NEW POST

なんでパントマイム?

パントマイムって、だいぶ変わったスポーツですね。
普通に生きてたらパントマイムなんてやることにはならなそうです。

そんなマイム(パントマイムのことを訳してこう言ってます)を
なんで自分ははじめたんだっけなあ?と
最近よくよく考えてみました。

f0046982_1432268.jpg

絵を描く姿勢は、長時間座っているので背骨が曲がります。
なんとも不健康で運動不足になりがちです。
あと、自分は背が高いせいもあり子供のときから猫背でして、
直したいなーと日々思っていました。

友人の栄子が「マイムって健康にいいよ〜。おばあちゃんになってもいいよ〜。」と
なんとも楽しそうに言うので、
いったいどんなものなんだろうな?とかなり気になりはじめました。

初めてマイムの公演を観に行ったら(その時、荻窪でロウミンの公演を観ました)
「すごい表現方法だ!良い!!しかも健康によいらしい」と思い、足を踏み入れることに。

栄子が所属しているマイムカンパニーは早稲田大学内にある
25年前からある歴史あるパントマイムサークルで
大道芸界では大変有名なハッピィ吉沢さんという人がマイムを教えている
パントマイム舞☆夢☆踏(マイムトウ)団体でした。

4年間で卒業になるので、昔からいる人はいなくて
常に新人さんがマイム勉強しているなって雰囲気がありました。
一応大学のサークルなので、
所属してるみんなもとてもみんな若く(社会人も普通にいますが)新鮮でした。

マイムトウの一番の印象は
「バカを本気でやる人たちだな」ということ。
本当にばかを大事にしていて、素敵だな、と思って今もこうして所属しています。


パントマイムと一言にいっても、ほんとに様々なジャンルがあります。
シアターなり大道芸なり…コメディー、ロマンス、ドラマ、
それはもう、いろんな表現をするひとがいます。

私は、物や衣装とか使って表現することが好きだと最近わかりはじめたので
まだまだ模索中&勉強中ですが、
絵とか、絵本、みたいな表現ができたらいいな、って思っています。


ちなみに、今回わたしが関わっているパントマイムの公演、maimuima(マイムイマと)は、
元マイムトウのOBOGの、山スケ、垣本朋絵、月出裕司を中心に
様々な表現者が集った団体です。
先輩が誘ってくれて、今回わたしも参加させてもらえることになりました。
by picnic_marin | 2011-11-21 12:10 | パントマイム | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin