人気ブログランキング |
NEW POST

ソウル旅行記2

ソウル旅行記1の続きです。二日目の朝。

8時くらいに起きてホテルの目の前にある「コンジハウス」ヘ。

f0046982_17505740.jpg
あわび粥 10,000w(929円)

コンジハウスの口コミは良い評価ばかりなのですが、アワビの味はしないし旨味もないかったですね。不味くはないのだけど普通のお粥でした。メニューに特アワビ粥があるだけど、そちらを頼めば美味しかったのかな?それとも店が作り方を変えたのだろうか。お粥好きとしてはちょっと残念でした。



気を取り直して、ロイヤルホテルからシャトルバスでソウル駅へ。駅から歩いて5分ほど。

f0046982_1748961.jpg
今回とっても楽しみにしていたチムジルバンへ!評判の良い「シロアムサウナ」を選びました。


チムジルバンとは
韓国語で温めて治療する部屋と言う意味を表し、黄土や岩塩、紫水晶等を利用した約40度から70度までの低温サウナの事を言います。今回行った店は24時間営業の健康センターのような施設。とっても楽しかった!


入ってすぐの受付で10,000w(929円)の入場料を払って入場。

f0046982_17493324.jpg
更衣室の中にあるカウンターでロッカーの鍵と室内着をもらい、泥棒がたまにいるらしいのでフロントに貴重品をしっかり預けました。私はアカスリを初体験したかったので、ここでチケットを20,000w(1,858円)を購入。


さ、どうしたらいいのかな?とフロントで棒立ちしていたら…


花柄シースルー素材のブラジャーとパンツだけ装着したオモニが登場!す、すごい!その下着、全部透けてる!
さすがに写真は撮れなかったので、イラストで描いてみました。


f0046982_19131116.jpg
これならもはや着けなくていいんじゃないか。でもアカスリの作業中に、長いおっぱいがブラブラするから装着しているのだろうか。そのシースルー感はなんの、誰への主張なのだろうか?

色んな意味で衝撃的なオモニに連れられて、私はロッカーですっぽんぽんになり、広い銭湯スペースへ。「ここで5分間、肩まで浸かってね!」と手振り身振りで教えてくれた。

5分ほど経った後、今度はヒョウ柄チックな下着(水着?)をつけた、若めのオモニが私を呼びに来て、アカスリスペースへ。ピンクのツルツルしたアカスリ台に乗り、アカスリがスタート。


痛い!!これはなんて痛いんだ!と思いました。でもこれで汚い垢がとれてツルツルになるなら頑張ろう。と思って我慢していると、少しずつ慣れて大丈夫に。ふと、擦られている自分の肌を見てみると黒い塊がたくさん!すごい、汚い!!こんなに垢があったのか。

f0046982_1993644.jpg
こんな感じで銭湯スペースの中にアカスリ場所があります。湯気や湿気がある中、まな板の魚が鱗取りをされているような感じでアカスリは進んでゆく。笑

案内してくれた花柄シースルー水着のオモニも、ヒョウ柄オモニもとっても優しかった。笑ってアカスリしてくれる感じは親戚のおばちゃんのよう。

毎日洗ってもすっきりしないような表面の感じが、ほんとすっきりして綺麗になります。特に肘やひざ、胸の谷間あたりはツルツルになり、やってよかったです。終わった後、肌が光っていました!笑



よもぎ湯や、マッサージ風呂を楽しんでから4階に上がっていくと、8種類もあるサウナが。広々としていて気持ち良い。塩がひいてあるサウナ、砂利のサウナ、ほんと様々。火照ったら冷凍庫みたいな部屋に入ったり、とっても楽しかった。岩盤浴の何倍も楽しめます。そして疲れたら寝て良い場所がそこらじゅうにあり、食堂も生ジュースの売店もあるので、サウナ好きなら一日中いられる楽しさ。

施設の中はとっても清潔。掃除が行き届いていて気持ちがよかったです。風呂屋の独特の、ゆる〜い感じが大好きな場所でした。ソウルに来たら必ずここには来たいです。

【シロアムサウナ】
ソウル特別市 中区 中林洞 128-104
(서울특별시 중구 중림동 128-104)24時間年中無休。


サウナで気持ちが良くなった後、ソウル駅に隣接しているスーパー「ロッテマート」へ。品揃えが多く、お土産を買うには最適なスーパーでした。電車で新村駅へ。

駅から店に来るまで、大雨に降られてしまいました。

f0046982_17481216.jpg
店の入り口。雨の量がすごい。でも美味しい店に入ると元気が出てきますね。並ばずに入れたので良かった。

f0046982_17481231.jpg
これもよくガイドブックに載っていますが、テーブルがドラム缶になっているカルビ専門店「ソソモンヌンカルビチッ」です。いい雰囲気です。

f0046982_17481049.jpg
ここもメニューはこれしかないので、何も言わなくても勝手にこの骨つきカルビが出てきます。ある程度はお店の人が切ってくれます。日本だとカルビというと刺しが入った脂ぽいイメージがありますが、韓国のカルビは赤身のお肉です。

f0046982_17481150.jpg
ここのお肉、かなり美味しいです!肉は美味しいタレに浸かっていたらしく、そのままでも美味しいのですが、ついてくるこのタレも美味しい!!カルビというか、この肉肉しい歯ごたえ、食感がまさにく肉!!って感じです。

f0046982_17481273.jpg
サンチュは新村駅の近くのスーパーで買いました。ここは完全に肉のみしか出てこないのでサンチュやおかずの持ち込みOK。炊飯器ごと持ち込む韓国人もいるのだそう。コチュジャンとこのピーマンみたいのは付いてきます。

f0046982_17481312.jpg
こんな感じでもりもり、美味しくて2人前はあっという間に食べ終わってしまいました。追加したかったのですが、この後もう一軒いくので我慢!

f0046982_17481326.jpg
ここも韓国に来たらまた行きたいお店です。お会計一人15,000w(1,393円)でした。

【ソソモンヌンカルビチッ / 서서 먹는 갈비집】ドラム缶で食べる焼肉カルビ
ソウル特別市 麻浦区 老姑山洞 109-69(서울특별시 마포구 노고산동 109-69)
12:00~20:30 ※肉が無くなり次第閉店





続いて、電車で麻浦区の阿峴洞駅へ。


期待大のカンジャンケジャン!豪華な定食と一緒になっているお店が多いのですが、ハシゴするのもあって、なるべくケジャンだけが食べれそうな店を選びました。

f0046982_2246741.jpg
出てきました、カンジャンケジャン!渡り蟹のしょうゆ漬けです。この料理が衝撃的に美味しい!!今回の旅で一番美味しかった食べ物は、このカンジャンケジャンです。

友人の北ちゃんがケジャンをソウルのある専門店で食べたら、カニがしょっぱ過ぎてかなり微妙だったそう。渡り蟹ならなんでも旨いという訳ではないらしく、漬け込む時のタレの味付けがかなり大事っぽいです。Nちゃんが言うにはここのケジャンはカツオ出汁が入っていて旨味があるそう。


f0046982_2246194.jpg
蟹を注文すると、ミッパンチャンがたくさんついてきます。蟹の甲羅の中に米を入れて食べる幸せ…茹でた蟹も甘くて美味しいですが、生の蟹に味付けするこの料理は、ほんとに美味しかったです。ハマりました。
渡り蟹定食 18,000w(1,672円)

【阿峴洞カンジャンケジャン 】
ソウル市麻浦区(マポグ)阿峴洞(アヒョンドン)282-1
서울시 마포구 아현동 282-1 / 서울시 마포구 굴레방로13
日曜日、公休日



帰りの道のりに渡り蟹がわんさか売っていました。

f0046982_22463197.jpg
ケジャン…韓国に住んでいたら、週末に渡り蟹を買ってカンジャンケジャンの作り方を覚えて毎週末食べれるのかな…なんて妄想しました。

f0046982_22465029.jpg


お昼はここまで。ソウル旅行記3に続きます〜


※2016年9月のレートです。


by picnic_marin | 2016-09-10 21:50 | 2016 ソウル | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin