NEW POST

パリ・プラハ旅行記2「よりみちバンコク」

「旅のはじまり」の続きです。

次回の参考のメモが多く、文章多めになってしまいました。あしからず。
タイの物価も振り返りたいので金額もわかる範囲で書いています。


タイ時間は日本時間の+2時間。

出発時刻が遅れたせいもあるけど、7時間の飛行でも父はかなり疲れたらしい。


f0046982_1345396.jpg


やっと着いた、タイのドンムアン空港。

まずは空港のATMでデビットカードを使って、3000B(約10380円)を下ろす。

バンコク市内のほとんどのATMの手数料が220B(約760円)もする。
こっちの物価から考えると恐ろしく高い!外国人からはたくさんお金を取るぞーというタイの思惑をつい感じてしまう。涙

なので一度にどばっと下ろしたほうがお得なのかな?ちなみにキャッシングだと国の決まりで手数料はゼロらしい。


過去の海外旅行はどの国でもVISA対応のデビットカードを利用してきた。
使ってすぐに日本の口座から引き落とされるため、ネット上ですぐ確認ができ安心だし、日本円でいくらだったかもすぐに見れるのが便利。でも海外旅行保険付きのVISAカードを持っておくのもいいかも〜と、帰って来てから思いました。



話がそれました。


ドンムアン空港から市内まではタクシーで移動。

f0046982_2150549.jpg

タクシー乗り場ではなく、出発ロビーの階までのぼり、流れているタクシーを拾った。タクシー乗り場は長蛇の列なのと、空港使用税を取られなくて済むのだ。

今回は幸いにも真面目にやっている運転手に巡り会えてラッキー。
ホテルまで400B(1380円)弱だった。



タイのタクシーは悪質ではないのですが、適当だったり、ぼったくる運転手がまだまだ多いので要注意。

乗車する時は毎回、目的場所は本当に理解しているのか、メーターがあるかチェックなど確認。相場は前もって調べておいた。

f0046982_1361590.jpg

メーターを持っていないタクシーもいます。そういうタクシーは交渉制なので、最初にその目的地まではいくらなのか交渉が必要。その上で、googleMapでちゃんとホテルに向かっているか見ている。

正直、すごい疲れる。笑。でも日本の何倍も安いタクシーなのだ。






17:15頃にはハッポンにあるホテルにチェックイン。ハッポンからほど近いサイアムにあるBan Khunmae(バーンクンメー)へ。


f0046982_21505651.jpg

ガイドブックにも乗ってる有名店だけど、友人がここは美味しいと教えてくれたので、ここにした。


f0046982_23192667.jpgf0046982_23192742.jpg

スズキのライム蒸し 340B(約1100円)
パッタイ 150B(約500円)
クンチェーナンプラー(海老の刺身)70B(約240円)


注文した料理、全部美味しかった!

蒸し具合がふっくらで特に魚が美味しかった〜。クンチェーナンプラーが私は大好きで、タイに来たらいつも食べる。

f0046982_21505459.jpg

父はタイ料理自体が初めて。
「旨い旨い、でも辛いな〜。」と言って美味しそうに食べていた。
ここはタイでは高級店の部類だが、飲んで食べても会計は4380円ほど。チャーンビールは瓶6本呑んだ。


食後、前もって調べておいたレストラン近くのマッサージ屋さん
Lek Foot Massageに行きました。

f0046982_23192750.jpg

まずは足を洗ってもらう。

ここすごい上手で丁寧だった。次回バンコクに来たら、是非また来たい。
60分の足裏マッサージ300B(1030円)


ホテル近くをお散歩。しかし、ホテルはハッポンのど真ん中(笑)
ハッポンと言えば、東南アジアでも最大級の日本人向け歓楽街。

父とゴーゴーBarが立ち並ぶ有名なタニア通り(お姉ちゃん通り)を歩くも
娘の私が隣にいるので父は誰からも勧誘されず。笑



屋台で見かけたタイラーメンが美味しそうだったので食べてみることに。

f0046982_118125.jpg

魚団子が入ってて、ヘルシーであっという間に食べちゃった。
自分で味を調節するのがタイラーメンだ。


f0046982_21505786.jpg

マンゴーを売るお店。ギリギリ、マンゴーの季節だったので食べれて満足!タイのマンゴーが大好きです。


f0046982_21505873.jpg

マンゴー屋のお姉さんと、嬉しそうな父。


泊まったホテルはこんな感じ。

f0046982_2150598.jpg

ホテルは繁華街の中心にあり、古いホテルながらも清潔だったし、スタッフもとても優しかったです。
一泊二人合わせて1963B(6720円)。


私は海外の貧乏旅行に大変慣れており(笑)ホテルも泊まれればいい。という考え。今回は父と一緒なのだからもっとランクの高いホテルに泊まることもできたが、「まりんがいつも行ってるようなとこで良い、任せる。」と、言うこんな感じだ。バンコクではホテルですが、パリもプラハでは民泊(Air b&b)を予約した。

あとで考えたら、もっといいホテル予約すりゃ良かったかなぁ、と色々思うけどね。


f0046982_2319262.jpg

屋台で買ったマンゴーをホテルで頂いた。タイではココナッツミルクをかけて、もち米と食べる。





翌日、6時に起床し、一人でホテルの周りを散策した。


出勤する時間帯だからか、朝ごはんを買ったビニール袋にぶら下げて歩いている人がとても多かった。タイは外食が安いから、食事は基本買うことがほとんどなんろうな〜と思ったり。

f0046982_215111.jpg

ホテルの目の前にあった小綺麗な店で朝ごはん。

f0046982_215109.jpg

ワンタンスープと、トムヤムクンラーメン。


食事しているとエールフランスからメールがあり、10:20発から11:35発に変更になるというメールが届いた。
もちろん英語でのメールなので、google翻訳で訳したが、そもそも意味がわからない。こんなケースってあんの?メールでお知らせが来るもんなの?初めてのことなので驚いた。


今回の旅は、なぜかこういう小さいトラブルが多かったなぁ。



f0046982_1382396.jpg

ハッポンのホテルからスワンプーム空港まで、タクシーで移動。

ホテルのひとが呼んだタクシーとは乗車前に値段交渉。
全部込みで500B(約1700円)、高速料金込み。
これも前もって調べた相場とだいたい同じだったのでOKに。

出勤時間とかぶるので渋滞で遅れないか心配していのですが、
道はそこまで混んでいなくて、ひと安心。



f0046982_011573.jpg


エールフランスのチェックインカウンターで聞いたら、やはり11:35発に変更になったとのこと。

パリの到着時刻も遅れるわけで、慌ててパリで借りるアパートの管理人に到着が遅れることをメール。フランス語なのでメールひとつにも時間がかかる。



免税店で父はウィスキーを買い、私は果物を買った。

f0046982_0441110.jpg

ランブータンというタイの大好きな果物。日本への持ち込みに果物は禁止されているが、今回はパリへ持ち込みなので大丈夫だった。


いよいよパリへ。




「パリに到着」へ続きます〜



by picnic_marin | 2018-12-04 01:11 | 2018 パリ・プラハ | Comments(0)

日々の暮らしの事


by picnic_marin