NEW POST

シェアハウスお引越し

先月は、引っ越し、台湾旅行、色々と予定を詰め込み過ぎたからか、月末、仕事中に蕁麻疹が全身に出てびっくらしました。
皮膚科で注射を打ち、蕁麻疹は引きましたが、いやはや、年齢を感じますね。

最近はなるべく7時間睡眠で早寝早起き。長い髪もばっさり切って、悪いもんは全部落ちた感じ!ですっかり元気です。


f0046982_1333084.jpg
さて、引っ越した先は、東京の外れの大きな一軒家、俗にいうシェアハウスです。
猫のミー君も広い家でのびのび。新しい環境にもすぐに慣れました。

タイ在住のアメリカ人オーナーにシェアハウスの管理を依頼されました。
私もちょうど部屋の更新時期だったし家賃も安く済む。ご縁だと思い引っ越す事に。

面倒なことも多々ありますが、私になかなか向いているみたいで割り切って楽しくやっています。

フランス時代に多国籍の人がいるシェアハウスに住んでいたのと、ユースホステルに沢山泊まっていた経験が今になって役に立っているような気がします。

今いるのは、タイ人、アメリカ人、日本人、黒猫。
みんなオーナーの知り合いですが今後はAirB&Bもやるかもしれないのでほんとに英語、どうしよう。中途半端に海外にいたせいか、コミニケーションは話せなくてもなんとでもなるけど。まあ、ちゃんと英語が出来るに越した事はないです。

ブログ載せてもいいよ、というので同居人ご紹介。(アメリカ人の子は写真NG)
タイ人のディアップ。タイでは看護士だったからか、めちゃめちゃしっかりしている。
知っている日本語は「ありがとう」「美味しい」「トンカツ」「スシ」くらいしか言えない…。

そんな彼女に先日トンカツを作ったあげた。

f0046982_115469.jpg
トンカツは世界中の外国人が好きなメニュー。外れなし!

f0046982_114834.jpg
「ミソスープ(味噌汁)の豆腐は好きじゃない」とはっきり言われる。
食べ物以外のことでも、タイ人ははっきり口に出して言うし、感情も顔に出てすごいわかりやすい。何でも笑うし、超大らか。
だからこっちも気が楽。



別の日、タイ料理を作ってくれた。

f0046982_112058.jpg



f0046982_113480.jpg
野菜炒め
チャーハン
ポークカレー

タイ料理レストランで食べたことがないような、家庭的で優しい味だった。


f0046982_11381.jpg
別の日に私がタイ料理を作ってみたり。





彼女が関西方面へ行く際、自分の朝食ついでにお弁当を作ってあげた。
「ベントー、ベントー!」と喜んでいた

f0046982_115579.jpg
後でディアップからLINEで「スシ美味しかった!」と感想を言われたが、スシなんて入れてないよ!
どうやら鮭おむすびを「スシ」というので間違えているらしい。
魚を米と海苔で巻いたら、みんなスシ、という感じなのだろう。ディアップはひとりで箱根や鎌倉へ行ったり、一年中暑い国タイにはない、日本の紅葉を楽しんでるみたい。

f0046982_12225042.jpg




by picnic_marin | 2015-12-09 01:30 | 2015 東京 | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin