NEW POST

トルコ旅行記5「魚市場」

トルコ旅行記の続きです
イスタンブール4日目


現在イスラム教99%のトルコでも、ユダヤ人は昔から数多くいて
イスタンブールの新市街のほうには
ユダヤ教のシナゴック(教会)がいくつかあります

ポーはユダヤ人なので、ぜひ見学したいと訪ねてみましたが
残念ながらお休みで入れませんでした


f0046982_2352139.jpg
日本は宗教がないので、これを見てもパッと思い浮かぶ人は
ほぼいないと思いますが、ユダヤ教のマークです

イスタンブールのシナゴーグは、1983年から3度にわたって
国内外のテログループによる自爆テロに遭ったそうで
多数のイスラム教徒と数名のユダヤ教徒のトルコ人が亡くなったそうです
最近のことですね…

パレスチナ問題が深く関係しているそうです

歴史的にユダヤ人は能力を持っている人が多いです
同時に、そういう人は妬まれ、敵が多くなるのは事実
歴史的にも悲しい過去を持つユダヤ人です

このシナゴーグの分厚い鉄のドアを見たら
近い最近でも大変なことが
色々なことがあっただろうな、と想像できました


こう書くとトルコは治安が悪い?
と思われてしまいそうですが、実際イスタンブールはすごい平和な雰囲気です

良い意味で観光客がたくさんいて活気もあります
ヨーロッパのひと、イラク、イラン、からの様々な国から観光客がイスタンブールに集まります

日本ではトルコのイメージがありませんから
私も、トルコへ行く前は「トルコは危険な国なのだろうか?」
と思っていましたが、危ない雰囲気はありません
危ない事をしているのは、イスラム教のほんの一握りの少数の人です
シリア国境のあたりにいかない、とか行く場所や時間をちゃんと気をつけていれば、大丈夫です


かなり話がそれてしまいました
観光の話に戻ります

歩いてガラタ橋の下の市場に来ました
ここは楽しかったです

f0046982_2353415.jpg

この辺りはこんな魚がとれるのか〜と見ていて面白かったです
日本と同じでイワシやサバ、鯛も並んでいました


f0046982_2354762.jpg
地元のひともたくさん買いにきていました


魚市場の中に食堂があり、昼食に入りました

f0046982_2361964.jpg
ハエさんがたくさん飛んでいて正直汚い店ですが
地元の普通のトルコ人がたくさんきていそうで
私にとってはこういう店が一番面白みがあります


f0046982_2363060.jpg
レストランより格段に安い


f0046982_235589.jpg
私が頼んだのはいわしをフライにしてパンに挟んだシンプルなもの 300円
写真には写っていませんが、すごいたくさんお魚が入っています
味がついていないので、塩こしょうを自分でふって頂きます

この界隈は、サバサンドがどうやら有名らしいですが
自分はサバがそこまで好きでもないので小鰯サンドで満足でした

魚には、ご飯!と完全に決めきっていましたが
意外に美味しかったです
それにしてもパンがジャンボすぎてびっくりしました


f0046982_236890.jpg
ポーが頼んだのは鯛のまるごと一匹 450円くらい
すごい大きいです
こちらも塩とレモンをかけてシンプルに頂きます
焼き具合がちょうどよくてとにかく新鮮


f0046982_2363965.jpg
おじさん、可愛いエプロンをして大量に揚げていました
どうやら出前が多いらしく、
魚を揚げては大きなパンに詰めこんで、
わら半紙のような紙にざっくり包み、ビニール袋にいれ、
スタッフの若いおにいちゃんがどこかへ何度も持って行っていました


f0046982_237131.jpg
静かにおしゃべりするムスリムの女性たち

f0046982_236503.jpg
f0046982_2371532.jpg
ガラタ橋では釣りをしている人がたくさんいます
けっこう釣れているみたいで
みんなのんびり時間を過ごしています


f0046982_237264.jpg
圧倒的だったこの界隈
ラマダン明けだからかすごい人が集っています

アザーンの放送と、頭にカラフルな布を巻いた女性達が行き交う
この場所が一番、異国の雰囲気をすごい感じました


アザーン : 一日5回流れるイスラム教信者のためのお祈りのお知らせ
イメージ的には日本でいう「5時になったから帰りましょう」と同じマイクっぽい放送


f0046982_2373828.jpg
f0046982_2374881.jpg
お祭りのような雰囲気でとうもろこしや、すいか、
ムール貝、魚サンドなが売っていました



外に出ているカフェで小さい椅子に座ってお茶

f0046982_238145.jpg

アイラン、チャイ、バクラヴァ


ヨーグルトは甘いのがあたりまえの日本とは違い
トルコはあたりまえのように、ヨーグルトがしょっぱいようです

アイランというこのヨーグルトドリンク
トルコ観光一日目に、飲みましたが「あーこれはまずいな飲めない」
と味わったにもかかわらず
美味しそうに注がれるアイランを横目に
やはり飲めるんじゃないか?と思い頼んでしまった
が、やはり無理だった、失敗


ホテルに戻ってチェックアウト
タクシーで新市場タクシム広場へ
タクシムから出ているエアポートバスに30〜40分くらい乗り、
サビハ・ギョクチェン空港に向かいます



f0046982_2381341.jpg
サビハ・ギョクチェン空港、きれいでした
空港はその国の雰囲気を表すと思うのですが
トルコは安全だな、と改めて思います


今回、ペガサスエアラインを使いました
ペガサスエアラインは、トルコとヨーロッパをつなぐ格安空港会社です


イギリスの格安空港会社easyJetとシステムとかよく似ています
easyJetは誰でも簡単に予約が可能で、安いです
私もフランスに住んでいるときは頻繁に使っていました

たまたまかもしれないですが、
easyJetは信じられないくらいよく遅れるし
急に飛ばないことになりました、と言われ、お金は返金されますが
空港でPC開いて再予約しないといけないといけなかったり
もう!!と思ったことが多いイメージです


f0046982_23222392.jpg
それに比べて、ペガサスエアラインは
搭乗後すぐに飛んだし、車内は広いし、かなり快適だったように思います



カッパドキアへ向かいます

f0046982_2382451.jpg



この続きのトルコの旅行記→ トルコ旅行記6「カッパドキア到着」
by picnic_marin | 2012-09-13 23:51 | 2012 トルコ | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin