人気ブログランキング |
NEW POST

はじめての家庭菜園

まだまだ暑いですが、夕方には鈴虫が鳴いたり、トンボも飛んでいて、秋めいてきましたね。今年はじめて挑戦した家庭菜園。植物の成長も初夏に比べるとずいぶん落ち着きを見せ、季節の変り目を感じます。この夏育てた植物をメモとして残しておこう思います。

子供の頃、母が畑を借りて家庭菜園をしていたけれど親子って同じことをするもんですよね。母もやってたから自分もやってみようっていう気持ちが根本にあるんでしょうね。

f0046982_2001756.jpg
レモンバーベナ、セージ、ミント、ローズマリー
これだけプランター栽培。ハーブは水はけが良い方がいいので土に赤玉を多めにしました。


f0046982_19595125.jpg
ミニトマトはわき芽取り、整枝がちょっと面倒。2、3日放っておくだけで、どんどん大きくなってきてしまうので、よく見てあげていました。

野菜も苗から育てれば簡単。4月末、庭の土に腐葉土、石灰土を混ぜ、土が落ち着く一ヶ月後にホームセンターやネットで苗を買い植えはじめましたよ。


f0046982_19595019.jpg
つやつやで可愛い子たち。自分で作ったミニトマトの味は青臭くて身体が喜ぶ味で美味しかった。


f0046982_2075869.jpg
ナスは育てやすかったです。収穫時期はミニトマトの後くらい。もう8月末なのにまだまだ収穫できる。肥料を欲しがるので2回ほど追肥を。枝が大きくなり過ぎないようミニトマト同様、芽取り、整枝をたくさんした。


f0046982_19594091.jpg
やっぱり収穫が楽しい。ディル、わけぎ、ナス、トマト


ハーブも色々育てました。

f0046982_2075948.jpg
魚介料理にぴったりなディルは、難しいハーブだと思いきや丈夫で虫もつかないし育てやすい。まだまだ生え続けてくれるので、とっても便利なハーブ。

f0046982_2002158.jpg
タイムはもりもりで生えてくれていますが、料理の仕方がよくわからず、生えっぱなしであんまり使えていない…もったいない。


f0046982_2002735.jpg
剪定したハーブ(レモンバーベナ、ミント)を全部お湯で煮て

f0046982_19593360.jpg
冷たい濃いハーブティに。滝のように汗をかいて、雑草取りをした後のこの一杯は美味しくてお気に入りです。


f0046982_19595184.jpg
青じそは一番元気!何もしなくてもどんどん大きくなってくれます。スーパーのものより香りが強く、葉も分厚い感じがします。


f0046982_19595246.jpg
収穫したたっぷりのバジルと青じそ。

バジルは虫がつくのを知っていたので、土にニームという有機の土を混ぜたらほとんど虫はつかなかった。8株植えたのだけど、すごい繁殖力で大きくなるので3株くらいにしとけばよかったなぁ、と思った。


f0046982_19595655.jpg
庭で育てたナスと豆腐を醤油麹で和えて、青じそをのせ
これも庭のバジルで作った、水ダコのジェノベーゼ。


家庭菜園の中でも、一番がんばったのはゴーヤの緑のカーテン。見事に緑のカーテンとして育ってくれました。

f0046982_19592968.jpg
育てるのは難しくないのですが、二階まで届くようにネットを設置するのが大変でした。4時間くらいかかって支える棒と網をしっかり固定したおかげで、台風の時も大丈夫でした。

あと、育ち始めの時に、新芽をとって枝を増やす作業がとても大事だと思った。それをすることで隙間のないカーテンになるんだとか。


f0046982_20355014.jpg
ゴーヤってたくさん実が成るんですね。次からつぎにできるので、友達に配ったりしています。

f0046982_20355054.jpg
ゴーヤチャンプルー

f0046982_20362144.jpg
友達が来た時、涼しい日はゴーヤのカーテンの下でご飯食べたり、緑に囲まれて気持ちがいいです。



もう夏の終わりですね、勢いがあった庭の植物達も落ち着いてきました。秋だなぁ、って思います。

f0046982_20475559.jpg
雑草取り、水やり、剪定や肥料をあげたり、大変ですが、土いじりをするのはストレス解消になります。植物って人間の心や体調を調整して安定させる能力があるんだとか。自然に感謝ですね。





.
by picnic_marin | 2016-08-21 23:00 | 2016 東京 | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin