NEW POST

バンコクの観光

きのう、映画「ハングオーバー2」を観たので、バンコクな気分。
今日はタイの首都、バンコクを観光中のある日


電車にのって、観光地へ

f0046982_0305974.jpg

f0046982_033625.jpg
Suicaのようなカード。同じようにチャージして使うよ

f0046982_0341068.jpg

f0046982_0342682.jpg
電車の吊り輪。真っ赤か。


f0046982_0345327.jpg
とにかく暑いので、謎の冷たいドリンクを買う。
飲んでも何味だかわからない、甘い。


ワットポーへきました。

f0046982_0361120.jpg
f0046982_0362921.jpg

f0046982_0365659.jpg

f0046982_0372069.jpg

f0046982_037384.jpg

f0046982_0375476.jpg



お賽銭の入れかたが日本と異なる。


f0046982_0381721.jpg
入り口のおばさんにお金を渡すと、小銭がたくさん入っている器をくれる。

f0046982_0383425.jpg

f0046982_0385471.jpg
そして敷地の壁沿いにあるたくさんの壷にまんべんなく
ぽとぽとと落としていくのだ。
これで神様に挨拶したこととなるらしい。



ワットポーの裏に、学校の先生が使いそうな机をいくつか並べて
占いのような事をやっているおじさんが2人くらいいる。けっこう人気。

f0046982_0392593.jpg


彼らはよく当たるんだよ! と聞いて「へ〜」と見てもらう事に。

観光地のすぐ横だし、「おっさん、ほんまかいな」と、内心思っていたけど
初めてのタイで、異国の雰囲気がもりあげてくれて
途中からだいぶ真剣に聞いている自分がいた。

f0046982_0514837.jpg




市場を通り抜ける

活気のある市場、とり、魚、野菜、ハーブ、
ありとあらゆる、いろんな匂いを嗅いで歩く歩く

f0046982_103085.jpg
f0046982_101132.jpg
f0046982_104485.jpg
f0046982_105945.jpg
f0046982_112388.jpg



船にのる

ベネツィアのカヌーに似てるかもしれないが、約1/10以下の値段だ。

f0046982_134721.jpg
民家のギリギリを通っていく、普段の生活をしているタイ人の風景がみえてくる。
川沿いで寝てる老人、洗濯物を干しているお母さん。
野菜の下処理を手伝う子供など。
適当なので川に落ちそうなのが、ある意味面白い。


f0046982_2245751.jpg

f0046982_0544014.jpg

f0046982_141762.jpg
f0046982_17666.jpg

f0046982_173562.jpg






バンコクにはなんでもあって、
本当になんでもある…
バンコクの夜を遊びたいならナナプラザ。

ナナプラザは色んな意味で、かなり壊れた広場で、
裏タイカルチャーとしてだいぶ面白かった。
新宿二丁目と、吉原と、歌舞伎町を全部ごちゃまぜにしたような広場。ひどい。笑

たぶん「バンクオーバー2」で、ゲイとの出会いシーンの撮影で
使われていた場所はこの辺だと思う。


f0046982_1271189.jpg

そんなナナプラザを、冷やかしでのろのろと散歩していたのだが、
とにかく暑いバンコク。みなさん、本当におおらか。

店先の客引きのお姉さんなど(レディーボーイという)を見て
「いや〜きれいですね〜」と関心していたら

頼んでもないのに着ていたシルクのローブを
サラ〜と開いて「ほら〜」と見せてくれた。


が、がーん

色んな意味でショックなものとは、世の中たくさんある。

人類ってすごいな。なんでもできてしまうのだ。
ああ、宇宙人のようだ…と思ったのだった。


f0046982_227782.jpg
この人は上に書いた人ではないけど、もう、ほとんど女の子に近い。
仕草が女の子ぽくて、美人さん。
日本食レストランで働いていたこともあるそうで少し日本語を話してくれた。
日本人の彼氏を探しているとのことだ。



パリも、NYも、バンコクも、同性愛者は町中でもわかりやすく見かけるけど
東京は表にあんまり観ないですね。

日本は、髪や肌の色など、みためが同じ人種が多いためか
変わった人に対する視線が厳しい。
同性愛者にとって東京はとても住みにくい都市なのではないかと思った。


f0046982_18139.jpg

タイは治安が悪いから危ないんじゃない?という人が多いけど
気をつけていれば、大丈夫。


その、気をつけていれば、というのは、油断しないで。ということ。

でもどんなに気をつけていても、
たとえ日本でも、ダメな時はダメだと思うので
それは運だからしょうがないと思う。


ちなみに私は今まで海外に色々いって、一度も被害にあってないです。
それは本当にラッキーだと思う。

チリで一緒に歩いてた友達が、金のネックレスを引っ張られるってことが
一度あったけど、それも被害にはならなかった。



なんだかいろんな方向へ話が飛んだが、
タイはとにかく安全で良い国です。

タイ人にとって観光産業は大事な収入源を占めるのもあり、
観光でお金を落としてくれる外国人をとても大事にしているようだ。


タイは微笑みの国。
ちょっとでも面白いことがあると、タイ人はよく笑ってくれる。


f0046982_2242386.jpg

Commented at 2011-11-24 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by picnic_marin at 2011-11-26 00:42
トリップアドバイザー様
コメントありがとうございます。メールでお返事しますね!
Commented at 2011-11-30 09:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by picnic_marin | 2011-06-07 01:55 | 2011 タイ | Comments(3)

日々の暮らしの事


by picnic_marin