NEW POST

20.旅行最後の日

ミュンヘン街歩きの続きです。


この日は、20日間に渡った旅行の最終日。朝早くに起きた。
ミュンヘンの中央駅に行き、駅内のカフェで朝からビールを呑む。

ヨーロッパのいいところは、日中お酒をのもうが誰も気にしないところ。

f0046982_23535654.jpg

ドイツはどのビールを注文しても全部美味しい。
料理は、正直フランスの方が圧倒的に旨いが、ビールはドイツが断然美味しいです。


f0046982_23545137.jpg
ドイツでホットドックをまだ食べていなかったので注文。

とにかくソーセージ自体が美味しいからお店が特別にこだわらなくても、
こんな雑に作られていても、美味しい。
ケチャップ、マスタード、たっぷりと。



ミュンヘンで私が宿泊していたホテルは中央駅近くの安宿街にあるユースホステル。一泊22ユーロ。

f0046982_00043561.jpg
昼間、安宿街の裏通りをゆっくり歩いてみると、ポールダンスやストリップショーの看板があった。

一見、治安が良くてちゃんとしてそうな街でも、夜の歓楽街はどの街でもあるもんだ。ミュンヘンでも夜には、客引きとかも存在するのだろうか。

なぜかトルコのイスタンブールを思わせるレストランが多く、イスラムの人が多くいる界隈のようだ。
店内で食べている人の料理が見えて、おいしそうだったので、勇気をだしてディープなお店に入ってみた。

f0046982_00043576.jpg

ミュンヘンとは思えないほど、店内は蒸し暑く、違う国にいるような気分。でもカレーは美味しかった。オクラが入ったトマトベースの野菜のカレー。
コカコーラとカレーで、5.5ユーロ。



初めての街で、観光バスがあれば私は乗ります。街の大きさがわかるし、風景をぼーっとみているのが楽しくて好き。

f0046982_00014807.jpg
f0046982_00012496.jpg

ミュンヘンの街は私にはとてもカラフルに映りました。
建物はグレーで直線的だけど、お花を売る場所が多かったり、果物も。
女性たちの服の色が華やかで、街が彩られている感じがした。

チェコ、フランス、と移動していて、一番、色が多い、明るい街に見えた。

f0046982_00012469.jpg
f0046982_00012441.jpg


マリエン広場の奥に広がるビアガーデン、昨日来て気に入ったのでもう一度寄った。
マロニエの木が覆いかぶさっていて、とても気持ちのいい場所です。
最後はここで食事をしようと思った。

f0046982_00012448.jpg

丸いおじさん達が、大自然の中で楽しくビールを呑んでいます。

f0046982_00260016.jpg

素敵なサービスの女性たち。衣装がとってもよく似合います。笑顔がかわいい。


f0046982_00254122.jpg

肌寄せ合ってビールを飲み、仲良くおしゃべりを楽しむ皆さん。


f0046982_00260431.jpg

ビアガーデンで最後のご飯。
シュバイネブラーテン(焼き豚とじゃが芋団子)、ザワークラウト(酢漬けのキャベツ)


f0046982_00255576.jpg

隣のマダムもお一人様。絵を描いてたら話しかけられました。この辺りに住んでいるそうです。


f0046982_22141680.jpg

ビアガーデンで描いた絵。
開放的な場所だったので、絵もすごい開放的になった。
お気に入りのページです。

f0046982_22141585.jpg
f0046982_22141548.jpg




中央駅を出て、ミュンヘン空港へ向かいます。

f0046982_00281700.jpg


帰りの飛行機、14時間も乗ります。ヨーロッパはこれが辛い。
くまさんもお疲れのご様子でした。

f0046982_00282084.jpg



海外から帰ってくるとき、成田空港のこの看板を見てほんとにホッとします。

f0046982_00265772.jpg



20日間もの旅行でしたが、荷物はこれだけで移動していました。
パソコン、カメラ、充電器、下着、画材、洗面用具。

服はほぼ毎日一緒だったような…
Tシャツと下着だけ洗って使いまわしてたかな。
安宿に泊まるのであんまお金持ってるように見えても困るしね。

f0046982_00265319.jpg


行ったことのない国、また行ってみたいですね。


年をとって思う事は、若いころにあった好奇心、冒険心が少しずつ減ってきます。
単純に体力が落ちるので、できるだけ疲れる事をしたくなくなりますよね。よく解ります。
新しい環境に身を置いたり、普段の違う慣れないことをしたり、失敗しそうな物は避けたり。

4年も前の、この旅行日記を読み返してみて、
初めて見る景色、匂い、空気、人、味わう感情。初めて食べる物…
これらは、疲れるのではなくて、自分の癒しになるんだった。
今まで知らなかったことを知れた自分、吸収していく自分の可能性にわくわくする。

スマホの小さい画面の中で知った情報ではなくて肉眼で見て知る。
視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚の五感で感じる。


だから旅行っていいんだよなぁ、と、ほんと久しぶりに思い出したのでした。





f0046982_22404966.jpg
最後に嬉しいお知らせ。

このヨーロッパ旅行で登場していた栄子ちゃん、オンドラ
先日、赤ちゃんが産まれました!

この旅行の間、二人が恋人になった瞬間に一緒にいたので、本当に嬉しい。
栄子の赤ちゃんに会いにチェコに行きたくて仕方ない最近なのでした。

栄子のブログ
お手製のイラストと包み隠さず全部書いちゃっている文面が面白くていつも楽しみに読んでいます。




長くなりましたが、最期まで読んでくれた方、
どうもありがとうございました!!





2013 ヨーロッパ旅行一覧

1.旅の始まり
2.ブルノ到着
3.ウィーンへ小旅行
4.ブランボラークの作り方
5.チェコで卓球、跳び箱
6.スイチコバと花火大会
7.ブルノからリヨンへ
8.リヨンのビストロへ
9.ケーキ屋さんまで小旅行
10.リヨンのんびり散歩
11.クネルをつくってみる
11.クネルの絵
12.リヨンからアヌシーへ
13.アヌシー国際アニメーション映画祭
14.夜の野外映画館
15.節約サンドイッチ生活
16.アヌシーの街
17.アヌシーからミュンヘンへ
18.ミュンヘンに到着
19.ミュンヘン街歩き


f0046982_22141546.jpg









by picnic_marin | 2018-01-30 23:15 | 2013 ヨーロッパ | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin