NEW POST

深夜の映画

あまり期待をしないで観た映画がすごいよかった
「赤い鼻のピエロ」 フランスの映画

f0046982_4181842.jpg
フランス語タイトルだと EFFROYABLES JARDINS
直訳で、恐ろしい庭、とか怖い庭、だと思う

ドイツ占領下のフランス
4人のフランス人がドイツ軍の捕虜になり
彼らにとって人生最悪の状況の時
パリのサーカスで働いていたんだ
というドイツ軍の軍人と出会う


f0046982_4182262.jpg
暗くて歴史がどうのこうの、という難しい話ではなくて
軽くて滑稽なシーンが多いし、わかりやすくて
すごい見やすかった

第二次世界大戦まっただ中の状況下
ドイツの軍人が赤鼻をつけて
フランスの文化であるクラウン(ピエロ)をやる
シーンは本当に感動しました

f0046982_41819100.jpg



あと、最近観た映画

12月21日に公開された「シェフ」
銀座テアトルシネマで観ました

なんも考えないで心から楽しんで観れました
料理好き、フランス好きなら更に絶対に楽しめるかと思います
フランス映画なのに、いい具合にエンターテイメント性があって
アメリカ人の監督かな?と思ったけど違かった
これDVDほしいかも、と思ったくらいよかったです



渋谷のイメージフォーラムで
「100万回生きた猫」も観ました、ドキュメンタリー

コーネリアスの音楽が途中途中に入って
それも心地よく、とても感動しましたし、泣きましたが
最終的に結局何が伝えたかったんだろう?と
よくわからない映像だった
やっぱり佐野洋子さん絵本がすごすぎて
絵本の魅力を生かせた編集になっていなかったと思った
by picnic_marin | 2012-12-31 02:35 | 2012 東京 | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin