冷やされているけど
タイに限っては、超暑いのに、そのまんま並べているのだ。

f0046982_2112337.jpg

f0046982_21104445.jpg
市場のおっさんも、先生も、大丈夫だ ! と言っていたけど。どうなのかしら ?
でも、それがタイの普通なのだ。


さあ、熱血先生による授業のはじまり

f0046982_21145176.jpg



ここの先生は、日本に帰っても作れるように
いろいろ丁寧に教えてくれた。


まずタイの調味料から

一般家庭のタイ人が使う基本の調味料を教えてくれたので
実際にスーパーで買って、私が日本持って帰ってきたものです。


f0046982_23285262.jpg
(左から)

タマリン…水にしばらくつけて揉むと酸っぱい液体に。パッタイの酸味づけに使う。
タイ版だしの素…これさえ入ればだいたいタイぽい味に。
ナンプラー…タイを代表する調味料。日本の醤油のように使われている。
オイスターソース…日本のオイスターソースより甘みが少なくて香りが濃い感じ
タイのこしょう…タイっぽい味にしたかったら基本も変えるといいらしいので買った。




・ ラープガイ(鶏ひき肉のスパイシーサラダ)


f0046982_21284429.jpg
赤玉ねぎ、レモングラス、ライム、ミント、鶏挽肉、あとこの長いハーブなんだっけ…


f0046982_21344971.jpg
材料を刻んでボウルへ
レモングラスは特に薄く切ること


f0046982_21353350.jpg
挽肉は油でいためて、ナンプラーと、タイ版だしの素を入れる。
お肉の色が変わったら、さっきのボウルいれる。


f0046982_21363845.jpg
ライムはこうやって、包丁を使って絞るのと良いのだそう


f0046982_21423084.jpg
少し混ぜて

f0046982_21433990.jpg
できあがり


f0046982_2155325.jpg

ラープガイは一般的な料理。屋台ののお惣菜屋さんでよく見かけます。
タイではサラダでもカレーでもなんでも、ビニール袋に入れられて売っています。


日本で作るときは、赤玉ねぎ、乾燥のレモングラス、レモンかスダチ、があれば
それなりに美味しくできました。




 ・ パッタイ(タイ風やきそば)

f0046982_2115557.jpg
ネギ、もやし、パッタイの乾麺、豆腐、さくらえび、細いたくあん、卵、えび
※乾麺は1時間くらい水につけておく


f0046982_21242092.jpg
(奥から)砂糖、タイの味の素、ナンプラー、
あとタマリンペースト、オイスターソースがあったらもっと美味しくなる。


f0046982_21262874.jpg
まずこれだけ炒める。
味を整えて、麺もいれて炒める。


f0046982_21264643.jpg
麺を横に寄せて、卵焼きを作り、固まったら麺に絡める。
火からおろして、お皿に盛る直前に、もやしをいれて軽くまぜる。
もやしは、ほぼ生で食べて食感を楽しみます。


f0046982_21281734.jpg
最後砕いたビーナッツをかけると美味しいです。


これはパッタイの乾麺と、ナンプラーを買えば、日本でも簡単に作れる。
タイ料理の中で私が一番すきな料理です。




・ ゲーンキョウワーン(グリーンカレー)


f0046982_2252173.jpg
グリーンカレーを作るには、こんなペーストが必要

無印用品とか成城石井、東急ストアなどちょっと大きいスーパーに行くと
グリーンカレーセットみたいのが売ってるから簡単に作れるよ。


f0046982_2154523.jpg
中華鍋にグリーンペーストと、ココナッツミルクをいれて混ぜます


f0046982_21564764.jpg
カフェライムをいれて


f0046982_2157106.jpg
鶏肉、茄子を入れる


f0046982_21574121.jpg
薄く切った赤ピーマンとバジルを飾ってできあがり


日本でこれを作る時は、鶏肉とペーストで炒めて、茄子とピーマンを加え、
ココナッツミルクを入れてできあがり。簡単。



最後にみんなでわいわい食べる
料理教室、全部で4時間くらいやるので、結構な体力がいりました。
おつかれさまでした。

f0046982_21594059.jpg

f0046982_21591252.jpg
楽しいスイス人の女のひと。子供みたいだった。


f0046982_220080.jpg
最後に先生ご夫婦と。先生の若奥さんは、とても人懐っこくて、可愛らしい人。
とにかく二人が仲良くお店を営んでいるのが、
とても素敵だなぁ、と思った。
Commented by コウ at 2011-05-31 16:07 x
久々の訪問です!ブログ再開されたのですね。これからも楽しみにしています。
タイ料理はなぜか時々食べたくなる料理です。どれも美味しそうですね。いつか本場で味わってみたいものです。
Commented by picnic_marin at 2011-06-01 02:20
コウさん
こんにちは、楽しみにしてくれて嬉しいです。ありがとうございます!
夏と言えばカレー、そして辛いタイ料理。独特のあの香りを日本でも店先で嗅ぐと、つい食べたくなってしまいます。
by picnic_marin | 2011-05-30 23:42 | 2011 タイ | Comments(2)

日々の暮らしの事


by picnic_marin