NEW POST

バベットステーキ

フランスのアヌシーにいる時、よく遊びに行っていたアンゲルのアトリエ。

アトリエを煙だらけにして、彼が美味しいステーキを作ってくれました。
その時の日記
それからあの味が忘れられなくて、Bavette(ハラミ肉)のステーキが大好きです。


そんな話を職場のフランス人に言ったら、店で仕入れているバベット肉を
安く分けてもらえることになりました。
(バベットステーキは、ビストロ料理では一般的なメニューで
フランス人が大好きなメイン料理のひとつです。)


すごい量を分けてくれました…2.6kg!
ミニマムの単位がこれなので仕方ないですが、仕入れ値でびっくりするくらいお得に買いました。

家に持って帰ったら、猫がニャーニャー大騒ぎ。


f0046982_047175.jpg
ミー「まりんさん、美味しそうですね!」


f0046982_047128.jpg
ミー「大きいですね!僕の分はありますよね?」

…って言っている様でした。笑

しかし残念ながら猫にとってはきっと固すぎるのであげませんでした。
ごめんね、ミーちゃん。笑
ササミやレバーはたまに茹でてあげていますよ。




筋を全部取って、2つの袋に真空パックしてくれた優しいフランス人シェフ。
家に帰ってから、ステーキサイズに切り分けてラップ、ジップロックで密閉保存しました。


f0046982_04717.jpg
バベットは、牛の横隔膜の部分です。脂肪分がほぼ無い赤身の良質なお肉。
自分で小さく切って、丁寧にラップして冷凍保存しました。


f0046982_047225.jpg
フレンチフライも自分で作って、フランス料理らしいテーブルです。


ステーキの焼き方も、教えてもらったり調べたり。Bavetteステーキはレアの方が美味しいですね。


張り切って本格的にベルギーエシャロットを買って、エシャロットソースを作って食べたら
レストランで食べるくらい美味しくできて大満足。

f0046982_047446.jpg
f0046982_047681.jpg


友人が来た時にわいわい食べたりしていたら、あっという間に2.6kgのお肉、なくなっちゃいました。


6月7月くらいは、阿波踊りの稽古や自転車をひたすらこいでいました。

運動量が一気に増えて、身体が筋肉を作っていたと思うので
タンパク質が豊富な赤身のバベット肉を食べれて、筋肉にとっても良かったのかも。


8月に入ってからは、一気に食欲も落ちてしまっています。夏バテ。
たくさん運動したいけれど、どうも身体が元気ない感じですね。





by picnic_marin | 2015-08-08 00:30 | 【2015 料理メモ】 | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin