日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2018 料理メモ】
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
20.旅行最後の日
at 2018-01-30 23:15
19.ミュンヘン街歩き
at 2018-01-29 23:44
18.ミュンヘンに到着
at 2018-01-29 20:04
冬のおうちごはん
at 2018-01-08 00:35
あけましておめでとうございます。
at 2018-01-07 23:44
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
カテゴリ:【2017 料理メモ】( 16 )
冬のおうちご飯 2
友達が遊びに来たときのおうちご飯。

f0046982_21441494.jpg
水ダコのカルパッチョ

皮ごとレモンを薄〜く、小さく切ってタコと一緒に食べます。
あとは塩と白胡椒、ハーブ、オリーブオイルは美味しいオイルを使います。

f0046982_21441449.jpg

鯵のマリネとチコリ、ルッコラに洋梨のサラダ

捌いた鯵は塩コショウして、にんにく、ディルが入ったオリーブオイルの中に漬けておきます。あとはサラダの具と和えて、レモンや塩など、味を整えるだけ。


f0046982_21441552.jpg

そして、もつ鍋!簡単で美味しいから、バタバタする来客に便利〜。
作り方を元もつ鍋屋の店長だった人に聞いたのでさすがにここに書けないですね…
和風でさっぱりした味です。






別の日、友達が蟹を持ってきてくれました。

f0046982_21441693.jpg

茹でられる前の香箱蟹たち。
関東ではあまり知られていないのですが、香箱蟹はズワイガニのメスで、実はどの蟹よりも旨味が強いのだとか。食べるのは初めて!

f0046982_21441778.jpg

熱燗を注いで食べるのが一番たまりませんでした。
香箱蟹は、大きくないし、身は少ないのですが、蟹の卵がたまらないです。内子と外子?って言うらしいのですが、これが酒飲みにはたまらない味わい…でした(笑)

f0046982_21441798.jpg

蟹を茹でた時のお湯に、昆布と鰹を入れれば美味しい出汁になります。蟹雑炊にするか悩みましたが、香箱蟹の炊き込みご飯に。
生姜を入れたきゅうりの浅漬け、山わさびと。



翌日、余った香箱蟹の炊き込みご飯で食事。美味しく頂きました!

f0046982_21441666.jpg

きんぴらゴボウ蓮根
マグロ山わさび和え
トマトときゅうり
冷奴
香箱蟹炊き込みご飯
緑茶

f0046982_01000766.jpg
寒くて、ストーブから離れないミーくん。
真っ黒焦げにこげそうなくらい離れない時もあり、心配。笑




by picnic_marin | 2017-12-21 23:01 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
冬のおうちご飯
先週から一気に寒くなりましたね。
冬はやっぱり身体が温まる物を食べたくなります。

f0046982_14421493.jpg
根野菜のスープ
バゲット


冷蔵庫に余っていた根野菜などを細かく切って、ベーコンとコンソメの素で煮ただけです。少しクスクスも入れました。
野菜の出汁がでて美味しいし、簡単で身体にやさしい。


f0046982_14422192.jpg
肉野菜炒め
白菜浅漬け
納豆ご飯
あさりの味噌汁
柚子蜜ジュース


f0046982_14421110.jpg
ビーフシチュー
バケット
ピクルス

ビーフシチューは牛すじを使っています。数時間かけて下茹でして。茹でた水は捨て、具だけ使います。市販のデミグラスソース缶を入れるのと面倒ですが、カラメルを作って入れると深みがでます。

ピクルスは余った根野菜などを漬けたもの。


f0046982_14420250.jpg
牛ハラミ ガーリック和風ソース
サッポロ一番塩ラーメン
赤ワイン


すごい組み合わせで自分ながら呆れます。笑
相当お腹が空いていたのでしょうけど、食べ過ぎ!


f0046982_14425133.jpg
スンドゥブチゲ
白米
生牡蠣
韓国のり
ビール





前々から、もつ鍋を自分で作ってみたくて、友達から仕入れてもらいました。

f0046982_14423909.jpg
すごい!長い!!
これが牛の腸です。良質な物を持ってきてくれたそうで、臭みが全くない!
新鮮なので下処理も必要なく、そのまま切って使いました。

f0046982_14422554.jpg
にんにく、キャベツ、ニラ、がたっぷり入ってます。

f0046982_14423364.jpgf0046982_14423688.jpg

もつ鍋はたっぷり野菜が食べれるのでいいですよね。
この冬はあと何回食べれるかな〜。


f0046982_14414050.jpg
塩焼きそば
ビール

たまに無性に食べたくなる焼きそば。
私にとっては、青海苔と、身体に悪そうな色の紅生姜がとても大事。
青のりは途中で足したりするくらいかけます。


f0046982_14415907.jpg
キムチ納豆丼(納豆2パック…笑)
チコリのサラダ
大根味噌汁


f0046982_14443446.jpg
ラムチョップグリル ガーリックソース
キーマカレー目玉焼きのせ

両方とも冷凍庫にあった余り物。
ラムチョップがあると随分と豪華な食卓に見えるなぁ。
ステーキのソース、お肉を焼いたフライパンに、すりおろしたニンニク、酒、醤油、砂糖を入れて煮立てるだけ。このソースが気に入ってます。



f0046982_14424294.jpg
牛もつの野菜炒め
白米
わかめの味噌汁


余った牛の腸で野菜炒め。油がキャベツに絡んで最高に美味しかったです。
でもさっぱりしてもたれないという。もつは最高ですね。


f0046982_14424718.jpg
うどん入りイワシのつみれ鍋
蒲鉾、ワサビ菜
ビール







by picnic_marin | 2017-12-21 15:12 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
はじめての梅干し作り
雨期に梅干しを作った時の日記です。

来年の参考に長いですが、メモしました。
興味ある方は是非作って見てください。梅干し作り、とっても楽しいですよ!

f0046982_16470219.jpg
梅が入った段ボールを開けると、部屋中に梅の良い香りが広がり幸せな気持ちに。

【材料】
・完熟梅
・塩 (梅の重さに対して12%の重さ)
・赤紫蘇(塩漬けにしておく)

【道具】
・梅が全部入る容器
・平らなざる
・アルコール液とか焼酎(消毒用)

今回、紀州梅苑 さんの完熟南高梅 キズあり(自然落下)3Lサイズ 2kg
3,580円(税込・送料込)を選びました。

自然落下梅は見かけが多少悪いのですが、通常よりお買い得なのと、かなり完熟しているため、梅干しにはぴったりだそう。

まずは、梅干しを一つずつ丁寧に水で洗い、ヘタの汚れも竹串できれいに取る。
乾いた布で水気をしっかり拭きます。

f0046982_15041101.jpg
落下梅なので、使えないくらいのキズがある場合があります。
梅は作る過程で雑菌が入ってしまうとカビの原因になるので、キズ梅は分別。

私はウォッカ漬けにすることに。(これがかなり美味しくて良い!後日書きます)ウォッカはアルコール度数が高いのでキズ梅でもなんの問題もありません。


f0046982_15041116.jpg
分量の1/3くらいの塩を、梅にまぶして手で軽くすりこみます。


そして、消毒した瓶の中へ。
梅→塩→梅→塩と重ねていきます。

f0046982_15041158.jpg
だいたいこんな感じでOKです。
上に重しを乗せて、保存。


f0046982_15041717.jpg

数日経つと、水分が上がってきます。これを梅酢と言います。

梅が梅酢に浸かっていないとダメなのでほんの少ししか取れませんが、私は鯛の昆布締めに梅酢につけて頂きましたよ。美味しかった!


梅酢は本当に上品な香りで梅を手作りした人だけが味わえる楽しみ。赤紫蘇を入れる前の梅酢の方が香りがなお良くて最高です。


f0046982_15041793.jpg
前もって作っておいた、赤紫蘇の塩漬けです。

ジップロックに赤紫蘇と塩を入れて軽く揉み、冷蔵庫に入れといただけです。浅漬け的な感じです。

水分があれば、手でギュッと絞ったものを、梅の上に被せてあげます。

f0046982_15041759.jpg
その上に空気が入らないようにビニール袋など被せて数日おきます。



数日すると… 少しづつ梅が赤くなっていきます。私は2週間くらい置きましたが、好きずきで1ヶ月位でも良いそう。

f0046982_15043540.jpg

「三日三晩の土用干し」と言われるように、晴れが続きそうな日を待って土用干しをします。


いよいよ梅を干します。
消毒したきれいな手で瓶から梅を取り出し、ザルに梅を離して並べていきます。


f0046982_15042894.jpg
太陽の下に干された梅たちの姿がなんとも可愛い…。
途中で一回ひっくり返します。ひっくり返す時、皮が破れていても別に大丈夫です。


f0046982_15042956.jpg

1日目は、11時頃に外へ干し、16時に室内へ取り込みました。
日中干して、ちょっとだけ水分が抜けた梅干しちゃん。


f0046982_15042935.jpg
干された梅干しは、また梅酢の中へ戻す。梅干し達、夜はここでお休みなんです。



f0046982_15043479.jpg
また赤紫蘇を被せてあげます。お布団みたい。



梅干しらしい姿になってきました。

f0046982_15043450.jpg
2日目は仕事だったため、朝7時半に外へ出し、21時に取り込み。
ほんとは夕方に取り込んだ方がいいらしいけど、大丈夫でしたよ。そしてまた梅酢の中へ戻します。


もし翌日が雨で干せない場合、そのまま梅酢に寝かせておけば、間が空いてしまっても大丈夫です。

梅干し作りというと、三日三晩ずっと家にいなくてはいけないと思っていたのですが、そんなに神経質にやらなくても全然大丈夫でした。梅干し作りって気楽にできるんですよね。

f0046982_15042986.jpg
3日目めだけは、朝に外に出し、翌朝まで干しっぱなしにします。
夜露を吸わせるためだそうです。


これで出来上がり!

丁寧に見せたかったら使い終わった赤紫蘇を破けないよう広げて梅干しを1個づつ包みます。

f0046982_15043440.jpg
かなり面倒ですが、梅干しが可愛くて仕方なかったので、なんか一人で地味に時間をかけて包んであげました。笑
別に包まなくても十分美味しいです。
私はしっとりした梅干しが好きなので、このバットにも梅酢を入れておきました。


今回、自分で作っておいてなんですが、大成功でかなり美味しくできました!
人にあげると喜ばれて大好評です。


梅干し作りはとにかく楽しかった!

梅干し達が、赤く染まったり、太陽で干されたり、梅酢で眠ったり、赤紫蘇で包まれる…この工程がすごい楽しい。そして、梅が届いてから作っている期間、本当に良い香りでアパートの部屋は包まれていました。

f0046982_01042823.jpg

by picnic_marin | 2017-11-26 01:04 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
秋のごはんメモ
秋になると、どうもこってりした食べ物が食べたくなるもんです。
要はカロリーが高いというか。冬眠前に脂がのっちゃいますね。


f0046982_14124585.jpg
出汁をとって、大根とごぼう、鰯のつみれを落とした田舎煮
イカの刺身
鯵のたたき
白米
緑茶

「女だてら 麻布わけあり酒場/風野真知雄」という小説にはまって食べたくなった田舎鍋。
本の中でこの料理がよく登場していて、寒い日にお客たちが美味しそうに食べてるのを見てつい食べたくなりました。


f0046982_14124537.jpg
焼き鮭
きゅうりぬか漬け
しめ鯖
わかめ味噌汁
白米
トマトサラダ
納豆



友達がきた時作ったご飯

f0046982_14104222.jpg
ホタテのカルパッチョ、キュウイソース

「おうちでワイン/大橋みちこ」という料理本を買ったのですが、それに忠実に作ったけど、あんまり美味しくなかったです。涙
ホタテはただそれだけでも美味しいので、難しいことはしなくていいのかも〜と思った。

f0046982_14104349.jpg
鳥レバーペーストちょっと塩入れ過ぎちゃった。

f0046982_14104362.jpg
秋刀魚のパエリア
これも「おうちでワイン」を見て作りました。これは美味しかった!ご飯にはマッシュルーム、香味野菜、トマト、サフランなど入ってます。

f0046982_14104383.jpg
ハラミ肉のステーキ
フライドポテトも揚げた。

f0046982_14104323.jpg
かぼちゃやキノコ、海老を入れたグラタン


f0046982_14104306.jpg
別の日、レバーペーストと生クリーム、でパスタ。黒胡椒をたくさん引いて。
これ美味しい!赤ワイン呑みたくなっちゃうから夜向き。





今年は、イワシが美味しい年でした。
秋刀魚は今年はあまり良くなくてイワシが最高!と魚屋さんも言っていた。

アジがさばけるようになったら、いわし!と思って何度も練習したのですが、まー覚えられない。漢字の通り、鰯は身が弱い魚。鰯はほとんど手で捌ける魚なんですが、これがあんまり上手くできない…
皮を剥がすまでにぐちゃぐちゃになっちゃったり。脂がのってるから余計難しいような。
まだまだ、修行ですね。

f0046982_14114561.jpg
鰯の梅煮の作り方

1 腹わたを除いた鰯はなるべく隙間なく並べ、酒、水、砂糖、生姜薄切りを入れて強火。

2 煮立ったら醤油を入れ、アクがれたら綺麗に撮る。

3 弱火で1時間煮て出来上がり。

鰯は、金目鯛やきんきなどの煮魚と違って結構長い時間煮るんですね。
料理人の友達から聞いた作り方でした。とってもシンプル。

f0046982_14111639.jpg
美味しく出来ました。鰯の梅煮、大好きです。



f0046982_14111755.jpg
カニクリームコロッケ

f0046982_14111603.jpg
いくら丼
キャベツ味噌汁
海苔
きゅうりのぬか漬け
こんにゃくとキノコの煮物
緑茶

今年もいくらの塩漬け作りましたが、今年は鮭が高騰しているので、いくらも去年の倍くらい高い…。大好きで毎年何度も作るのですが、今年は一回しか作れないかなぁ。


f0046982_14120082.jpg
あんかけ焼きそば
火鍋の残り汁

f0046982_14120128.jpg
鯵のお刺身
かぼちゃの煮物
古漬けになったぬか漬けを塩抜きした後、お茶漬けに
筋子

f0046982_14120169.jpg
栗ご飯
キノコ汁



f0046982_14120195.jpg
ウィンナーロールパン
クラムチャウダー

子供の頃によく母が作ってたのでたまに食べたくなるロールパン


f0046982_14120134.jpg
飲んだ次の日は、野菜入り煮麺、
野菜たっぷり。

f0046982_14124502.jpg
おでん

おでんの具で練り物って子供のころからあんまり好きじゃなくて。
なので美味しく作ってみよう、と思い練り物のがんもどき、さつま揚げも、揚げるところから全部手作りしてみました。
そんなに難しくないですよ。
牛すじが良い出汁になって、練り物も美味しくできました。

しかし一人暮らしだと3日くらいこれを食べ続けるっていう。笑
一回作ると、もうしばらくおでんはいいや…という気持ちになります。



f0046982_14132913.jpg
イエローココナッツカレー



f0046982_14133043.jpg
〆鯖と鯵の握寿司
茄子のぬか漬け
緑茶

青魚大好きだから嬉しい。
握りは自己流で超適当なので、よく見るとごはん部分はぐちゃぐちゃになってます。笑


f0046982_14133027.jpg
出汁巻き卵
小松菜の味噌汁
白米
山葵漬け


f0046982_14133068.jpg
海鮮あんかけ焼きそば

麺は揚げた後、揚げ油をなくして、麺だけ空焼きするとカリッとして、油っぽくならなくて美味しいです。


f0046982_14133041.jpg
牛丼
あさりと小松菜の味噌汁
白菜の柚子入り浅漬け


f0046982_14124648.jpg
いくら丼
お揚げと小松菜のうどん
生牡蠣
ぬか漬け

全部に柚子がのってる。いい匂いだった。



f0046982_14124562.jpg
自家製〆鯖
ラム肉のアジアンサラダ
ぬか漬け
白米
あさり味噌汁





そろそろ冬が近づいてくるので、土鍋でも買おうかな、と思います。
みなさん、暖かくしてお過ごし下さいね。おやすみなさい。







by picnic_marin | 2017-11-11 01:40 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
ごはんメモ
ブログ久しぶりに更新しています。
このところブログ離れしてしまいましたが、やっぱりブログの方が自分の好きなように表現しやすくて、いいなぁ、と思います。

インスタでも作った物や外食した時の写真、アップしています。アカウントは@marin_mizorokeです


もう季節は冬なのに夏っぽい写真たち。

f0046982_00110826.jpg
ラム肉のトマトカレー
サラダ
ビール


f0046982_00110984.jpg
茄子の餃子
とうもろこしと手羽先ぴり辛焼き
鯛のタイ風蒸し
ビール


f0046982_00110877.jpg
酒、ライム、ナンプラーなど入れて、蒸し煮にしただけ。
パクチーたっぷり。


f0046982_00110855.jpg
カニカマとカイワレのマヨサラダ
とうもろこしと手羽先焼いたの、シンプルだけど美味しかった。


f0046982_00110843.jpg
〆鯖はもう何度も作っているので、だいぶ上手になったと思う。
未だに塩加減と酢加減が難しいけれど。


f0046982_00112330.jpg
サラダ
とろろ蕎麦
きゅうりぬか漬け
残りのとうもろこしと手羽先ぴり辛焼き
赤紫蘇ジュース


f0046982_00112336.jpg
残りのカレーにベランダのゴーヤを素揚げしてのせた
トマトとレタスのスープ
ぬか漬け
あか

f0046982_00112444.jpg
きんきの煮付け(豪華!)
料理人の友達に煮魚のちゃんとした作り方を教えてもらいました。プロは簡単にやるけれど、実際難しいわよね。


f0046982_00112456.jpg
きんき煮付け
〆鯵
鯵のたたき
根野菜の味噌汁
白米
ぬか漬け
冷茶



友達がくるのでちょっとよそ行きで作ってみた。中東風かな。

f0046982_00113951.jpg

トルコ風トマトスープ
きゅうりのヨーグルトサラダ
クスクスサラダ
茄子のペースト
バゲット
ヤギのチーズ
ラムチョップピカタ
白ワイン


f0046982_00113832.jpg
タッブーレという、パセリたっぷりのクスクスサラダ

f0046982_00113906.jpg
茄子のペーストは、練りゴマを入れすぎてちょっと失敗

f0046982_00113911.jpg
友達が持ってきてくれたラムチョップはピカタにした。簡単。


f0046982_00113952.jpg
甘鯛を半身だけ使って、パスタ。
濃厚でかなり美味しかった!甘鯛は旨味が深くて美味しい。



f0046982_00114743.jpg
パッションフルーツジャムを作ってバニラアイスにかけた。
酸っぱい南国感が美味しい。

デザートまで、よく食べたー



f0046982_00114808.jpg
鮎の塩焼きの残りの出汁で煮麺
サラダ
秋刀魚の刺身

秋刀魚の刺身、中骨の取り方が難しすぎてこりゃ無理だ、と思った。


f0046982_00114820.jpg
魚介のトマトクリームパスタ
トマトサラダ


f0046982_00114898.jpg
梅茶付け
きゅうりぬか漬け
いかの塩辛


f0046982_00114835.jpg
海老とレタスの炒飯
わかめスープ




f0046982_00115660.jpg
牛すじカレー
ビール


f0046982_00112437.jpg
きんき煮付け
鯵の刺身
白米
わかめ味噌汁
梅酒

教わった煮付けをおさらいしてみたけど、ちょっとだけ焦げてしまった。落し蓋がとても大事らしい。料理ってシンプルなものほど、コツが細かくあって、なかなかうまくいかないなぁ。


f0046982_00115678.jpg

きんきの半身(残り)を塩ふって焼いたもの
白米
わかめ味噌汁
きゅうりぬか漬け
納豆
塩辛
海苔


2017年の目標だった魚をさばけるようになる!というのは達成できて、嬉しい。
鯵、いわしは何とかできるようになれたが、貝とか、太刀魚、とかどんな魚でもできたらかっこいいのにな〜。




by picnic_marin | 2017-11-08 12:18 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
天野屋の糀で甘酒作り
神田明神の鳥居のすぐ横にある天野屋さんで飲んだ甘酒が本当に美味しくて、米麹も売っていたので、買って作ってみようと思いました。

甘酒は飲む点滴と言われるほど、身体やお肌にいいんですってね。
30代を過ぎてから、肌荒れがすごいのでちょっとは良くなるといいなぁ。

f0046982_23164243.jpg
ちなみに天野屋は、神田明神の参拝客が行くような茶屋。

何頼んでも美味しくて、私はところてんがお気に入りで、夏は甘酒のかき氷も美味しいです。
つい、おとといも行ったのですが、店員のおばあちゃんの具合のせいもあり、茶屋は14時までの営業に縮小したそうです。


天野屋には江戸時代から地下ムロがあり、現在でも地下ムロで糀を発酵させているそうな。店員のおばさんが言ってました。

f0046982_11195176.jpg

最近ハマっていた、江戸時代後期の酒場を舞台にした小説「女だてら わけあり酒場麻布十番物語」の話の中にも天野屋が登場してました。

甘酒というと、冬に飲むイメージがありそうですが、江戸時代では、夏バテに良いとされ
夏によく甘酒が売られていたようです。


f0046982_23161105.jpg
こちらが天野屋さんで売ってる糀。神田明神下って書いてありなんとなく御利益ありそう。笑


米糀とお湯だけで作るやり方や、生姜を入れたり、いろんな作り方がありますが、私は天野屋さんと同じ作り方で。(糀が入ってる袋の裏に書いてある)

f0046982_23161530.jpg
糀と同量のお粥を作ります。

f0046982_23170193.jpg
お粥と糀を混ぜ合わせて、60度になるように調節します。
熱かったら水いれて、ぬるかったらお湯いれるだけ。


f0046982_23163793.jpg
60度を保たせ10時間。これで甘酒の出来上がりです。

しかし、この温度調整が最初作った時はなかなか面倒くさかった。
炊飯器にいれて蓋を開けてやったり、ルクルーゼにバスタオル包んでやってたけど、温度を一定に保つのが難しい。

甘酒を何度か作ってからは、結局シャトルシェフを買いました。

ホームセンターで確か4000円くらい。シャトルシェフは水筒で有名なサーモス社が出している、水筒の鍋バージョンみたいな感じの調理器具です。


f0046982_23164850.jpg

甘酒、美味しくできました。
すごい甘くてびっくりします。砂糖は一切入っていないのにこんなに甘いなんて、ほんと不思議。

私は飲みやすくしたいので、ミキサーにかけて滑らかにしてます。
つぶつぶ感が好きなひとはそのままで良いと思いますよ、お好みで。

この状態で一週間以内に飲みきれない場合は冷凍がオススメ。
天野屋のおばちゃんが言うには、冷凍すれば発酵が止まるだけで、栄養だとか効果がなくなるわけではないそう。
私は大量に作って、ジップロックで冷凍してますよ。


最近は朝いちばんに甘酒を一杯を飲んで、結構ボリュームがあるのでお腹にいい感じです⭐︎




by picnic_marin | 2017-11-08 11:15 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
手作りビール
ビールが好きなので自分で作ってみようと思いました。

誕生日に友達が自家製ビールを持って来てくれたのがきっかけです。
友達と同じスターターキットを買いました。

f0046982_22094852.jpg
さっそく届きました!樽は40Lも入るわりに意外に小さいな、という印象。

f0046982_22095090.jpg
これがビールの素。
麦芽を糖化させたものの濃縮、苦味の元であるホップなどが入ってる。


f0046982_22094931.jpg
まず、お湯を沸騰させます。

f0046982_22094911.jpg
ビールの元を入れます。ねっとりしています。そして砂糖も。

作ってみると理解できますが、ビールはほんと糖分が多い。でも後に酵母が糖を食べちゃうからね。

f0046982_22095063.jpg
消毒した専用のバケツへ注ぎ、ミネラルウォーターを注いで、液温を35℃まで下げ、量を40Lになるように調節します。


f0046982_22233369.jpg
酵母を発酵タンクの中に入れます。酵母も全部スターターキットに入ってます。

しばらくすると、ただの甘い麦液だったのが酵母を入れるとシュワ〜と泡立ってきます。
面白い!酵母が糖分を食べているのがわかります。アルコールというのはそれで生まれるそうです。


f0046982_22095161.jpg
季節によりますが、一週間から10日ほどこの状態で寝かせます。
最初の3日くらいはずっとシュワシュワ言っていて可愛いです。

友達のみきちゃんは、酵母ちゃんが育つように弾き語りをしたのだそう。素敵。
確かに、ビールに話しかけたら美味しくなりそうな雰囲気なんです。

f0046982_22095085.jpg
コップに注いで、シュワ〜と言わなくなったら(酵母が食べきったということ)一次発酵は終了らしいです。


そして、消毒した中瓶にスティックシュガーを一本ずつを入れ、一次発酵が終わったビールを瓶詰めしていきます。

f0046982_22095126.jpg

スターターキットに入っている機械で王冠で蓋していきます。
力はそんなに必要ないです、女性でも面白いほどうまくできます。


f0046982_22095141.jpg
できた〜!後は、瓶内で二次発酵を待つのみです。常温で保管します。

f0046982_22382529.jpg

ビール作りをする前というか、スターターキットを買う以前に、ビールの中瓶40本を用意しておかないといけないんです。私は、瓶ビールを2ケース分飲んで(笑)、金タワシでラベルを剥がして、という作業を2ヶ月程かけて、楽しんで準備していました。


f0046982_22421638.jpg


さて、出来上がったビールはどうなんでしょう?我慢できず5日後とかに飲んでみました。

f0046982_22410437.jpg

うん、美味しい!今回一次発酵の期間を早くし過ぎたせいもあって、なんだかビールらしさが少ないですが、爽やかで美味しいです。瓶詰めの際、ベランダのレモングラスの葉を何本かの瓶へ突っ込んだのですが、それがすっごい美味しかったです。

メモ : 今回は一次発酵を3日、6日で瓶詰めした。作ったのは8月頭の猛暑日。



f0046982_22422292.jpg
試しにペットボトルにも詰めてみたのですが(チェコのスーパーではペットボトルビールをよく見かけたので)やっぱり瓶のほうが美味しいな〜という印象。

みきちゃんが言うには、ハートランドよりEBISUとかサッポロのなで肩の瓶のほうが美味しいのだとか。手作りなので、不思議なことがたくさん起こりますが、また呑みきったら、ビールの元だけ買って作ってみようと思います。


ビールも甘酒と同じく発酵食品!
手作りビールには、市販のビールにはない酵母や栄養が入っています。お腹にとても良いらしい。


ちなみに自分が買ったのはここの。イギリスのメーカーのものらしく、バケツがちょっと可愛いので気に入って買いました。
手作りビールキット25-D(比重計付き)11,858円(税込)https://store.shopping.yahoo.co.jp/brewland/bk25dx.html






ご注意
日本では酒税法により1%以上の酒類を作ることを禁じられています。1%未満になる作り方で作っていますので、真似して作る場合も守ってください。





by picnic_marin | 2017-11-08 10:53 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
大好きなケジャン
大好きな韓国料理。

去年は自家製キムチ仕込むほど、ハマった時期がありました。
韓国旅行へ行ってから、マイブームは落ち着きましたが(笑)また、久しぶりに作ってみましたよ。
今回は、韓国料理の中でも一番好きなケジャンの会。
蟹を仕入れてくれた友達に感謝!

f0046982_02114540.jpg
手作りの浅漬けキムチと、オイキムチ。
夏の白菜はそこまで美味しくないので浅漬けくらいがちょうどな、と思いました。
オイキムチはちょっと粗トウガラシを入れすぎてしまい、激辛になっちゃいました。

f0046982_02114582.jpg

チャプチェ(韓国の春雨)
野菜は一種類ずつ丁寧に炒めて、ナムルにしています。
韓国ではお祝いの時に食べるらしいです。優しい味です。

f0046982_02114511.jpg
そして、夢にまで見たケジャン!
ケジャンとは、生のワタリガニを塩、漬け込みダレに漬けて熟成させた料理です。

友人が仕入れてくれたまだ動いている蟹を出刃包丁で切って
自家製のヤンニョムに絡めてできあがり。
本来は数日置くらしいのですが、これでも十分旨い。
翌日食べたら、身が引き締まって熟成され、さらに美味しくなってました。

f0046982_07340009.jpg
手でかぶりついて頂きます。ぷりぷりでした。
しかし辛い〜。ビールが進みます。

f0046982_02114637.jpg

残ったケジャン、あさり、しめじ、出汁パックなど入れて煮込んだ、チゲスープ。
あと、豆腐、生卵、ネギ、ごま油、醤油など入れて。
ケジャンを出汁にするとここまで美味しくなるなんて。
白米を入れて頂きました。


韓国料理、やっぱり最高!
韓国にまたご飯食べに行きたくなりました。












by picnic_marin | 2017-08-15 07:51 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
夏のご飯メモ

exciteの投稿画面が一気に変わってしまい、すごい使いずらくて困っています。
これに慣れるほかないのか…

さて、毎日ほんとうに暑い!!湿気が多い日本は肌はいつもベタベタだし、室内は冷房効きすぎて疲れるし。なんだか体力をどんどん奪われていきます。

日本の厳しい夏にバテないためにも、栄養があるもの食べなきゃな、と思います。

魚をさばくのにハマっているので見事に魚づくし!

f0046982_01213636.jpg


だし丼(山形の郷土料理にとろろと卵ののせ)
酢締めした小肌
緑茶


f0046982_01213798.jpg


しめ鯖、小肌
とろろにおかか醤油
茄子とキュウリの糠漬け
イワシのマリネサラダ
ビール

f0046982_01213797.jpg


ワンタンスープ
小肌酢締め
ビール


f0046982_01213792.jpg


生姜焼き
ズッキーニの味噌汁
白米
赤紫蘇ジュース

f0046982_01213886.jpg

<
イワシの梅じそ巻き
いわし握り(握ってみた!)
茄子と大根の糠漬け
ビール

f0046982_01213850.jpg


ズッキーニと生ハムのペペロンチーノ
赤紫蘇ジュース


f0046982_01221880.jpg


生桃入れたスパークリングワイン
インゲンの炒め物
桃と生ハムサラダ
セビーチェ
(友達作)

f0046982_01222487.jpg


〆に、ボンゴレビアンコ作ってくれました⭐︎



f0046982_01223590.jpg


鯵のマリネとトマトサラダ
鯵の干物(自分で釣って干物にした)
ビール

f0046982_01223582.jpg


鯵の開き
大根の味噌汁
白米
海苔
梅ジュース

f0046982_01223502.jpg


鯵の開き
筋子、海苔、手作り梅干し
白米
ワカメと玉ねぎの味噌汁
赤紫蘇ジュース

f0046982_01230850.jpg


鯛のお粥
鯛の刺身 梅酢がけ
糠漬け、塩辛
(鯛パーティーの翌日の余り物でご馳走!)





友達が来た時、つまみをちょっと作りました。

f0046982_02114405.jpg
レモングラスのサラダ、辛い〜。ベランダで育てていたレモングラスを使いました。


f0046982_02114459.jpg
水ナスと〆鯵の酢の物


f0046982_01223608.jpg



鯵のなめろう
(包丁で叩きすぎて失敗!

f0046982_01223610.jpg


鯵の酢締め
(これは酢に漬け過ぎて失敗。塩加減と酢加減がほんと難しい)

f0046982_02114415.jpg
鮎の塩焼き


f0046982_02225773.jpg
翌日、残った鮎の塩焼きを使って、鮎そうめん!美味しかったー(友達作)




f0046982_02114526.jpg

鯵丼鯵のマリネ糠漬け(近所の魚屋さんで新鮮な鯵が手に入ったので鯵づくしでした)


f0046982_01230971.jpg
今年も作りましたよ。大好きな赤紫蘇シロップ!
今年は少なめで5Lくらいだったかな。
暑くて長い、日本の夏、これを飲んで元気出します。















by picnic_marin | 2017-08-09 01:57 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
かき揚げの美味しい作り方
かき揚げが好きですが、作るのが下手なので、美味しいコツを教えてもらいました。
そのメモです。

今回は、帆立とエビと三つ葉のかき揚げを作ります。

材料

三つ葉
エビと帆立(ぶつ切り)
卵黄(2個分)
小麦粉

f0046982_12236.jpg
①帆立&エビ、三つ葉をそれぞれ違うボウルに入れて、小麦粉をかけます。
f0046982_12483.jpgf0046982_12221.jpgf0046982_12317.jpg
②エビと帆立には、黄身を入れてさっと軽く混ぜます。


f0046982_12376.jpg
③別のボウルに、溶いた卵黄と小麦粉を入れ軽く混ぜます。

f0046982_12411.jpg
f0046982_12554.jpg
④三つ葉と、帆立と海老をひとつのボウルに入れて混ぜます。

f0046982_12539.jpg
⑤最後に、③を入れて軽く混ぜ。

f0046982_12646.jpg
⑥カラッと高温で揚げます。

f0046982_12673.jpg
出来上がり!
by picnic_marin | 2017-08-03 23:30 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)