NEW POST

トルコ旅行記10「奇形石と地下都市」

トルコ旅行のつづきです

一応続編になっているので、よかったら合わせてお読み下さい→過去トルコ旅行
今日の日記はちょっと長いです、トルコ6日目


f0046982_14172559.jpg
トルコのあさがお、パカっと元気に
おはよー!と言っている様です


f0046982_141776.jpg
カッパドキアでは見事に毎日晴れていて気持ちよかったです
カラっとした大きな青い空


前の日の夜に出会ったユネスはホテルのオーナーと
日本人観光客向けのツアーガイドをやっているというので
この日は、ユネスにガイドを依頼することにしました


連れて行ってくれるお店がいかにも観光客向けの場所ばかりですが
私たちは観光客なので要所を一日で見れてよかったです

それに、カッパドキアは交通手段が車しかないので
彼が車で全部回ってくれて助かりました

ホテルのおばさんが言うにはカッパドキアではタクシーを拾うのは難しく
タクシーを呼んできてもらい、一日貸し切りにするのがベターだと
なので、ツアーにしてよかったかなと思います


f0046982_14174953.jpg
ラブバレー、直訳して愛の谷
なんでそんな名前につけたんだろうね、と皆が思う 笑
へこんだ谷の中に奇形石達の群れ・・・想像は自由です


そしてまた違う場所に連れて行ってくれる
ラクダの形をした岩だという

f0046982_14252756.jpg
わかりやすく、手の平にのっているのが
ラクダに見えると言われる奇形石です


そしてこちらが本物のらくだちゃん


f0046982_932741.jpg
カッパドキアで何度か見かけました
料金を払えば上にのって歩く事もできるみたいです
表情が愛くるしいです


f0046982_1426207.jpg
後でらくだちゃんにのっておけばよかったと後悔
こぶとこぶの間にのっかるのは、いったいどんな感触なんだろう


f0046982_14254049.jpg
私はこの右下の岩が
正面から見た、口の開いたカタツムリに見えます


なんでこんなへんてこりんな石の形になったのか?
前にもちょっと書きましたが


f0046982_1426420.jpg
カッパドキアは昔、活発に噴火を繰り返した時期がありました
その時に噴火した、熱い溶岩流は硬い岩となり(キノコ石の上の部分)
噴煙は火山灰を降らせたので、それがやわらかい土となりました

長い時間が過ぎて、雨風にさらされた地盤は侵食し続け、溝ができ、
溶岩の硬い部分は残り、やわらかい土が固まった部分は削れていきました


過去の大噴火と、長い年月が、カッパドキアの奇形風景を造ったんですね。


f0046982_1425516.jpg
確かに下の方の石は意外と柔らかく、硬い物でこするとすぐに削れました
触ると手も真っ白になって、なんだかチョークみたいです



f0046982_14164795.jpg
ぼんやり、奇形石の景色をみていると
あまりに異様な風景で、これは地球なのか?と思ったりします

全部自然が作り出したものだけれど、
なんか考えようには宇宙人が作ったのではないかと思ってします

この世の果てかと思いたくなるような奇岩の光景を
昔のトルコ人は、決して見てはならないものとして嫌っていたそう


f0046982_14191647.jpg
なんだかマンションみたい



f0046982_14282570.jpg
アプリコットの木

雨もほとんど降らない乾燥したカッパドキアには意外に緑が多いです
なぜ緑があるのかユネスに聞いたら
自然の地下水が通っているそうで、木々は奥の奥まで根が伸びているそうです


f0046982_14284785.jpg
ある岩から溝が見えました(危ない)
しめっぽいのがうっすらと見えます






お昼ごはんには、洞窟のレストランに連れて行ってくれました


f0046982_1419223.jpg
ディズニーランドに訪れた時のようなエンターテーメント性の高い
面白いレストランでした


f0046982_1418411.jpg
RAKIというトルコのお酒
フランスのアニス酒に似ていてクセがありますが
スカーっとしていて私は好きです


f0046982_14181486.jpg
私は豆のスープ


メインはカッパドキアの名物料理のテスティケバブという壷料理
これがとても美味しかったです
壷を割って、お皿に盛ってくれます

f0046982_14184626.jpg
素焼きの壺の中に、ラム、牛、ナス、じゃがいも、玉ねぎ、にんにくなどを入れて
硬い蓋をして、壺ごと火の中に入れ、6時間くらい煮込むのだそう

お肉が柔らかくなって、味が濃厚でべろっと食べちゃいました
クミン入りのライスがお肉と合って美味しかったです




続いて「地下都市」と呼ばれる世界遺産へいきます

f0046982_14245822.jpg
温泉街のおみやげ街のような、穏やかさのある通りを抜けていく


f0046982_14244150.jpg
地下都市の入り口、世界遺産の認定書みたいな看板


感想は、ほんとに行ってよかったです!
人類はこんな歴史があったなんて信じられません


アリの巣に入ったような感覚で、まさに冒険でインディンジョーンズの世界

ガイドのユネスとはぐれたらほんとに帰れなくなりそう

私はワクワクして、すっごいテンションが高かったのですが
ポーは反対で信じられないほどにテンションが低い
彼が閉鎖恐怖症だとこの時に知る
だから東京の部屋の狭いのが嫌なのかな


f0046982_14243126.jpg
洞窟はかがまなくてはならないほど低いので頭をぶつけないように歩きます
時々頭ぶつけたので、帽子をかぶってきよかったと思いました

天井が低いのにも理由があって、
過去、敵が洞窟まで攻めてきた時
敵が早く走れないようにするため、というのを弓を放てなくするためだそう!


f0046982_0322274.jpg
これが地下都市の断面図イメージ(ネットから拝借)ほんとアリの巣みたい


この地下都市以外にも、東京都より広い敷地内の地下に
200〜300と言われる数の地下都市が存在しているそうです

しかも、地下ですべてが連結しているんですって!
100万人規模の巨大な地下帝国だったと言われています


地下だけに発掘がとても困難だそうで、
おそらく地下12階(推定9キロ!)まであるらしい

機械もない時代にどうやってここまで掘ったのか?
こんな住みにくい荒地にここまでの巨大都市を彫る理由はなんだろう
謎が深すぎます


f0046982_1421153.jpg
何世紀も前の洞窟をみているのに、
未来の世界をかいま見たような、不思議な錯覚になりました


この地下都市が作られた時代は、まだ明確にはわかっていないそう

ただ、地下都市が作られた何世紀もあとの約三世紀頃
ローマの迫害から逃れたキリスト教徒が
避難所として定住していたそう


ビックリしたのは
ワインを作る場所があったり(足で踏んだりするプールとか)
空気循環のための通路、キッチン
お祈りの部屋、細かく別れていて、ちゃんと生活ができるようになっていたこと

こんな日光を一切あびられない、狭くて寒い場所で
いったいどんな気持ちだったのだろうか

私はわずか30分くらいで早く外に出たいなぁ、と思ったのですが
ここで一生を終えるひともいたと思うと信じられませんでした



f0046982_14163469.jpg
眩しいくらいに太陽の色をすったお花


ガイドの中では、ここで書いた以外に、恒例の絨毯屋さん、陶器屋さんにも
連れて行ってくれました

f0046982_10492385.jpg
両方のお店では、日本語を堪能に話せるトルコ人がたくさん!
こんな場所に日本語が話せる
トルコ人がたくさんいることがびっくりでした

日本人はビジネスになる、と気がついて
頑張って勉強していると思います

トルコ人はとってもおしゃべり
だからすぐ上達するのかな、とおもいます

ユネスに聞くと、カッパドキアにはトルコ人のための日本語学校があって
無料で授業が受けられるそうです
それもあって、みんな話せるひとが多いのかと思います



こちらへ続きます→ トルコ旅行記11「スパイス屋」
by picnic_marin | 2012-10-19 07:21 | 2012 トルコ | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin