日々の暮らしの事
by picnic_marin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みぞろけ まりん

イラストレーター。現在東京在住。主なブログ内容は料理、海外旅行記など。

特技 パントマイム
趣味 日舞

詳しくは
プロフィール



過去ブログの主な内容

【2006-2009年】
暮らし、個展、パントマイム、チェコ旅行記

【2010年】
一年間フランスに滞在、後半はNY、南米、タイ旅行

【2011年】
アメリカ・タイ・ベトナム・フランスなど、暮らし、料理、パントマイム

【2012年】
トルコ・カナダ・NYへ パントマイム、日舞、料理など

【2013年】
京都、チェコ・フランス・ドイツ旅行、暮らし

【2014年】
料理など

【2015年】
サムイ島、台湾、料理

【2016年】


いつもみなさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。コメントは承認制ですがお気軽にコメントください。



メールはこちらへ
marin.m@mac.com
カテゴリ
2017 東京
2016 東京
2016 ソウル
2015 台北
2015 東京
2015 サムイ島
2014 東京
2013 東京
2013 ハワイ
2013 ヨーロッパ
2012 東京
2012 カナダ・NY
2012 トルコ
2012 函館
2011 タイ
2011 ベトナム・タイ
2011【FR】南西部
2011【FR】ボルドー
2011 USA
2011 東京
2010【FR】南西部
2010【FR】パリ
2010【FR】プロヴァンス
2010【FR】アヌシー
2010【FR】アンティーブ
2010【FR】リヨン
2010 南米・NY
2010 ルクセンブルグ
2010 ミラノ
2010 スイス・ベルギー
2009 東京
2009 個展@にじ画廊
2008 東京
2008 アニメーション展
2008 チェコ
2007 東京
2006 東京
国内旅行
パントマイム
にんじん村のお話
大道芸フェス
着物・日舞
大工 DIY
マイ映像
アニメーション
ホームパーティ
【2018 料理メモ】
【2017 料理メモ】
【2016 料理メモ】
【2015 料理メモ】
【2014 料理メモ】
【2013 料理メモ】
【2012 料理メモ】
【2011 料理メモ】
【2008-2010 料理メモ】
プロフィール
最新の記事
20.旅行最後の日
at 2018-01-30 23:15
19.ミュンヘン街歩き
at 2018-01-29 23:44
18.ミュンヘンに到着
at 2018-01-29 20:04
冬のおうちごはん
at 2018-01-08 00:35
あけましておめでとうございます。
at 2018-01-07 23:44
著作権について
このブログの画像・文章の著作権は筆者まりんにあります。無断使用、転載を固くお断り致します。
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
良いお年を
あまり更新ができませんでしたが、いつもこのブログを見に来てくれている方々、今年も誠にありがとうございました。

f0046982_01150884.jpg
友達から大きな鏡餅を(20cmくらい!)頂いたおかげで、小さな玄関が華やかにお正月らしく。


お正月飾り、今年は自分で作ってみました。
材料はこんな感じ。全部、浅草橋のシモジマで買いました。

f0046982_01150759.jpg
土台のリースは300円くらい。水引きは150円。
ちび折り紙は家にあったもの。


f0046982_01150766.jpg

水引の結び方ってきっと意味やルールがあると思いますが、知らないので適当にリボン結び。
家にあった正月っぽい植物も刺してみました。

f0046982_01150739.jpg

なんか…違う気がしますが、こんなもんでいいしょう。笑



前の日記で書いていた胃炎は、だいぶ良くなりました。
土台である、身体を壊したら何にもできないもんなのだと痛感。
溜まっていた疲れが年末にどっと出てしまったようです。

来年は、規則正しい生活習慣、免疫力のある身体
ストレスのない日々を送るために生活を改善したいです。


今から実家の千葉へ帰ります。
皆さんも良いお年を〜









# by picnic_marin | 2017-12-31 12:47 | 2017 東京 | Comments(0)
急性胃炎
先日、急性胃炎になり非常に苦しみました。

急性胃炎とは胃の粘膜に炎症が起きた状態で、ものすごい痛いです。
主な原因として、大きく分けて、ストレス、暴飲暴食、煙草、生活習慣や感染症、ウイルスがあげられるそう。

私は普段からよく食べるので、急に暴飲暴食したわけでもなく。煙草も吸わないし。
ストレスが原因だったかな。

でも、よく噛まないで飲み込んだり、寝る前に食べたり、胃は消化するのが大変だったかも。もう若くないんだし、身体を大事に想ってあげないとね…
胃に申し訳ない気持ちです。


医師が言うには、ここ一週間くらいは、うどんかお粥、消化に良い食べ物しか食べれません。忘年会の予定は全部キャンセルです。

f0046982_15261423.jpg

免疫力が落ちていたからか、風邪もひいて熱が上がったり…
もう泣きっ面に蜂です。インフルエンザではなかったのがまだ良かった(汗)

身体がダメになったら元も子もない。
年末はしっかり休んで、悪いもの全部出し切って、新年からまた頑張ります!








# by picnic_marin | 2017-12-21 23:37 | 2017 東京 | Comments(0)
冬のおうちご飯 2
友達が遊びに来たときのおうちご飯。

f0046982_21441494.jpg
水ダコのカルパッチョ

皮ごとレモンを薄〜く、小さく切ってタコと一緒に食べます。
あとは塩と白胡椒、ハーブ、オリーブオイルは美味しいオイルを使います。

f0046982_21441449.jpg

鯵のマリネとチコリ、ルッコラに洋梨のサラダ

捌いた鯵は塩コショウして、にんにく、ディルが入ったオリーブオイルの中に漬けておきます。あとはサラダの具と和えて、レモンや塩など、味を整えるだけ。


f0046982_21441552.jpg

そして、もつ鍋!簡単で美味しいから、バタバタする来客に便利〜。
作り方を元もつ鍋屋の店長だった人に聞いたのでさすがにここに書けないですね…
和風でさっぱりした味です。






別の日、友達が蟹を持ってきてくれました。

f0046982_21441693.jpg

茹でられる前の香箱蟹たち。
関東ではあまり知られていないのですが、香箱蟹はズワイガニのメスで、実はどの蟹よりも旨味が強いのだとか。食べるのは初めて!

f0046982_21441778.jpg

熱燗を注いで食べるのが一番たまりませんでした。
香箱蟹は、大きくないし、身は少ないのですが、蟹の卵がたまらないです。内子と外子?って言うらしいのですが、これが酒飲みにはたまらない味わい…でした(笑)

f0046982_21441798.jpg

蟹を茹でた時のお湯に、昆布と鰹を入れれば美味しい出汁になります。蟹雑炊にするか悩みましたが、香箱蟹の炊き込みご飯に。
生姜を入れたきゅうりの浅漬け、山わさびと。



翌日、余った香箱蟹の炊き込みご飯で食事。美味しく頂きました!

f0046982_21441666.jpg

きんぴらゴボウ蓮根
マグロ山わさび和え
トマトときゅうり
冷奴
香箱蟹炊き込みご飯
緑茶

f0046982_01000766.jpg
寒くて、ストーブから離れないミーくん。
真っ黒焦げにこげそうなくらい離れない時もあり、心配。笑




# by picnic_marin | 2017-12-21 23:01 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
冬のおうちご飯
先週から一気に寒くなりましたね。
冬はやっぱり身体が温まる物を食べたくなります。

f0046982_14421493.jpg
根野菜のスープ
バゲット


冷蔵庫に余っていた根野菜などを細かく切って、ベーコンとコンソメの素で煮ただけです。少しクスクスも入れました。
野菜の出汁がでて美味しいし、簡単で身体にやさしい。


f0046982_14422192.jpg
肉野菜炒め
白菜浅漬け
納豆ご飯
あさりの味噌汁
柚子蜜ジュース


f0046982_14421110.jpg
ビーフシチュー
バケット
ピクルス

ビーフシチューは牛すじを使っています。数時間かけて下茹でして。茹でた水は捨て、具だけ使います。市販のデミグラスソース缶を入れるのと面倒ですが、カラメルを作って入れると深みがでます。

ピクルスは余った根野菜などを漬けたもの。


f0046982_14420250.jpg
牛ハラミ ガーリック和風ソース
サッポロ一番塩ラーメン
赤ワイン


すごい組み合わせで自分ながら呆れます。笑
相当お腹が空いていたのでしょうけど、食べ過ぎ!


f0046982_14425133.jpg
スンドゥブチゲ
白米
生牡蠣
韓国のり
ビール





前々から、もつ鍋を自分で作ってみたくて、友達から仕入れてもらいました。

f0046982_14423909.jpg
すごい!長い!!
これが牛の腸です。良質な物を持ってきてくれたそうで、臭みが全くない!
新鮮なので下処理も必要なく、そのまま切って使いました。

f0046982_14422554.jpg
にんにく、キャベツ、ニラ、がたっぷり入ってます。

f0046982_14423364.jpgf0046982_14423688.jpg

もつ鍋はたっぷり野菜が食べれるのでいいですよね。
この冬はあと何回食べれるかな〜。


f0046982_14414050.jpg
塩焼きそば
ビール

たまに無性に食べたくなる焼きそば。
私にとっては、青海苔と、身体に悪そうな色の紅生姜がとても大事。
青のりは途中で足したりするくらいかけます。


f0046982_14415907.jpg
キムチ納豆丼(納豆2パック…笑)
チコリのサラダ
大根味噌汁


f0046982_14443446.jpg
ラムチョップグリル ガーリックソース
キーマカレー目玉焼きのせ

両方とも冷凍庫にあった余り物。
ラムチョップがあると随分と豪華な食卓に見えるなぁ。
ステーキのソース、お肉を焼いたフライパンに、すりおろしたニンニク、酒、醤油、砂糖を入れて煮立てるだけ。このソースが気に入ってます。



f0046982_14424294.jpg
牛もつの野菜炒め
白米
わかめの味噌汁


余った牛の腸で野菜炒め。油がキャベツに絡んで最高に美味しかったです。
でもさっぱりしてもたれないという。もつは最高ですね。


f0046982_14424718.jpg
うどん入りイワシのつみれ鍋
蒲鉾、ワサビ菜
ビール







# by picnic_marin | 2017-12-21 15:12 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)
はじめての梅干し作り
雨期に梅干しを作った時の日記です。

来年の参考に長いですが、メモしました。
興味ある方は是非作って見てください。梅干し作り、とっても楽しいですよ!

f0046982_16470219.jpg
梅が入った段ボールを開けると、部屋中に梅の良い香りが広がり幸せな気持ちに。

【材料】
・完熟梅
・塩 (梅の重さに対して12%の重さ)
・赤紫蘇(塩漬けにしておく)

【道具】
・梅が全部入る容器
・平らなざる
・アルコール液とか焼酎(消毒用)

今回、紀州梅苑 さんの完熟南高梅 キズあり(自然落下)3Lサイズ 2kg
3,580円(税込・送料込)を選びました。

自然落下梅は見かけが多少悪いのですが、通常よりお買い得なのと、かなり完熟しているため、梅干しにはぴったりだそう。

まずは、梅干しを一つずつ丁寧に水で洗い、ヘタの汚れも竹串できれいに取る。
乾いた布で水気をしっかり拭きます。

f0046982_15041101.jpg
落下梅なので、使えないくらいのキズがある場合があります。
梅は作る過程で雑菌が入ってしまうとカビの原因になるので、キズ梅は分別。

私はウォッカ漬けにすることに。(これがかなり美味しくて良い!後日書きます)ウォッカはアルコール度数が高いのでキズ梅でもなんの問題もありません。


f0046982_15041116.jpg
分量の1/3くらいの塩を、梅にまぶして手で軽くすりこみます。


そして、消毒した瓶の中へ。
梅→塩→梅→塩と重ねていきます。

f0046982_15041158.jpg
だいたいこんな感じでOKです。
上に重しを乗せて、保存。


f0046982_15041717.jpg

数日経つと、水分が上がってきます。これを梅酢と言います。

梅が梅酢に浸かっていないとダメなのでほんの少ししか取れませんが、私は鯛の昆布締めに梅酢につけて頂きましたよ。美味しかった!


梅酢は本当に上品な香りで梅を手作りした人だけが味わえる楽しみ。赤紫蘇を入れる前の梅酢の方が香りがなお良くて最高です。


f0046982_15041793.jpg
前もって作っておいた、赤紫蘇の塩漬けです。

ジップロックに赤紫蘇と塩を入れて軽く揉み、冷蔵庫に入れといただけです。浅漬け的な感じです。

水分があれば、手でギュッと絞ったものを、梅の上に被せてあげます。

f0046982_15041759.jpg
その上に空気が入らないようにビニール袋など被せて数日おきます。



数日すると… 少しづつ梅が赤くなっていきます。私は2週間くらい置きましたが、好きずきで1ヶ月位でも良いそう。

f0046982_15043540.jpg

「三日三晩の土用干し」と言われるように、晴れが続きそうな日を待って土用干しをします。


いよいよ梅を干します。
消毒したきれいな手で瓶から梅を取り出し、ザルに梅を離して並べていきます。


f0046982_15042894.jpg
太陽の下に干された梅たちの姿がなんとも可愛い…。
途中で一回ひっくり返します。ひっくり返す時、皮が破れていても別に大丈夫です。


f0046982_15042956.jpg

1日目は、11時頃に外へ干し、16時に室内へ取り込みました。
日中干して、ちょっとだけ水分が抜けた梅干しちゃん。


f0046982_15042935.jpg
干された梅干しは、また梅酢の中へ戻す。梅干し達、夜はここでお休みなんです。



f0046982_15043479.jpg
また赤紫蘇を被せてあげます。お布団みたい。



梅干しらしい姿になってきました。

f0046982_15043450.jpg
2日目は仕事だったため、朝7時半に外へ出し、21時に取り込み。
ほんとは夕方に取り込んだ方がいいらしいけど、大丈夫でしたよ。そしてまた梅酢の中へ戻します。


もし翌日が雨で干せない場合、そのまま梅酢に寝かせておけば、間が空いてしまっても大丈夫です。

梅干し作りというと、三日三晩ずっと家にいなくてはいけないと思っていたのですが、そんなに神経質にやらなくても全然大丈夫でした。梅干し作りって気楽にできるんですよね。

f0046982_15042986.jpg
3日目めだけは、朝に外に出し、翌朝まで干しっぱなしにします。
夜露を吸わせるためだそうです。


これで出来上がり!

丁寧に見せたかったら使い終わった赤紫蘇を破けないよう広げて梅干しを1個づつ包みます。

f0046982_15043440.jpg
かなり面倒ですが、梅干しが可愛くて仕方なかったので、なんか一人で地味に時間をかけて包んであげました。笑
別に包まなくても十分美味しいです。
私はしっとりした梅干しが好きなので、このバットにも梅酢を入れておきました。


今回、自分で作っておいてなんですが、大成功でかなり美味しくできました!
人にあげると喜ばれて大好評です。


梅干し作りはとにかく楽しかった!

梅干し達が、赤く染まったり、太陽で干されたり、梅酢で眠ったり、赤紫蘇で包まれる…この工程がすごい楽しい。そして、梅が届いてから作っている期間、本当に良い香りでアパートの部屋は包まれていました。

f0046982_01042823.jpg

# by picnic_marin | 2017-11-26 01:04 | 【2017 料理メモ】 | Comments(0)