日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2018 料理メモ】
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
20.旅行最後の日
at 2018-01-30 23:15
19.ミュンヘン街歩き
at 2018-01-29 23:44
18.ミュンヘンに到着
at 2018-01-29 20:04
冬のおうちごはん
at 2018-01-08 00:35
あけましておめでとうございます。
at 2018-01-07 23:44
検索
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
2017年 11月 26日 ( 1 )
はじめての梅干し作り
雨期に梅干しを作った時の日記です。

来年の参考に長いですが、メモしました。
興味ある方は是非作って見てください。梅干し作り、とっても楽しいですよ!

f0046982_16470219.jpg
梅が入った段ボールを開けると、部屋中に梅の良い香りが広がり幸せな気持ちに。

【材料】
・完熟梅
・塩 (梅の重さに対して12%の重さ)
・赤紫蘇(塩漬けにしておく)

【道具】
・梅が全部入る容器
・平らなざる
・アルコール液とか焼酎(消毒用)

今回、紀州梅苑 さんの完熟南高梅 キズあり(自然落下)3Lサイズ 2kg
3,580円(税込・送料込)を選びました。

自然落下梅は見かけが多少悪いのですが、通常よりお買い得なのと、かなり完熟しているため、梅干しにはぴったりだそう。

まずは、梅干しを一つずつ丁寧に水で洗い、ヘタの汚れも竹串できれいに取る。
乾いた布で水気をしっかり拭きます。

f0046982_15041101.jpg
落下梅なので、使えないくらいのキズがある場合があります。
梅は作る過程で雑菌が入ってしまうとカビの原因になるので、キズ梅は分別。

私はウォッカ漬けにすることに。(これがかなり美味しくて良い!後日書きます)ウォッカはアルコール度数が高いのでキズ梅でもなんの問題もありません。


f0046982_15041116.jpg
分量の1/3くらいの塩を、梅にまぶして手で軽くすりこみます。


そして、消毒した瓶の中へ。
梅→塩→梅→塩と重ねていきます。

f0046982_15041158.jpg
だいたいこんな感じでOKです。
上に重しを乗せて、保存。


f0046982_15041717.jpg

数日経つと、水分が上がってきます。これを梅酢と言います。

梅が梅酢に浸かっていないとダメなのでほんの少ししか取れませんが、私は鯛の昆布締めに梅酢につけて頂きましたよ。美味しかった!


梅酢は本当に上品な香りで梅を手作りした人だけが味わえる楽しみ。赤紫蘇を入れる前の梅酢の方が香りがなお良くて最高です。


f0046982_15041793.jpg
前もって作っておいた、赤紫蘇の塩漬けです。

ジップロックに赤紫蘇と塩を入れて軽く揉み、冷蔵庫に入れといただけです。浅漬け的な感じです。

水分があれば、手でギュッと絞ったものを、梅の上に被せてあげます。

f0046982_15041759.jpg
その上に空気が入らないようにビニール袋など被せて数日おきます。



数日すると… 少しづつ梅が赤くなっていきます。私は2週間くらい置きましたが、好きずきで1ヶ月位でも良いそう。

f0046982_15043540.jpg

「三日三晩の土用干し」と言われるように、晴れが続きそうな日を待って土用干しをします。


いよいよ梅を干します。
消毒したきれいな手で瓶から梅を取り出し、ザルに梅を離して並べていきます。


f0046982_15042894.jpg
太陽の下に干された梅たちの姿がなんとも可愛い…。
途中で一回ひっくり返します。ひっくり返す時、皮が破れていても別に大丈夫です。


f0046982_15042956.jpg

1日目は、11時頃に外へ干し、16時に室内へ取り込みました。
日中干して、ちょっとだけ水分が抜けた梅干しちゃん。


f0046982_15042935.jpg
干された梅干しは、また梅酢の中へ戻す。梅干し達、夜はここでお休みなんです。



f0046982_15043479.jpg
また赤紫蘇を被せてあげます。お布団みたい。



梅干しらしい姿になってきました。

f0046982_15043450.jpg
2日目は仕事だったため、朝7時半に外へ出し、21時に取り込み。
ほんとは夕方に取り込んだ方がいいらしいけど、大丈夫でしたよ。そしてまた梅酢の中へ戻します。


もし翌日が雨で干せない場合、そのまま梅酢に寝かせておけば、間が空いてしまっても大丈夫です。

梅干し作りというと、三日三晩ずっと家にいなくてはいけないと思っていたのですが、そんなに神経質にやらなくても全然大丈夫でした。梅干し作りって気楽にできるんですよね。

f0046982_15042986.jpg
3日目めだけは、朝に外に出し、翌朝まで干しっぱなしにします。
夜露を吸わせるためだそうです。


これで出来上がり!

丁寧に見せたかったら使い終わった赤紫蘇を破けないよう広げて梅干しを1個づつ包みます。

f0046982_15043440.jpg
かなり面倒ですが、梅干しが可愛くて仕方なかったので、なんか一人で地味に時間をかけて包んであげました。笑
別に包まなくても十分美味しいです。
私はしっとりした梅干しが好きなので、このバットにも梅酢を入れておきました。


今回、自分で作っておいてなんですが、大成功でかなり美味しくできました!
人にあげると喜ばれて大好評です。


梅干し作りはとにかく楽しかった!

梅干し達が、赤く染まったり、太陽で干されたり、梅酢で眠ったり、赤紫蘇で包まれる…この工程がすごい楽しい。そして、梅が届いてから作っている期間、本当に良い香りでアパートの部屋は包まれていました。

f0046982_01042823.jpg

by picnic_marin | 2017-11-26 01:04 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)